1982年から18年間、日本国内で生産・販売されたGN125。販売台数減少と排ガス・騒音規制から生産中止となった。終盤にOEM先であった中国の大長江集団がGN125を独自に改良。2005年から生産し欧州や日本へ輸出されている。日本では数少ないマニュアルトランスミッションの原付2種(125cc)で、現在正規SUZUKIディーラーではなく輸入車という形で取り扱い店から販売されている。兄弟車にGZ125(アメリカンタイプ)やEN125(ネイキッド)などもある。

 
« ステムベアリング交換 その@ | Main | ステムベアリング交換 そのB »
 
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

LED補助灯装着 (07/23)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
オールド・ルーキー
LED補助灯装着 (07/14)
トモジイ
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/30)
GTブラザーズ
LED補助灯装着 (06/30)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/28)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/20)
プロフィール


ネットワーク

リンク集
アバター
友人新着記事

ステムベアリング交換 そのA / 2012年08月30日(木)
さて、今から大工仕事です
アウターレースを抜きます

平たがね(ホムセンで200円)を買ってレース根元にあて、ハンマーで叩いて浮かせていきます。 たがねは幅10mmがベスト、それより大きくても小さくてもダメです。

要するに隙間が空くかどうかなのです
隙間が空いたら少しずつレースを平均に浮かせていきます

10mmほど浮かせるとスポンと抜けます

レースが入るところだけ少し太くなっているのがわかります

新しいものと比較してみます

新しいアウターレースを入れます

今度は叩きこんで入れます
内径30mm 長さ300mm の塩ビパイプを使って入れました

少しづつ根気よく叩いて入れます

綺麗に入りました

さて、作業はここまでにして
車体側のレースを抜きます
バールを使って下側のアウターレースを抜きます
これは手探りの作業 少しずつ平均して叩いて抜きます

抜けました


次に上側インナーレース、これも同じ要領でバールの先で下から叩いて抜きます


さて、今度は新しいインナーレースを入れます
木片をあてて少しずつハンマーでたたき、ある程度入ったら古いレースを重ね合わせて叩いて入れます。 これは完全に奥まで入れる為。



完了


上側も同じ要領でインナーレースを入れます


完了


つづく



この記事のURL
http://blog.goo-net.com/biwakiti/archive/384
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント

のび作さん
こんばんわ、ステムベアリングは消耗品との事ですので定期交換が必要なようです。早めの交換をお薦めします。
それとkinちゃんから色々教えて頂きましたので。
ご参考までに
By:びわ吉2012年09月01日(土) 22:37

相変わらず頑張りますね〜。

僕だったら工具の準備段階でめげてしまいます。(^^;;

実は磯丸も先日フォークブーツを着けて貰った時に、ステムベアリングの交換をオススメされました。確かにちょっとガタつきを感じるんですよね。

でも、この記事読んでわかりました、僕の場合はお店に頼むべきだってことが。(^^;;;;;;

By:のび作2012年09月01日(土) 21:16

万里パパさんこんばんわ
一人でやると多分めげてました
3人で励まし合いながらやって成功しました。
でも、やっぱりやる前の道具や準備 これに尽きます。
一回やると自信がつきますね
By:びわ吉2012年08月31日(金) 21:13

初コメさせていただきます!
昔これを適当に一人でやったら(その時の車両はRZ250Rでしたが)うまくいかずに大変なことになったのを思い出しました(^^ゞ
根気良く丁寧にやらないとだめですもんね。
素晴らしいです^^
By:万里パパ2012年08月31日(金) 00:21


http://blog.goo-net.com/biwakiti/index1_0.rdf


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts