カワサキのGPZ900Rのメンテナンスやら北海道ツーリング等の旅日記です。ちなみに記載事項は自己責任でヨロシクねん。(*^ー’)b

 
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール




Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
| 次へ

5/13 辺戸岬〜本部 2014年03月10日(月)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



【15:20 ????km ヤンバルクイナ展望台】
その後、辺戸岬からすぐのところにある「B級ちっくなヤンバルクイナ展望台」に向かった。
展望台までの道は狭く、アプリオの限界性能を越える強烈な坂道であった。

そこには超巨大なヤンバルクイナのオブジェが鎮座しており、中に入って胴体の部分から辺戸岬を眺めることができた。(現在は、施設の老朽化により中に入れないそうです。そもそもここに来ることすら難しいようです。)



ヤンバルクイナのお腹から先程いた辺戸岬が見える。



天気がよくて海が荒れてなければ、きっと綺麗な海が見れただろう。
ここまで、まったく沖縄的な綺麗な海が見れていない。(´・ω・`)




【16:00 8,903km 奥井】
後半は折り返しして、西側の県道70を南下していく。
この辺は、本当に何もなく、ジュラシックパークのような原野が広がっていた。




途中の共同売店で休憩。ここは小さなお店で、子供の頃に見た田舎の「〇〇デパート」のような感じだった。(このあたりの小さな村にはスーパーやコンビニはなく、村営もしくは村民で運営されていて、利益は村民に還元されるような仕組みのようです。)



ここから先は、なだらかなアップダウンのコーナーが続く。
スクーターが幸いしたのか、鳥なのか、聞いた事がない生き物の鳴き声が聞こえてくる。
ワイルドだ。夜中だったら怖くて走れないだろう。

やんばるくいな飛び出し注意の看板が、遭遇することはなかったけど、



身近に手付かずの自然を見る事ができる。何気ない川も別世界にいるように感じる。




【18:00 ????km 国頭郡東村高江】
何もないところ故か、米軍基地の施設があるで、ヘリパッド反対の看板をいくつか見た。




【18:00 8,954km 国頭郡東村字慶佐次】
東村のドライブインに、ヤンバルクイナの事故件数の看板があった。
さすが天然記念物、その扱いは別格だ。




すぐ近くの公園に、マングローブ林を見ることができた。おー初めて見た。
(河口の水底に根を張って生育している森林の総称をマングローブ林というそうで、ヒルギやガジュマルはそれを構成している植物のことらしいです。)




もう疲れちゃったので、ここから県道14の峠を越えて市内に向かうことにした。
この坂もアプリオで越えるにはきつく、全然スピードが出なかった。もう歩いてるのと変わらないくらいのノロノロスピードで、後ろからくる車にヒヤヒヤもんだったよ。

でも30分程度で沖縄の東から西へ横断できてしまった。
内地とは地図との距離感が異なり、見た目ほど時間はかからないのだ。



【18:42 8,969km 名護市】
ここで頼まれごとの対応のために、漫喫を探して片付けておいた。
いやー漫喫って本当便利だな。



【21:09 9,003km 本部】
買い出しを済ませて、宿に戻ったのは21:00を過ぎていた。
オーナーがこのあたりの大盛り飯屋情報を教えてくれた。

「矢井田さん」は明日オーナーの車で観光するそうな。あーなんだガックシ
50ccでなければ、一緒に観光しようよ。なんてこともできただろうに(´・ω・`)

次回はタンデムできるバイクを借りよう!





 
5/13 本部〜辺戸岬 2014年03月09日(日)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



7:00に目が覚め、外に出るとすんごく晴れていい天気だったので、少し散歩をした。
例の水族館で働いている女の子達は、さっそく仕事に出かけていった。
「矢井田さん」は、水族館に行くそうな。

どのみち、50ccではお誘いする事は難しいしな。
天気のいい間に本島最北端の辺戸岬に行くことにするか。




【9:20 8,797km 本部ゲストハウス出発】
飯を食ってのんびりしていたら、雲空になってしまった。
雨が降ってないなら行くしかないだろう。カッパを持って出発した。



【10:00 8,805km 今帰仁村(なきじん)】
美ら海水族館の前を通って、今帰仁村(なきじん)にある運天港に向かった。
途中でなんか酒臭いと思ったら、昨日オーナーが教えてくれた今帰仁酒造があった。





【10:34 8820km 運天港】
ここから伊平屋(いへや)、伊是名(いぜな)の離島行きのフェリーがみえた。意外とデカいぞ。


沖縄の道にも慣れたので、サクサクとR58を北上する。
今日は波が高く海は荒れている。いまだ綺麗な海は見れてない…



【12:00 8,844km 大宜味村(おおぎみ)】
大宜味村で弁当屋の看板が見えたので、海を見ながら昼飯にした。あーなごむ。



ヘリパッドより、iPadの看板があった。言いたいことはわかるが、ネタにしかならないよ。



名護市より北は目立った大きな町はなく、たんちょうな海岸線が続くだけ。
疲れてきたので休憩、なんとなく体によさそうな気がしたので「たんかんジュース」を買った。
元気になった気がした。あくまで気がしただけだが...




【13:40 8,866km 国頭村(くにがみ)】
北に行くに連れ、だんだん海が綺麗になってきたように感じる。
だらだらと走っていたら国頭村に入った。

辺戸岬まで17kmのかんばんがあった。
そろそろ景色も飽きてきた。あのコーナーを抜ければ辺戸岬かな?スピードが出ないのでもどかしい。




【14:20 8,888km 辺戸岬】
思ったよりもあっさりと、沖縄本島最北端の返戸岬に到達した。
こおで、同じ宿に泊っているフォーサイトの姉さんとばったり出会った。
バイク乗りは、やっぱり先っちょが好きなんだな。

天気がよければ、ここから与論島が見えるらしいが、今日はダメだった。
何があるわけではないが、数十年前はこの海峡が国境だったとは信じ難い 。







 
5/12 恩納〜名護〜本部 2014年03月05日(水)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



【14:14 8,722km 残波岬】
ぼちぼち道にも慣れてきた所であったが、雨が降り出した。 持参さいたポンチョでしのいで岬に到着したが、すでにザーザーぶりで雷もゴロゴロと、うーん(-_-;) なんとか先っちょの灯台まで行ってみたが、雨は激しくなりとても写真が撮れる状況でなかった。




【15:20 8,738km 塩屋】
しばらく様子をみたが、やみそうにないので諦めた。
めんどくさかったのでポンチョのままで出発したが、すぐに後悔した。
普通なら、岬でレンタルしたカッパを着るものだが、今更着替えようにも場所がない。
ようやく屋根のあるバス停を見つけてレンタルしたカッパに着替えた。


ビチョビチョになってしまった。最初からカッパを着ればいいものを、あーバカバカ



【16:03 8,746km 恩納村】
雨の中、ひたすらR58を走り、途中の休憩所で一休み
海は濁っていた。あーこんな事なら宿を予約するんじゃなかったな。




どこにも寄らずに恩納村(おんな)を通過、「おんな弁当」の看板にドキドキしてしまった。
そして「いんぶビーチ」




【16:30 8,754km 名護市手前】
名護の手前まで来たので、コンビニ休憩
「ジューシー」のおにぎりを食べていたら、また土砂降りになってきた。あーもう今日は散々だ。



【18:00 8,784km 本部】
名護の町を抜けると、海の色が変わってきた(ように見える) クリームグリーンのような色だ。




4車線化が進む広い道が続くが、まわりには何もなかったが、そこを抜けて橋を超えると本部町の看板が見えた。Max Valueがあったので、この辺が町の中心部かな?
GSで給油、那覇からここまで120kmぐらい走って、3.3Lしか入らなかった。チョー燃費いいよ。



【18:30 8,786km 本部町 本部ゲストハウス】
案内に従って宿に到着する頃には雨は上がっていた。
屋根付きの駐輪場があったのでカッパを脱いで、ここに干しておこう。



建物の奥には、さみしそうな顔をした犬と、フォーサイトが停まっていた。
受付して中に入ると、なんか若い女性客が3人いらした。



荷物をおいて、洗濯を済ませて戻ると、また別の女性が一人増えていた。
なんと、俺以外の宿泊者は若い女性とは予想外の展開ではないか!(オーナーは男性だが)



だが、この状況にいたたまれず「買い出しに行ってきまーす。」と、とりあえず逃げた。
買い物をして、知り合いの女性に電話して、このような状況だがどんな感じで対応したらいいか相談すると、

「えーとですね。しきったりせずに自然体で、キャラを作らなくていいですよ。まず誰か一人を友達にしましょう。」とアドバイスしてくれた。よかった落ち着けたありがとう。




覚悟を決めて居間に向かうと、一人の女性が声をかけてくれた。
話をすると同郷の人だった。彼女は名護市でナースをしているそうで、宿泊客ではなかった。

その他の女性達
水族館でイルカショーのバイトをやってる娘
その友達で同じく水族館でカメの世話をしている娘、二人はそういう学校出身だそうだ。
もう一人はさっきのフォーサイトをレンタルしてツーリング中の人

実はこの女性、おいらが出発前に「どこでバイクを借りましたか?」と書き込みをしたブログの人だった。いやーすごい偶然、こんな時期に沖縄に来る人は珍しいからかな?



で、しばらくすると、また別の女性宿泊客がやってきた。
クラゲが好きな「矢井田瞳」に似た彼女もナースをしていたそうで、ゆっくりしたくなったので仕事を辞めてきたそうだ。

今日は観光案内タクシーのおっちゃんにぼられて\8000もとられたそうな。
「うーん、そうんなんだ。たいへんだったね。」と共感してあげると、初対面でも安心していろいろ話てくれるよ。



オーナーが沖縄の「今帰仁酒造」の焼酎を飲ませてくれた。甘くて飲みやすかった。
風呂あがりの彼女達と呑みながら楽しく話をして、夜は更けていったのである。


濡れ髪が (・∀・)イイ!!ー




 
5/12 那覇〜嘉手納〜読谷 2014年02月25日(火)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



【9:30 レンタルバイク ジャスミン】
天気は雲、荷物をまとめてバイク屋に向かうとアプリオを用意していてくれた。
19日に帰るので、今日から18日の19:00まで借りた。
レンタル費用が\8,310でヘルメットが\500、それと保証金が\5,000(返却時に戻る)
それとカッパも借りた。



【9:46 8,668km 出発】
荷物はステップに置くしかなく、足の置き場がほとんどない。
こんなんでこの先大丈夫だろうか、一抹の不安を残しつつ出発した。




沖縄の道は初めてで勝手が分からない。
車は流れは早く、ビビりすぎて最初の交差点は二段階右折しちゃったよ。
なれるまで一般道を走ることにしたが、補修跡でボコボコで、段差を越える度不快な振動が続く。
フロントのサスは効いてるのか?

もうふーふーだ。とにかく国道に戻って那覇市を出よう。



【11:00 8,682km 浦添市(うらぞえ)】
なんとか流れに乗って那覇市を抜けた。
まず、沖縄通の師匠に教えてもらった、浦添市の「てだこそば」に到着。
ソーキそばを注文、肉厚で、うまさが染み込んでる。旨い




【12:00 8,693km 北谷町(ちゃたん)】
アラハビーチの看板が見えたので寄ってみたが、誰もいない。
なんとなくアメリカンちっくな雰囲気の町並にドキドキしてしまった。




次はアメリカンビレッジに行ったが、ここもあまり人がいなかった。
アメリカ人の姿も見えたが、店員は日本人ばかりだった。当然か




ここから美ら海水族館のある「本部町」まで100kmもないので、本部のゲストハウスに予約をした。
まぁ余裕で行けるでしょう。



【13:00 8,703km 嘉手納町】
嘉手納町の米軍基地を通過、基地内を迷彩服を着た米兵がスカイラインやアコードに乗ってるのにとても違和感があった。




【13:15 8,707km 読谷村(よみたん)】
読谷村の残波岬へ向かう途中に「トリイステーション」という名前の米軍の基地があった。 なぜか鳥居がある。だからトリイステーション?




【13:35 8,715km 読谷村 座喜味城跡(ざきみ)】
世界遺産の座喜味城が近くにあったので立ち寄った。
駐車場にバイクを止めて、歩いて少し山を登ったが、跡地なので城壁の跡しかない。
沖縄の歴史を知っていれば、当時に思いを馳せることもできただろうな。





よーし、次行ってみよう。(^^ゞ





 
5/11 亀そば 2014年02月21日(金)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



【17:30 首里城駅前のドーナッツ屋】
歩き疲れたので、駅前のドーナッツ屋で休憩しようとしたら、女子高生がたくさん並んでいた。
中に入って彼女達が履けるのを待つ、そうか今日はドーナッツの日で割引していたからか。




アイスでも食べようかなと思ったら、アイスはないけど新作のアイスドーナッツならありますとのことで、注文したら、カップに揚げたてのドーナッツが入っていて、その上にアイスがのせてあった。
これならアイス単品で出せるんじゃね?


予想通り、アイスを食べないとドーナッツにたどり着かない。
お店の人に感想を聞かれたので「別々に食べれた方がいいと思います。」と素直な感想を伝えたら、なんか残念な表情をしていたのは気のせいかな?




【18:00 おもろまち駅】
「おもろまち」のショッピングモールで、明日からのツーリングに備えて買い物をしておく。
その後、タウン誌に載っていた「亀そば」で、「亀そば」\550を注文「三枚肉」と「ソーキ」入りで、これがうまいんだな。のどごしがいいのでずるずるいってしまう。


おばちゃんが一人で働いていて、たいへんそうだった。
でも、ありがとうおいしくいただきました。
(現在は、営業していないようです。)


【19:45 ユクル】
宿に戻ったが、なんか体の疲れが取れず、だるい。
なんだろう。飯の食い過ぎなのか、野菜を採ってないからか?
やはり風呂に入ってないのがいけないんだと思う。

宿の人に銭湯がないか尋ねると、那覇高校の前に「日の出湯」なる銭湯があるそうなので行ってみることにした。



【20:50 日の出湯】
かなり迷って、ようやく見つけることができた。
おばあさんが番台にいたが、「もう終わるよ。」との事..(´・ω・`)
あきらめて帰ろうとしたら「急いで入るかい?」と入れてくれた。


小さな湯船が一つあるだけだったあが、やはり風呂はいい。疲れが取れるよ。
ひとっ風呂浴びて外に出ると、心地良い涼しい風が吹いていた、疲れも取れたし、台風も通過したようだ。



再び宿に戻ると、宮古島からマンゴージャムの営業に来ているお兄さんがいた。
4月から本島に来ていて、那覇空港で出店しているそうだ。


さて、いよいよ明日から待望の沖縄ツーリングの開始だ!

やっとかよ!(;´∀`)





 
5/11 玉陵(たまうどん 2014年02月18日(火)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



明らかに、それと分かる雨音で目覚める。
台風がまさに通過中、今日もバイク移動は断念し、宿に連泊決定

昨日、閉まっていたバイク屋に電話して午前中には下見に行く事を伝え宿を出発した。
やはり暴風雨、いきなり傘が壊れてしまった。(´・ω・`)



【11:00 レンタルバイク ジャスミン】
ようやく目的のバイク屋を訪問できた。
若いお兄ちゃんとお姉ちゃんが営業していた。対応はよくとても好印象だった。




原付はジョグとアプリオがあったが、長距離を走るならアプリオを勧められた。
アプリオならオイル補充なしで1000kmは走れるそうだ。
それと、ジョグは30km/hでダラダラ走っているとプラグがかぶるそうだ。

転倒による傷も、ひどい状態(割れて交換が必要なほど)でなければ修理代は発生しない。
沖縄の道路舗装には石灰石を使ってるそうで(それしか採れないからだろうか?)
雨だと滑りやすいと聞いていたので、若干心配だったのよ。


60kmまでのレッカーサービス等が付いている。
恩納村に提携の店もあるので少しは安心だと思うので、ここで借りることにした。
明日の天気次第で決めますと店を出た。


やる事もないので、昨日も行った最強食堂で昼飯を済ませた。



【15:30 また首里城】
一旦、宿に戻り昨晩知り合った沖縄通の師匠にどこに行ったらいいでしょうかと尋ねたら、今日は首里城の踊り見学ができるよと教えてくれた。雨が止んだので、またモノレールに乗って首里城に向かった。




14:00の踊りは強風のため中止したけど、16:00の踊りは予定どおり行うそうでラッキーだった。まぁ普段なら、絶対見ないだろうけど、今回あまりに暇だったので一番前でガン見してました。



なんとなくシーサー
なんか機嫌の悪い時のおいらに似てるや。


それから、玉陵(たまうどん)という琉球国王のお墓を見に行った。
でもお墓なので外から見る事しかできないし、それ以上のものもない。




暇だったので手前の資料館を覗いた。

なんか神通力を持った木田さんが居て、国王がその能力を確かめようと
「箱の中に何匹ねずみがいるかあてよ!」みたいな事をさせたんだ。

国王は1匹しかいない事を知っていたけど、
木田さんは3匹って答えて間違いだったから処刑されちゃったのね。

でも実は子供が生まれていて3匹で正解だったのだ。
国王ガーン、ごめんよ木田さんって話が紹介されていた。


そんなもんは殺される前に説明して蓋を開けさせるなり、説明すればいいではないか!

という腑に落ちない思いでいっぱいのまま、首里城を後にした。





 
5/10 首里城 2014年02月15日(土)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



モノレールには女子高生がいっぱい、沖縄の女子はかわいい娘とごっつい娘の二極だな。
終点の首里駅で降りて歩いて首里城に向かう。



【17:00 首里城】
修学旅行の一向以外は人影はまばら、適当に写真を撮って中に入る。




モノレールの1日乗車券を見せると割引してくれる制度があって\800→\650で入れた。
正殿前、なぜか曲がって線が引かれている。




平日なので人も少なくガイドさんがいろいろ教えてくれた。
江戸時代、薩摩が勝手に琉球を占領した。
鎖国中でありながら表向きは琉球がやってるようにして、薩摩は貿易で儲けた。


第二次世界対戦中、首里城の地下に日本軍が司令部を作ったそうで、爆撃の標的となり破壊された。 (基地が無ければ、米軍も京都のように文化遺産を破壊しなかったのではないかと)

なので、現在の首里城は、当時に資料を元にほぼ新たに復元したそうな。



琉球〜薩摩藩統治〜沖縄〜アメリカ統治〜現在
複雑な歴史を経ているのだが、ここがその舞台の一つであったのだな。


ここから眺める那覇の町並みは、住宅が密集している。
狭い土地にこれだけ密集していてはストレスが溜まりそうだな。



暇だったので19:30の営業が終了までいた。




【21:00 美栄橋 ユクル】
Aコープで、ジューシーという名前の炊き込みご飯のおにぎりを購入
見た目より薄口でもっちりしてた。

宿に戻ると、ロビーには10連泊の人がいた。
沖縄には年に5回ほど訪れ、それを10年ぐらい続けている強者だ。
そんな師匠が穴場情報を教えてくれた。



シャワーを浴びて、近くのユニオンという24H営業のスーパーでアイスを購入
とにかく早く晴れてほし〜





 
5/10 最強食堂 2014年02月12日(水)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



目覚めると外は雨、やる気スイッチは早くもオフ。
これではツーリングに出発できないので、今日の宿を探すことにした。



【11:10 国際通り】
ガイドブックで、国際通り沿いにある安宿の「沖縄物語」を見つけたので行ってみたけど、玄関には靴が散乱しておりスタッフもいなかった。
ロビーでネットをしていた女子に声をかけると、中国人?台湾人?でした。


扉の裏を指差して何か言ってるが当然分からない。
覗いてみると電話番号があったので電話をすると、個室は一泊\2800とのことだった。
とりあえずキープ。



【11:30 美栄橋駅】
駅の近くにある「ユクル」に向かった。
こちらは静かな住宅街でスタッフも丁寧で好感触だった。
一泊\1500のドミトリーしかなかったけど、すごくもまともだった。シャワールームもあるしエアコンも効いてる。素敵最高!迷わず、今日の宿はここに決定!



実は台風が明日来るらしい、勢力は弱まっているようだけど、明日も多分だめだろうな。
国際通り市場をぶらぶらしてみる。修学旅行の学生で土産物屋は混雑してた。


気のせいか野良猫をよく見る。市場にもオブジェのような動かない黒猫が鎮座していたよ。



【14:15 奥武山公園駅】
モノレールで「ジャスミン」に行ったけど、また閉まっていた。予約がなくて雨だと休みなんだな。
まぁ暇だからいいけどさ。

腹が減ったので、モノレールから見えた「最強食堂」と名前のインパクト大な飯屋に行ってみる事にした。


メニューの写真がないのでイメージが沸かない。
最強ランチ\580が一番高いみたいなので、値段は最強なのかな?

悩んで沖縄そば定食にした。
玉子焼きとスパムを焼いたのも付いてた。
そばは固めの平麺で、ダシが効いたあっさり味のスープがうまかった。また食べよう。




雨が上がったので、とりあえずモノレールで、首里城に行ってみることにした。





 
5/9 牧志 国際通り 2014年02月11日(火)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



次に空港からモノレールに乗ってレンタルバイク屋に向かった。天気もあれなので、今日は様子見だけ。
乗ってる地元の人達は「かりゆし」と呼ばれるアロハシャツみたいなのを着ている人が目立つ。あーこれが沖縄スタイルなんだね。



【18:30 レンタルバイク屋 1件目】
最初は「奥武山公園」近くにある「レンタルバイクジャスミン」に行ったが、いきなり閉まっていた。


予約がない日は営業していないのかもしれない。
50ccの2stスクーターの場合、一週間で\7,810(当時)
2stオイルは無料



【19:00 レンタルバイク屋 2件目】
次は「旭橋」から歩いて10分ほどの「インリンク」に行くことにしたが、今度は事前に電話をして営業を確認して向かった。
ここはマンスリーマンションも経営して、その一階でレンタルバイクを営業している。外でだらだらしている住民が多い。バイクも野ざらしのが多くてどうかな?今日は話だけ聞いて失礼した。


50ccの2stスクーターの場合、一週間で\5,750(当時)
2stオイルは補充して返却とのこと


駅に戻る頃には陽が暮れていた。沖縄は飲食店が多くあたりから島唄のようなものが聞こえる。


暑い、とにかく蒸し暑い、まだ5月なのに(;´Д`)



【19:50 ステーションホテル牧志】
パックに付いてた牧志のホテルにチェックイン 、しかし店員がいきなりチャイナで萎えるよ。
疲れてやる気がでないので、スタッフに聞いたスーパーサンエーで買い出し。ゴーヤ飯、アンタギー、それとオリオンビールを購入


とりあえずゴーヤは苦い、オリオンビールは薄めでちょっと合わないかな?



だらけた後、国際通りに行ってみる。そこらじゅうで飲み屋の呼び込みに声を掛けられる。
最初は新鮮だった島唄も、そこら中で流れているので飽きたよ。

中国人?台湾人?が多くいたし、すごくでかいアメリカ人が三人並んで歩いていた。(米兵だと思う)外国人に免疫がないので怖かった。



天候がイマイチなのか、まったくテンションがあがらず、沖縄一日目を終えた。
さぁ明日はどうかな、晴れるかな?





 
5/9 沖縄ツーリング 2014年02月09日(日)
こちらは2011年5月に行った沖縄ツーリングについて書いています。
すでに過去の出来事で時間軸も当時を表しております。ご了承ください。



いまだかつて行った事がない沖縄
自転車で沖縄本島を一周した人のブログを見ていたら一周約300kmぐらいしかなく、これなら現地でスクーターをレンタルしても一周できちゃう。(バイクを積んでフェリーで行くのは費用も時間もかかってしまうのよ。)
運良く、GW明けのスカイマークの安チケット(神戸〜那覇)が取れたので、沖縄ツーリングに行く事にしました。

しかしすでに沖縄は梅雨入りしたのを知ったのはチケットを買ってすぐの事でした。
だから安かったのか(-_-;)



【10:40 自宅出発】
梅雨入りしているとはいえ、行かないわけには行かない。
ヘルメットとカッパもレンタルできるので、荷物はいたって軽装、着替えとグローブと洗面用具だけもって出発、JRで三ノ宮まで向かう。



【14:40 神戸空港到着】
三ノ宮からモノレールにのって神戸空港に向かう。


出発の一時間前には到着した。
引換券を出してチケットをもらう、安チケットなので窓側ではなかった。




【15:30 神戸空港出発】
三人がけのシートが3列並んだ機内はやはり少し狭い。



スカイマークの添乗員さんの制服はポロシャツっぽくて、 スポーツ用品店の店員さんみたいだった。親しみやすいの意味がなんとなく分かる気がする。

久しぶりの飛行機、離陸時の振動は慣れないもので緊張したけど、無事出発。
景色がまったく見えないので、おやつを食べてすぐ寝ちゃった。




【17:30 那覇空港到着】
途中、少し揺れたけど、無事、那覇空港に到着。
天気は小雨、少しムワッとしている。


空港の様子だけで一気に沖縄ムードになった。
初めて訪れる土地は、やっぱりワクワク感が違うや。




さて、ホテルのある牧志に向かう前に、下調べしておいたレンタルバイク屋に寄ることにした。
「ゆいレール」と呼ばれるモノレールに24H乗り放題の切符が\600で売っていたので、それを購入した。


天気はやっぱりよくないなぁ〜




 

| 次へ