« お知らせ | Main | 納車前整備 »
 
ムーブラテの整備 2017年06月24日(土)
タイミングベルト交換、フロントブレーキパッド交換、左右ドライブシャフトブーツ交換作業です。
タイミングベルトは先日交換しました。

ファンベルト・パワーステベルト・クーラーベルトも問題のない状態でした。

今回はブレーキパ度の交換を済ませ、ドライブシャフトブーツの交換です。
次回の車検などは問題なく受けられると思います。


これで安心してお渡しできます。


エブリーVのタービン交換 2017年06月19日(月)
若干煙を吐いていたのでタービンのシール不良と思います。
リビルトタービンが入庫しましたので交換作業です。

このような状態のタービンでした。
純に邪魔な部品を外して、タービンを外します。


結構狭いですね、善美外すには時間がかかりすぎますので最低限作業できるところまで外しました。
リビルトのタービンと交換して装着です。

後はLLC配管、オイルラインなど繋いだら、エンジンオイルも交換、もちろんエレメントも交換します。
最後は、LLCを入れてエアー抜きですね。
無事エアーも抜けたので完了です。しばらくの間は低回転でならし運転予定です。
距離は走っていますがエンジンの調子もいい感じです。



ekスポーツのタイミングベルト交換 2017年05月30日(火)
先日入庫したekスポーツのタイミングベルト交換です。
当分持ちそうですが、早めの交換がトラブルを防いでくれます。

ターボ車なので交換までに取り外す箇所が若干多いですね。
無事交換を終え、ファンベルトも新品に交換して終了です。

エンジンオイルを交換しました。
交換済シールもちゃんと貼っておけば安心ですね。

後は室内クリーニングを済ませて完了です。


ジャガーXJ8点張りの張替え 2017年05月20日(土)
ジャガーXJ8点張りの生地が入荷したので張替えです。
外すのも結構大変ですが、割と早くできるようになりました。

外した天張りは綺麗にウレタンとボンドをはがして下地を整えます。

生地を貼り付けます。


しっかりとくっついています。
あとは車両に取り付けです。

綺麗に装着も終わりました。当分天張りの垂れる心配はないですね。


ボルボV50 シフトゲートブラインド交換 2017年05月02日(火)
ボルボV50のシフトゲートブラインドの交換です。

オーデイオフェースパネルから外します。

次のセンターコンソールを外します。上側2本、下側2本ビスで止まっています。

シフトノブは下側の輪を右に回して緩めたらシフトノブを引き抜きます。
抜くときはまっすぐ引き抜いてください。
シフトパネルを外し、その下のカバーを外せばゲートブラインドが装着できます。
装着が終われば逆順でくみ上げます。

最後はシガーライターパネルをはめて完了です。

交換したのでマニュアルモードもちゃんと作動するようになりました。


ヴォクシーのスパークプラグ交換 2017年04月20日(木)

入庫したヴォクシーのスパークプラグ交換、スロットルクリーニング、エンジンオイル交換です。
メンテナンスをちゃんとしていれば20万Kmでも走る車なのでポイントになる部分は早めにチェック、交換などしたいですね。

エンジンカバーを外して、イグニッションコイル、スパークプラグという順番になります。
はずしたスパークプラグです、

綺麗に焼けてはいますがさすがに交換時期と思います。

少し高いですが上級の物にしました。イリジュウムプラグは10万Km保証です。
逆の順で装着して完成です。

次にスロットルのクリーニングです、60モデルよりインテークの位置が前に代わって外しやすくなっていますね。
今回はエンジントリートメントを使ってスロットルのクリーニングです。
ほぼ1本位使用してじっくり汚れを落とします。WAKO’SのRECSと同じような使い方です。
煙が出てくるので、排気が綺麗になったら終了です。
次はエンジンオイル交換です。
フラッシングをしていましたので、スラッジがオイルに溶けて出てきます。
搾り抜いたら、新しいエンジンオイルを注入して完了です。
アイドリングが若干低いようでしたが、通常のアイドル回転に回復したようです。


ヴォクシーのスパークプラグ交換 2017年04月04日(火)
先日入庫のヴォクシーのスパークプラグが入荷したので交換です。
エンジンオイルのフラッシングもしていたのでエンジンオイルも後で交換です。

外したスパークプラグです。交換時期ですね。
新しいものはNGKイリジュウムMAXを使います。
ロングライフはありがたいですね。10万Km保証です。

あとはプラグを装着して、イグニッションコイルを差し込んで止めれば完了です。

この後はエンジンオイルの交換です。
フラッシングしたのでスラッジが溶けこんだオイルで真っ黒なオイルが出てきました。
規定量を充填して完了。
さらにブレーキパッドが届いていました。今週、予備検を受けるのでしっかり点検整備です。
パッドの交換も無事完了、検査を待つだけですね。


シトロエンC5ツアラーセダクション整備 2017年04月02日(日)
先日入庫したシトロエンC5ツアラーセダクションの整備です。
まずエンジンのフラッシング、エンジンオイル交換。
ATFの交換の順で、最後はスパークプラグの交換になります。
まずはオイル交換ですが、前日フラッシング剤を入れて2時間ほど始動させておきました。
アンダーガードを外して、ドレンボルトを外してオイルを抜きます。
墨汁の様なオイルが出てきました。スラッジが溶けてきた証拠ですね。
あとはドレンボルトを締めて、オイル注入でおしまいです。

オイル交換は完了です。
次はATFの交換です。
ドレンボルトのセンターにあるネジを外さないとドレンボルトは外れません。

T40のトルクスネジになります。

ゲージからフローしたATFが出なくなるのを待って、ドレンボルトを抜きます。

外したゲージ付きのドレンボルトです。

ATFの注入はドレンボルト側からになります。チェンジャーで送り込んで充填完了です。
国産では使わない工具ですね。下回りアンダーガードを装着して完了です。

最後はスパークプラグ交換です。

イグニッションコイルを外してスパークプラグを抜きます。
外したプラグはまだ使えるのかもしれませんが交換時期が不明なので交換します。

高級なプラグです、10万Km保証だから安心ですね。

あとは組上げて完了です。

交換作業は完了、当分心配なところはないですね。


H22プジョー308のスパークプラグ交換 2017年02月01日(水)
スパークプラグが入庫したので交換作業です。
最近は整備もしやすくなっています。
交換するプラグはNGKイリジュウムプラグです。

外したスパークプラグはこんな感じです。

まだ使えるとは思いますが交換しておけば安心ですね。
交換時間は10分くらいでした。

イグニッションコイルにカプラーをつないだら作業は完了です。

この後は、エンジンオイル交換を済ませたいと思います。
タイヤも新品交換済なので安心しておのりいただけます。


プジョー3008スパークプラグ交換 2017年01月25日(水)
入庫したばかりのプジョー3008です。
エンジンフラッシングをして、オイル交換済ませました。
スパークプラグは予備がありましたので、速攻交換します。
イグニッションコイルを外して、スパークプラグを外して行きます。
イグニッションコイルは消耗品なのでエンジン不調の時は、スパークプラグと合わせて最初に疑ったほうがいいかもしれませんね。

外したスパークプラグは交換時期かもしれませんね。

新しいスパークプラグはNGKイリジュウムプラグで交換です。

無事完了となりました。作業は20分もあれば十分ですね。

独立したコイルに代わってからは交換も楽になりましたね。

これでエンジン回りは安心ですね。



| 次へ
最新在庫情報
スズキ ワゴンR FX 禁煙車 ワンセグ社外HDDナビ 純正アルミ 660cc
19.8万円

スズキ ワゴンR FX 禁煙車 ワンセグ社外HDDナビ 純正アルミ 660cc

ダイハツ ムーヴ X エコアイドル 禁煙車 純正アルミ キーレス 660cc
29.8万円

ダイハツ ムーヴ X エコアイドル 禁煙車 純正アルミ キーレス 660cc

マツダ スクラムワゴン PXターボ 社外HDDナビ ETC 純正アルミ キーレス 660cc
42.8万円

マツダ スクラムワゴン PXターボ 社外HDDナビ ETC 純正アルミ キーレス 660cc

プロフィール


ネットワーク

リンク集

http://blog.goo-net.com/headautoworks/index1_0.rdf
友人新着記事

店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts