「ハーフスロットルのススメ」は、杜の都・仙台でお客様のバイクライフを支え続ける、ビックバイクショップ仙台のスタッフが気ままに綴るブログです。
人生は全開フルスロットルで行き急ぐよりハーフスロットルぐらいが丁度良い♪でも、ついついフルスロットル!の人も読んでね(笑)

« うめぇから行ってみさい | Main | お客様ご注文の一品 »
2014年10月20日(月)

ガソリン劣化防止剤

皆様、こんにちは。
バシ@またこの時期が来ましたよです。

毎年毎年注意喚起させて頂いている、このネタなんですがいつも11月入ってからだと「遅い!忘れてた!」と言われるので、今回は早めに周知させて頂きます

「バイクは冬眠させます」と言う方は忘れずにどうぞ。
ガソリン劣化防止剤のご紹介です。


この時期、けっこうお買い求めにいらっしゃる方が多い商品でございますが、こういった物の存在を知らない方もまだまだ多いので注意喚起もかねて改めてご紹介させてもらっております

ガソリン劣化防止剤とはその名の通りガソリンの劣化を防ぐもので、フューエルスタビライザーとも呼ばれております。要はガソリンを腐りにくくする溶剤です。
「ガソリンって腐るんですか?」なんて、よく言われるんですが…腐りますよ
正確に言うと酸化劣化を起こします。

空気に触れたガソリンは1週間もすればたいがいは腐り始め、1ヶ月もすれば確実に腐れてると言えるレベルになります。ただ、この頃であれば多くの市販車に大きく影響はでませんので、ご安心を。ただ、劣化はしている事には違いないのでエンジンに優しくない事は確かです。

冷静に考えてみて下さい。
コップに水を入れてフタをしたとして、そのまま放置。
1ヶ月後にその水を飲んで、おいしいと感じるでしょうか?
水分は補給できるでしょうけどお腹は下すでしょうね。それがもし半年放置した水だったら想像したくな〜い
バイクだって一緒です。ましてや水ではなくガソリンです無口なエンジンですから悲鳴を上げた時にはもう手遅れでしょうね。

ガソリン(特にレギュラー)は色んな不純物も入ってることですし、酸化や劣化は目に見えています。その劣化を防ぐのが、このガソリン劣化防止剤です。

もうしばらく乗らないかな〜なんて長期間バイクを使用しないと思われる時に、このガソリン劣化防止剤をガソリンタンクに入れるだけ非常に簡単
しかも注入後は約1年間効果は持続しかも、2サイクル・4サイクル両方のエンジンに使用可能触媒装置への影響もないので安心です

ガソリン12リットルに対し1本(125ml)の割合で使いますので、たいがいのバイクは1本でOKでしょうま、これは目安ですので割合にはあまり神経質になり過ぎなくていいですよ。あとは開封後は使い切るようにして下さい、開けてからは長期の保管は出来ません

<注入方法と注意点>
1.できるだけタンク内をガソリン少なめの状態にする
2.コレを持って近所のガソリンスタンドに行く
3.ガソリンを入れる前に劣化防止剤を開封しタンクに注入
4.ガソリンを入れる(できれば満タン)
5.ガソリンを入れたら2、3kmほど走ってからバイクを駐車

ポイントは3つ
1つはガソリンを入れる前に劣化防止剤を入れること。これは劣化防止剤が良く混ざるようにする為です。
そして、2つ目はガソリンを満タンにする。劣化防止剤との割合をより良くするのもありますが、ガソリンを満タンにするのは冬のタンク内の結露防止です。結露はタンク内のサビの原因になりますので注意が必要、満タンにしておくことで結露はけっこう防げます。
3つ目は注入後の走行です。5分以上走れば十分でしょう。要はタンクから噴射器まで劣化防止剤が混ざったガソリンを行きわたらせる為です。もし、その場で入れるような場合は少し周辺を走ったり、しばらく暖機するなどして劣化防止剤と混ざったガソリンを十分にキャブやインジェクターまで行きわたらせましょう。
これで完璧です

ちなみに、あくまでガソリン劣化防止剤であってガソリン鮮度復活剤ではありませんので腐ったガソリンに入れても無意味です。必ず新鮮なガソリンと混合してご使用下さい。
3ヶ月以上バイクを乗らないような期間が想定される場合は、これを入れて置いた方が無難ですよ。だって3か月後に乗れる保証はないでしょう?3ヶ月のつもりが忙しくて1年放置してしまってエンジンがかからないなんて、よくある話です。

今まではキャブ車が主流だったバイクも、いまやインジェクション車が主流となりつつあります。インジェクション車はキャブ車と違って高精度なインジェクターという燃料噴射器を搭載していますので万が一、劣化したガソリンが噴射器内部に入ったら…もう大変
キャブ車の様にバラして清掃して組み直しな〜んてことはできません最悪は装置まるまるASSY交換なんてこともありえます
1,000円そこそこの商品を入れなかっただけで、次に乗ろうと思った時に空いた口がふさがらない程の修理代につながる可能性は十分キャブ車だってキャブオーバーホールコースになれば数万円はかかります

転ばぬ先の杖。たかがガソリン、されどガソリン。
バイクの大事なエネルギー源ですので、ちょっとは気を遣いましょうね

ガソリン劣化防止剤はガレージ展示場にて販売中


1,500円(税抜き)

ガレージで「ブログ見た!」の一言で良い事があるかも


 
2014年07月17日(木)

おすすめワックス

皆さん、こんにちは。
バシ@長文です。

今日のブログはなが〜いので、ゴメンナサイ(^_^;)

今日はワックスのお話。
バイクにワックスをかけてテカってる車体を見ると何とも言えない悦な感じになるのは私だけではないと思います。とは言え「ワックスがけは大変だ」と思っている方も多いと思います。

今日は、そんなワックスがけは実は簡単で手間をかけずにバイクのきれいさを保てますよ〜というお話をしたいと思います。
気軽なワックスと言えば、やはりスプレーワックスでありますが当ブログでもちょいちょい登場していますね。しかしながら、実はちゃんとメインとして登場しきちんと説明をしたことがないんですよ(笑)

しかし、それでも常に当店では売れ筋商品でしてそこに甘えて商品紹介をしていなかった気もします…いつだったか少し前のブログの流れもございまして今日はちゃ〜んと当店のおすすめワックスを紹介したいと思います

まずは、登場以来ベストセラーで多くの人に支持を得るお手軽ワックス


「ラベン・スプレーワックス」

これは一度使うと手放せないですよね〜噴射すると泡になりましてこれを塗り広げるだけしかも拭き跡やムラが出来にくい簡単にワックス効果を得られ、きれいに仕上がるので非常に便利ワックスとしての耐久性は固形の物に比べるといささか落ちますが手軽にできる事ときれいに仕上がるのはポイントが高い為、マメな洗車が嫌になりませんぎっちりワックスがけをしたい方もいると思いますが、それよりもこのワックスを使ってマメに洗車をする方が断然きれいを維持できます
そしてこのワックスを強く勧めるのは、もう1つ理由があります
このワックス、汚れ落とし力は抜群洗剤を使って水洗いしても落ちないしつこい油汚れでも、これを使うとアッと言う間に落ちちゃうんですしかも、塗装面はノーダメージここが本当にスゴイ
気軽さと力強さを兼ね備えたワックスはきっとこれだけでしょう価格も手頃なので、一度使えばハマること間違いなしです。

ちなみにワックス使用時には、これを使うと非常に効果的できれいな艶が出やすいです


そう、マイクロファイバークロスこれ使うと全然仕上がりが違いますよ
艶の出方が全然違うので、是非こちらも併せてご利用下さい。

尚、ご注意頂きたいのがこのワックスはシート部分などには使えません。浸透性が高いのでシートなどに使うとツルッツルになっちゃいますんでね〜あとマット塗装部分、これもNGです
また、当然ではありますが高温部分(エンジンやマフラー)に使用自体は出来ますが一度熱くなってしまえば塗膜は剥がれてしまうので、高温部分には専用の耐熱ワックスを御使用下さいませ。


この辺が当店のベーシックな売れ筋ワックスです。

しか〜し、最近ではこの新参者がもの凄い勢いでユーザーを増やしております。
それが、これ


「ブードゥーライド・ディテイラー」

当店の洗車マニアの間では、ラベンのスプレーワックスと並んでの売れ筋商品となっておりまして、一度使うと何にでも試してみたくなっちゃうという恐ろしい魔力を持っております
実は、このワックスの最大の魅力は”どこにでも使える”という点。車両のボディーはもちろん、金属部分、ガラス面、プラスチック製品、レザー、合皮、樹脂、ゴムなど…使えない所がありません


ですので、ラベンのスプレーワックスでは難しいシート部分やマット塗装部分などもOK臆することなく使用可能です

しかも塗装面に使用した際には恐ろしいほどの艶と輝きそんでもって強いコート力があるので輝きが持続し次の洗車時も汚れが水洗いしただけでさっと落ちるので超楽これは凄いです

また、専用のマイクロファイバークロスもただのマイクロファイバークロスではなく専用品なだけあって非常に艶が出ます。通常の物と比べて使ってみてもその差は一目瞭然です。全然違います吸水性もとても強く、ホコリ等を閉じ込める構造でボディーへのダメージも最大限考慮されており、かなりその凄さは実感できるクロスです。

このワックスもクロスも値段は少々高めなのですが、それだけの効果は確実にあります。ただ、高いとは言え少量で効果が得られるのでフラットにして考えれば高くはないんです。

しかも濡れたままで使えるんですというか軽く濡れたまま使って欲しいんです
一応、ラベンのスプレーワックスも濡れたままでも使えますと謳ってはいますが、実際使ってみると極力ドライにしてからの方がワックスのノリがいいです。水が混ざると少しワックス効果が落ちます。
しかし、このブードゥーライド・ディテイラーは軽く濡れた状態がベスト軽く濡れることでワックスがよく伸びるようになります。しかも効果は変わらずもともと良く伸びる特性があるのでホントに少量でワックスが済みます。

水洗いして、さっと水拭きして、水滴が残ってる状態でもそのままワックス作業に入れるので洗車もスピーディー専用のクロスを使う事で拭き跡なども全く残らず、おそらく家の鏡や窓ガラスなどを拭くならこのワックスがどんな市販品よりも効果的なのは間違いないです。そのぐらいきれいな仕上がりです

ただ、強いて言うならラベンのスプレーワックス程の油汚れに対しての洗浄力の強さはありません。なので、当店では基本的に下記用途での使用をお勧めしており、併用を勧めています。

「ラベン・スプレーワックス」
 ↓
”ホイールやスイングアームなどしつこい汚れが溜まる箇所”

「ブードゥーライド・ディテイラー」
 ↓
”ボディやシート、スクリーンなどボディ全般”

「ラベン・耐熱ワックス」
 ↓
”上記2点ではカバーできないエンジンやマフラーなどの熱くなる部分”

こういった使い方が良いでしょう
ちなみにスプレーワックスしてからのぉ〜ディテイラーで艶出し&コートが最強で最高です足回りだけでもこの合わせ技はしておいた方がいいですよ。次の洗車がとっても楽当店の洗車マニアの方々はこのパターンで利用されております

上記で紹介している商品は常に店頭に在庫しておりますので、是非一度お試し下さいませお買い求めの際にはブログ見ましたぁ〜の一言でサービスがあるやも
自分のバイクの場合は、どこに何を使ったらいいのかわからないと言う方は気軽にスタッフまで、ご相談下さいませ

当店では洗車レッスンも承ってますので、愛車を簡単にきれいに維持したい方は是非一度受講をお勧め致します

適材適所で愛車のキレイを保ちましょう
では、長文失礼致しました<m(__)m>


 
2014年07月09日(水)

梅雨時期のお話

皆さん、こんにちは。
バシ@さすがにドイツ強すぎじゃねです。

今朝のW杯、ブラジルvsドイツ戦…見てて少し気の毒になる感じでした(^_^;)いやぁ〜ネイマールいない事をさしひいてもドイツが強いんじゃないかと思いますがどうなんでしょうね〜明日のオランダvsアルゼンチン戦も気になる所。私的にはドイツvsオランダになりそうな気がしてなりませんが…また予想外の事が起こるんでしょうか

さて、今日は久々の雨模様(こっちは今あがってますが)ですか。えらい台風が来ておるようですね〜やっぱアレすか、噂のJ君がケコーンなんかするもんだから台風が来ちゃってるんでしょうかねさすがだなーJ&J子www
お呼ばれしている方々は今週の土曜日ですので、お忘れなきように多分その頃には台風は落ち着いて温帯なんちゃらにとかになってると思いますんでね…

さて、仙台はわりと降水量が少ないとは言え梅雨は梅雨。バイク乗りとしては一番油断大敵な季節であります
そこで、今日は久々に梅雨時期の注意事項を書いておきたいと思います

この時期は1年中で一番と言ってもいいほど愛車によろしくない季節です。
サビの原因となる「湿気」が最大限威力を発揮し、天気も悪いので愛車を動かす事も出来ず、たまに晴れたと思えばいきなり暑くて洗車する気力が失われると言うとんでもない季節です。こんな時期に洗車もせず、愛車を放置。これではサビの思いのまま。あっと言う間に愛車に大ダメージなんですよ。ましてや梅雨前に洗車してしっかり防サビ対策などを施してない車両なんて一瞬で台無しです。

そこで、この時期の愛車管理のポイントを今日はご紹介
下記の項目をしっかりとチェック場合によっては元に戻せないダメージも多いので注意ですよ


雨の日の走行に注意
雨の日に乗るのはけっこうな事です。バイク好きはやっぱり雨でも走らないとでも、雨の日に走るとチェーンが危険せっかく塗っているチェーングリスが落ちてしまいます、この時期はコマめにチェーングリスを塗ってあげましょう

晴れの日には日光浴
雨の日は乗らないし、車体カバーをかけているから大丈夫なぁ〜んて思ってませんかそれは大きな間違いこの季節、車体カバーが命取りになる事がございます。
カバーをかけているとカバー内に湿気が溜まり、この湿気がサビへと発展してしまいます。たまの晴れた日はカバーを外して湿気をとってあげましょう無論、納屋やバイクガレージでの保管も同じです。外よりはだいぶ安心ですが注意は必要ですよ
同じ車体カバーでも、エアベンチ(空気の通り道)がある高機能車体カバーがオススメ絶対大丈夫というわけではありませんが、通常のエアベンチがないタイプよりはかなり安心常時店頭に在庫しておりますので、ご相談下さい

梅雨だからこそ洗車
梅雨時期の対策で最も有効なのは、実は洗車どーせ雨また降るし...なんて思わないでやはり雨にも負けず風にも負けず愛車を洗ってあげることが大事なんです。雨はただの水ではなく酸も含みますので雨にあたった後にそのままにしておくとサビを加速させます。こまめな洗車が難しければ、走った後にただ水で流すだけでも結果は違ってきますので走行後は最低でも水洗いぐらいはして、時間のある時にきちんと洗車をし防錆効果があるケミカルなどを使ってきちんと仕上げてあげましょう

細かい事をあげればキリはありませんが、この3点をできる限り遵守すればだいぶ愛車をきれいに保てると思いますので、是非実践して下さいね段々と時が経って自分では気付いていなくとも愛車の輝きは少しずつ薄れていってたりするものです。ふと、同じ年式の車両が交差点で隣に止まったりした時に自分のバイクよりツヤがあってきれいだったりするとショック受けるんですよね(笑)普段のメンテナンスが肝心、要注意ですよ

カバーを外したらこんな顔にならないように、愛車のチェックはマメにして下さいね


それでは、今日はこの辺で。
次回は最近当店で大人気のワックスでもご紹介してみますかね〜お楽しみに


 
2013年12月08日(日)

バッテリー充電

皆さん、こんにちは。
バシ@ガレージの寒さが身に沁みるです。

だいぶ寒さを肌で感じる季節がやって来ましたね〜こう寒くなってくるとけっこうガレージで話題となるのが「バッテリー」のお話し。
冬季間は心配される方も多いですね。しかもバイクのバッテリーは小型なので、車などに比べて充電容量が少ない買うと高い
でも、これは小型バッテリーの運命です。近年では原油高騰や原材料高の影響でバッテリー自体の値段も相当あがってきています。1つ1つ大切に使いたいものです。

そんなバッテリーですが、たまに「乗らなくても減るんですか?」と聞かれます。
残念ながら、減ります。

冷静に考えてみて下さい。あなたのスマホ、使わなくたって電池減るでしょ?

なーんもせんとも減るんです…車両によっては目に見えなくても色々と動いていますしね。最近のモデルはメーターの多機能化やエンジンの電子制御が進み、キーOFF時でも電力を使ってる車両は少なくありません。ですので、車両によっては数ヶ月放っておくとバッテリーが完全にあがってしまうことも珍しくありません

しかも、このバッテリー。完全にゼロの状態でしばらく放っておくと二度と使い物にならなくなる場合があります。蓄電ゼロ状態で放置してしまうと長期間使用した状態と同じで電極板の劣化が進み蓄電能力が低下してしまうんです。これがやっかい。だから、バッテリーは上がったから充電するのではなく、上がらないように充電しなければいけないわけです

では、バッテリー上がり防止、バッテリーの寿命を延ばすにはどうしたらいいか?
答えは1つ、こまめな補充電です

バイクには多少の蓄電の機能もございますので、頻繁にある程度の距離を乗る方であれば半年〜1年に1回、1ヶ月に2、3回や毎日だけど距離が短いというような方であれば3ヶ月〜半年に1回、月に1回乗るぐらいかななんて方は2、3ヶ月に1回の充電をお勧めします。

バッテリーの寿命はモノにも寄るのと使用環境で異なるので一概に言えませんが、平均すると2〜3年くらいと言われています。
しかしながら使い方によって1年未満で寿命になってしまう方もいれば5年以上もっている人もいるのも事実です。まったく同じものでも扱い方でこうも違ってくるのがバッテリーです。

当店へお持込頂ければ、だいたい1日〜2日のお預かりで\1,500〜受け付けております。
車両から外して持ってきて頂ければいつでもOK車両のままの場合はお預かりの車両スペースの兼ね合いもございますので事前にご相談下さいね。

とは言っても、毎日使う。多機能モデルなので頻繁に充電する。車両を持ち込む時間がないなど様々な理由もあって中々充電に出せないという方もいると思います。
そんな方にオススメなのがコレ

Optimate 4(オプティメイト 4)



ご自宅でも、簡単に使えるバッテリーの充電器です
世界中で多数のバイクメーカーが純正採用しているという安心の一品
当店でも人気商品です。

すごいのが、たいがいの12Vバッテリーに使用可能
全自動なのでつなぎっぱなしにしても過充電になりません(実は過充電もバッテリーの寿命を減らす原因)
防水・防塵仕様なので屋外でも仕様可能(完全防止ではないので注意は必要です)

バイクを使用しない時につないでればいいだけ

と言ってもバッテリーって外すのが面倒...って言う人多いと思います。
チッチッチッ...
それが簡単なんです

<取付方法>
こちらを購入するとこの画の様な車輌ケーブルが付いています。

この画の左側に見える端子を車両のバッテリーにつなぐ。
反対側のゴムキャップ付のカプラーをサイドカバーやフェンダーの隙間などから車体の外へ出しておきます。

<充電方法>
上記でだしておいたカプラーに充電からでているケーブルをカチャっとはめるだけ。
あとは充電器が勝手に診断チェックを行い充電を始めます。フルオート

簡単でしょ?バッテリーに車輌ケーブルを取り付ける自信のない方はご安心を
当店ご購入の場合、ここまでの取付は無料ですよ

このケーブルだけの購入も可能なので複数台所有されている方は、車体に接続するカプラーを買い足せば管理が楽チンですね

もちろん、通常の便利な「ワニ口クリップ」も付いてます

バッテリーの端子がすぐ見えるような車両は車体から外さずにこれで挟めば充電できます

ちなみにオプションでこんなケーブルも売ってますので色んな用途に対応できますよ


これで2年保証までついて\15,540-(税込)です。お安いですよね?

バッテリー買うよりはるかに安いですよ(笑)
こちらの商品は常時在庫していますので、いつでもお買い求め下さいませ

15,540円(税込)


ちなみに、もうちょっとお値段が…と言う方には、防塵・防水機能はないけどお値段はお手頃というモデルもございます

オプティメイト4の横に随時並んでおりますので、こちらもご検討下さい
ちなみにこちらは\6,930-(税込)でございます。



ガレージで「ブログ見ました!」の一言で良い事があるかも?


 
2012年07月14日(土)

チェーンルーブ
皆さん、こんにちは。
バシ@意外と反響が多かったです。

先日、チェーンメンテナンスのお話を書かせて頂いた所、けっこうな勢いで「へぇ〜」を頂きまして早く透明とホワイトのチェーンルーブの違いを書けと珍しく催促頂いてしまいましたガレージでゆっくりとしゃべれりゃいいんでしょうけど、梅雨時期入っても私なんだかパタパタしておりますんでね…と、いう事で今日は透明チェーンルーブとホワイトチェーンルーブの違いについてご説明致しましょう(ブログってやっぱ便利だわ)

まずは大きな違いですがウェットタイプかドライタイプかという所が大きな違いです。

・透明チェーンルーブ = ウェットタイプ

・ホワイトチェーンルーブ = ドライタイプ

となります。

ウェット(透明)タイプは液がトロ〜ンとしておりまして垂れやすいです。塗ってるそばから垂れてきまして、塗った後にはウエスでふき取る必要性が出てまいります。しかしながら、それだけ浸透性は優れており早い時間で細部にまで液が浸透しやすく正に痒いところに手が届く感じで見えない所でけっこう威力を発揮してくれます。


ちなみに浸透性が優れているのであらゆるタイプのチェーンに使用できるだけでなくクラッチやブレーキなどのワイヤーケーブルの潤滑油としても効果を発揮します。また、透明であることからカラーチェーンを使用されている方にはうってつけなのであります。

但し、粘度が低いので走行していれば飛び散ることが多く早くチェーンが乾いてしまうのが難点。チェーンが乾いていないかはチェックが必要です。また、走行すると容易に飛び散るのでホイールには飛散してしまいます。これを嫌う方もいらっしゃいますが、これは当ブログでもちょいちょい登場するスプレーワックスを使えば簡単にとれますので大丈夫です


で、対するドライ(ホワイト)タイプですが、これは吹き付けた瞬間から垂れないのが実感出来ます。一応、給油後は余分な分はふき取りますが、ふき取らなくていいんじゃね?と思ってしまいそうなぐらい垂れてきません。粘度が高いので簡単に垂れることはなく、走行してもホイールを汚すこともありません。但し、液自体が白い為チェーンのカラーを魅せつけたい方には向かない仕様となっております。


そして、浸透性は低いので給油後はしばらく置かないと走行できませんし給油の際にはちゃんと隅々にまで行き届くように注意しなければいけないでしょう。ただ、粘度が高いだけに走行してすぐに吹き飛んでしまう心配はないので走行距離が伸びても効果はある程度期待できます。但し粘度が高い為、ホコリなども一緒に吸着してしまう為、長期間放っておくとガビガビの状態になってしまい次の洗浄が非常に大変になってしまいますここが最大の注意点ですね

と、まぁチェールーブも種類によってこれだけの違いがあるのです。ただ単純に飛ぶのが嫌だからドライタイプとか、洗浄するのが面倒だから透明タイプという選び方だけではチェーンメンテナンスをしている事にはならないわけです。

普段の街乗り時にはウェット(透明)タイプを使って長距離ツーリングに行く際にはドライ(ホワイト)タイプとかいった使い分けも必要ですし、街乗りがメインだからという事でウェットタイプをチョイスし、ツーリングにしかいかないからとドライタイプをチョイスするのもいいでしょう

ただ、ドライタイプであれば放っておけばチェーンがホコリやゴミとの大合唱で大変なことになるのでツーリング後は洗浄と給油が必須です。
もちろん、透明タイプも走行して段々と飛んでいってしまいますのでこちらもチェーンが乾かないようにマメに洗浄して給油しなければなりません。

そうつまりはどっちのタイプをチョイスしてもチェーンメンテナンスはマメにしなければいけないという事です
よく、マメにできないタイプなのでどっちを選んだ方がいいですか?と聞かれることが多いのですが、そういう方はチェーン自体をしょっちゅう交換して下さいって話になるわけです(笑)

でも、そんなの大変ですよねですから、バイクに乗るならチェーンメンテナンスはしっかり自分でできるようになり、使用状況に応じたメンテナンスタイミングとチェーンルーブのうまい使い分けをやって下さい

さぁ、今日から3連休ですが天気も微妙な事ですしたまには愛車のチェックはいかがですか当ブログの「メンテナンスのすゝめ」コーナーを読み漁るってのも、たまにはいいかも
http://blog.goo-net.com/bbs/category_7/

ちなみにRKのホームページではご丁寧に動画にて詳しくチェーンメンテナンスのやり方を紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか
http://www.rk-japan.co.jp/japanese/movie.htm

こうなってくると長期間乗らない場合はどうすればいいのなんて話もでてきそうですが、乗らないとは言え少しは乗るというのであればウェットタイプで時々給油してあげるのが宜しいかと思いますし、全く乗らないと言うのならドライタイプをしっかりと給油しホコリと合体してしまわないようにラップなどで巻いておくのもいいかもしれませんね

しかし、どうのこうの言う前にメンテナンス用品がないなんて方は、どうぞ店頭までいらっしゃいませ今週も皆様のご来店お待ちしております


 
2012年07月09日(月)

チェーンメンテナンス

皆さん、こんにちは。
バシ@チェーンメンテナンスの目安はご存知ですか?です。

答えは300〜500km自分が思っていたより短いと驚いている方多いんじゃありませんか
しかもこれは短い期間での話ですので、3ヶ月以上手つかずであれば危険ですし雨の中走行すれば短い走行距離でもオイルの塗り直しは必ずやった方がいいです。これだけでチェーンの寿命は全然違ってきますおごそかにしてしまいそうな部分ですが、バイクに乗る上では非常に大事な部分です


チェーンの連結部には汚れが溜まりやすく、これがスムーズな動きを妨げる原因になります。こうなってくるとチェーンラインがガタガタになり連結部に大きな摩擦が生じる為、熱が発生します。この熱が原因でサビが発生してきます。錆びてしまったチェーンは切れやすくなり、走行中に切れればそれが原因で転倒につながることは少なくありません。メンテナンスが施されていないチェーンで走行するという事は実は大変リスクが高く危険な状態なのです。

よく、チェーンはメンテナンス次第で寿命が延びるとか言われますが、延びるというよりはメンテナンスを怠ると本来あるべき寿命が短くなると考えた方が正解です。
洗浄や給油はできれば月に一度、遊びの調整も2,000〜3,000kmぐらいを目安にして行うのがベストです。チェーンは消耗品ではありますが、しっかりメンテナンスをしてあげれば2〜3万kmはもつのが普通ですので、しっかりとメンテナンスを行いましょう

また、チェーンメンテナンスを怠るとチェーンの動きは鈍くなり、大きなパワーロスや摩擦によるフリクションロスを生む原因にもなります。遊びにしても、チェーンが大きくたるんでいたりすればアクセルを一気に開けると大きなショックを生み、これがリング部にガタを生み、さらにチェーンを痛めてしまうという悪循環が発生致します。こういった事を防止する為にもチェーンメンテナンスは必要で、チェーンメンテナンスによって得られる走行性能は実はかなり高いものなんです。

チェーンは快適な「走り」を担う重要な部分であるという事は覚えておきましょう

じゃぁ、どうすればいいのって言っちゃう人いそうですが、単純に専用のチェーンクリーナーできれいに掃除して頂いてチェーンオイルを塗るだけです難しい事はありません
勿論、当店サービス工場にて一声かけて頂ければ随時メンテナンスは承ってますので、ご心配な方はお気軽にご相談下さいませ

梅雨時期で走りたくても走れないことが多いと思います。そんな時こそメンテナンス是非実践してみて下さいね
ちなみに、先日よく聞かれるチェーンルーブの違いの話がでたので、その話を…と思ったのですが、その前にチェーンメンテナンスの重要性をお伝えしたく先にこのお話をさせて頂きました。チェーンルーブの違いについては近日お話しさせて頂こうと思いますので、お楽しみに



※ 明日は定休日となりますので、ご注意下さいませ


 
2012年01月22日(日)

デポジットクリーナー

皆さん、こんにちは。
バシ@春の準備始めませんか?です。

今日は雪が降りましたが気温は高いですね
寒い日が続いても春は着実に近づいてるという事でしょうか…

さて、久々のメンテナンスのすすめのコーナーでございます。
本日はこちらの商品のご紹介


カワサキ デポジットクリーナー

あまり聞き慣れない名前かもしれませんね。パッケージだけ見るとなんだか怪しげな合法○ラッグのようにみえなくもありませんが(笑)

デポジットクリーナーとは、ガソリン添加剤なのですが具体的にどういったものなのか?と言いますと、エンジン内部の燃焼室、吸気バルブ、インジェクターなどに堆積固着するカーボンを除去しエンジン性能を回復させる効果を持つ溶剤です。

これをガソリンタンク内に注入し走行するだけそれだけでエンジン内部の堆積カーボンを除去してくれますけっこうこれが効果あるんですよ
インジェクション車はキャブ車のように分解清掃ができませんので、こういったものを使うと非常に有効です。メーカーの推奨では3ヶ月または3,000kmごとに使用すると効果的と言われております。

インジェクション車で最近燃費が悪くなってきた、パワーがなくなってきた気がする、アイドリングが不安定になってきた、エンジンのかかりが悪くなった、アクセルレスポンスが悪いなどと感じたら今すぐデポジットクリーナーを使用してみましょう取り返しのつかないレベルでなければ効果は期待できます。密閉度が精密度が高いインジェクション車だけにこういったものの使用は不可欠です。

ちなみにキャブ車への使用でも効果は得られますが4ストロークのガソリン車専用となっておりますので、ご注意下さい

10リットルのガソリンにたいして1本の割合で使用します。だいたいでOKですがあまり薄いと効果はでない恐れがありますので、ご注意下さい。燃料が少ない状態でいれても構いませんが大排気量車の場合はできればガソリン満タンにしてそれに見合った容量を入れた方が効果的です。大排気量車=エンジン容量大なわけですから。

ガソリン劣化防止剤のように「よく混ざるように」とあまり気を遣わなくても大丈夫で、満タンにしてから追加投入でOKです
但し、揮発性があるので長い間タンクに入れた状態ですと効果が得られない場合がありますので、入れたらすぐにそのガソリンをできるだけ早く使い切る(と言ってもガス欠はダメですよ)ようにして下さい。

最初の遠出時にでも1発決めておきたい商品ですね
お値段も735円(税込)とお手頃な所がいいアイテムです

新車ショールーム、ガレージ展示場どちらにも常時在庫しておりますので、お求めの際はスタッフまでお尋ね下さいませ


 
2010年07月15日(木)

ローラースタンド

皆さん、こんばんは。
バシ@ツナギを着てると珍しがられるです。

梅雨時期は雨に濡れてしまうことが多いので、普段の営業ユニフォームではなくツナギを着る事が多い僕です。本日もぱっとしない天気、梅雨はもう少し続きそうです

さて、以前ブログで紹介させて頂きましたローラースタンド。
今時のバイクはセンタースタンドがなくて「洗車をする時は欲しくなる」とよく言われます。
これを解消するものとして、ご紹介させて頂きました。
これがあると、洗いづらいホイールの清掃やチェーンのメンテナンスも楽々

たいへん好評でございましたが、ちょっと前から新作が入荷していまして...こちらも好評でしたので改めてご紹介です

ちなみに、以前紹介したものはコチラでしたが、今回紹介するのはこれ


何が違うの?と言うと、一目瞭然。タイヤを乗せやすいようにアプローチが付いております。

使い方は以前と変わらず、いたって簡単。この上にタイヤをのっけるだけ
あとはこのようにこの上でタイヤを回せます。


ホイール掃除やチェーンメンテナンスに最適なグッズございます
しかも、以前同様にサイズも小さく重量も軽くて邪魔にならない
タイヤサイズも200mm幅まで対応しますし、ハイグリップタイヤはもちろん、オフロードのブロックタイヤでも対応します。もりとん前後関係なく使えますので、フロントにもリアタイヤにもOKです耐荷重も220kgですので以前紹介したものとなんら変わりません

そして極めつけはお値段
定価 \15,540-BBS特別価格 でご提供
お値段が気になる方はガレージ展示場ケミカルコーナーへ
ちなみに以前のものより、ぐっとお値段お安く出せます

これさえあれば非力な女性でも一人で楽々洗車できます

常時、ガレージ展示場にて展示中です
もちろん通販もOKですよん
お問い合せはガレージ展示場まで


 
2010年05月20日(木)

空気圧A

皆さん、こんばんは。
バシ@ガレージです。

さて、今日は久々にメンテナンスのすすめのコーナー。
先日ちょっと触れた空気圧の話です。
空気圧については前回のメンテナンスのすすめでも触れたんですが、今日はちょっとだけですが突っ込んだお話です。

空気圧を適正でないとどうなるか?注意する点は?などです。
空気圧はけっこうバカにならないんで、大事ですよ
怠るとこういう結果になったります


※あくまでイメージです

どれだけの最先端技術でも、これだけは防げません。
時代が変われどタイヤの基本的な事は、なーんも変わりません。ライダーが気を遣って初めて十分に機能が活かせると言っても過言ではないでしょう。

前回も触れましたがタイヤの空気圧は勝手に減ります。
ゴム風船膨らませていくらきつく縛っても、ほっといたらしぼみますよね?タイヤも一緒です。
なので、定期的なチェックが必要なんですね。

ちなみに空気圧は入れ過ぎても問題。だからこそ適正値というものが必要になります。ちなみに空気圧が適正でない場合、起こる事として代表的なのが、パンク、バースト(タイヤの破裂)、偏摩耗(偏った減り方)、乗り心地の低下、燃費の低下、操作性の低下です。
けっこうあなどれません。どれも安全&多額の修理代に直結です。

タイヤの空気圧は車種、選んだタイヤに寄って異なりますので一概に決まった数値はありません。また、気温が高い日などは当然タイヤ内の圧は変化します。タイヤの空気温度が上がれば当然ながら圧も上昇します。そういった事も考慮して空気圧というのは設定されていますので、あなどれないわけです。
ちなみにタイヤの空気圧を計るエアゲージなどのツールがありますが、計測はできるだけタイヤが熱くなりすぎていない状態で行って下さいね〜熱くなってる状態で計っても正確な数字が得られませんので

パンクなんてものはきちんとしてれば意外としないものなんですが、パンクをなされる方は不思議とパンクを何度もしたりします。それはタイヤ管理が原因だったり、いつも走行するポイントに原因があったりします。そういった部分の改善でだいぶ解消されますので、いつもパンクで無駄な出費が多い方は是非この機会に管理方法や走行方法などを見直してみて下さいね。

空気圧はできれば月に1度、最低でも2、3ヶ月に1回はチェックするようにしましょう
当店をご利用のお客様には無料で空気圧チェックを行ってますので、セルフチェックが心配な方はお気軽にご相談下さいね


 
2010年01月31日(日)

空気圧

皆さん、こんばんは〜
バシ@お洒落泥棒です。

さて、今日は空気圧のお話です。
当然ですがバイクで走行するにはタイヤに空気を入れなければいけません。

空気圧は車種により規定値が決まっており、車両によって違います。但し絶対に規定値を守らなければいけないということではなくあくまで基準。規定値内での微調整は必要なものです。例えば体重が70kgの男性と50kgの女性では当然同じ空気圧でも微妙にですが得られる結果は違いますよね?なので、個々での判断が必要になるわけです。
同じ車種であっても多少なり仕様状況を加味して設定した方が良い場合もありますので、空気圧が気になる方はお気軽にスタッフまでご相談頂ければと思います。

また、空気圧は何もしなくても当然減ります。自転車に空気を入れたことはどなたでもありますよね?空気圧が減れば燃費が悪くなったり、パンクの原因になったりなど意外とあなどれません。こまめに空気圧はチェックしましょう空気圧チェックは無料で行っていますので来店した際のついででもけっこうですので、お気軽にお申し出下さいね

ちなみに空気圧チェックの頻度についてよく聞かれますが、使用頻度にも寄りますので一概には言えませんが、3ヶ月に一度ぐらいはチェックしておくのがベストです。通勤などで毎日使う方は1〜2ヶ月に一度はチェックした方がいいですよ燃費や乗り味、操作性に関わる重要な部分ですので軽視してはいけません


それから、空気の他に窒素の充填も可能です。窒素は空気の代わりにいれるのですが、ただの空気を入れるよりもメリットがあります。まず第一に粒子が大きいのでタイヤから抜けにくいので、空気に比べると空気圧のチェックが頻繁じゃなくなる。そして、熱による縮小・膨張がしにくい特性がある為、コーナーリングで安定感がでます、それなりに排気量があるバイクではかなり効果大ですバイクによっては足回りのセッティングを変えたぐらい体感できるものもありますよ

窒素の充填は、初回 840円、2回目以降の追加充填は420円となっています。金額もお手頃ですので一度試してみてはいかがですか?

ちなみに窒素を入れたことを忘れないようにこ〜んなバルブキャップもあります


わかります?キャップにN2、つまり窒素ガスの原子記号が書いてあるんです〜色んなカラー、色んなタイプございますのでご相談下さいね

ちなみにバルブキャップつながりですが...
バルブキャップもけっこう色々ありますんで、ちょっとお洒落してみるのもありですよ
ガレージ展示場のカウンター内にたくさん展示してますので是非見にいらして下さいね


値段も500円ぐらいからあって手頃種類も豊富なんでけっこう楽しめますよ
お洒落は足元からって言いますからね、お一つお試しにどうですか


 

| 次へ
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

http://blog.goo-net.com/bbs/index1_0.rdf
最新記事
最新コメント
三上@泥んこ好き
あれれ… (06/28)
変人H@雨の日は
あれれ… (06/28)
三上@了解っす!
RIDE ON DIRT (06/16)
ZX10R/06R
RIDE ON DIRT (06/15)
三上@行こう行こう!
RIDE ON DIRT (06/15)
変人H@未経験
RIDE ON DIRT (06/15)
三上@超遅レス
GW休業 (06/12)
三上@今すぐにでも
強いですね〜 (06/02)
脱走兵@ご無沙汰
強いですね〜 (06/01)
DAI@いいねボタンがあると良いのに
GW休業 (05/01)
カテゴリアーカイブ
リンク集
月別アーカイブ
プロフィール


金キョロ
プロフィール
店舗情報
ショールーム
在庫一覧
店舗詳細


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts