1982年から18年間、日本国内で生産・販売されたGN125。販売台数減少と排ガス・騒音規制から生産中止となった。終盤にOEM先であった中国の大長江集団がGN125を独自に改良。2005年から生産し欧州や日本へ輸出されている。日本では数少ないマニュアルトランスミッションの原付2種(125cc)で、現在正規SUZUKIディーラーではなく輸入車という形で取り扱い店から販売されている。兄弟車にGZ125(アメリカンタイプ)やEN125(ネイキッド)などもある。

 
« 奈良・やすらぎ村キャンプツーリング後編 | Main | ステムベアリング交換 そのA »
 
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

LED補助灯装着 (07/23)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
オールド・ルーキー
LED補助灯装着 (07/14)
トモジイ
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/30)
GTブラザーズ
LED補助灯装着 (06/30)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/28)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/20)
プロフィール


ネットワーク

リンク集
アバター
友人新着記事

ステムベアリング交換 その@ / 2012年08月30日(木)
ここ半年、低速でハンドルを動かすとこじる様な感触がして、センタースタンドを立てて前輪を浮かせてハンドルを回すとセンター付近で溝のようなひっかかりがあり、kinちゃんに相談したところ間違いなくステムベアリングの摩耗かへたりであると確信しました
走行は34000km

バイク屋だと16000円ぐらいが相場との事で、とてもじゃないよと困っておりました・・・・

しばらくしてステムベアリング2セットをタオバオで手配してるよとハウトさんから快い連絡
土曜日入荷したとの一報を頂きガレージをお借りして自分たちの手で作業する事に

まず、ステムベアリングとはどこなのか 
赤○部分の2箇所


上側 このフレームの膨らんでいる部分にレースが入っています(赤色部分)


下側 ここもレースが入るのでフレームが膨らんでいます(赤色部分)


さて、作業開始

まず、馬を立てます(これは必ず必要) 代用出来るものでも良い


タイヤ回りをすべて外します
順序としてブレーキキャリパー ⇒ メーターケーブル ⇒ タイヤ ⇒ フェンダーカバー ⇒フロントフォーク ⇒ フォークカバー(SUZUKIエンブレムの付いたもの) 

そしてステアリングステムボルトを外す
この22mmのメガネレンチを使用



上に持ち上げるとハンドルバーが外れるので上に吊るす事(カーポートの柱に吊るしました)


さてフックレンチでナットを外します
この時にステアリングステムが下がるので注意


下のベアリングが見えてきます(グリスはほとんど無い状態)


ダストカバーごと外すと


上側のベアリングボールが見えます
茶色いのは錆び グリスもほとんどないです

ボールを取るとレースが見えますがグリスはほとんどなく錆びが・・・・


さてステムステアリングを下から抜きます(ハーネス類に注意)


ベアリング(上は小さいボール 下は大きいボールです お間違いなく)
写真を取るなりしてボールの数を数えておく事
 

ちょっと判り難いですが変形しています


さて いよいよ
下側のアウターレースを外します


つづく



この記事のURL
http://blog.goo-net.com/biwakiti/archive/383
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント

kinちゃんこんにちわ
みんなでやるとめげないですね。ああだこうだと文殊の知恵が出てきます。
Cぐらいまでかな
By:びわ吉2012年08月31日(金) 12:56

1300rsさんこんにちわ
そうなんです、修理です。
運転に支障をきたしていましたので・・・・
確かにグリスが少ないと思いました
でも、このステムベアリングは国産でも消耗部品なので
1万キロ毎のグリスアップや場合によっては交換が常識みたいです。
By:びわ吉2012年08月31日(金) 12:54

GNのりさんこんにちわ
環境と決められた工具・プロセスのイメージで出来ますが、ちょっと難しいです。一人だときついですね。
今回kinちゃんにご教示頂いたのと、ハウトさんに周到に準備と作業をして頂きました。
かっちゃんさんと3人で作業して3時間かかりました。
でもコツをつかんで2台目は1時間半で完了。

クラッチ板はご自分で交換されるのですか?
By:びわ吉2012年08月31日(金) 12:52

メンテもみんなですると楽しいですよね。
そのAが楽しみです。
そのいくつまで行くのでしょうか?
By:kin2012年08月30日(木) 23:36

お邪魔致します。
これはメンテでは無く修理ですね〜。
自分的には このベアリングは消耗品とは認知しておりません。
中華クオリティーでしょうか?
が、しかし
整備手帳にも成り得る記事には感謝です。
By:1300rs2012年08月30日(木) 13:54

びわ吉さん凄いですね
とても自分では出来なさそうです
所でびわ吉さんがクラッチを購入されたって聞きましたけど
交換されましたか?
タオバイだと送料含めて大体幾らくらいでしたか
By:GNのり2012年08月30日(木) 07:51


http://blog.goo-net.com/biwakiti/index1_0.rdf


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts