1982年から18年間、日本国内で生産・販売されたGN125。販売台数減少と排ガス・騒音規制から生産中止となった。終盤にOEM先であった中国の大長江集団がGN125を独自に改良。2005年から生産し欧州や日本へ輸出されている。日本では数少ないマニュアルトランスミッションの原付2種(125cc)で、現在正規SUZUKIディーラーではなく輸入車という形で取り扱い店から販売されている。兄弟車にGZ125(アメリカンタイプ)やEN125(ネイキッド)などもある。

 
« キャブレター泡まみれ | Main | 古民家で驚きの店 »
 
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

LED補助灯装着 (07/23)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
オールド・ルーキー
LED補助灯装着 (07/14)
トモジイ
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/30)
GTブラザーズ
LED補助灯装着 (06/30)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/28)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/20)
プロフィール


ネットワーク

リンク集
アバター
友人新着記事

セカンド・キャブレター清掃完了 / 2014年08月31日(日)
gigiriderさんに頂いたキャブレターをキャブレタークリーナーで一晩寝かせた後、パーツクリーナーで清掃し組み立てました

まだ汚れが完全に取れていません
光ってるのはキャブレタークリーナーの液

サクションピストンの可動部やメインジェット・混合気が通る部分は綺麗になりました

バタフライとインテーク側

フロートチャンバーはまだまだ


仕上げはパーツクリーナーで清掃

フロートチャンバーはこれが限界

その他は綺麗です



タオバオで購入したダイヤフラムを装着(左が新品)
ベロと凸印が同じ位置にあるか確認

装着

必ず溝に嵌めること
これをしっかりやらないと負圧不良が起こる

サクションピストンの位置を確認

一応完成です



この記事のURL
http://blog.goo-net.com/biwakiti/archive/542
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント


http://blog.goo-net.com/biwakiti/index1_0.rdf


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts