南大阪の松原市にお店を構えて
41年のH&Bホンダビジネス大阪
このお店のペット、ミドリ亀のカメ吉が
お店の出来事・日常のアレコレを報告します!

 
« インフォメーション | Main | チャレンジ三宅島 »
プロフィール


2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/hbosaka/index1_0.rdf
にほんブログ村 バイクブログへ
店舗情報
ショールーム
在庫一覧
店舗詳細


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
マン島体験記・おまけ 2007年12月14日(金)
こんにちは、カメ吉です。

皆さん、今夜お天気が良ければ空を見上げてみましょう。
ふたご座流星群っていう流れ星が見れるんだって〜
何をお願いしようかなぁ

今回は“マン島体験記”のおまけ
皆さんは、マン島で大人気のパフォーマンス集団『PURPLE HELMETS』をご存知?
オイラはマン島で、例のマン島通の方にDVDを見せてもらうまで
PURPLE HELMETS』の存在を知らなかったの
でも、一目見てそのバカバカしいパフォーマンスにどっぷりハマってしまいました。

この方たちはゲリラ的に出没するらしいんだけど
オイラがマン島にいた期間には残念ながら姿を現さなかったの・・・
でも、オイラがマン島を離れた後に出没
その姿をマン島通の方がカメラに収めていたのでご紹介しましょう。

全員で何人いるのか分からないんだけど
ヘルメットとブーツに汚ったな〜いコートがトレードマーク



おぉ! バイクに乗った人間ピラミッドだ



左右からまるで騎馬戦のように向って来たぞ!

アッ!ぶつかっ・・・た



あらあら・・・

次は5人乗りですな

こっちには長ーい馬が登場

やっぱりぶつかったのね

バイクがコケて、馬の勝ち〜

馬がバイクに乗ってっちゃったよ


このバイクも何やら怪しいなぁ

正面から見ると・・・おいおい


ス・スイマセン お見苦しいモノを・・・お題は『PIANO MAN』でした。
裸でもヘルメットとブーツはちゃんと装着してんのね。

水上スキーならぬ、路上スキーですか?



どうですか? 一部しかご紹介出来ませんでしたが、バカバカしさがイイでしょう
聞くところによると、この方たち普段は普通にお仕事されているようです。
一般の島民がヘルメット、ブーツ、コートを着ると『PURPLE HELMETS』に変身するんですねぇ

次こそはオイラもライブで『PURPLE HELMETS』見てみたいよ〜


マン島体験記その8 2007年12月13日(木)
こんにちは、カメ吉です。

あれぇ〜前回の“マン島体験記その7”で、カメ吉はマン島を離れちゃったから“マン島体験記”は終わりじゃないのか?って思ったでしょ 
おっしゃる通り、オイラはマン島を後にしたのですが
オイラが帰った後にも、いろいろと楽しい事があったようなのです。

オイラが一番見たかったのは、
宇野順一郎さんが出場した“クラッシックパレード
オイラたちがマン島を離れた数日後の6月6日に開催されました。

TOHATSU”を駆る宇野さんはここCREG NY BAAよりスタート

実は宇野さんが出場したクラスは、今年は宇野さんの“TOHATSU”1台のみ
だから、宇野さんがギャラリーの視線を独り占め

ゴールのグランドスタンドでも、たくさんのギャラリーが宇野さんの到着を待ち構えていた
すると、遠くから・・・ピィーーーンと、2気筒50ccのかん高い音が聞こえた
OH〜ブラボー
会場中の拍手と歓声を一身に受け、宇野さんTOHATSU CA2R TWINがゴール

グランドスタンドへ戻ってきた宇野さんは大人気でサイン攻めです。

あら、こんなにかわいいファンもいるのねぇ


こちらは、全レースの表彰式が行なわれた会場です。

もちろん宇野さんも壇上へ上がり

メダルを授与されました。


あぁ、やっぱりオイラも宇野さんがマン島を走っている姿を見たかったよー
でも、とっても楽しい思い出が出来ました。

チーム宇野順一郎/マン島にて


マン島体験記その8 2007年12月12日(水)
こんばんわ、カメ吉です。

マン島最終日
この日はCastle Townでクラッシックバイクをディスプレイ
懐かし〜いバイクやサイドカーを一目見ようと、たくさんのギャラリーが集まっていた。






数日前にここCastle Townに来た時も賑やかだなぁ〜って思ったけど
この日は数えきれないほどの人だかりだ

その人だかりの中へ宇野さんの“TOHATSU CA2R TWIN”をディスプレイしてみると

ぞくぞくと興味のある人たちが近づいてきて、囲まれちゃった


やっぱりみなさんはエンジン掛けて欲しいんじゃないかな?

じゃぁ、せっかくだから・・・とガソリン入れて

H&B店長がリヤタイヤを回した

プッ・・・プ・・プ・プププププァ・・・パァーンパァーンパァーン

OH〜

エンジン掛けただけなのに、こんなにみんなが喜んでくれるんだもんねぇ
一体どんだけの人に囲まれてるんだろう・・・ともう一度離れた所から見てみると

ゲッ! さっきより、すんごい数の人に囲まれていた
宇野さんたちが見えないよ〜

楽しい時間はあっと言う間に経っちゃう
もっとここに居たいけど、残念ながらオイラたちの乗る飛行機の時間が近づいてきた
すると「飛行場まで送っていくから乗りなさい」と、宇野さんが車で送ってくれた

 ありがとうございまーす。
宇野さんはオイラたちを空港で降ろすと、またみんなが待つCastle Townへと帰って行った

本当にカッコよかったなぁ宇野さん
あんなにたくさんの人に囲まれるなんて、うらやましいよぉ
オイラもあんな風に囲まれてみたいな・・・

あっ、マンクス・ベアーに囲まれちゃった


マン島体験記その7 2007年12月11日(火)
こんばんわ、カメ吉です。

わ〜い
今日のオイラのデザートはチョコレートムース
いっただっきまーす!

このチョコレートムースはスポライの岸下淳先生からのプレゼント
実は、淳先生の奥様のお母さんは本物のパティシエール
だから、美味しいに決まってんじゃん

先週から長々と書いてきました“今さらマン島体験記
この辺でようやく終盤を迎えようとしています・・・えっ、まだ終盤?最終回じゃないの?
はい、まだまだ続きそうです。

では、今回はマン島5日目
5日目って事は、オイラにとってマン島滞在最終日
この日の夕方の便でガトウィック空港へ移動予定
本当はTT期間中滞在したかったんだけどH&B店長の休暇はここまでが限界
最後の日を思いっきり楽しむことにしました。

この日は宇野さんたち、クラッシックバイクのラップ オブ オーナーとパレードランの
受付と車検が行なわれた。
天候はイギリスらしく、雨が降ったり止んだり
このテントの中で受付と車検をします。

宇野さんの“TOHATSU”も無事車検合格


おやっ、早速サインを求められておりますね

おぉ、このご婦人も宇野さんの元へ


宇野順一郎”と、しっかり日本語で書きました。

ここに集まったバイクはクラッシックレーサーなので懐かしいバイクばかり




その中でも宇野さんのバイクは珍しく、たくさんの人が写真を撮りに来た。

みんなに分かるように英語のプレートで宇野さんを紹介


このカワイイお嬢さんも宇野さんを取材していた。 う、うらやましい・・・


これは宇野さんのお友達イアンさんのバイク

なんと、DREAM50の改造車なのだー
'60年代のホンダのワークスレーサーをモチーフに、ご自分で作り上げた逸品
すごいでしょ〜

えっ! この中にバイクが入ってるの? 一体どんなバイク?

わっ、かわいい〜

鳥さんみたいに、くちばしがついてるよー 

こっちは前半分がカウルに包まれてるみたい

この2台のハンドルはどこ?

なんだぁ、ハンドルはカウルの中にあるのかぁ

あっ、後から車が! あぶないよ

大丈夫 実はこのサイドカーを移動させていたのでーす。


この後、クラッシックバイクはディスプレイの為、会場をCastleTownへ移動
オイラたちも宇野さんと共にディスプレイ会場へ向います。


マン島体験記その6 2007年12月09日(日)
こんばんわ、カメ吉です。

1970年のこんにちは〜の大阪万博跡地の遊園地
エキスポランドが明日から、暫くの間休業するんだってねぇ
H&B店長も奥さんも幼い頃は家族と共に、
そして、お年頃になってからはデートを楽しんだ思い出の遊園地なんだろうね。
やっぱり閉園してしまうのは寂しいなぁ
今度は安全対策をしっかりして、みんなが楽しめる新しいエキスポランドになって再開してほしいね。

では、今日のマン島体験記はマン島4日目

この日の夕方、オイラたちはフェリーが港に着くのを待っていた。
フェリーが到着し、乗客が車やバイクで次々と上陸して来た。


あっ、この車だ!

無事オイラたちと合流し、宿泊しているアパートへ誘導した後
休む間もなく、一緒にグランドスタンドへ行った・・・あっ!
ダレが来たのかまだ言ってなかったね。
オイラが首を長〜くして待っていたのはこの方

マン島ライダー・宇野順一郎さんなのだ

今回がマン島TT出場3回目の宇野さんが案内してくれた。

何度か歩いたグランドスタンドだけど、出場ライダーと一緒に歩くのは
なんだか気持ちが違うよねぇ〜 ハイテンションになっちゃう

歩いていると「宇野さーん」と、声を掛けてきた男性がいた。
この方はマン島TTを取材に来ていたジャーナリスト

やっぱり宇野さんは有名なライダーなんだなぁ

皆さんの写真撮らせて下さい」と嬉しいお申し出が

宇野順一郎ジャケット”作っててよかった〜

その後アパートへ帰り、宇野さんは車から荷物を降ろし始めた


大きな車だけど、中には何があるのかなぁ?

あー、宇野さんが乗る“TOHATSU”だぁ

店長もお手伝いしてマシンを慎重に運び出して・・・

フェンダー取り付けて・・・

スクリーンも取けたら・・・

ジャーン 完成〜



宇野さんも満足そうだなぁ

実はこの時、近所の方が宇野さんとマシンを撮影しに来たのです。

マシンも無事完成したら、船旅で疲れた宇野さんたちと別れ
オイラたちはプロムナードへ遊びに出掛けた

そう言えば夕方7:30〜夜中まで車道が閉鎖になるんだったよねぇ
何があるんだろう?
わっ、いっぱい人がいるよ〜

たくさん人がいすぎて、道で何をやっているのか見えないよぉ
でも大丈夫 大きなモニターにちゃんと映し出されていましたよ。


あっ、道の真ん中に置いてあった岩はトライアル・デモのためだったんだね

これ、ジェットエンジンのATV

すごい風圧でビックリしたよー

この他にエクストリームやMiniなど
いろんなスーパーテクニックを見れて、楽しい一夜を過ごしました。


プロムナードから歩いてアパートへ帰る途中でこんなの発見!

お家の壁にマン島とTTコースのイルミネーション
本当にみんなTTが好きなんだねぇ


マン島体験記その5 2007年12月08日(土)
こんにちは、カメ吉です。

今日はね、H&Bのサービス工場のお兄さんがお休みのため
急遽、ジョーやん(仲城英幸選手)がお手伝いに来てくれましたぁ
ありがとうジョーやん

ではでは、今日も懲りずにマン島体験記のつづき
マン島へ来て4日目のこの日はお待ちかねのレース開催日
やっぱりレースはグランドスタンドで見たいと思って行ってみると・・・

あー、やっぱりチケットはSOLD OUTじゃん
そりゃそうだよね。 みんなイイ席で見たいもの。
しょうがないから、別の場所をさがしてみると・・・


どこもコースサイドには人がいっぱい


それでも見れる場所を見つけ、じーっとレースが始まるのを待った。

前日のお天気とは違って、この日は小雨が降ったり曇ったり、しかも寒い!
待ちくたびれちゃったなぁ、まだかなぁ〜
と、その時! エンジン音が聞こえ1台のバイクが来た!

・・・と思ったら、マーシャルが通過

その後のアナウンスを聞いたみんなが、がっかりした表情で帰って行く

ど・どーしたの?

実はマウンテンコースに霧がかかって、レース不可能とのこと
なーんとこの日のレースは中止になっちゃったのだぁ

残念だけど仕方ないので、お土産でも探すか・・・



グランドスタンド裏は、こんな感じでたくさんの方が
お買い物したり、食事を楽しんでいた




あっ! マンクス・アイスクリームだって〜

こんなに寒いのに、みんなアイス食べるのね
お腹痛くならないでよ。

この日の夕方、オイラはフェリーが到着するのを待っていた。

このフェリーにある方が乗っているはず!
さぁ〜て、ダレだ?


マン島体験記その4 2007年12月07日(金)
こんばんわ、カメ吉です。

神戸では毎年恒例のルミナリエが始まりましたが
オイラのブログは季節はずれのマン島ですよ〜

マン島3日目のこの日は、Douglasから蒸気機関車に乗り
島の南西部Port Erinへやって来た。
駅を出るとすぐそばに小さな鉄道博物館兼お土産屋さんがあった。

中には昔のカンバンやポスター、写真などが展示してたね。


その後、駅周辺をウロウロと探索し始めた。
TTコースから離れているのに、ここにもたくさんのライダーが集まっていたよ。




おぉ! これはバリー・シーンのカラーリングだ。


ダグラスとは違った雰囲気で、ちょっと静かなリゾート地って感じ
海岸通りには小さいながらも清潔そうなホテルが建ち並び
丘の上にはゴルフ場もあったなぁ

この日は天気が良く、暖かかったのでビーチや芝生の上で日光浴する人々の姿を見かけたよ。


見てー! きれいな海岸線でしょう。



オイラもビーチで甲羅干しでもしたかったけど、そろそろ戻んなきゃ
だって、この日は夕方から予選が行なわれるんだもの。

ここ、ジャンピングスポットのBallaugh Bridgeは、人気の観戦場所
目の前でマシンがジャンプするのを見ようと、たくさんのギャラリーが集まっていた。

予選が始まり、みんながライダーにカメラを向けだすと
このオレンジのベストを着たオフィシャルが

おい、ダメだよ!」と観客に向って注意するの。

安全のために、フラッシュは厳禁なのです!

サイドカーの予選が始まり、もっと近くで見れる場所へと移動してみたら・・・
遠くからエンジン音が近づいて来た

あっ、来るよ来るよ! ドキドキ・・・

わっ、来た!

はっ、速っ

速すぎて写真なんて撮れやしない トホホ・・・

でも、間近でその速さを体感できちゃいましたぁ うれしいよん

この日は蒸気機関車に乗れたし、目の前で予選も見れたし
大満足な1日でした


マン島体験記その3 2007年12月06日(木)
こんにちは、カメ吉です。

ロードレースやトライアルがシーズンオフに入って、書くことないからって
今さら半年も前のマン島の事を引っ張り出してきたな!

って、思ってらっしゃる?

うーん、確かに!
でも、もう少ししたらシーズンオフのライダーの様子もお知らせするので
もうしばらく、皆さんも旅行気分でオイラにお付き合い下さい。

今回はマン島3日目
この日は午前中からダグラスの街をプラプラと散歩しました。
海岸沿いのプロムナードに移動遊園地が来ていて、とても賑やか

車道の真ん中に大きな岩が積んであるけど、何に使うんだ?


そして、何か書いてあるよ

えー! TTウィーク中は夕方7:30〜真夜中まで道を封鎖しちゃうんだ。
夜に何があるんだ?

プロムナードから1本入ったところに郵便局発見

そうだ、マン島からポストカード送っちゃおう

この辺りはお店がいっぱい並んでるからショッピングも楽しめそう



ショッピングもイイけど、オイラどーしてもしたい事があるんだ。
それは、コレ↓

蒸気機関車に乗りたいの〜

ねぇねぇ、知ってた?
あの有名な機関車トーマスの舞台・ソドー島って
マン島をモデルに作られたらしいよ。
だから、ここの機関車がトーマスって事!
オイラ、以前からマン島へ来たら
絶対に機関車に乗るんだって決めてたの

えーっと、たしかこの近くに駅があるらしいんだけど・・・
道を歩いている人に尋ねてみたら、とっても親切に教えてくれた。
だって、この黄色い服を着た人はダグラスで旅行者のサポートをしてくれる
ボランティアの方だったのだ。

ありがとー
おかげで無事、駅に到着しました。

駅のチケット売り場でチケットを購入
オイラたちは、ここDouglasから終点のPort Erinへ向け出発

わぁ、車窓からイイ眺めだね・・・って言ってたら、駅でもないのに途中で停車
どーしたの? 機関士が降りて点検しはじめた

隣の客車のオジさんも心配そうに外を見ていた。

しばらくして、動き出し次の駅Ballasallaに停車すると

わー!すごい煙だー
そして、機関車はなかなか動き出さないので乗客がホームへ降りはじめた。
オイラも外へ出てみると・・・

おいおい、機関車の前で何やら相談しているぞ!
大丈夫かぁ・・・と、オイラが心配してもしょうがないので
せっかくだから記念撮影してよーっと


2〜30分ほど停車し、なんとか無事発車した。




わ〜い、なんだか“世界の車窓から”みたいでしょ
オイラ、あの番組好きなんだぁ



途中の駅CastleTownColbyを過ぎると、終点のPort Erinに到着

おつかれさま〜

オイラの客車を引っ張ってた機関車が帰って行きました。

ここPort Erinは島の南西部に位置する海岸線の町
この後、この美しい海岸線を散歩しよう


マン島体験記その2 2007年12月05日(水)
こんばんわ、カメ吉です。

季節はもうすっかり冬だというのに
オイラのブログは今年の春へ逆戻りのマン島体験記で〜す

レンタカーでTTコースを一回りしたオイラたちは
車を置いて、グランドスタンド周辺をウロウロ・・・
ん! なんだぁこれ?

これはグランドスタンド正面にあるリーダーボード
各レースのタイムが掲示されるんだね。
そのリーダーボードの横には今後行なわれるイベント名が書かれてるね

ちゃーんとトライアル・デ・ナシオンも書いてありました。

グランドスタンドの裏側にはオフィシャルグッズのショップや、お土産屋さんが並んでた。
その中でこんなおちゃめなスライダー発見!

マン島のマークのスライダーもありました。


おぉ、これはOGKヘルメットだ!

ここヨーロッパでも、Arai・SHOEIだけでなく、OGKをかぶっているライダー見かけたよ。
大阪ブランドが世界で支持されているのはウレシイねぇ

ヘルメットと言えば、今年はマン島TT100周年の限定ヘルメットが発売されていたの

すごい人気だったようで、MやLなどの主要なサイズは完売してましたねぇ
実際、このヘルメットをかぶってるライダーを何人も見かけたよ。

あっ、ここでは車検が行なわれてるんだぁ

この日は夕方から公道を封鎖して、練習走行があるそう
そのための車検なんだね。
早く走行始まんないかなぁ〜楽しみだ

ようやく夕方になり、各クラスの練習走行が近づく
日が長いので走行は夕方からなんだよ。日本じゃ考えられないなぁ
アパートを出て、オイラたちも見やすい場所を求めて移動・・・

マン島らしいカンバンだね。 

出た!この赤いジャケットの“宇野順一郎”軍団がH&B店長たちだ。
まだ宇野さんはマン島に到着してなかったけど・・・う〜ん目立ってるぞ

ねぇねぇ、店長〜 オイラにも見せてよぉ

いいねぇ〜
ちょうど正面から下ってきたライダーがターンして行くのが見れるんだ

あっ、このライダーのスライダー
さっきお土産屋さんで売ってたよね。
この後はオイラの大好きなサイドカーの走行だなぁ 楽しみだ〜
・・・って言ってたそのころ
グランドスタンド裏のパドックでは、マン島通のあの方
日本のサイドカーチームが出て行くのをカメラに収めていた



行ってらっしゃ〜い

その後もオイラは同じ場所でサイドカーの走行を楽しんでいた

このコーナーでターンし、向こうへ消えていくでしょ

あの向こうはどーなってると思う?見たいでしょ?ねっ!

こーなってるの。 向こうから入って、手前に抜けて行きます。
見てのとおり、狭いしブラインドコーナーなんだよね。

こうして練習走行を見終えるとオイラたちはアパートへ帰り、夕食を食べ
この日の出来事を思い出しながら、ちょっと興奮気味で眠りについたのだ


マン島体験記 2007年12月05日(水)
こんにちは、カメ吉です。

この前、三宅島でバイクのイベントに参加したから
久しぶりにマン島へ行ったこと思い出しちゃったなぁ

マン島でせっかくたくさん写真撮ってきたのに、紹介するの忘れちゃってたの
本当にオイラの記憶から消えちゃう前に書いとこーっと

オイラがマン島へ行ったのは、今年の春
マン島TTレース100周年記念大会
この記念すべき年にマン島へ行けてちょーラッキー
オイラたちが行ったくらいだから、今年マン島へ行った日本人は例年よりはるかに多かったようです。

マン島へ到着して2日目
レンタカーでTTコースをドライブ
さすがにTTレースウィーク中だけあって、島外からたくさんのライダーが海を渡って来ていた。
車で移動するオイラたちの周りはバイクだらけ
めったに経験しない光景にとまどいながらもワクワクしちゃう

ココ↓はちょうどコースの中間あたりにあるBallaugh Bridge

TTレースのビデオでバイクやサイドカーがジャンプしてるシーンを見たことあるでしょ?
まさにこの少し盛り上がった小さな橋がそのシャンピングスポットなの
スピードがのったマシンはこの橋で車体が浮き上がり、そのすぐ後は右へカーブしている。

レースのないこの日は、一般のライダーもここではついジャンプしたくなるみたい。

コース北東部のRAMSEYをぬけると、TTレースウィーク中は一方通行のマウンテンコース
2車線なので、オイラたちの車をライダーが一瞬で抜き去って行きます。

頂上近くの丘の上には今は営業していないミュージアムがあり
たくさんのライダーがバイクを停めて集まっています。

そのライダーの真ん中に・・・!

あー!あなたはジョイ・ダンロップさんじゃないですかぁ

ちょいと肩に乗せてもらってハイ・チーズ


ジョイ・ダンロップ氏は、この丘の上からみんなの安全を見守っているようです。


あれ?ここTTコース上を列車が横切ってるよ〜

大丈夫
レース中は列車がコースをまたぐ事はなく、前後までで停車し
乗客は歩いて歩道橋を渡って列車を乗り継ぐらしいです。

マウンテンコースを下った右90度コーナーがCreg ny Baa

オイラたちもこのコーナーにあるカフェに入ってみたかったんだけど
たくさんのギャラリーがいて、車を停めるスペースもなさそうだったので断念し素通り

Creg ny Baaを過ぎて、グランドスタンド前を通過
ここからコースを外れてCASTLE TOWNへ向った。
途中には妖精の住む橋と言われているのFAIRY BRIDGEがあるの

白く塗られているのがFAIRY BRIDGEね。
マン島へ来た人は、旅の安全を祈ってこの橋の妖精にあいさつするらしいので
オイラたちも妖精さんにごあいさつしました。ハロー

なんだかバイクが集まってる広場があったので行ってみると
そこがCASTLE TOWNだった。


この時も結構人がいて賑やかだなぁ〜って思ったけど
数日後、クラッシックパレード出場マシンのディスプレイで
本当に賑やかなCASTLE TOWNを見ることになるとは、この時はまだ知らなかったのだ。

この後、車を宿泊していたアパートの駐車場に停め
歩いてグランドスタンドへ行くことに・・・
すると、歩いて数分のところに、サイドカーのカウルが置いてあった。

その横のガレージの中ではサイドカーを整備中

パドックでもない普通のガレージを使ってるんだなぁ
こういうのも、なんだか楽しそう

ここがグランドスタンドです。

まだレースがない日だったので、スタンド席にはほとんど人はいません
スタンド前の道にはたくさんのバイクが駐輪しているけど
練習走行やレースが始まる前にはみごとに1台もなくなります。

グランドスタンドの前にもジョイ・ダンロップ氏の功績を称えたメモリアルプレートを発見

26レースも勝ったなんてすごい人だなぁ“KING OF THE MOUNTAIN”だもの
マウンテンコースの銅像にみんなが集まるわけだ。

同じくグランドスタンドのすぐ前には広い墓地があって
昨年のTTレース中に亡くなった前田淳選手のプレートがこの墓地の中にあります。


オイラたちがマン島へ行きたいなって言い出した時は
ここで前田選手の走りが見れると思っていたんだ。本当に残念だ・・・

グランドスタンド前に駐輪してあった中にこんなの発見!

みごとにTTカラーに仕上げられているけど、島のライダーなのかなぁ
この他にも思わず写真に撮りたくなるバイクがいーっぱいでキリがない!
この時点で、マン島に来てまだ2日目のお昼なのに・・・



| 次へ