2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
VT1300乗り
VT1300CXツアラー仕様 (12/10)
店舗情報
ショールーム
在庫一覧
店舗詳細


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
| 次へ

2012.11- うまいもん食べツーリング 2012年12月14日(金)
11月18日に日生へ播州路を西に走ってきました。



海鮮バーベキューに舌鼓を打って





食事後、紅葉の中、北播をゆったりとまわって







帰路につきました。



CBR250Rローダウンキット 2012年06月17日(日)
CBR250Rの試乗車に車高下げキット(エンデュランス製)を装着してみました。

メーカーの説明書きには23mmダウンと書いていましたが、

またがってみますと、CBR250RR(’90)の車高720mmには及びませんが、

757mmになります。


大山ツーリング 2012年06月17日(日)
6月上旬日曜日に蒜山高原迄、ショップのツーリングに

行ってきました。天気も上々で十数台の大所帯でしたが、

事故トラブルもなく無事に帰って来ました。



インテグラが下見のツーリング時の同様の燃費28km/L、

でしたが、W氏のNC700X(M/T)は燃費が30q/L

でした。


INTEGRA 2012年06月08日(金)
6月某日INTEGRAで蒜山高原まで走ってきました。



第2世代DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)の性能は

スムーズさと鼓動を発生させながら走ってくれて

ツーリングを楽しませてくれました。


320q走行して11.2L(ハイオクガソリン)を

消費しました。

自分の年齢(59歳)を考えますと、

長い付き合いになると思われます。


ホンダの電動スクーターEV-neo 2012年02月12日(日)
日本と言わず多数のバイクメーカーから

電動スクーターが発表されていますが

ホンダの原付1種のタイプ EV−neoの

試乗車が入荷いたしました。

ビジネスタイプとあって安定した乗り心地で

発信もごくスムーズです。



バッテリーも200Vの急速充電器で

20分ほどで80%充電できます。



CBR1000RR-2011モデル 2010年12月14日(火)
CBR1000RRの2011年モデル パールスペンサーブルー(トリコロール)

が入荷しました。




カラーネームのごとくフレディースペンサーの懐かしい

カラーリングです。




50才代の方にもライダー体型と腕に自信のある方は

乗ってみられてはイカガでしょう?






CB1100 4本出しマフラー 2010年12月14日(火)
エンデュランス製の4本出しステンレスマフラーが入荷しました。






















一本ずつ独立したマフラーできれいな仕上がりです。

30年前にCB750K3をまたがりましたが、

肉厚シートは太ももの内側が圧迫されて

ガニマタになったのを思い出しました。

50代後半から60代前半の方には

跨ってエンジンキーをONにすれば

30年前にタイムスリップするかもですよ!!


MY氏のVT1300CX 2010年08月02日(月)
今日はMY氏のVT1300CXを御紹介いたします。

MY氏はゴリラのカスタム車も所有されています。

でも、今はVT1300CXを少しずつ手を加えて楽しんでおられます。

ヘッドライト下に設置されたETC本体部のケース、シートの加工、ウィンカーのLED化、
クロームメッキのホンダ純正のアクセサリオプションクロームメッキホイールの装着など
大人のカスタム車です。


STX1300ライダーM氏 2010年08月01日(日)
毎週1度は当ショップに来られるM氏ですが

体格にぴったりの車両STX1300をらくらくと乗りこなして

月数度のツーリングを楽しんでおられます。


車両の付属オプションとしてETCはもちろんですが

四輪車では必須になっていますが


ホンダ純正オプションのGPSナビを搭載されています。

ヘルメット内に有線イヤホーンを取り付け

行き先案内、またお好みのミュージックをSDメモリー

にいれ、走行中も聞かれるそうです。


VFR1200F-DCT入荷 2010年08月01日(日)
話題のVFR1200F-DCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)
入荷しました。1月の内見会で見たとき販売前の車両よりも


今回の新発売後の車両のほうが見栄えがします。


実動車を目の前にして50〜60歳代のゆったりとしたライディング

を好むロングツ-リングユーザー向いているのではと思います。



| 次へ