プジョーテイスト溢れる?なんとなく感じたことを綴るゆるいブログです。深く考えずに見てくださいね。 [プジョー|整備|修理|車検|パーツ|アクセサリー|チューニング|オイル|栃木県|宇都宮市|東京都|茨城県|群馬県|千葉県|埼玉県|神奈川県|福島県|宮城県|岩手県|山形県|秋田県|青森県]         

 

http://blog.goo-net.com/majiblue/index1_0.rdf
2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
[majiblue]プロフィール



MajiBlueでは
他社で購入された 車両の
車検・整備・チューニング・モ ディファイ等も
承りますので気軽に
ご相談くださいね。
自社整備工場完備
  [陸運局認証工場]
http://www.majiblue.jp/
[majiblue]リンク集
[majiblue]最新記事


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts

「プジョー106 マニュアル調整式クラッチワイヤー交換やプジョー307(RFJ) オーバーヒート修理ですね。」 2014年02月10日(月)
先日の雪は久々に積もりましたね。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。
なにげに雪かきが大変でした。

ということで
今週の作業ですね。



まずは
プジョー106S16 サンダンスイエローの
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備に...。



ブレーキフルード(DIXCEL DOT5.1)交換。



LLC(PG55−RC)交換にサイドブレーキワイヤー調整。



ステアリングピニオンプロテクターが切れているので...。



新品交換。



そして
自動調整式クラッチワイヤーを取外して...。



マニュアル調整式クラッチワイヤーに変更などなどでした。



続きまして
プジョー307SW アビサルブルーの
オーバーヒートでの入庫です。



LLCリザーブタンクから噴いてしまったとのことですが
電子制御式サーモスタッドが怪しいですね。
LLCが漏れた痕跡があります。



なので
対作品(ペレット式)のサーモに交換ですね。
同時にアッパーホース、水温センサー&Oリングも交換します。



定番のウォーターヒーターパイプからの水漏れもあるので...。



こちらも交換です。
(来月の車検時に作業する予定でしたが、LLCを抜くので今回作業することになりました。)



LLC(PG55-RC)を充填、エア抜き。
LLCタンクキャップも締りが微妙なので新品交換です。

2日間、アイドリングやTEST走行をした後、
水温および電動ファン作動も問題が無いのでオーナーさんにお引渡しでした。



が...。
その日のうちにオーバーヒートで再入庫です。

診てみると「オー マイ ガッ」
ラジエーターのアッパーホース差込口が綺麗に欠けてしまっています。
パイプ側に残った差込口も取外してみると指で簡単に欠けるくらい脆くなっていました。

劣化で欠けたと思われますがクラックでも入っていたんでしょうか。
ちなみにRFNやNFUのラジエーターでは欠けた例がありましたが
RFJでは初めてですね。



オーナーさんに確認を取ってラジエーターを新品交換。
再度、LLC(PG55−RC)を充填、念入りにテスト後にお引渡しでした。


次のブログにつづきます。

[majiblue blog-1 2014/2/10]


「プジョー207GTi KW車高調、レデューサー取付とか...です。」 2014年02月04日(火)
プジョー専門店「MajiBlue」です。
今週の作業Blogのつづきですね。



こちらの
プジョー207GTi ビアンカホワイトは
車高調キットとレデューサー取付での入庫です。
埼玉県からのオーナーさんですね。



使用するのは当社で持っていた
USEDのKW製車高調キット(走行距離約2万km)と
新品のストラットアッパーマウントキットです。



組換開始ですね。



フロント側交換。



リア側も交換です。



↑は取り外したショック類ですね。



車高はオーナーさんの希望で
車体が水平になる、程よい高さに調整しました。

テスト走行後、サイドスリップをチェック。
INに3mmズレているので修整です。



そして
クランク圧減圧バルブのレデューサークワッドリードの取付です。
今回もRED POINT製を使用します。



PCVバルブをブラインドプラグでキャンセル。
レデューサーを取り付けて完了ですね。
噴け上がりが軽くなります。



続きまして
プジョー206グリフ モンテベロブルーの
HID片側不点灯での入庫です。



バーナー切れが原因なのですが
汎用バーナーではカプラー形状が合わないのと
使用年数を考慮して新品のHIDキット入替えとなりました。

取外したHIDキットはバラストがお弁当箱みたいで年代を感じさせますね。



新しく使用するのは
フィリップス製で定評のあるMarvellos35W6000KのHIDキットです。
取付後、点灯確認をして完了ですね。



こちらの
VWパサートワゴン フレスコグリーンMは
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備にE/gオイル(MOTUL H-TECK5W40)&エレメント、
ブレーキフルード(ATE SL6)の交換とCLB添加に...。



