プジョーテイスト溢れる?なんとなく感じたことを綴るゆるいブログです。深く考えずに見てくださいね。 [プジョー|整備|修理|車検|パーツ|アクセサリー|チューニング|オイル|栃木県|宇都宮市|東京都|茨城県|群馬県|千葉県|埼玉県|神奈川県|福島県|宮城県|岩手県|山形県|秋田県|青森県]         

 

http://blog.goo-net.com/majiblue/index1_0.rdf
2015年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
[majiblue]プロフィール



MajiBlueでは
他社で購入された 車両の
車検・整備・チューニング・モ ディファイ等も
承りますので気軽に
ご相談くださいね。
自社整備工場完備
  [陸運局認証工場]
http://www.majiblue.jp/
[majiblue]リンク集
[majiblue]最新記事
Follow my blog with Bloglovin

Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts

「プジョー607 リバースライト不点灯修理やプジョー3008 ボディガラスコーティングとかです...ね。」 2014年06月10日(火)
プジョー専門ショップMajiBlueです。
今週の作業ブログの続きですね。



こちらの
プジョー607コンフォート マーキュリーグレーは
リバースライトが点灯しないとのことで入庫です。
診てみるとリバースギアに入れてもパーキングアシスタンス(バックソナー)も
機能していませんね。



とりあえず
テスターで故障診断。
パラメーターでシフトポジションをチェックしても問題ないので...。



マルチファンクションS/Wの故障でほぼ確定です。

オーナーさんに確認を取って新品交換。



取り付けですね。
AL4と違って、このZFは楽チンです。



交換後は問題なくリバースライトも点灯。
パーキングアシスタンスも機能するようになりました。



続きまして
プジョー307SW オーロラグリーンの
マフラー排気漏れ修理での入庫です。



診てみると
センターマフラーフランジが3分の2くらい欠けてしまって
リアマフラーがズレてしまっていますね。



ということで
センターマフラー&クランプを新品交換です。



新品のセンターマフラーを取付。
排気漏れが無いことを確認して完了ですね。



ちなみに↑は取外したセンターマフラーのフランジ部です。



続いて
プジョー3008グリフ ヒッコリーですね。
ボディガラスコーティング「グラスフィニッシュプレミアムMe」施行での入庫です。



バフで磨いて下処理後に...。



「グラスフィニッシュプレミアムMe」ボディガラスコーティングを施します。
ピカピカになりました。


あとは
プジョー206、307のE/gオイル交換や
パワーエアコンPLUS添加などなど
たくさんのお客様のご利用まことにありがとうございます。

そーいえば
今年は梅雨が長いとか...。
ということで安全運転にはワイパーの交換ですね。

当社ですと基本的に純正品をオススメしているのですが
純正はちょっと値段が...。
というオーナーさんにオススメなのが。



CHAMPION製 WIPE ALLです。(フォトは207-RH用)
左右セットで6,000円(税抜)。
*208、307後期、308、RCZ用も順次発売されるようです。



プジョー206用はこちら。
1,200円(税抜)/1本ですね。
U字フックタイプなら他の車種で長さが異なってもお取り寄せ可能。

ちなみにどちらのタイプも交換作業料はサービスです。
*適合はお問い合わせくださいね。


[majiblue blog-2 2014/6/10]


「プジョー106S16 納車整備です...ね。」 2014年06月10日(火)
こんにちは。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」です。

さっそくですが
今週の作業フォトですね。



まずは
プジョー106S16 モーリシャスブルーの
納車整備からです。
当社でのお買い上げ、誠にありがとうございます。



他社整備の車両なのですが
車検がH27年11月まで残ってるんですよね。
履歴を見るとタイミングベルト類は昨年に交換済。
ハブベアリングやイグニッションコイル、O2センサーなどなど
他にもいろいろと手が入っています。

履歴も参考にしながら12ヶ月点検整備ですね。



前後ブレーキキャリパー清掃に
ブレーキパッド面取りをしてグリスアップして取付。

ブレーキフルードは昨年10月の車検時に交換済です。



スパークプラグも清掃。



エアフィルターはK&N製が付いているので
洗浄後、オイル添加です。



アイドルステップモーター清掃に...。



スロットルバルブ清掃。



新品のBOSCH PSIN-6Cバッテリー交換に。



JR製のコックピットフィルターが付いていますが
汚れていますね。



無いよりはあった方が良いのでこちらも清掃です。
ちなみに106のネックの1つである
内外気フラップモーターのギアも金属製に交換してありますね。



オイルフィラーキャップからオイルが滲んでいるので新品交換。



下廻りを診ていると
エンジン右側のケーブルホルダーが欠けてグラグラしているので...。



部品取車からパーツを取外して移植です。



なぜか、ロワアームのボールジョイントブーツプロテクターが
左右とも付いていないですね。



このプロテクターが無いと
ローターの熱でブーツの劣化が早まるので新品を用意します。



ロワアームのボールジョイントをナックルから抜いて
左右ともプロテクターを取り付けですね。



WAKO'S RECS施行に。



オイルクーラーからオイルが漏れているので
ガスケットを新品交換。

E/gオイル(MOTUL PowerLight10W40)&エレメントも交換です。



そして
WAKO'S パワーエアコンプラス添加や
P/Sフルード、LLCの点検、補充などなどですね。

あとは登録が完了すれば
新しいオーナーさんの元へ納車です。
元気に走り続けて欲しいですね。


まだフォトがあるので
次のブログにつつきます。


[majiblue blog-1 2014/6/10]


「プジョー206CC E/gチェックランプ点灯修理やSACUSパフォーマンスプラスキット取付とか...です。」 2014年06月04日(水)
プジョー専門店「MajiBlue」栃木県宇都宮市です。
今週の作業ブログのツヅキですね。



こちらの
プジョー206CC エーゲブルーは
エンジンチェックランプ点灯での入庫です。

アイドリングが不安定になったりするとのこと。
たしかにアイドリングが少し低くてエンジンの音も気持ち大きいような...。



少し前にイグニッションコイルがダメで新品交換したので原因はコイル以外。
ということでテスターで診てみると...。

下流側のO2センサーがリッチ異常でエラーを出したようです。

テスターでパラメーターを確認しながらE/gを噴かすと
上流、下流側ともに同じ数値の動きをしますね。



一概にO2センサー異常とは言えないのですが
とりあえず、クロスチェックをしてみることに...。
部品取り車から交換して間もないO2センサーと
テスト用のスパークプラグに交換してみます。



スパークプラグと上流/下流のO2センサーを交換してE/g再始動です。

うーん。
TEST走行してみても
チェックランプは点灯しませんが変化が感じられないですね。

その後、MAPセンサーもテスト用に交換しましたが、
やはり変わらないので下廻りを診ていると...。



ありました。
触媒のパイプに3mmくらいの亀裂です。

ここから排気漏れしているのと
触媒の性能が低下している可能性があるので...。



部品取車から触媒を移植してE/g再始動ですね。
今度はE/gも静かになり、アイドリングも少し上がって安定しました。



テスターで各パラメーターを再チェックです。
O2も正常な動きをしていますね。



また、オーナーさんから
信号などで停車すると「ゴンッ」と後ろから押される動きをすると言われていました。
これはスロットルバルブが原因なことが多いのですが
清掃しても改善されなかったので部品取車からスロットルバルブを移植です。
交換後は正常な挙動になりました。

テスト走行でも問題なく、オーナーさん自身にもE/gが静かになったと
言って頂けましたが、とりあえず様子見でしょうか。



続きまして
またまたプジョー206CC エーゲブルーの入庫です。
他社で購入された車両ですね。

走行中、路面の段差で「ドンッ」と突き上げるとのことです。

診てみたところビルシュタインが入っているのですが
車体を押してもフロント側ショックがほとんどストロークしていないようです。
しかも右フロントのタイヤがマイナスキャンバーになっていますね。



リフトに上げて診て見たところ
フロントショックからオイル漏れした痕跡がありました。
スタビリンクロッドのブーツ切れやロワアームもヘタっているようです。



オーナーさんと相談した結果
フロントショック&サス(SACUSパフォーマンスKIT)、ストラットアッパーマウント、
ロワアーム、スタビリンクロッドを新品交換です。

これで右フロントのキャンバーも正常に戻ってくれると良いのですが...。



ストラットアッパーマウントとフロント・リア共に
SACUSパフォーマンスキット交換。



左右ロワアーム、スタビリンクロッドを社外強化品に交換です。



取外したスタビリンクロッドは左右ともブーツ切れとガタが、
ロワアームはブッシュがグニャグニャでした。



アンダーバーの右フロント側も曲がっています。

やはり右フロントに何かしらの強い衝撃が加わった可能性がありますね。

なので部品取車からアンダーバーを移植です。

交換後にテスト走行してみたところ
段差での突き上げは解消されましたが、
右フロントはマイナスキャンバーのまま変わりません。

構造的に調整出来る箇所はほとんど無いため、
もしかしたらナックルが曲がっているのでは...。



ということで
こちらも部品取車からハブごとナックルを移植です。
見た目では曲がっているのか、ほとんど判断出来ませんね。



交換後はキャンバーも正常な状態に戻りました。

そしてサイドスリップを調整。(IN側に30mm以上ずれていました。
再度テスト走行をです。
若干、まだ右による感じはありますが入庫時から比べると
かなり乗りやすくなりましたね。
あとはアライメントをとってみてどうかでしょうか。



E/gオイル(MOTUL PowerLight10W40)交換と
サービスでスロットルバルブの清掃をして完了です。



ちなみに↑は
今回、取外したパーツ類ですね。

ショックが底衝きしていたからか
アッパーマウントのベアリングもダメになっていました。

あとはエンジンオイル交換やエアコンガス補充、ヘッドライトバルブ交換などなど
たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。
MajiBlueではE/gオイル、エレメント、各種バルブ交換や
A/Cガス補充の作業料は基本的にサービスで実施していますので
気軽にご相談くださいね。(特殊車両除く)



[majiblue blog-2 2014/6/4]


「プジョー306カブリオレ 低ダストブレーキパッド交換やBMW320i ボディガラスコーティング施行とか...です。」 2014年06月04日(水)
ここのところ急に暑くなりましたね。
寒いよりはいいのですが、なにげにバテぎみだったり...。

ということで
プジョー専門店「MajiBlue」マジブルーの今週の作業フォトですね。



まずは
プジョー306カブリオレ サンダンスイエローです。
当社には初入庫のオーナーさんですね。



エンジンオイル(MOTUL PL 10W40)&エレメント交換でのご来店でしたが
ブレーキを踏むと異音がするとのことで診てみると...。



右フロントのパッドが無くなっていて
バックプレートがローターを削ってしまっていました。
交換希望とのことで、このまま入院です。



新しく交換したのは
DIXCEL PD ディスクローターとDIXCEL Mタイプブレーキパッドです。



アイドリング時もハンチング気味なので
サービスでアイドルステップモーター清掃や樹脂モールのコーティングなどでした。



続きまして
プジョー207GT ネイシャブルーの入庫です。



オーナーさん持込で汎用のマッドフラップ取付です。

現車合わせでカット、位置決めして取り付けていくのですが
なにげに手間と時間がかかるんですよね。



オーナーさん希望で床下10cmくらいになるよう取付です。



リアはライナーが邪魔をするので
アルミステーを作成して取り付けました。



こちらの
BMWミニ ONE コスモスブラックは
車検整備での入庫です。
前回の車検から6,000kmしか走行していませんね。



24ヶ月点検整備にクーラントブースター添加...。



ブレーキフルード(DIXCEL DOT5.1)交換。



E/gオイル(ASH MO 5W30)&エレメント交換。



オイルサービスやインスペクションのリセットなどでした。
このテスターはPP2000より出番が少ないですね。



続いて
BMW320i Mスポーツパッケージ アルピンホワイトの
ボディガラスコーティング「グラスフィニッシュプレミアムMe」と
アルミホイールコーティング施行での入庫です。



まずはアルミホイールを取外して洗浄。
専用の溶剤でコーティングです。



そして
ボディを磨いたあとにガラスコーティングを施します。
ピカピカになりましたね。


まだフォトがあるので次のブログにつづきます。


[majiblue blog-1 2014/6/4]


「プジョー207GTi 強化ディバータバルブ取付やプジョー1007 ボディガラスコーティング施行、プジョー206 ATソレノイドバルブ交換とかです...ね。」 2014年05月26日(月)
プジョー専門ショップ「MajiBlue」マジブルーです。
今週の作業ブログの続きですね。



こちらの
プジョー207GTi ビアンカホワイトは
Forge強化ディバータバルブ取付と
フロントバンパー内のロックガードグリル塗装での入庫です。
埼玉県からのオーナーさんですね。

ちなみにFバンパーは過去に当社にて後期フェイスに変更済です。



まずは
Forge強化ディバータバルブの取付ですね。
ROMチューンも施行した車両なので
スプリングはイエローのタイプを使用します。



↑がノーマル。



ディバータバルブ取付後ですね。



そして
ロックガードグリルの塗装です。
ノーマルのカラーはリヨングレーなので
オーナーさんの希望でガンMに塗装します。
ちなみにバンパーからグリルは取外して塗装ですね。



塗装後です。
GTiはヘッドライトのガーニッシュもクロームなので
更に顔が引き締まっていい感じになりました。



続きまして
プジョー1007-1.6 タコマイエローの
ボディガラスコーティング「グラスフィニッシュプレミアムMe」施行での入庫です。



ボディを研摩して下地処理をします。
コーティングまで含めるとなにげに丸1日かかるんですよね。



コーティング後ですね。
ピッカピカになりました。
ちなみに「グラスフィニッシュプレミアムMe」ガラスコーティングは
UVカット効果もあるのでボディの色褪せ防止にもいいですね。



続いて
プジョー206ローランギャロス タイブレークグリーンの
「オートマチックギアフォルト」修理での入庫です。



テスターで診るとプレッシャーソレノイド系のフォルトが入っていますね。



ということで
ソレノイドバルブの交換です。



新品のソレノイドバルブ取付。
ATフルードはASH VFS ATFを使用します。



↑は取外したパーツ類ですね。
ソレノイドは対策前のモノが付いていました。



テスターにてATF油温をみながら油量調整後に
オイル劣化カウンターリセット。
テスト走行をして問題が無いことを確認して完了です。


あとは
プジョー407SW−V6のATF交換や
206、307等のE/gオイル交換などなど
たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。

マジブルーでは他店で購入された車両の
車検整備や修理、チューニングも承りますので
気軽にご相談くださいね。




ちなみに
PPT(プラグイン・パワー・スロットル)の
デモ体験受付中です。(要予約)
*詳しくは当社HP参照


[majiblue blog-2 2014/5/26]




「プジョー406ブレークV6 イグニッションコイル交換やプジョー307SW ATフルード交換とか...ですね。」 2014年05月26日(月)
おはようございます。
栃木県宇都宮市のプジョー専門店「MajiBlue」です。

今週の作業フォトですね。



まずは
プジョー406ブレーク−V6 チャイナブルーの
車検整備での入庫です。
茨城県からのオーナーさんですね。



24ヶ月点検整備に...。
テスターにて故障診断もします。



ブレーキフルード(DIXCEL DOT5.1)交換。



エアフィルター、ポーレンフィルター交換。
けっこう汚れていますね。



新品のエアフィルター、ポーレンフィルター取り付け。



エンジンオイル(MOTY’S M110)交換。
M650も添加しました。



たまにアイドリングが下がり過ぎて不安定になることがあるとのことで
オーナーさんと相談した結果、
イグニッションコイル、スパークプラグを新品交換です。
プラグはNGKプレミアムRXをセレクトしました。

交換後はアイドリングも少し上がって安定したので様子見です。



LLC(PG55-RC)交換に...。



そして
WAKO’S パワーエアコンプラス添加で完了ですね。



続きまして
プジョー307SWグリフ オブシディアンブラックの入庫です。
当社には初入庫の車両ですね。



E/gオイル&エレメントとATフルード交換です。



MOTULエンジンクリーンでフラッシング後に
E/gオイル(MOTUL H-TECK5W40)&エレメント交換。



そしてATF交換です。
走行距離約46,000kmですが、かなり鉄粉が混じって汚れていますね。



新しく使用するATフルードは
ASH VFS ATFです。



テスターでATF油温を管理してレベル調整。
オイル劣化カウンターもリセットします。



そしてオーダー頂いていた
ワコーズ パワーエアコンプラスの添加で完了ですね。



こちらの
プジョー206CC アルミナムグレーは
トランクリッドの塗装が剥げてしまったので板金塗装と
ハイマウントストップランプ類交換での入庫です。



トランクリッドモール板金塗装に...。



ライセンスランプ左のツメが欠けているのと
ハイマウントもバルブ切れと防水のガスケットが劣化しているので
新品交換です。



新品のライセンスランプとハイマウントストップランプを取付。
点灯確認をして完了ですね。


まだフォトがあるので次のブログにつづく...。


[majiblue blog-1 2014/5/26]


「プジョー207GTi フロントハブベアリング交換とかプジョー206 Tベルト交換やプジョー207GT PPT取付とかです。」 2014年05月20日(火)
プジョー専門ショップ「MajiBlue」です。
今週の作業Blogのつづきですね。



こちらの
プジョー207GTi ビアンカホワイトは
右フロント異音修理での入庫です。



異音の原因はハブベアリングですね。
ゴロゴロいっています。



ナックルごと取外して...。
(ロワアームのボールジョイントが錆で喰っていて、外すのに苦労しました。



プレスでハブとベアリングを外します。



そして
新品のベアリングを圧入ですね。



補器類も取り付けてテスト走行。
異音は出なくなりました。



続きまして
プジョー206シエロ エーゲブルーです。



タイミングベルト類交換での入庫ですね。



Tベルト、テンショナー、アイドルプーリー、
ウォーターポンプ&ガスケット新品交換。



LLCはPG55−RCを使用しました。
エア抜きとテスト走行をして完了ですね。
右フォトは取外したTベルト関係のパーツ類です。



↑のプジョー307Xsi チャイナブルーは
ミッションオイル交換とパワーエアコンPLUS添加での入庫ですね。



M/Tオイルを抜いて...。



ASH PSE GEARミッションオイルを充填。
ワコーズ パワーエアコンプラスも添加して完了です。



続いて
プジョー307SW ルナーミストの
フロントディスクローター&ブレーキパッド交換と
WAKOSパワーエアコンプラス添加での入庫ですね。



ワコーズ パワーエアコンPLUSを添加。



ブレーキパッドも薄くなっているのですが
ローターも磨耗しているのでバックプレートと接触寸前です。



Fブレーキディスクローター(DIXCEL PD)、
Fブレーキパッド(DIXCEL Mタイプ)に新品交換で完了ですね。



↑のプジョー207GT ビアンカホワイトは当社の車両ですが
5PINタイプのPPT(プラグイン・パワー・スロットル)が入荷したので
テストを兼ねて取り付けです。



テスト走行したフィーリングは
確かにアクセルを踏み込んだ際のスロットルの反応が早く
レスポンスがアップしたように感じますね。
明らかにわかるのは「スポーツPLUS」モードでしょうか。
運転していて楽しくなりますね。

「エコ」「スポーツ」「スポーツPLUS」モードと各7段階に強弱を設定出来るので
しばらくモニターしてみたいと思います。

あとは
プジョー106の新品タイヤ交換や206、207、307の
エンジンオイル&エレメント交換などなど、たくさんのお客様のご利用、
まことにありがとうございます。

マジブルーでは他店でお求めになられた車両の
修理、車検整備、マイナーメンテも承りますので
気軽にお問い合わせくださいね。






「プジョー206 車検整備とかリアハブベアリング交換とかです。」 2014年05月19日(月)
こんにちは。
プジョー専門店「MajiBlue」マジブルー/栃木県宇都宮市です。

早速ですが
今週の作業フォトを撮影した車両ですね。



まずは
プジョー206スタイル エーゲブルーの
車検整備での入庫です。



24ヶ月点検整備に...。



左リアハブベアリングがダメになっていて
「ゴォー」と異音が出ているため、ハブベアリング交換。



左フォト:取外したベアリング
規定トルクでハブロックナットを締め付けて、回り止めを施します。



ブレーキフルード(ATE SL6)交換に。



アイドルステップモーター&スロットルバルブ清掃や...。



エアフィルター、ポーレンフィルターの交換などなどでした。



続きまして
プジョー206XS チャイナブルーの
右フロント足廻り修理での入庫です。
当社には初入庫の車両ですね。



誤って縁石に乗り上げてしまったようです。
大きな事故にならなくてよかったですね。



診てみたところ
ロワアームが上方にかなり曲がっています。
ドライブシャフトからも異音が出ていますね。



取外して他にも異常がないか点検です。



ロワアーム当社保有のUSED品(走行約28,000kmのモノ)、
ドライブシャフトは部品取車から移植することに。



ロワアーム、ドライブシャフト取付。



スタビライザーリンクロッドのブーツもリングが外れてしまっていました。
ボールジョイントは大丈夫そうなのでブーツを針金で留めなおしです。



タイヤもサイドワイヤーが切れてしまっているので
フロント2本を新品交換です。(ミシュラン エナジーセイバープラス)
ホイールも傷とかなりの力がかかったと思われるので
当社保有のUSED品に交換しました。



追加整備で
リアブレーキパッドが薄く、
バックプレートがローターに接触しそうなのでので新品交換。



ブレーキパッドはDIXCEL Pタイプを使用です。
面取りをして...。



リアブレーキパッド取付ですね。
あとはスロットルバルブ清掃やLLC補充と
サイドスリップを調整後にテスト走行、
問題が無いことを確認して完了です。
(本来であればアライメントも採りたいところでしょうか。)


まだフォトが残っているのですが、今日は時間が無いので
つづきは明日にでも更新しますね。




「プジョー206RC PPT取付とか...です。」 2014年05月12日(月)
プジョー専門ショップ「MajiBlue」マジブルーです。
今週の作業ブログのつづきですね。



こちらの
プジョー206CC エーゲブルーは
HID右側不点灯と右フォグライトのレンズ破損修理でのご来店です。
当店には初入庫の車両ですね。



HID不点灯の原因はバラストとバーナー両方の故障でした。
オーナーさんと相談したところ、通常のハロゲンバルブに戻したいとのことで
HIDキットを取外して、ハロゲンバルブに交換です。



フォグレンズAssyは当社の部品取車から取外して移植です。



点灯確認をして完了ですね。



続きまして
プジョー206RC エーゲブルーの
エンジンオイル&エレメント、ミッションオイル交換でのご来店です。



E/gオイルはエステルなASH FS 5W40を使用。



そして、
M/Tオイル交換です。



M/Tオイルは
ASH PSE GEAR 75W90 (2.2L)使用で完了ですね。



続いて、また別な
プジョー206RC エーゲブルーのPPT取付でのご来店です。



↑がPPT(プラグイン・パワー・スロットル)ですね。
スロットル開度を3つの走行モード(Sport、SportPlus、Eco)で選択可能(OFFも可能)。
しかも各モードそれぞれ7段階の調整が可能なんです。



アクセルペダルのカプラーに挟み込むだけの簡単取付ですね。
試乗したフィーリングは確かにアクセルレスポンスが良くなりますね。
好みのモードとレベルを探すといい感じです。



↑のプジョー207GT ビアンカホワイトは
エンジンオイル&エレメント、パワーエアコンプラス添加でのご来店ですね。




E/gオイルはASH FS 5W30を使用。




PAC−P添加で完了です。




あとは
プジョーRCZや206、207、307などのE/gオイル&エレメント交換や
206CCのリアテール接触不良修理などなど
たくさんのお客様のご来店、誠にありがとうございます。


majiblueでは
他社で購入された車両の車検整備や修理、チューニングも承りますので
気軽にお問い合わせくださいね。



[majiblue blog-2 2014/5/12]



「プジョー206・206CC セルモーター交換とかプジョー308 ATソレノイドバルブ交換とか...です。」 2014年05月12日(月)
こんにちは。
プジョー専門店「MajiBlue」栃木県/宇都宮市です。

G/W明けは7日から営業でした。
ということで
G/W前後の作業フォトを撮影した車両ですね。



まずは
G/W直前にE/g始動不能で入庫した
プジョー206CC エーゲブルーです。



原因はセルモーターですね。
Valeo製OEM新品のセルモーターに交換です。



新品のスターターに交換で完了ですね。



こちらの
プジョー206グリフ モンテベロブルーも
G/W直前にE/g始動不能で入庫してきました。



原因は同じくセルモーターです。
急に暖かくなったからでしょうか。
季節の変わり目に故障することが多いですよね。



Valeo製OEM新品のセルモーターに交換です。



セルも交換したので安心と思いきや
2日後に今度はE/gが噴けないとのことで再入庫しました。
症状からイグニッションコイルの故障なので
新品交換で完了です。



続きまして
プジョー308SWプレミアム モンテベロブルーの
「Gearbox faulty」のフォルト発生と
ボディガラスコーティング施行での入庫ですね。



テスターでチェックしたところ
ギアボックスフォルトのエラーはソレノイドバルブが不調のようです。



ソレノイドバルブ(エレクトロバルブ)を取外して...。



新品のソレノイドバルブを取付です。



ATフルードはエステルなASH FS ATFを使用。



テスターで油温管理をしてATFレベル調整、
オイル劣化カウンター修正です。



↑は取外した際のオイルパンに付くマグネットと
取外したソレノイドバルブ類ですね。
マグネットには大量の鉄粉が付着していました。



そして、ボディを磨いた後に
「グラスフィニッシュプレミアムMe」ボディガラスコーティングを施行して完了ですね。
このコーティングは艶がやはりいいです。



続いて
プジョー206CC アルミナムグレーの
ATフルード交換でのご来店ですね。
東京都からのオーナーさんで当社へは初入庫です。



まずは
ATフルードの交換です。



使用するのは定評のある
ASH VFS ATFですね。



テスターにて油温を確認して油量調整、
オイル劣化カウンターをリセットします。



追加で
WAKOS パワーエアコンプラスの充填もオーダー頂きました。
当社では「パワーエアコンPLUS」を充填作業料込3,500円(税別)で施行していますので
気軽にお問い合わせくださいね。


まだフォトがあるので次のブログに続きます。

[majiblue blog-1 2014/5/12]