いにしえの都、奈良・明日香地方から発信
店長&影店が綴るバイク&家庭菜園ライフ
YAMAHA XJ6 Diversion F & HONDA NC700S
そして、ピンクナンバースクーターで快走中

 
« メンテナンス | Main | NC700S »
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profile
明日香隣の店長

影店

MYホームページ





所有バイクインプレ
SYM GT125
YAMAHA XJ6 DiversionF
HONDA NC700S


備忘録
メンテナンス記録




カテゴリー別の記事です
最新の記事です
月別の記事です

http://blog.goo-net.com/asukatonari/index1_0.rdfにほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
ユーザー車検 2012年12月17日(月)
xj6デバージョンの車検に行ってきました。
今回は完璧かな?と思ったら光軸
前回はゼファーの車検。エンジンが冷えていたので、排ガスでNG

前回のユーザー車検の記事は=>こちら

左右は大丈夫で、上に向きすぎなので自分で調節しようかな?
と思ったのですが、次もダメだと怖いので郡山車検センターへ

あっという間に調整完了。

レーンに戻って再度光軸調整。 バッチリです。
これで2年乗ることが出来る許可を貰いました。


費用
・車検必要書類3枚 20円
・自賠責保険24ヶ月 14110円
・重量税 3800円
・検査料 1700円(検査登録料400円+審査料1300円)

・光軸調整 2100円

合計 21730円

あれっ  前回より車検の費用が安い!

重量税が4400円から3800円に値下げになっていたのですね


ユーザー車検はかなりリーズナブルです(バイク屋さんごめんなさい)
でも、ちゃんと整備していますよ。
今回の車検では

ブレーキ関係清掃点検、クーラント交換、エアーエレメント点検(まだ綺麗でした)
プラグだけはとてもやっかいな場所にあるので割愛(笑)
20000Km位にスロットルボディーの清掃と一緒に交換かな(もちろんバイク屋さんで)

その他、点検整備簿に記載されている項目を点検、整備しました。



バイクのユーザー車検・でも・・・PART2 2011年09月02日(金)
バイクのユーザー車検の続きです。

ここまで無事にクリアです。


懸案だった光軸もまさかの合格

ネットで調べると、光軸を検査する機械は、「光軸君」と呼んでいる人が多いようです。
測定前は、「光軸野郎」という感じですが、合格すれば可愛く「光軸君」ですね

ブロガーとしては、測定中に写真を撮りたかったのですが、
なにせ、ヘッドライトを押しているのが必死で(笑)


ここまできたら99%合格したのも同然です。









次は「排気ガス」の検査です。
検査員が、マフラーにテスターを突っ込み測定します。


「検査中」の表示    この間が何とも言えませんね! ルンルン
^^^^^^^^^^




検査員が、「少しふかしてください」と
何も知らない私は、遠慮気味に少しアクセルを回します。

検査員「う〜〜ん」


しかし、まさかの不合格


2度してもHCが×です。

検査員さん「2500mmpです。合格は2000mmpまでです。」

なんで? どノーマルのゼファーχやで。

検査員さん「調整して、もう一度来てください」
 私   「調整って ノーマルやで・・・ 何であかんの?」

焦りました。こればっかりは、どうすることもありません。

検査員さん「構内を少し走ってきてください」

と言いながら、ウインカー、ストップランプ等、保安部品の検査です。
ハンドルの幅を計測したり・・・・ ハンマーであちらこちら叩いたり。

その間も、完全にパニック状態です。

心、ここにあらず状態ですね(小心者?)




合格したところだけ判子をもらい、構内を爆走。
まるで旧車会の人のように、ふかして走りました(迷惑)




構内をくるっと暴走し? もう一度、3番のレーンに戻ってきました。
合格したところは素通り。
最後の検査員さんの所で混んでいます。

前の業者さんらしき人が、自分で機械を動かして排気ガスの検査をしています。

「せっかくふかしてきたのに、ここで止まっていたらまた不合格や
真似をして、機械の二輪のボタンを押し、センサーをマフラーに突っ込みます。



「検査中」のランプが点灯 
この間が長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く感じます。

結果は、○○
良かったー


あとは、検査員に判子を押してもらいます。

↓クリックで拡大



これで、実技は終了 あとはペーパー試験を残すのみと言った感じでしょうか。

日を変えて軽自動車納税証明書を持って行きます。
(今日の書類すべては持ち帰っています。)

役所で立派な「軽自動車納税証明書」をもらってきました。


ハプニングが2度もありましたが、何とか2年間ゼファーχに乗れそうです。

−−−ユーザー車検費用−−−
申請用紙   20円(点検整備記録簿を一緒に買えば50円)
重量税  4400円
自賠責 14110円
検査費用 1700円
-------------------------
合計   20230円


ユーザー車検をすると、自分の子供が受験で合格したように感じ
バイクが愛おしくなります。
変態じゃありませんが、実技合格後はナデナデしてやりたくなりました。
自分の子供と言うよりも、かわいがっているペット犬や猫と言ったところでしょうか?



日を改めて、書類だけ提出に持って行って、
無事車検合格!です。

これで後二年乗ることが出来ます。



もう少しすると、任意保険も更新です。

お財布の中身が、寂しくなるなー。



*********車検前日**********

車検の準備に、メンテナンスしていなかったエアクリーナーを交換しました。
ドライバースタンドが閉店するときに閉店価格で買っておきました。

シートを外して、タンクを固定しているネジを取り外します。


カバーを開けると簡単にエアフィルターが取り外せます。


距離の割には汚れていないか?


ついでに、ジェベル125のエアフィルターも交換です。
こちらは何故か伸びきって大きくなっており、ボロボロとスポンジが崩れます。
純正ではなかったのかな?


綺麗なエアクリーナーを取り付けることが出来ました。



気のせいか、低速トルクが増したような気がします。


バイクのユーザー車検・でも・・・PART1 2011年08月31日(水)
今日は、お昼から仕事を休み、ゼファーχのユーザー車検に行ってきました。

奈良県の場合は、大和郡山市の「近畿運輸局奈良運輸支局」です。

あらかじめ、「自動車検査インターネット予約システム」から車検の予約をしておきます。
私は、前日の夕方に予約しました。
https://www.yoyaku.navi.go.jp/pc/reservationTop.do

はじめに、新規アカウント登録をして、ログイン。



受験する場所・日にち・時間を指定して、予約完了。
(後で、変更や削除も出来ます。)


前日に、ネットより「定期点検整備記録簿」をダウンロードして整備&記入しておきました。
様式はどんなんでも良いみたいです。

私は、こちらの方が作成されたのを利用させていただきました。
近畿運輸局奈良運輸支局の窓口でも売っています(30円?)


↑クリックで拡大

ブレーキ周り、プラグは、整備済みなので、空気圧、エアクリーナー交換くらいの調整です。


初めてのことなので、早めに昼食を済ませ自宅を出発。
13時30分頃、「近畿運輸局奈良運輸支局に到着です。
受付は14時から。検査は14:30からです。


何故か少し緊張しますね。試験でもないのに。
構内ではヘルメットの着用義務がありませんので、バイクにセット。



まずは、D棟の株式会社 奈良県自動車会館に行きます。


ここで、申請用紙(20円) 自賠責24ヶ月14,110円を支払い。


反対側の窓口で、重量税4400円と検査費用1700円の印紙を購入。
係の人が、申請用紙に貼り付けてくれます。


この後、E棟へ行き、書類3枚の記入をします。

机に書き方が丁寧に説明されています。
ゆっくり書いても10分もあれば記入できます。
あと、走行距離の記入(下2桁kmは記入不要・100km単位です)が必要ですので、
事前にメモしておいた方が良いでしょう。
私は途中で駐車場まで見に行きました。

↓画像をクリックすれば拡大できます。





書類を記入し終えると、4番ユーザー車検窓口へ書類を持って行きます。
不明な点は、ここで教えてくれます。


ここで、問題発生
「軽自動車税納税証明書」を持って行ったのですが、自動口座振替をしているので、
領収済みの印が無く、この用紙ではダメでした。


「書類不備」あーーーーー
帰宅して、役所の税務課で直近の「軽自動車税納税証明書」を発行してもらう必要があります。
再度、書類だけ持って来る事に・・・。(2週間以内で受付可でした)

車検は受けることが出来ますので、受付手続きをしてもらいました。

初めてのユーザー車検と言うこともあり、少し早めに来ていたので
時間つぶしです。ジュースを飲んだり、持ってきた雑誌を読んだり。

検査開始の5分前に3番レーンに並んでまちます。
私は2番手。1番手は業者さん。
ドガティーのMultistrada新車です。当然まだナンバープレートは付いていません。


14時30分。学校のようなチャイムが鳴り検査開始です。

まずは、スピードメーターとブレーキのテスト。
OKなら写真のように上の掲示板に○が点灯します。
機械のお姉さんの音声と、掲示板の表示でブレーキを踏んだりの指示がありますので、
間違うことは無いでしょう。

ブレーキのテストは指示通りしていると、勝手に機械がやってくれます。
スピードは、40km/hになると、踏んでいる足下のフットスイッチを放します。

フットスイッチの場所がわからず、マイクで指示されてしまいました。
てっきり、丸いスイッチだと思っていました(恥ずかし!)


まあ、無難にクリアです。
検査が終われば、この機械に用紙を入れて判子を押してもらいます。



次は、一番心配していた光軸の検査です。
タイヤをぎゅっと挟まれ、身動きできません。

この光軸測定器が、バイクの前に出てきます。


ライトを「HI」にして測定です。
モニターにライトの中心が×だったか+だったか表示されます。
枠の中にあれば合格です。

下の図の赤の×印のように、我がゼファーχは右端を出たり入ったり。
必死でヘッライトを手で押します(笑)
前のハーレー(業者さんらしき人)は必死でハンドルを押さえつけて
ライトを下げていました。

2回計測がありました。   結果は合格

これで、車検は合格したようなものです

光軸調整は自分では出来ないので、不合格なら近くのテスターやさん(郡山車検センター)に行って調整
してもらおうと覚悟していました。



PART2に続く 
またまたトラブル