P/Sフルード補充に
エアフィルター、ポーレンフィルター交換。



右フロントのドライブシャフトブーツ(アウター側)が切れているので
ブーツKIT新品交換。



ファンベルトがところどころに亀裂があり
オルタネーターベルトも劣化しているので共に新品交換。



そして
助手席ドアを開けてもルームライトが点灯しないのと
たまに勝手にロックしてしまうとのことで
ドアロックアクチュエーター新品交換でした。



あとは
プジョー3008や206、307などなどのエンジンオイル、エレメント交換等、
たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。

マジブルーでは他店で購入された車両の
車検整備や修理、マイナーメンテ、チューニングも承りますので
気軽にご相談くださいね。
ちなみにE/gオイルやオイルエレメントの交換は
いつでも作業料サービスで実施しています。
(*アルファ156V6前期のような一部車両は除く。)



[majiblue blog-2 2014/2/4]


「けっこう雪が積もってきましたね...。プジョー106・206・308のRECS施行とかいろいろです。」 2014年02月04日(火)
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。



天気予報通り、宇都宮にも雪が降ってきました。
積もるのかなぁ〜。

ということで
作業フォトが溜まっているのでアップしますね。



まずは
プジョー206CC アルミナムグレーの
走行中にエンスト後、セルは回りますがE/gが始動しないとのことで入庫です。

症状からして燃料ポンプかと疑ったのですが
作動および燃圧も大丈夫なようですね。



テスターで診てみたところ
インジェクターへの通電がされていません。
これでは燃料が噴射されないのでE/gがかからないですよね。

1〜4番の全てが断線なので
インジェクターハーネスを診ていたら
E/gがかかるようになってしまいました。

その後はE/g始動不能やエンストの気配はありません...。
(う〜ん。困りました、原因不明

インジェクターハーネスの劣化も考えられますが
確か、前期型の206はWリレーを使っていたのを思い出したので...。



オーナーさんに確認をとって
Wリレーを新品交換することに...。
価格も2,800円(税抜)と手頃です。

このリレーは燃料系や点火系を操作していて
306はこれの故障でE/gがかからないことが少なくなかったですね。

症状的に同じなので
おそらく、原因はコレというかコレであって欲しいっ。



インジェクターハーネスは当社で過去に故障した例が無いのですが
気になるので部品取り車から移植しました。

1週間程、テストしましたがE/gは問題なくかかるので様子見ですね。



続きまして
プジョー206グリフ ルナーミストの
点検整備での入庫です。



12ヶ月点検整備にエアフィルター、ポーレンフィルター、
ブレーキフルード(ATE SL6)の交換に...。



LLC(PG55−RC)交換。
スロットルバルブ清掃後にWAKOS RECS施行などなどでした。



こちらの
プジョー307SW ルナーミストは
ATフルード交換でのご来店です。



ATFを抜いて...。



ASH VFS ATFを充填。
テスターにて油温管理をして油量調整です。



オイル劣化カウンターもリセットして完了ですね。



↑のプジョー206RC エーゲブルーは
ブレーキランプが点灯しないとのことでご来店です。



原因はブレーキスイッチの故障でした。
新品に交換して完了です。



続きまして
プジョー106S16 インディゴブルーです。



バンパーやボンネットのクリア剥げや傷が目立ってきているので
比較的程度の良いUSEDパーツと交換でした。
ちなみに↑は取外したパーツです。



↑のプジョー308GTi シャークグレーは
ヘッドライトウォッシャーを使用すると
フェンダーから水が出てくるとのことでご来店です。

フォトを撮りわすれましたが
原因はポンプからのホースとウォッシャーノズルからのホースを
接続するカプラーからの水漏れでした。
汎用のカプラーでホースを繋ぎ直しです。



同時にワコーズ レックス施行とフューエル1添加もオーダー頂きました。



こちらの
プジョー106ラリー ビアンカホワイトも
WAKOS RECS施行でのご来店です。
群馬県からのオーナーさんでした。


まだフォトがあるので
次のブログにつづきます。


[majiblue blog-1 2014/2/4]


「シトロエンC4ピカソ ブレーキパッド交換やボディガラスコーティング、プジョー206CC 車検整備とかです...。」 2014年01月21日(火)
プジョー専門店「マジブルー」majiblueです。
今週の作業ブログのつづきですね。



こちらは
シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ オーアノディゼMeです。

 

フロントブレーキディスクローター&パッド、リアブレーキパッド交換での入庫ですね。



フロントブレーキディスクローターはDIXCEL PD、
ブレーキパッドはDIXCEL Pタイプを使用。



リアブレーキパッドもDIXCEL Pタイプを使用しました。



ちなみに↑は取外したローターとパッドですね。
リアブレーキパッドはほぼ無い状態でした。



そして
LEXIA3テスターにて故障診断です。



当社ではテスターでの故障診断は基本的にサービスで行っています。
忙しい場合、対応できないことがありますので
予めご連絡後にご来店ください。



続きまして
シトロエンC4ピカソ 1.6HDI ブランバンキーズの入庫です。



「グラスフィニッシュプレミアム」ボディガラスコーティング施行でした。
輝きが増してピカピカになりました。



続いて
プジョー206CCカラーライン オブシディアンブラックの
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備にポーレンフィルター、ブレーキフルード(ATE SL6)、
E/gオイル(MOTUL PowerLightの交換に...。



エアフィルターはK&N製なので
洗浄後にオイル添加。



LLC(シンビオテックPG55−RC)交換に。



リアマフラーバンドが伸びてマフラー出口がズレているので
バンドを新品交換。



エンジンマウント右側がやけに潰れているので診てみると...。
半分以上切れていました。



エンジンマウントも新品交換です。



そして
作業依頼を頂いていた
フロントナンバーステーを上方移設で完了です。
3cm上に移設しました。

あとは
プジョー406や206、307などのオイル&エレメント交換などなど
たくさんのお客様のご利用、誠にありがとうございます。

マジブルーでは
他社で購入された車両の車検整備や修理、ドレスアップも承りますので
気軽にご連絡くださいね。



[majiblue blog-2 2014/1/21]


プジョー206SW 車検整備とかプジョー206CC ドライブベルトテンショナー&アイドラー交換とかです...。あとVWポロやVWパサートもありますね。 2014年01月21日(火)
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。

そういえば明後日の1月23日は
「ワン・ツー・スリーの日」ですね。
かけ声のワンツースリーに掛けて
何か新しいことを始めるきっかけや、
人生に対してジャンプする気持ちを持とうという日だそうです。

単純ではありますが
意識してみると夢や目標への行動を起こしやすいかも。
なんとなく、いい記念日だと思いますね。

ということで
今週のフォトを撮影した車両です。



まずは
プジョー206SW XS ペルセポリスゴールドの
車検整備での入庫ですね。



24ヶ月点検整備にエアフィルター、ポーレンフィルター、ブレーキフルード(ATE SL6)、
E/gオイル(MOTUL PowerLight)&エレメントなどの交換に...。



