1982年から18年間、日本国内で生産・販売されたGN125。販売台数減少と排ガス・騒音規制から生産中止となった。終盤にOEM先であった中国の大長江集団がGN125を独自に改良。2005年から生産し欧州や日本へ輸出されている。日本では数少ないマニュアルトランスミッションの原付2種(125cc)で、現在正規SUZUKIディーラーではなく輸入車という形で取り扱い店から販売されている。兄弟車にGZ125(アメリカンタイプ)やEN125(ネイキッド)などもある。

 
« 日記 | Main | 旅行 »
 
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

LED補助灯装着 (07/23)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (07/14)
オールド・ルーキー
LED補助灯装着 (07/14)
トモジイ
LED補助灯装着 (07/14)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/30)
GTブラザーズ
LED補助灯装着 (06/30)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/28)
びわ吉
LED補助灯装着 (06/20)
プロフィール


ネットワーク

リンク集
アバター
友人新着記事

LED補助灯装着 2015年06月14日(日)
Gooより
2015年7月30日(木)を以ってGooPassportユーザー様向けのサービスを終了いたします。
過去に投稿いただいたブログ記事を含む全てのブログ記事の更新及び表示が出来なくなります。
--------------------------------
残念ながら上記の通り、7月末でこのブログも終了します
今まで長年にわたり閲覧・コメント頂いた多くの皆様に感謝致します。



★さて、久しぶりに記事をアップしました


チャイナマートでLED補助ランプを購入し装着しました
スペック:白色LED DC12V 10W
アルミボディー チップLED4素子実装 
購入価格:約1000円(国内外送料別) 


フロントフォークの横にL金具でマウント


ハザード+HID(35W)+スモール(10W)+LED補助灯(10W×2)


LEDのみ(スモール10W+プロジェクターLED10W×2灯)
街中の走行なら問題ない明るさ(30W)


HID(35W)+LED(スモール10W+プロジェクターLED10W×2灯)
合計で65Wの明るさ


全点灯だと夜中の林道などでかなり威力を発揮
これでHIDが切れた時も補助灯があるから安心です
もちろん3次対策の電池式のLEDランプも搭載しています
ヘッドライトは何時切れるかわかりません。
夜中の峠で灯火類が切れたら途方にくれます
備えあれば憂いなしです



明けましておめでとうございます 2015年01月10日(土)
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします



年末どこかに飛んで行ったサイドカバー

バッテリーがむき出しになっております


暫定対策です


恒久対策
ヤフオクでサイドカバー左右セット中古品を1100円で落札


ちょっとイメージが変わっちゃったけど
背に腹は替えられず左右とも交換


でも、やっぱ純正の青いラインがイイね〜〜


チェーン交換4回目 2014年11月03日(月)
チェーンが伸びて来たので交換する事にしました
交換後、多分2万キロ近く走ってると思います。

外すのは超簡単 

抜け止めクリップを外すだけ

プレート





新品チェーン 台湾メーカーKMCだ 実はGNの純正もこのメーカー

890円(税抜き本体価格)

新品と比較してみるとその差歴然、古い方が垂れてます


サイズ428 120コマなので4コマカットすることに
サンダーでカシメ部分を削ります

チェーン交換はこのコマ落としが全てと言っていい
この作業が80%を占める


フロントスプロケはカバーの内側にグリスの塊が砂と一緒に溜まってます


清掃後


交換完了

交換後少し走ってみましたが、かなりスムーズになりました
価格も安いのでお勧めです


アウトレットチューブ交換 2014年09月07日(日)
以前から気になっていた、エア-クリーナ-とキャブレターを繋ぐ『アウトレットチューブ』を交換する事にした。

タオバオ第4便到着
ちなみに部品代だけですと1000円しません
(内訳 フォークブーツ アウトレットチューブ 防水型白色10W LED×2個 FUELフィルター OILフィルター×2)


キャブレターの外し方

ガソリンコックを横にし止める

FUELホースを抜く

アクセルワイヤーのナットを緩める

アクセルワイヤーのタイコを外す

キャブレターからアクセルワイヤーを外す

インテーク側のクランプボルトを緩める

アウトレットチューブ側のクランプボルトを緩める
(純正は+ネジですが、アウトレットチューブの経年変化で変形及び縮みの為、ホースバンドに交換しております)

後は横に倒して外すだけ
外した後は、キャブレター内に溜まっているガソリンをタンクに戻す

ここを緩めるとフロートチャンバー内のガソリンが抜けます

エアークリーナーから出ているアウトレットチューブは手前に抜けば簡単に外れます

左が今まで付いていたもの(約走行55000km) 右がタオバオから仕入れた新品
見て頂ければ分かるが、明らかに変形し縮んで短くなっている
これでは隙間が空き、ここから汚い空気が入ってしまいます

キャブレター側はひねくれた様な形に変形

こちらは新品 違いは明らか

装着はサイドカバーを外すと作業がやり易い
ちなみにこの銀色のスプリングクランプは必ず装着
なおかつ印も合わせる

取り付け完了

後はキャブレターを取り付けて、クランプ(純正)で締めて完了


ちなみにキャブレターの取り外しは慣れれば5分で可能です



セカンド・キャブレター清掃完了 2014年08月31日(日)
gigiriderさんに頂いたキャブレターをキャブレタークリーナーで一晩寝かせた後、パーツクリーナーで清掃し組み立てました

まだ汚れが完全に取れていません
光ってるのはキャブレタークリーナーの液

サクションピストンの可動部やメインジェット・混合気が通る部分は綺麗になりました

バタフライとインテーク側

フロートチャンバーはまだまだ


仕上げはパーツクリーナーで清掃

フロートチャンバーはこれが限界

その他は綺麗です



タオバオで購入したダイヤフラムを装着(左が新品)
ベロと凸印が同じ位置にあるか確認

装着

必ず溝に嵌めること
これをしっかりやらないと負圧不良が起こる

サクションピストンの位置を確認

一応完成です


キャブレター泡まみれ 2014年08月30日(土)
実はだいぶ前に九州のgigiriderさんに頂いたキャブレターを残してあります
今回はこれを徹底的に清掃し、混合気が通る所も、もっと磨いて取り付けてみようと考えています 


キャブレタークリーナーで泡まみれです



サクションピストンです
スロットルの弁によりエンジンの負圧でこれが上下し混合気の量を変えます
数万キロ乗っていると摺動面の摩擦でこのようになります
素地はアルミなんですね コーティングが剥がれてます
わずかですがサクションピストンの動きに影響します


ダイヤフラム
こいつが少しでも破れると負圧の関係で最高スピードが落ちます


キャブレターも消耗品です
新車から走行4万キロ以上で燃費悪化やスムーズに吹き上がらないなどの症状が現れた場合、原因がキャブレターの可能性が高いです
外して清掃し、それでもダメならサクションピストンごと交換すると調子が戻る可能性があります。 キャブレター丸ごと交換でもヤフオクなら4000円ぐらいです。


キャブレター清掃 2014年08月27日(水)
休みの日、キャブレターを外して納得行くまで清掃

ダイヤフラムもサクションピストンも再度清掃


内部も清掃


ジェット類を外す




穴という穴を全て清掃




フロートチャンバーも清掃



この後、100kmほど走行しましたが、今のところ同じ症状は再現されません

さて、しばらく様子見か


じっくり修理開始 その4 2014年07月27日(日)
ハンドルバーが届いたので交換する事に

交換は簡単です。
ハンドルバーに付いているものを外すだけ

左側は市販の集中ボックスに交換している為、デイトナ製のクラッチレバーが付いている


集中ボックスには固定用の突起がある為、バーにドリルで穴をあける

クラッチレバーは転倒し路面を5m滑走したので削れています

やすりでバリを取り、パーツクリーナーで清掃

さすがデイトナ、あれだけの衝撃にもかかわらず曲がっていない
(純正レバーの3倍ほどの重さ)

ケーブルの方も清掃及び注油

ハンドルバー交換終了


元のハンドルバーは・・・・・・・・

片方(右側)が浮いています

つまり、反対側(左側)が曲がってしまっているという事ですね

事故から3週間、ようやくまともに走行できるようになりました
これも、アドバイスや温かい声をかけて頂いた皆さんのおかげです
ほんとにありがとうございました

BW3号、復活しました





じっくり修理開始 その3 2014年07月21日(月)
ようやく、一番肝心の部分に着手する事にした

まず、フロントフォークを外し歪みが無いか点検

幸いにも左右共に顕著な隙間は無いから曲がってはいない


だとすればトップブリッジとアンダーブラケットのズレである
転倒の衝撃で両方共に左にズレていると思われる


トップブリッジはここ

アンダーブラケットはここ


上下の勘合を見ながら叩いてズレを直してみる


上下がズレた状態



修正後






なんとか真っ直ぐになりました


ちょっと走ってきます


じっくり修理開始 その2 2014年07月20日(日)
転倒してから2週間、エンジンは軽やかにかかるのだが、スロットルを開けると、2000回転でストールしちゃいます
プラグもかぶっておらず、暖気しても

原因は判らず関東のkinちゃんに連絡したところ
考えられる事としては下記の可能性があるとの事でした

 @キャブレターに水が混じっている可能性あり、キャブのガソリンを抜く
 Aインテークのクラックや二次エアーもチェック
 Bキャブとエアークリーナーの接続部チェック
  

その3点の確認を行いました

キャブは外して清掃





サクションピストンの可動面も綺麗に清掃

各所ともピカピカです

インテークパイプ

クラック等問題なし


イグニッションONで一発始動、問題なく吹けあがりました
良かった〜〜
ありがとうkinちゃん
ほんと助かりました



| 次へ

http://blog.goo-net.com/biwakiti/index1_0.rdf

Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts