プジョーテイスト溢れる?なんとなく感じたことを綴るゆるいブログです。深く考えずに見てくださいね。 [プジョー|整備|修理|車検|パーツ|アクセサリー|チューニング|オイル|栃木県|宇都宮市|東京都|茨城県|群馬県|千葉県|埼玉県|神奈川県|福島県|宮城県|岩手県|山形県|秋田県|青森県]         

 

http://blog.goo-net.com/majiblue/index1_0.rdf
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[majiblue]プロフィール



MajiBlueでは
他社で購入された 車両の
車検・整備・チューニング・モ ディファイ等も
承りますので気軽に
ご相談くださいね。
自社整備工場完備
  [陸運局認証工場]
http://www.majiblue.jp/
[majiblue]リンク集
[majiblue]最新記事
Follow my blog with Bloglovin

Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts

「プジョー206 コンビネーションスイッチ交換とかです。」 2014年10月01日(水)
こんばんは。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店[MajiBlue]マジブルーです。

なかなか更新できないのですが
今週の作業フォトを撮った車両ですね。



まずは
プジョー206SW XS 5MT チャイナブルーの
ウインカーを左に出すと、ライトが点灯することがあるとのことで入庫です。

前回の初入庫時にクイックシフトを取り付けたオーナーさんですね。



ライトが勝手に点いてしまう原因はコンビネーションスイッチの
ウインカーライトレバーの故障ですね。

とりあえず、ステアリングとコラムカバーを外して見ると...。
何やら文字が書いてあります。



「時々、ライトつく」
車両購入時から故障したコンビネーションS/Wが付いていたようです。



当初、コンビS/Wを分解してウインカーライトスイッチのみ移植しようと考えていたのですが
エアバックの配線も怪しい処置がしてあるので...。



取外して...。



部品取車から使用出来るコンビネーションS/Wに交換です。



交換後はおかしな挙動はしなくなりましたが
USED品なので様子を見てください。



コンビS/W交換後に...。



WAKO’S RECS施行。



E/gオイル(MOTUL H-TECK5W40)&エレメント交換。



サイドブレーキが甘いのでワイヤー調整に。



フロントワイパーブレード交換と。



フロント右側のウオッシャーが出ないとのことで診てみると
ホース抜けだったので修正に。

フロアマットのストッパーが無く、マットがズレて危険なので
サービスでストッパーの取付などなどでした。
(ちなみに、新品の在庫がたまたまありました。)



こちらの
プジョー206XS チャイナブルーは
走行中に「ゴトゴト」異音がするとのことでご来店です。



原因はスタビライザーリンクロッドですね。
左右ともガタがあり、ブーツも切れてしまっています。

交換後は異音も治まりました。


まだフォトがあるのですが
時間に余裕が出来たらアップしますね。




「プジョー307CC パワーウインドゥ修理や206 E/g始動不能修理とか...です。」 2014年09月23日(火)
こんにちは。
プジョー専門店「MajiBlue」マジブルー 栃木県/宇都宮市です。

今週の作業Blogのつづきですね。



こちらのプジョー307CCプレミアム モンテクリストは
運転席側ウインドゥが閉まらなくなったとのことで入庫です。

埼玉県からのオーナーさんですね。



原因はやはりウインドゥレギュレーターの故障です。
ワイヤーが絡まっていますね。



オーナーさんに確認をとって
レギュレーターとシーリングシートを新品交換です。



レギュレーターを取り付けて動作確認とウォーターテストをしてから
シーリングシートや内張りを取り付けです。



ガレージから出そうとE/gをかけたところ
E/gチェックランプが...。

オーナーさんからたまに出るとは聞いていましたが
E/gの調子からみるに、前期型の307によくある2次吸気のエラーとは異なります。

テスターで診てみたところ
スロットルバルブのエラーが...。



オーナーさんと相談をして
今回は当社部品取のパーツを使用することに。



取り付けです。



取付後にテスターにてスロットルバルブ開度の初期化を実行して完了ですね。
アイドリングも静かになりました。



続きまして
シトロエンC3 エクスクルーシブ 1.6HDi ブルー・ボッティチェリの
点検でのご来店です。

並行輸入の左H・5M/T・ディーゼルターボですね。

並行輸入車を手がけているルパルナスさんからの依頼で
納車後1ヶ月点検です。



点検後にテスターにて故障診断。



特にコレといった異常はありませんでしたね。 



↑のシトロエンDS3 スポーツシックエディション ジョーヌベガスは
サイドステップ脱落によるご来店です。

在庫のクリップで対応、取付しました。



続いて
プジョー206XT クリスタルグリーンの
E/g始動不能での入庫です。



オーナーさんからバッテリー上がりではと聞いていましたが
ブースターを繋いでも「カチッ」と音がするだけでセルが回りません。

バッテリーも5年経過でダメなのですが
セルモーターが怪しいですね。



取外して単体チェックをしてもセルが回りません。
オーナーさんに確認を取ってセルモーターを新品交換です。



新品のスターターを取付。
ちゃんとE/gが始動出来るようになりました。



追加でバッテリーも交換希望なので
BOSCH PSI−6Cバッテリーに交換で完了ですね。



あとは
プジョー206や307などのE/gオイル&エレメント交換や
207のバッテリー交換などなど、たくさんのお客様のご利用、誠にありがとうございます。

MajiBlueでは他社で購入された車両の車検整備や修理、チューニングも
承りますので気軽にお問い合わせくださいね。



余談ですが先日こんなモノ↑を購入してしまいました。

RazorのCrazyCart 電動カートです。
知人のショップが代理店になったとかで
試乗してみたら、これがかなり楽しい。

ドリフトやスピンも自由自在。
MAX19〜22kmで走れるので大人が乗ってもおもしろいんですよね。

とりあえずお店に置いてあるので
作業待ちの際にでも乗ってみたい方は声をかけてくださいね。
(ちなみに体重制限は一応、65kgです。)





「プジョー206SW ヒートプロテクション 再々修理やプジョー106S16 12ヶ月点検とか...です。」 2014年09月22日(月)
おはようございます。
プジョー専門ショップ[MajiBlue]マジブルーです。

今週の作業ブログの続きですね。



こちらの
プジョー206SW XS チャイナブルーは
ヒートプロテクション再発による再々入庫です。
福島県からのオーナーさんですね。

過去にヒートプロテクションによるウォーターラインの変更をしたのですが
しばらくして、再発。
再入庫時に診てみると今度はラジエーターファンの低速が入らなくレジスター故障。
レジスターを交換して様子見でしたが、症状が改善されなく、
30分くらい走行するとATの変速がおかしくなるようです。



テスターで故障診断してもフォルトは前回同様に入りません。

ATF温度をチェックしてみたところ
105℃以上になると症状が現れますね。

停止時に1速が遅れて「ドンッ」と入ったり、リバースもショックが大きいです。
発進時も1⇒2速の変速がおかしいですね。

105℃以下になると正常な変速に戻ります。

試しにATのECUを初期化しても変わりせん。



しかしながら、これくらいの温度は正常なAL4でも上がる温度なので
許容範囲内なんですよね。
(テスターにも80℃〜110℃まで上がると記載してあります。)



EPDEも作動要求が出ていません。
EPDE(フローコントロールバルブ)はATF温度、またはE/g回転数が
規定値以上になると作動してATFを強制的に冷却するようにするソレノイドバルブです。

が、正常なAL4でも、これが作動しているのを過去に見たことがありません。
110℃以上じゃないと作動しないのかな。

症状的にAT内への水の混入も疑われますが、なんとなく違うような...。

AT−ECUの故障。



ということで
試しに部品取車からAT−ECUを移植してみることに...。

ECUの品番、プログラムのヴァージョンやコンフィグが全て同じであることを
確認してから取外して交換します。

(ちなみに新品のAT−ECUは国内在庫無し、本国オーダーでしたのでUSEDを使用。)



AT−ECUを交換してみたところATF温度が100℃前後で安定、
105℃以上になっても症状が発生しなくなりました。
テスト走行してみたところ変速も気持ちスムーズになったような...。

試しに元のECUに戻してみると症状が発生します。

「う〜ん。やはりAT−ECUの故障なのか
プログラムやECU本体なので原因がはっきりしないため、モヤモヤしますね。

2〜3日、テスト走行をしてみましたが
ECUを交換後は症状が現れません。

あとはオーナーさんに一度、引き渡して様子見でしょうか。

P.S : 納車後、オーナーさんから連絡がありました。
     福島県まで下道で帰ったそうですが症状は出なくなったそうです。

このまま、症状が再発しないと良いのですが...。



あとはAT−ECU交換後に整備依頼のあった...。



タイロッドエンド左右の交換。
サイドスリップも再調整です。



スタビライザーブッシュが潰れてはみ出しているので...。



スタビブッシュ交換。



ドライブベルトに亀裂が入っているので...。



ファンベルト(ドライブベルト)交換などなどでした。



続きまして
プジョー106S16 サンダンスイエローの
12ヶ月点検での入庫です。



12ヶ月点検ですね。
各所点検に...。



スタビライザーリンクロッドにガタがあり、ブーツも切れているので...。



左右スタビリンクロッド新品交換。



マフラーの吊りゴムも伸びてグラグラしているので新品交換します。



↑センター側。



↑リア側。

あとはE/gオイル(MOTUL PowerLight10W40)交換などなどで完了です。


まだフォトがあるので次のBlogにつづく...。
(明日にでも時間があれば更新予定です。)





「プジョー206RC E/g始動不能修理やシトロエンC4 オートマチックギアフォルト修理とか...です。」 2014年09月21日(日)
こんにちは。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。

今週のフォトを撮影した作業車両ですね。



まずは
プジョー206RC エーゲブルーです。
当社には初入庫の茨城県からのオーナーさんです。

E/g始動不能での入庫でしたが
結果からいうとタイミングベルトの咬み込みにより、バルブクラッシュ。

ラッシュアジャスターがオーダー数に対し国内在庫が足りず
本国オーダー、入荷待ちの状態でした。

ようやく、部品が全て揃ったので作業再開です。



↑は入庫当初ですね。
セルは回りますがE/gが点火する気配がありません。

言わずと知れたE/gの三大要素「良い火花」「良い圧縮」「良い混合気」ですが
コイルやプラグは大丈夫なので...。



圧縮を計ってみたところ
1番、2番が0kg。
3番、4番が3kg未満。

タイミングベルトのコマづれによるバルブの曲がりや欠けが疑わしいですね。



Tベルトカバーを外して診てみると
ベルトの端が擦り切れてボロボロに...。
もちろん、タイミングもヅレてしまっています。



おそらく、Wポンプの内側にベルトが咬みこんで
ベルトがコマ飛びしてしまったのではないかと思われます。

RFJやRFKのE/gでベルトが内側または外側にヅレてきてしまう車両は
過去に何台かありましたが、原因が明確にわからないんですよね。
プーリーの曲がりだと考えられるのですが、どの箇所かは目視で判断出来ないので
Tベルト類一式交換でベルトづれの症状は対応しています。

RFJやRFKのTベルト類は早めの交換サイクルが望ましいかと...。



ベルトのコマづれが確定したので
ヘッドを下ろします。



ピストンを見ると、EX側のバルブが突いた跡が...。
EX側8本全部ですね。
幸いなことにIN側は大丈夫なようです。



やはりバルブは8本とも曲がっていますね。

オーナーさんと修理の進め方を相談。
本来であればバルブガイドがシリンダーヘッドAssyのため、
シリンダーヘッドも新品にする必要があるのですが
価格が323,500円(税抜)で本国オーダー。
ヘッドは再利用することになりました。
その他、必要なパーツは新品です。



ラッシュアジャスターが揃ったところで組込。
新品のバルブも擦り合わせをして組み付けです。(ステムシールも新品)

ヘッドガスケットやサーモハウジングなどのガスケット類も新品を使用。



E/g裏側のラジエーターホースも
ヘッドカバーからかなりオイルが漏れていたため、ブヨブヨにフヤけていました。
ヘッドカバーIN&EXと同時にホースも交換です。



新品のヘッドカバーやエキマニ、インマニなど補機類を取り付け。



新品のタイミングベルト、EXカムシャフトダンパー、テンショナー、アイドラー、
Wポンプ&ガスケット、ホース側Oリング、ドライブベルトなどを取り付け。

LLC(PG55−RC)を充填後に
E/gオイル(MOTUL H-TECK5W40)&エレメントを交換してE/g始動です。

ちゃんとE/gがかかるようになりました。
懸念していたタペットやバルブの打音も無く、TEST走行しても問題が無さそうなので
あとはオーナーさんに乗って頂いて様子見でしょうか。

気になるのはヘッドが新品ではないのでオイル消費ですね。



↑は今回の修理で交換したパーツ類ですね。



続きまして
シトロエンC4-1.6 サーブルドラングリュヌの
オートマチックギアフォルト発生での入庫です。

当社へは初入庫のオーナーさんですね。



テスターで診たところ「プレッシャーレギュレーション」のフォルトが入っています。



ということで
ソレノイドバルブやハウジングシール、カバーシールの交換ですね。

ATフルードはASH VFS ATF使用。



テスターにてATF油温管理をしてレベル調整。
オイル磨耗メーターもリセット。
フォルトも消去後にテスト走行をして完了です。



続きまして
プジョー206CCカラーライン エーゲブルーのご来店です。
パーキングに入れると異音と振動が発生、ドライブに入れると治まるとのこと。

しかしながら、当社に到着した際は異常がみられません...。



とりあえず、E/gルームを診てみたところ
右側のE/gマウントにヒビが入っているので...。
*ブラケットを外したら既に砕けていました。



オーナーさんに確認を取って新品交換です。
これで治まってくれると良いのですが...。



まだフォトがあるので
時間があるときにでも更新しますね。


「プジョー307SW PPT(プラグイン・パワー・スロットル)取り付けやBMW MINI(R50) 車検整備などなどです。」 2014年09月17日(水)
こんばんは。
プジョー専門ショップ「マジブルー」MajiBlueです。

今週の作業Blogのつづきですね。



こちらのプジョー307SW エーゲブルーは
PPT(プラグイン・パワー・スロットル)取り付けでのご来店です。



↑がPPTです。



前回の308と同様に、307のオーナーさんも
燃費重視のECOモードでの使用目的ですね。



続きまして
プジョー206CC エーゲブルーの
助手席側ウインドゥが上がらなくなったとのことでご来店です。



診てみたところレギュレーターの故障なので
取外してみるとプーリーが破損してワイヤーを巻き込んでいました。



当社部品取車からレギュレーターを移植して対応です。

動作確認とウォーターテストをして完了ですね。
クォーター側も怪しいかな...。



↑のBMW MINIクーパー インディブルーは
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備ですね。
下廻りの点検にE/gオイル(ASH MO 5W30)&エレメント交換。



LLC(PG55-RC)交換に...。
*この型のMINIはエア抜きに毎回、時間がかかります。



ブレーキ廻りの点検・清掃、パッド面取りに各所グリスアップ。
フロントブレーキパッドはDIXCEL Pタイプにセンサーともども新品交換しました。



ブレーキフルード(ATE SL6)の交換に。



エアフィルター、ポーレンフィルター交換。



スパークプラグの点検・清掃に
テスターで故障診断とインスペクションやオイルサービスのリセット。

フロントワイパーブレードとリアワイパーラバーの交換に
P/Sフルードの補充などなどで継続車検を受けて完了ですね。



続きまして
プジョー406ブレークV6 チャイナブルーの
右フロントから異音がするとのことで入庫です。

茨城県からのオーナーさんですね。



診てみたところ、テンションがかかっているとわかりづらいのですが
スタビライザーリンクロッドにガタが少しあるようです。



スタビリンクを新品交換をしてテスト走行。
異音は出なくなりましたが、他にも可能性があるので様子見です。
*左側は過去に交換されていました。



こちらの
プジョー207GT ラセルタイエローは
ミッションオイル交換でのご来店です。



M/TオイルはASH PSE GEAR75W90を使用しました。



↑のプジョー206スタイル ビアンカホワイトは
E/g始動不能での入庫です。

原因はバッテリーですね。
先月の車検時にバッテリーの弱りを指摘していたのですが
ここのところ気温が下がったので、電圧も降下してE/gをかけることが出来ないんですね。

BOSCH PSI−6Cバッテリーに交換して完了です。

上記のバッテリーは基本的に当社では常時在庫しておりますので
急なバッテリートラブルの際は気軽にお問い合わせください。
価格は17,000円(税抜)、作業料はサービスです。
(ちなみに定価は25,200円(税抜)です。)




↑のプジョーRCZ 6MT オブシディアンブラックは
E/gオイル(ASH FS 5W30)&エレメント交換。

プジョー206XS ルシファーレッドは
E/gオイル(ASH VFS Super 5W30)交換。
このオーナーさんの車両は気温が低い季節になると
E/gスタート時に不調を起こすので、秋口から春先までは柔らかいオイルを入れています。
おそらくラッシュアジャスターの不具合だと思われるのですが
修理費用を考えると...ですね。

あとは206や307のE/gオイル交換などなど
たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。


MajiBlueでは他店で購入された車両の
車検整備や修理、マイナーメンテも承りますので
気軽にご相談くださいね。


「プジョー206CC 車検整備(ヘッドカバーガスケット/PSプレッシャーセンサー交換)とか...です。」 2014年09月14日(日)
こんにちは。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。

さっそくですが
今週の作業フォトを撮った車両ですね。



まずは
プジョー206CC オブシディアンブラックの
車検整備での入庫です。



テスターでの故障診断。
24ヶ月点検整備ですね。

下廻りの点検です。



パワステプレッシャーセンサーから
P/Sフルードが漏れています。



オーナーさんに確認を取って
P/Sプレッシャーセンサー&Oリングを新品交換。



スロットルバルブも取外したので清掃と
エアフィルター、ポーレンフィルター新品交換。
LLCにクーラントブースター添加に。



ヘッドカバーからもオイルが漏れているので
IN&EXともにガスケット交換です。



シリンダーヘッドは念入りに脱脂。

新品のガスケットを取り付けて
ヘッドカバーのボルトはデジラチェを使用して規定トルクで均一に締め付けです。



スパークプラグの点検清掃に...。



エンジンマウントもヘタっているので新品交換。



F&Rブレーキ廻りの点検・清掃にパッド面取り、各所グリスアップ。



ブレーキフルード(ATE SL6)交換に。



オーダー頂いていたタイヤ交換。
PIRELLI P1チンチュラートをセレクトです。



ドライブまたはリバースに入れてステアリングを切ると
「ガラガラ」と異音がするので診てみたところ
センターパイプフロント側の取り付けボルトのスプリングが片側、遊んでいました。

ギアを入れるとE/gが動くので、取り付け部に隙間が出来てしまうようです。
ボルトをチョッと加工して遊びを無くすことで異音は出なくなりました。



ドライブベルトも冷間時に「キュルキュル」鳴くので新品交換。
サイドブレーキワイヤーも調整です。



フロントワイパーブレードの交換に
キーレスカバーもボタン部が欠けてしまっているので交換。

E/gオイル(MOTUL PowerLight10W40)交換後に
継続車検を受けて完了ですね。



続きまして
プジョー307スタイル チャイナブルーのご来店です。

走行中、段差で「コトコト」異音がするとのこと。



診てみたところ、異音の原因はスタビライザーリンクロッドですね。
左右ともブーツも切れていますがボールジョイント部もグラグラでガタがあります。



ということで
社外強化品のスタビリンクロッドに交換。



追加でオーダー頂いていた
WAKOS AT−PLUSの添加で完了です。
(効果のほどはわかりません...。


まだフォトがあるので
余裕が出来たら続きをアップしますね。






「プジョー307SW(RFJ) タイミングベルト類、リアハブローター交換とかです。」 2014年09月09日(火)
こんばんは。
PEUGEOT専門店「MajiBlue」です。

昨夜は十五夜でしたね。
僕も子供と一緒にベランダから眺めていました。

だからといって、なにがあるわけでもないのですが...。

ということで
今週の作業Blogの続きですね。



こちらの
プジョー307SW エーゲブルーは
タイミングベルト類交換での入庫です。



LLCを抜いて...。



SSTでフライホイールを固定。



Tベルト、テンショナー、アイドルプーリー、Wポンプ&ガスケット、
ホース側Oリング、ドライブベルトを新品交換。



ちなみに↑はWポンプです。



LLCはPG55−RCを使用しました。
*過去にサーモスタッドは対策品に交換済の車両です。
  サーモが電子制御式のままの車両は同時交換推奨。



↑は取外したTベルト関係のパーツ類ですね。



追加依頼で走行中にリアから異音がするので
診て欲しいとのことでエア抜きがてらテスト走行したところ、
ロードノイズに混じって「ウォーン」と小さいですが左リアが唸っています。

リフトに上げて空回ししたところ、ベアリングがダメになる初期の段階ですね。

オーナーさんに確認をとったところ
交換希望とのことで左リア側を交換です。



ハブローターAssyでの交換ですね。
ローターにベアリングとセンサーリングが付いています。

取外したハブローターはベアリングに少しガタが出ていました。



新品のハブローター取付。



ハブロックナットはトルクレンチを使用して規定トルクで締め付け後、
回り止めを施して完了です。



続きまして
プジョー308GTi シャークグレーの
エンジンオイルとスパークプラグ交換でのご来店です。



E/gオイルはASH MO 5W30を使用。
*MOの在庫が切れたらASH VFS Super 5W30に切替予定です。



そして、スパークプラグ(純正:NGK)を新品交換。



↑は取外したスパークプラグです。



電極が磨耗してギャップが広くなっていますね。
ちなみにメーカーでの交換推奨距離は4万km毎です。


あとは
プジョー206や206CC、307などのE/gオイル&エレメント交換や
バルブ交換などなど、たくさんのお客様のご利用、誠にありがとうございます。

MajiBlue(マジブルー)では
他社でお求め頂いた車両の修理や車検整備、チューニングも承りますので
気軽にお問い合わせくださいね。






「プジョー206SW セルモーター交換やTベルト類交換などなどです。」 2014年09月08日(月)
おはようございます。
プジョー専門ショップ「MajiBlue」マジブルーです。

今週の作業ブログのつづきですね。



こちらの
プジョー206SW XS チャイナブルーは
E/g始動不能でレッカーされてきました。

神奈川県からのオーナーさんですね。
栃木県に旅行に来ていた際の故障で
今年の春先に他社で購入されたそうです。
当社には初入庫なのですがHPやBlogでご存知だったとのこと。
ありがとうございます。



診てみたところ
セルモーターの故障ですね。

当日修理希望なのですが
入庫したのが土曜の15時過ぎということもあり
新品セルモーターの当日または翌日手配が出来ません。(ディーラーさんも在庫無し)


なので、オーナーさんに確認を取って当社部品取車から
セルモーターを移植することになりました。
同時に下廻りの点検依頼です。



さっそく
セルモーター交換。

これでE/gはかかるようになりました。

が、アイドリング時のハンチングが尋常じゃないです。



スロットルバルブを診てみたところ
カーボンで真っ黒ですね。

清掃後はハンチングも治まり正常なアイドリングになりました。



下廻りを診てみたところ
左右ともスタビライザーリンクロッドの上側ブーツが切れています。
ここは、下から見えづらいのか、継続車検でなぜか受かってしまっていた車両が
過去に何台か当社にも入庫していますね。



ブレーキ廻りも分解整備した痕跡が見当たらないような...。
グリスも切れてしまっていますね。

オーナーさんがそのお店で購入した際は
2年車検を受けるので車検整備をするということだったらしいのですが...。
(お店によって整備の仕方が異なるのでなんともいえません。)



LLCも錆でまっ茶色になっていて奥が透けて見えませんね。

オーナーさんは契約時にLLC交換を依頼したそうですが
交換したのかな
エアフィルターやポーレンフィルターも納車時に新品交換されていなかったので
オーナーさん自身で交換されたそうです。

とりあえず、オーナーさんに上記の説明をしたところ、
走行距離は約4.6万kmですが新規登録から10年以上経過しているため、
タイミングベルト交換もしたいとの要望で
点検整備も含め、このまま入庫することになりました。



まずは、Tベルト類を交換するのでLLCを抜きます。

錆が酷いのでフラッシングを3回行いました。



そして
タイミングベルト、テンショナー、アイドルプーリー、Wポンプ&ガスケットを新品交換。
(案の定、Wポンプは錆で固着してなかなか抜けませんでした。

サーモスタッドもLLCの錆が酷いので新品交換します。

LLCはPG55−RCを使用しました。



エンジンマウントもかなりヘタっているので新品交換です。



↑は取外したTベルト関係のパーツですね。
Wポンプ、サーモスタッドは錆が周っています。



続いて
スタビライザーリンクロッドを左右ともHDバージョンに新品交換。



ブレーキ廻りの点検、清掃、各所グリスアップ。



ブレーキパッドも面取りされていないので
清掃後、面取りしてペーパーで錆や鉄粉を落として組付けです。



ブレーキフルードも交換された履歴が無いので
ATE SL6交換。



スパークプラグの点検・清掃に
サイドブレーキも遊びが大きいのでワイヤー調整。



WAKOS RECS施行も追加オーダー。
ホイールのボルトCAPも5本欠損していたのでUSEDをサービスで取付です。



そして
テスターにて故障診断。

購入後、「オートマチックギアフォルト」が一回、発生したらしいのですが
そのお店で保証対象外と言われてしまったそうです。



やはり、ソレノイドバルブ故障のフォルトが入っていました。



フリーズコードも呼び出してみると
ソレノイドの「故障発生カウンター」数値が48回。

この数値、正確とは言えないのですが
1・2回のエラー発生でこの数値は見たことがないですね。

オーナーさんに相談したところ
ソレノイドは後回しにするとのことで、今回はとりあえず完了ですね。


実は今回のオーナーさんが購入したお店の車両は
過去に何台も当社に入庫しているのですが、
残念なことに全て同じような整備状態(外注)なんですよね。
たまたま当社に入庫したのが、そういう車両だったのかもしれませんが、
現状販売ならともかく、整備付でE/gオイル交換だけ(エレメント交換無)では
お客様と車がかわいそうです。

車両を購入する際は納車整備をお店任せにするのではなく
何を交換するのか、どのような整備をするのか明確にしたうえでの購入が懸命かと。
でないとプジョーはすぐに壊れるといったイメージに繋がりかねませんよね。


フォトがまだ残っているので
次のBlogにつづく...。


「プジョー3008、プジョー206S16 車検整備ですね。」 2014年09月07日(日)
こんにちは。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」です。

今週に撮影した車両フォトをUPしますね。



まずは
プジョー3008グリフ オブシディアンブラックの
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備ですね。
下廻りの点検に...。