クランクプーリーが滑っているので...。



新品交換。



そしてLLCが減っているのと甘い香りがするので診てみたところ
サーモハウジングからLLCが漏れていました。



液体ガスケットを使用するタイプなので
ハウジングを取外して、ワイヤーブラシで古いガスケットを綺麗にした後、
新しいガスケットを塗って取り付けです。



ガスケットが完全に乾くまで一晩寝かせてから
LLC(シンビオテックPG55−RC)を充填、エア抜きで完了ですね。



続きまして
VWポロ リフレックスシルバーの
足廻り異音修理での入庫です。

ブレーキを踏むと「ゴンッ」と何か当ったような音がしますね。



これは9Nポロ定番のフロントロワアームのリア側ブッシュ切れが原因です。
左右とも切れていますね。



ブッシュを抜いて...。



左右とも新品のブッシュを圧入です。
これで異音は無くなりました。

あとはE/gオイル(ASH MO 5W30)の交換で完了です。



↑のVWパサートワゴン 1.8T ウインザーブルーは
エアコンの風が出なくなったとのことでご来店です。



原因はブロワレジスターの故障です。
ブロワモーターも怪しいので共に新品交換します。



新品を取り付けですね。
これで、ちゃんと風が出るようになりました。



こちらののプジョー206CCカラーライン エーゲブルーは
ドライブベルト側テンショナーとアイドルプーリー交換でのご来店です。



アイドルプーリーからの異音とテンショナープーリーも
ドライブベルトがかかるギリギリまで内側に入り込んでいるので
共に交換ですね。



ドライブベルトも劣化しているので
新品に交換します。



新品のテンショナー、アイドルプーリー、ドライブベルトを
取付ですね。



新品に交換したので
テンショナーローラーのベルトがかかる幅に余裕が出来ました。
異音も解消です。


まだフォトがあるので
次のブログに続きますね。



[majiblue blog-1 2014/1/21]


「プジョー206CC、206S16 助手席側水漏れ修理とか...です。」 2014年01月14日(火)
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」マジブルーです。
今週の作業ブログのつづきですね。



こちらは
助手席側水漏れで入庫した
プジョー206S16 ムーンストーングレーです。



定番のウォーターヒーターパイプからLLCが漏れていますね。



取外して...。



新品のウォーターヒーターパイプKITを取り付けです。
LLCはシンビオテックPG55−RCを使用しました。



エア抜き後にテスト走行、水漏れが無いか確認していると
水温が100℃を超えても電動ファンが回りません。
110℃近くでやっと高速ファンが回り出します。
電動ファンの低速が入らないんですね。

レジスターが怪しいので
導通を診てみると、やはり低速側が断線していました。



部品取り車からレジスターを移植です。
これで正常に低速ファンも作動するようになりました。



続きまして
プジョー206CC カラーライン エーゲブルーですね。
こちらもウォーターヒーターパイプKIT交換での入庫です。



LLCが漏れています。



取外して...。



ウォーターヒーターパイプKITを新品交換。
LLC(シンビオテックPG55−RC)を充填で完了です。



TEST走行をしてみたところ
「ウィーン」とモーター音のような異音が...。

E/g右側から聞こえるので
ドライブベルトを外して各種プーリーを手で回しても異音は確認出来ません。

もちろん、ドライブベルトを外した状態でE/gを始動すると異音はしないので
原因はドライブベルト側ですね。

アイドルプーリーも手で回しても異音はしないのですが
ほんの少しだけガタがあるので
試しにTESTパーツに交換してみたところ異音が出なくなりました。
テンションがかからないと異音がしないようですね。

オーナーさんに説明して
後日、新品パーツに交換です。



↑のプジョー307Xsi チャイナブルーは
年末にE/g始動不能で入庫している車両です。



いろいろと調べたのですが
3番、4番の圧縮が無いことからE/gのヘッドを降ろすことにしました。





オーナーさん。もう少々、お待ちください。

MajiBlueでは他店で購入された車両の修理や車検整備、
チューニングも承りますので気軽にご相談くださいね。



[majiblue Blog-2 2014/01/14]


「プジョー206 E/g始動不能修理とか...です。」 2014年01月14日(火)
こんにちは。
プジョー専門店「MajiBlue」栃木県宇都宮市です。

2014年の仕事始めから1週間が経ったので
フォトを撮影した車両をアップしますね。



まずは
昨年末にE/g始動不能で入庫していた
プジョー206XS チャイナブルーです。



走行中にエンスト。
その後、E/g始動不能とのことです。

入庫して診てみたところ
イグニッションONにしても電源が入りません。



ということで、バッテリーとアース線を確認したところ
やはり、バッテリーのアース線が断線していました。

元々ついていた端子を切断。
新しい圧着端子を取り付けですね。

念の為、E/gブロックにもアース線を追加です。
これでE/gはかかるようになりました。

なぜ、切れたのかと原因を探してみると...。



右側エンジンマウントが粉々になっています。
アース線自体の経年劣化もありますが
マウントが切れて、しかも削れてE/gが傾いていた為、
E/gの挙動で切れた可能性がありますね。



ということで
E/gマウントを新品交換です。
3cmくらいE/g右側の高さが上がりました。



フロントのブレーキパッドも既に無い状態だったので
パッド交換で完了です。



続きまして
板金塗装から戻ってきた
プジョー206XT−P ルシファーレッドです。

Tベルト類などの交換は昨年に済ましてあります。
埼玉県からのオーナーさんですね。



フロントグリル、ボンネット、ルーフのクリア剥げが目立つので板金塗装です。
綺麗になりました。



E/gを始動して様子を見ていると...。
んん?
水温計が70℃から動きません。

テスターで確認してみても水温センサーの数値は90℃を示しています。
メーター側の故障ですね。



オーナーさんに確認したところ修理希望なので
部品取から水温センサーのモーターを移植です。



モーター交換後は正常に作動するようになりました。



こちらの
プジョー206XT サファイアブルーも
昨年末に足回り異音修理で入庫した車両です。
埼玉県からのオーナーさんですね。



異音も出たり出なかったりという感じでしたが
診てみたところ、ロワマウントのブラケットが原因でした。

昨年、ロワマウントのブッシュ抜けで
ロワマウントAssyで新品交換していたのですが
既にマウントを抑えているブラケット側も微妙に歪んで干渉していたようです。
修正してボルトを増し締めです。

異音は出なくなりましたが、様子見ですね。

追加でポジションバルブが切れているので
フィリップス アルティノンLED 6700Kに交換と
MOTULエンジンクリーンでフラッシング後に
E/gオイル(MOTUL PowerLight 10W40)&エレメント交換でした。

まだフォトが残っているので
次のブログにつづく...。



[majiblue Blog-1 2014/01/14]


「あけましておめでとうございます。 マジブルーは本日より仕事始めです。」 2014年01月05日(日)
プジョー専門店「MajiBlue」マジブルー (栃木県宇都宮市)です。
本日から仕事始めとなりますので新年のご挨拶ですね。



2014 新年あけましておめでとうございます。
旧年中はたくさんのお客さまにご利用頂き誠にありがとうございました。
本年もより一層のサービスと技術の向上に努めて参りたいと思いますので
どうぞ宜しくお願い致します。



ということで
当社のプジョー207GTのオイル交換などが昨年出来なかったので
朝一で作業してしまいます。

ちなみに年末に「グラスフィニッシュプレミアム」ガラスコーティングを
施行してみました。
艶や汚れ具合など、参考になるかと思います。



まずはLLC(シンビオテックPG55−RC)交換。



続いて
WAKO’S RECS施行。
このエンジンはインテークバルブがカーボンで詰まりやすいので
定期的なレックス施行が効果的ですね。



ちなみにインマニ直のキャニスターバージバルブから
液剤を投与します。

レーシング後に...。



エンジンオイル&エレメント交換。



E/gオイルは好評なASH FS 5W30を使用です。



最後にTOTAL エンジンクリーナーを投与して完了です。

なんとなくリフレッシュした気分ですね。



現在、入庫している車両はというと...。

↑のプジョー307Xsi チャイナブルーの
E/g不動での入庫に...。
こちらは長期戦になりそうです。



こちらも年末にエンジン不動で入庫した
プジョー206XS チャイナブルーです。

イグニッションも入らない状態でしたが
原因は判明したので、追加整備待ちです。



↑のプジョー206XT サファイアブルーも
年末に入庫した車両ですね。
足廻りからの異音修理です。



そして
シトロエンC4ピカソ ブランバンキーズの
板金修理での入庫ですね。


どちらにしても
パーツが手配出来ないので
本稼動は明日以降からでしょうか。





「プジョー307 マルチファンクションS/W交換とかプジョー207GT HID−KIT取付とか...ですね。」 2013年12月29日(日)
PEUGEOT専門店「MajiBlue」マジブルーです。
またまた、今週の作業ブログのつづきですね。



こちらの
プジョー307ブレーク エーゲブルーは
ATシフトがリバース(バック)に入らないとのことで入庫です。
メーター内のシフトインジケーターも表示がおかしいですね。
何回もシフトを動かすと「オートマチック ギア フォルト」のエラーを出します。
マルチファンクションスイッチが怪しいかな...。



テスターで診てみると
やはりマルチファンクションS/Wのフォルトが入っていました。



更にパラメーターでシフト位置をチェックすると
パーキング状態でも他のシフトに通電してしまっていますね。
リバースにすると、ほぼ全てのポジションに信号が入ってしまいます。



ということで
マルチファンクションスイッチを新品交換と調整です。
試乗したところ正常にシフトが入るようになりました。



追加で助手席側から水漏れしているので
ウォーターヒーターパイプの交換で完了です。
使用したLLCはシンビオテックPG55−RCですね。



続きまして
プジョー206S16 ムーンストーングレーの
E/gがかからなくなったとのことで入庫です。



診てみると
フューエルポンプ(燃料ポンプ)がお亡くなりに...。
取り外しです。



新品のフューエルポンプ、ガスケット、リングキャップに交換。
ガソリンを満タンにして漏れが無いことを確認します。

ちゃんとE/gがかかるようになりました。



追加でA/Cパネル照明が切れているのでバルブ交換と
E/gオイル(ASH VSE 5W40)&エレメント交換でした。

助手席側から水漏れもしているのですが
年内は部品も手配出来ないので作業は年明けに再度、入庫予定ですね。



続いて
プジョー207GT ビアンカホワイトの
HIDキット取付でのご来店です。



使用するのは
SMART製 HIDキット(H7・35W・6000K)と
ウォーニングキャンセラーですね。



取り付けて点灯確認。
バルブ切れ警告が出ないことを確認して完了です。



↑のアウディA5カブリオレ 2.0TFSIクワトロ ティークブラウンMは
「グラスフィニッシュプレミアム」ボディガラスコーティングでの入庫ですね。



このコーティングは艶が違います。



あとは
プジョーRCZのE/gオイル(ASH FS 5W30)&エレメント交換や...。



プジョー208GTのE/gオイル(ASH FS 5W30)交換。

他にも206、306、307、406のE/gオイル交換やバッテリー交換などなど
たくさんのお客さまのご来店、誠にありがとうございます。


MajiBlueは本日で2013年の仕事納めとなります。
新年は1/5〜の営業予定となりますので
大変、ご迷惑をおかけしますが何卒、宜しくお願い致します。
では、皆様、良いお年を...。

(と言いつつ、本日の閉店まで仕事に追われて年末の準備が何も出来ていないので
 30日は年賀状作成とかでお店にいるかも...です。




[majiblue blog-3 2013/12/29]


「プジョー207GT/308GTi ミッションオイル交換とかシトロエンC3 車検整備とかです...ね。」 2013年12月29日(日)
プジョー専門店[MajiBlue]です。
今週の作業Blogのつづきですね。



こちらの
プジョー207GT ネイシャブルーは
ミッションオイル交換でのご来店です。



ASH PSE GEAR75W90 M/Tオイル交換。
追加でオーナーさん持込でディバータバルブの取り付けでした。
(見慣れないメーカーです。作りこみが少し荒いかな...。



続いて
プジョー308GTi シャークグレーです。
LLC、エンジンオイル、ミッションオイルの交換でご来店ですね。

まずはE/gオイル(ASH FS 5W30)の交換に...。



LLCがけっこう濁っていたので
ケミテックのフラッシング水で2回程、フラッシング後に
シンビオテックPG55−RC充填。



そしてM/Tオイル(ASH PSE GEAR 75W90)交換です。
抜いたオイルはかなり鉄粉が混じっていました。(走行距離約4万km)



↑のシトロエンC3-1.4 ブルールシアPeは
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備にブレーキフルード(ATE SL6)などの交換に...。



右リアドラムブレーキのハブベアリングが
シャフトに焼き付いてしまっていたのでベアリングキットを圧入交換。



どこかしらで水で希釈するタイプの緑色のLLCを入れられているので
2回フラッシング後にシンビオテックPG55−RC交換です。

ラジエーターコアの内部は電解腐蝕やLLCの劣化によって詰まることが多いのですが
欧州車のLLCは純正でほとんどが電蝕防止効果のあるモノを使用しています。
ですので量販店で販売されているような、
色がグリーンやレッド、水で希釈するタイプのLLCは
出来れば使用を避けたいところですね。

もちろん、PG55-RCはスポーツクーラントでありながら
長寿命で電飾防止もクリアしています。




LEXIA3テスターで故障診断をして...。



ATフルード(ASH VFS ATF)交換です。



もちろんテスターにてATF油温管理をして油量調整。
オイル劣化カウンターのリセットもします。



スロットルバルブ清掃後に
WAKO’S RECS施行で完了ですね。



続きまして
プジョー206スタイル ビアンカホワイトの
クラクションホーンが鳴らないとのことでご来店です。



原因はホーン自体の故障なので
部品取車からUSEDホーンを取外して取付。
ドライブベルトもヒビだらけなので交換でした。

またまた次のブログにつづく...。


[majiblue blog-2 2013/12/29]