愛車エディックスにキャンプ道具を積み込んでの
週末キャンプの記録です

« 肉を喰いに能生 | Main | 伊香保グリーン牧場 »
プロフィール


2014年09月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
いちろう
GWだ!出かけよう 十字峡 (09/26)
ノリマキ
長靴は脱いで (04/10)
gakig4
車上泊 (02/07)
ノリマキ
Edix 地デジ化 (07/19)
ノリマキ
Edix 地デジ化 (07/15)
としこば
センターベッドの寝心地は? (07/07)
ネットワーク

リンク集

http://blog.goo-net.com/bon_voyage/index1_0.rdf
アバター
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
友人新着記事



Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
2012夏の佐渡旅行 / 2012年09月02日(日)
ふと気がつくともう9月です。
昼間はまだまだ残暑が厳しいですが、朝夕は涼しくなりましたね。
8月はあまりの暑さにブログの更新を怠っていました。

毎年恒例の夏の家族旅行ですが、今年は娘を5月に授かり、さすがにまだ旅に連れ出すことも出来ませんでした。

しかし夏休みはやってくる。
今年も去年同様、佐渡汽船乗用車無料輸送券を申し込みました。
今回はWEB受付だったので楽でした。
知り合いも当選していますので、どうやら申し込めばほぼ当選間違いなしのおいしいチケットです。
夏休みの思い出作りをしてやらないでは息子が可哀想ということで、今回は妻と赤ちゃんは自宅待機で実家の母と弟家族で遊びに行ってきました。
80才近い母を連れてですから、さすがにキャンプはハード過ぎます。
そこで今回は普通にお宿を取っての穏やかな旅となりました。

出発は7月29日(日)
アサイチのフェリーで佐渡を目指します。


フェリーといえばかもめの餌付け?
かっぱえびせんでかもめたちとのコミュニケーション。
やめられない止まらないかっぱえびせんも毎年この場面でしか食べないなぁ。
かもめの為に息子たちが買ったえびせんをくすねて頂きました。


子供たちは朝も早くから全力疾走ですが、大人はくすねたえびせんをエアコンの効いた船内で食べながら体力温存です。


8時、定刻に両津港へ入港。
これからお楽しみの佐渡旅行の始まりです。

宿泊は相川のファミーリオ佐渡相川。
お昼にBBQの予約をいれてあるので、それまで近くの海水浴場で遊ぶことにします。


ホテルと尖閣湾の間の名もない海岸。
駐車場だけの海水浴場でシャワーもトイレも無い。
ペットボトルにお湯を入れてそれでシャワーです。

息子たちは狩猟本能全開です。
でも急に深くなるので目を離せません。
水が澄んでいて底が見えるのでその気になって歩いたら、いきなり身体が沈んじゃう。


しばらくすると子供たちが奇声を上げて浜に上がってきました。


はぜのようです。
しかし、モリも使わず、網だけで獲ったって、ずいぶんトロイはぜです。
協力して網へ追い込み漁をしたんだって。

半日たっぷり遊んだ後はペットボトルのお湯を被って、軽くタオルで拭いた後、相川のスーパーで買出し。

ホテルでは食材以外はすべてセッティング済みのお大尽BBQ。


さっそく料理を始めよう。
今回は焼き係を弟に任せたので、私はひたすら飲む、食べるです。


はぜも焼けた。
これは美味しい!

ファミーリオの中庭がBBQサイトになっているのですが、芝生がはってあって良いですよ。
ただ、昼間は皆さん観光に忙しいらしくホテルには我がファミリーのみ。
連泊しないとなかなか昼間のホテルは利用しないよね。
おかげで食後は芝生でサッカーやったり、貸しきり状態のお風呂で泳いだり堪能しました。

しかし、あれだけ食べても一眠りするとお腹が減ってる。

夕食はバイキングなので食べ盛りの子供たちは好きなだけ食べられて楽。
でも内容的にはちょっと貧弱かも。
うちははねっ娘プランという生きた南蛮えびの踊り食いが付いているプランでした。


泳いでいるえびを捕まえて、そのままむしって食べるなんて猟奇的ではありますが、身が引き締まってぷりぷりしてる。
ほのかな甘さも美味しい。


夕食が終わるころ、日本海に夕日が沈み、いつになくのんびりしている佐渡旅行です。


夕食後の花火まで用意されていて、上げ膳据え膳って本当に楽ね。


翌朝も早くからもぞもぞする子供たちに起こされ、ホテルのあたりを散策です。
まだ日の出前だよ。

2日目は尖閣湾からスタートしました。


海中透視船シャーク号。


船が大きな箱めがねみたいになってる。

東洋一とかってアナウンスしていたけど、値段の割りにチープだなぁ。
一昨年の家族旅行で行った四国のほうが断然楽しかった。
観光で島を盛り上げるのなら、もうちょっと気合入れないと。

尖閣湾の後は定番の金山を回り、大佐渡スカイライン。


月曜日とはいえ、夏休みだというのにすれ違う車がありません。


山を下り、今度はゴールドパークへ。
ここでも狩猟本能を発揮する子供たち。
でも絶対元は取れない...そんなことも無いか?子供はほとんどの施設が無料だものね。

欲をかいていたらフェリー乗り場ではすでに乗船が始まってた!

ギリギリで乗り込んで今年の佐渡旅行も無事終了。

来年はまたキャンプだ!




この記事のURL
http://blog.goo-net.com/bon_voyage/archive/225
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント