一度きりの人生ですもの。
今、このときを楽しまないとねっ!

2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール


アバター
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさくん
鶴見線の旅・・・そのB (02/01)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのB (02/01)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのB (02/01)
ナイスパパ
鶴見線の旅・・・そのB (02/01)
メガネ屋
鶴見線の旅・・・そのB (01/31)
あきま
鶴見線の旅・・・そのB (01/31)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのA (01/30)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのA (01/30)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのA (01/30)
まさくん
鶴見線の旅・・・そのA (01/30)
月別アーカイブ
ネットワーク

リンク集

http://blog.goo-net.com/kinomukumamani/index1_0.rdf
友人新着記事



Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
| 次へ

鶴見線の旅・・・そのC 2015年02月01日(日)
扇町駅から武蔵白石駅まで戻ってきたところで今度は鶴見線の支線沿線をぶらり

因みに、、、鶴見線の支線は2つありまして、まずは1つ目の支線へ。

武蔵白石駅から安善駅方面を望む


歩いていると再び巨大な工場が。。。なんとなく力強さを感じます


そして終点の大川駅にたどり着きました。

かなり古びた駅舎です


武蔵白石、安善駅方向。


終点ですが、その先は・・・草むらって


電車の時刻表 これだと・・・遅刻も残業も出来ませんね
まあ、隣駅まで1kmちょっとなので歩けば大丈夫なんですがね。。。


電車が来るまで待ってられませんので、再び武蔵白石駅まで歩いて

そこから浅野駅へ移動します




浅野駅からもう一つの支線に乗り換えるわけですが、少し時間があるのでのんびり。

ポイントだらけの線路に萌え〜


そこを電車が通過して行きます。


駅のホーム。


電線も専用線なんかな?


で、、、この浅野駅も猫駅でありまして



駅のホーム上にある植え込みが猫たちの家になってます


中はこんな感じ。ピンボケですけど


傘が中には置いてあって、雨がしのげるようです




そして、鶴見線の最終目的地へ向かうのであります

続く。


鶴見線の旅・・・そのB 2015年01月30日(金)
昭和駅を出発してさらに歩いていると・・・

超巨大なキャノン砲発見





そして鶴見線の終点、扇町駅に到着します。


終点らしくなんか寂しげな風景


ここは貨物の引き込み線もありまして(右側が駅)


秩父のセメント工場行きの貨物列車も停まってます。





でで、、、ここの駅は・・・

がいっぱい








猫の声に反応して、あっちゃこっちゃから出てくる出てくる


ここの駅では時間いっぱい猫の写真ばっかり撮って

やがて電車がやってきまして


復路は電車に乗って、途中の武蔵白石駅まで戻ります。


続く。


これ、お気に入り


鶴見線の旅・・・そのA 2015年01月28日(水)
国道駅を出発して、隣の鶴見小野駅へ


無人駅での乗車証明書発行機が懐かしい

残念ながら使用はできませんが・・・


駅名標も国鉄時代のもの鶴見線沿線はこの形の駅名標が多かった


でで、、、ここの駅は総て木造建ての駅ということで期待して行って


ホームのベンチも木で出来てるということだったんですが、、、ザンネン


それ以外に見どころもなさそうなので、駅近くのコンビニで弁当買って・・・

駅のホームで頂きました

駅弁じゃないけど、なんか昔を思い出すひと時

ホームで食事なんて何十年ぶり





鶴見小野から浜川崎までで移動して・・・

浜川崎で降りると、鶴見線名物のを発見


浜川崎から先の駅は歩きます

なんせ、その先の区間は2時間に1本しか電車が無いもんで

歩いている途中、やがて京浜工業地帯独特の

工場のでっかい鉄骨むき出しの建物が・・・

このまま歩いて動き出しそうな感じ



2km弱歩いたところで、隣の昭和駅に到着。


ここの駅はがいっぱいいると聞いてたんですが、1匹もいない


そのまま次の駅へ向かうのでありました

続く。


鶴見線の旅・・・その@ 2015年01月27日(火)
京浜急行生麦駅界隈の散策後、この日の目的である

鶴見線の旅を満喫しに行ってきたわけです

旅と言っても、路線総延長10kmもないローカル線なので

ぶらり途中下車の旅って感じです。

鶴見駅の鶴見線ホームより。


電車が入ってきました。首都圏を走るのに3両編成ってのが


車内から改札方向。奥は京浜東北線の連絡橋です。


まずは1つ先の国道駅へ


高架橋の下に家やらあったりして、昔ながらの風景って感じ。


塗装は時々されてるようです。





・・・




で、ここの特筆すべきところは、改札を出た駅構内

それが・・・こちら











どうです、この昔ながらの雰囲気




この日は日曜日だからなのか、お店はやってないようです。


別に、この上を国道が通っているわけではありませんけど。


次の電車もあるので駅周辺まで散策できませんでしたが、

都会の駅からたった1つ移動しただけでこの雰囲気。。。

この先の駅はどんな感じなの?と妄想を駆り立てます


続く。


不思議な空間 2015年01月26日(月)
1/25。

京浜急行生麦駅そばにある踏切。

通勤中の電車から一瞬だけ見える踏切なんですが、なんだか不思議な空間

ということで、実際行ってみました

現場到着していきなり高架を轟音と共に貨物列車が通過


東海道線も元気に走ってます


左側は京浜東北線


そして、京浜急行も爆走



これだけ見ればただ単なる踏切なんですが、、、見方を変えると・・・

電車の上半分が見えません


ここは高さ制限1.9mのガードが付いた踏切


この場所、上は高架、地上、地下にも線路が通っている何とも言えない

超立体空間なのであります

なので、地面を掘り下げることもできずこんな感じの踏切になったんかな?



立ち乗りで通過したら・・・天井にクリーンヒット




う〜ん、、、やっぱり不思議な空間

※ここでは以前、踏切を渡りきれず事故があったそうです。

事故に遭われた方のご冥福をお祈りいたします。

おしまい。


カレー 2015年01月24日(土)
前回のツーリング後、単車に乗るのはしばらく自粛するつもりでいましたが、、、

いやいや、その必要はありませんよと。。。

その事情は知ってる人だけにわかればいいです




とはいえ、ガッツリ乗る気にはなれないものの、寒い季節にバッテリーが上がるのも嫌だし

と思ってたところに・・埼玉の児玉にあるカフェに行きますよ

という予定を見かけて、ご一緒してきました

圏央道の入間I.Cで降りて休憩で寄ったコンビニで・・・


社会人1年生の若い男子でしたしかもかなりイケメン

まだ300kmしか走って無く、このあと秩父に行くんだとか

青森の出身で、これで青森まで行ってみたいとか、大学は北海道だったので

北海道にも行ってみたいとか話してました

単車に乗り始めのワクワク感が思い切り伝わってくる話の内容でした

私もこの先そのワクワク感を感じられるように

常に初心でいたいと感じた30分の会話でした

下道で行くと大遅刻になってしまうことが判明し、再び高速に乗って

集合場所へ行ってみると・・・お休み?

どうやら閉店してしまっていたようです

当初はこのカフェでカレーを食べたかったとのことで、

別なカレー屋さんに移動して・・・とうちゃこ


店内


まずサラダとスープで胃袋を慣らして〜


イタダキ〜


5人で2,250gのが消費されました

山盛りが4杯と半盛りが1杯ね。


小麦粉を使った昔ながらのモッタリした私好みのカレーでしたまたいこっと

駐車場にて


今回は現地集合、現地解散の予定で行ったので、そのままお別れして関越道へ。

高坂S.Aにて


スノボ帰りの車もいないので、S.A内は空いてます。


この後は・・・そういや先日乗った八高線の車窓から見た茶畑が気になっていたので、

行ってみることに。

ちょっとどよよ〜んとが残念ですが狭山茶の茶畑。いや〜、、、のどかでいいところです



きれいに刈られてますね〜



新芽はまだかな


近くにはでっかい倉庫群や


八高線の線路も。


電車が過ぎていきます



流し撮りもしてみましたが〜、、、あえなく失敗


けど、今日1日、、、いい気分転換になりました

本日の走行距離:248km。

おしまい。


小鹿野新年会 2015年01月13日(火)
1/10(土)

年末に定期点検で預けていた我が相棒を引き取ってきました。

今回はチェーン交換。銀色が金色になったので見た目少し違和感がありますが、

すぐ慣れるでしょう


それから、ガラスコーティングを施工しました。

ケンカキズが絶えない洗車キズが付きにくくなるそうですが、どうなんでしょうね





1/11(日)

小鹿野へ単車乗りの新年会に行ってきました

といっても、ではなくです。

今日は寒いけどとってもいい天気


ハクセキレイが駐車場の中を忙しそうに走り回ってます。


小鹿野での集合時間には少し早いので、秩父の菊水寺へ寄ってみました。


桜の時期とか良さそうですねぇ


静かなお寺です。



俳句。


面白い絵葉書がありましたので、購入。この言葉通りの過ごし方をしたいと思います。


新年会場所へ移動して。。。




みんな思い思いに注文して



食後はドッと疲れちゃったりしましたが・・・

参加させていただきありがとうございました

おしまい。


年末年始〜A 2015年01月05日(月)
1/1の続き。。。

散歩から帰ってくると、当然付添いも一緒に帰ってくるわけで・・・

何か言いたげです


ビローンと伸びきったナメクジみたいに首を伸ばして


靴にまぎれてこっちを見てますが・・・


その視線の先では〜

焼きガキと焼きサザエをしてましためちゃうまかった〜


猫には貝類はあげれませんので、、、

この日は1升瓶も空けちゃったりして、結構へべれけでした




1/2。

母方の実家へ向かうべく、広島の県北へ。

久々の雪道ドライブに緊張しながら

20〜30cm位の積雪でした




靴もすっぽり。


除雪車も出動


夏の思い出があったりしましたが


午後は吹雪になって、帰るころには前が見えなくなってました



実家も日中は結構降ったらしく、外を撮ったら雪のせいでえらい明るくなっちゃって





1/3。

ようやく晴れてくれまして

まだ雪は残ってますが、


電線にぶら下がる雪。。


春に向けて準備中。


赤い南天の実に・・・


白い南天の実


これはマンリョウの実ですね〜。


そんな感じで実家でマッタリ

1/4に帰京いたしました。


なんか、もう少し田舎に居たかったような・・・




まだ走り初めができてませんが・・・

我が相棒はまだ点検入院中でございまして

今のところ1/10に引き取り予定でございます。

なので、1/11に小鹿野へ行きますが、これが走り初めになるかな〜

ということで、今年も元気に走り回りたいと思います

おしまい。


年末年始〜@ 2015年01月04日(日)
あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします

年末年始は実家に帰省しておりました。

12/31。

横浜線に乗って〜


年末年始の乗務、ご苦労様です


1/1。

年明けから雪が積もりました




ね〜こはこたつでま〜るく〜なる〜

なんてことはなく、雪まみれになりながら遊んでます



でも、やっぱり日なたが落ち着くようです



お正月はおせち料理に〜


餅が見えないくらい具だくさんのお雑煮


箸袋の絵にホンワカさせられて


雪の降る中、鏡に映った自分とケンカしてる光景をよく見るジョウビタキの雄がいました。



日中は初詣に出かけて・・・途中の畑には丸々とした白菜。


神社で参拝して


やっぱ寒いんですね。水は凍ってました


戻って、近所を散歩してたら付き添いが来て


で、写真撮られるのを意識してんのかな


西日が当たる石垣のコケが輝いて幻想的


この後は・・・を・・・

続く。


今年もお世話になりました 2014年12月29日(月)
前記事で申しあげたとおり、今年は伊豆ボーで乗り納めとなったので、

この1年を振り返っておきたいと思います

1月は勝浦坦々麺と九十九里に始まり、


恒例の小鹿野新年会。


2月は2回のドカ雪で、総走行距離60km。

3月は河津桜を見学して、


14Rのオフミにも参加


4月は量に撃沈しかけた甲府うどん部に、


静岡お泊りつ〜りんぐ。


5月は白馬戸隠お泊り。この天気の良さはサイコーでした


6月は讃岐うどんと武蔵野うどんへ。


7月は行程の2/3が雨だった東北ツー。

去年の能登もそうだったように、梅雨明け直後は北へ行くのはちょっと・・・


3日目はいい天気でした


8月は恒例の【→集結←】


9月は夏期休暇を取得して、京都〜


岡山の蒜山で大山ツーのお見送りをして、実家へ。


10月は山三昧。

碓氷峠、妙義運動会に


久しぶりのビーナスライン


11月は忘年会が始まり、


紅葉ツーもして、


久しぶりのソロツーで富士宮焼きそば


さらには史上最大参加者数となったうどん部


そして、12月は恒例になりつつある伊豆ボー


年間走行距離は点検入院中なので確認できてませんが、

大凡去年と同じか、少し少ないくらいのようです。




今年も皆様と楽しく、おかしく、面白く過ごすことができました

来年の梅雨明けツーは四国うどん部のうわさがあるようですが




年末年始は去年に引き続き、大みそかに首都圏脱出。

実家で過ごす予定です。

今年1年お世話になりました

また来年もあっちこっちと縦横無尽に走りたいと思います

それでは皆様、よいお年を

おしまい。



| 次へ