ブレーキ廻りの清掃、各所グリスアップ。



ブレーキパッドも清掃、面取りします。



ブレーキフルード(ATE SL6)交換に...。



LLC交換。
新しく使用するLLCはPG55−RCです。



ドライブベルトもところどころに亀裂か入っているので...。



新品交換です。


エアフィルター、ポーレンフィルター(エアコンフィルター)新品交換。



3008や5008はポーレンフィルターの場所が室内なので
少し手間かかかります。



そして
スパークプラグの点検・清掃などなどで
継続車検を受けて完了ですね。
ちなみにサイドスリップはアウトに5mm以上ズレていました。



続きまして
プジョー206S16 タンジェリンオレンジの
継続車検での入庫です。



下廻りの点検...。



オイルクーラーからE/gオイルが漏れていました。



E/gオイルを抜いて
オイルクーラーガスケット新品交換。



エンジンオイルはASH VFS 5W40を使用。
オイルエレメントも新品を使用します。



LLC(PG55-RC)交換に...。



右側スタビライザーリンクロッドのブーツが切れているので
今回はブーツのみ交換で対応。



ブレーキ廻りの点検、清掃にブレーキパッド面取り、
各所グリスアップ。

ブレーキフルード(ATE SL6)交換です。



ドライブベルトもヒビヒビのため、交換などなどで
継続車検を受けて完了ですね。


まだフォトがあるので
時間が出来たらブログの更新をしますね。


「プジョー308 PPT取付とかプジョー206CC 車検整備とかいろいろですね。」 2014年09月03日(水)
こんばんは。
プジョー専門ショップ「MajiBlue」マジブルーです。

今週の作業Blogのつづきですね。



こちらの
プジョー206CC アルミナムグレーは
車検整備での入庫です。



テスターでの故障診断に
24ヶ月点検整備ですね。
下廻りのチェックをして...。



ブレーキ廻りの清掃、パッド面取り、各所グリスアップ。



ブレーキフルード(ATE SL6)の交換に。



スパークプラグの点検・清掃、
エアフィルター、ポーレンフィルター交換。



スロットルバルブ清掃に...。



パワステフルード交換とドアミラーの増し締め、LLCにCLB添加などなどで
継続車検を受けて完了ですね。
(もちろん、光軸やサイドスリップ調整も行います。)



続きまして
プジョー307 XS アルミナムグレーの
右フロントウインカーが点灯しないとのことでご来店です。

茨城県からのオーナーさんですね。



ウインカー不点灯の原因は
ヘッドライト側の接点がショートして磨耗、接触不良を起こしているので
バルブソケット側にハンダで配線を直結して対応です。

307の前期はこの症状が多いですよね。



パワーエアコンプラスの添加もオーダー頂きました。



↑のプジョー106S16 サンダンスイエローは
キーを回しても電源自体が入らないことがあるとのことでご来店です。

診てみたところ
キーを回してもACC電源さえ入りません。
インパネは真っ暗なままですね。
もちろんE/gもかかりません。

少し押し気味でキーを回すと電源が正常に入るので
とりあえず、シリンダーを抜いてみると...。



ボルトが2本とも緩んでいました。

ボルト増し締めでシリンダーのガタもなくなり、
普通にエンジンがかかるようになりました。



続いて
プジョー308SWプレミアム モンテベロブルーの
PPT(プラグイン・パワー・スロットル)取付でのご来店です。



↑がPPTですね。
前期の308なので5PINタイプです。



アクセルペダルにPPTを取り付け。



アクセルレスポンスを高めたいというよりも
燃費を向上したいとのことでECOモードでの使用ですね。

コントローラーは小物入れの中に取付ました。

どれくらい効果があるのか
後日、報告してくれるとのことです。



こちらの
プジョー207シエロ ルシファーレッドは
キーレスが故障したので新しいキーレスの登録でのご来店ですね。
茨城県からのオーナーさんです。



↑が3週間待ちで本国から届いた新しいキーレス。



スペアキーと故障したキーレスも含めると3つになるので
全てテスターで再登録です。

登録後に新しいキーレスのリモート設定をして完了ですね。


あとは
プジョー206のバッテリーターミナル腐食による交換や
206、207、307などのE/gオイル交換などなど
たくさんのお客さまのご来店、誠にありがとうございます。

majiblueでは他店で購入された車両の
車検整備や修理、板金、ボディコーティングなども承りますので
気軽にお問い合わせくださいね。



そーいえば
お店に子供が植えた朝顔があるのですが
毎朝、1つだけ咲いています。
いつまで咲くんでしょうか。
というより、朝顔ってこんなに息が長いんですね。