2010-12-11(土)

     いろいろな事があったら・・・またここに来よう!

           伊豆半島 奥石廊崎 「ユウスゲの丘」

 
« ブロガー関係 | Main
プロフィール


2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
皆様からの温かな声
もりもり
いまココ (11/28)
ばう
いまココ (12/31)
RHP
いまココ (12/31)
ばう
いまココ (12/31)
中年ライダー
いまココ (12/31)
ヤマハ乗りのスズキ
いまココ (12/31)
MATSU
いまココ (12/31)
近頃の様子

http://blog.goo-net.com/masa1951/index1_0.rdf

Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
52.6km/L !! 2010年11月01日(月)
えぇ、もちろん125の燃費であります(^^)v

この回は、「スズキさん&ホニホニさん」をお迎えに秩父を越え、山梨県は広瀬ダムへと

アクセルを煽って山道を登っては下った走行が含まれています。

暑かった夏も、急に冷え込んできた今も燃費に差がないのは凄い事です


感じとしては・・・・500km走り終えた辺りでも、燃料系の針は1/3〜1/4残り表示でした。

200km前後まではメータは振りきれており、それを境に少しづつ燃料系の「F」付近に

近づいてきて、400kmではほぼメーターは真ん中

本当に助かります。(けっこう楽しく走っているのに、この高燃費は不思議です(^^ゞ・・・)





で、久しぶりにTDMにもガソリンを飲ませましたら・・・・・・

21.7km/Lでした。

一体どこへ行って走った277kmなのか思い出せないほど・・・・しばらく乗ってませんでした。

久しぶりに乗ってアクセルを125cc感覚で捻って、出足の良さに驚きまして一瞬体の

バランスが狂いました(~_~;) 

あらためて900ccの力を実感しました。



さて?明日はYBRで仕事に行くか?

それともTDMで行くか悩んでいます。・・・・贅沢な悩みでスミマセン・・



タイヤって、ボルトで・・・ 2010年08月01日(日)
取り付けるんでしたっけ?

はい・・・・YBRの初めてのパンクでございます。



こんなのが刺さっていたわけです。 しかもど真ん中!!




在庫1個だけになったデイトナ製のパンク修理キット(チューブレス用)の"鉄砲玉ゴム”を

差し込んだ・・・・までは良かったんですが・・・・ひゅるん!! ん??


あれ?? 全部中に入っちゃった・・・・


試しに空気を入れてみると・・・シューーーー・・・・・・。


突っ込みすぎました・・・それにしてもチューブの厚さ「薄っ!!」






さて、買いに行く時間は無し! 

どうすっか・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?・・・・・

頭の中『刺さったまんまの時は、空気は抜けなかったんだから・・・・・・

    今度は頭の平らなネジに接着剤を着けて差し込んだら。。。どうよ!』


ということで、今度会に行くまでこれで我慢しましょう!




いいのか?これで。

ボルトだと走る度に「カタコン パタコン!いうけど、これなら多分音はしないと思う。」

いやそういう問題じゃなくて(^_-)-☆




「低燃費っぴっぴ!♪」 2010年07月23日(金)
もう直ぐ1000km走行。

いよいよ馴らし運転も終了です。 

少し早いのですが、ショップに寄って初回オイル交換をしてもらいました。(約束通り只!

チェーンの張り調整、空気圧の補充もやってもらいました。



「具合どう?」と聞かれたので、「細かい事では幾つかあるけど、基本走る事には大満足!」

と答えました。 初めて売るバイクなので、気にはなっていたようです。


で・・・・帰りにスタンドに寄ってガソリンを入れてみました。

走行距離 : 350.0km

ガソリン補給量 : 6.74L

燃費計算 : 350/6.74=51.92km/L  ほぼ・・・・52km/L!


けっこう回したり、急いだりしたのに燃費が50kを越えるとなると、意識して定速走行

したらどこまで伸びるんでしょう?


ほぼ1000km走って来たとして・・・・1000km/50km/Lとすると・・・

買ってから今までに要したガソリンが20リットル。

ガソリンを数えるくらいしか入れた記憶が無かったのは、この燃費にあったようです。

12Lほど入るタンクなので、2回入れるだけで1000km先へ行ける・・・これは凄い!


毎回の通勤で50km走るのは・・・もしかしてツーリングモードなの?

何だかまたまた忙しくなり、土日も仕事の様です。

果たして来週の土曜日はどうなるのでしょう??


何でもない平日に、YBRでこっそりとどこかに行けるかどうか?

それすら読めない状況です。 (まぁ前向きに考えます! 「チャリーーーン♪」



YBR125のインプレッション! 2010年07月06日(火)
もう少しで600kmというところまで来ました。(早い?遅い?)

本来の使用目的(通勤)の何倍も 山道に使っちゃっている気が・・・(^^ゞ

今日初めて正確に燃費計算が出来たのを機会に、このバイクのインプレをば!

*****************************************************************

気に入っている点

◎エンジンの調子がすこぶる良い!{力こぶ}  これはまず、バイクの『』。

◎車体が大きい割に、重量が117kgと軽くて取り扱いが楽々♪ 「これは気持ちの上でも楽」

◎何といっても高燃費!{OK} (今日の記録; 281km÷6.04L= 46.5km/L

 独り言「えっ!あんなにやんちゃして、あんなにブン回したのに!!」

    「これならツーリングで50km/Lも夢じゃないかも!


◎使っているネジの多くが、どこででも手に入る(Mネジ:メートルネジ)6角ボルト。

 これは錆びた時にステンレスにも簡単に交換できますし、メガネレンチやボックスで
 締めたり緩めたりが容易。 (私は物置組み立て時に付属してきたT型ボックス愛用。)
 ネジが特殊だと、どうしてもメンテも敬遠しがちですし・・・・(ただの無精?

◎サイドカバーのフックが丈夫なので助かる。(片側を差し込んでからフックで固定するタイプ)

 XJR1200の時のサイドカバーは、形状の大きさの割に貧弱で、すぐに折れました
 YBRの場合、それにネジ留めで完璧に取り付けますので尚結構♪
 たぶんXJRのカバーもYBR同様ABS樹脂なのだろうが、形状が違ったのかなぁ・・。


*********************************************************

気になる点

◆致命的な点は全くありません。 

でも、私は商売しているわけではないので、ここは「オーナーとしての正直な言葉」を。


■やはりメッキの仕上がりですねぇ。

 何回かの雨、洗車、そして発熱の繰り返しで、マフラーのカバーを留めている部分から
 錆びが発生し始めました。
 よ〜く見てみたら・・・・留めネジのワッシャが、平ワッシャやスプリングワッシャではなく、
 細い鉄線を上手に編み上げて作った、3mm厚さ程の「スプリング兼 断熱?」部品から
 錆びが出始めて、メッキのカバーにも錆びが移動したようでした。
 すぐにブラシでこすり、錆び防止を塗布。


■メインスタンドの取り付け位置(重心)が後ろ過ぎるのか?車重の割に重くて苦労する。

普段の停車には、がっちりしたサイドスタンドを使えば何の問題も無いが、
かよわいのオーナーが、チェーンのメンテやリアタイヤの洗車などの際には
一苦労するかも。 「私もか弱いのか? 」 


■これは「欠点」とは違いますが・・・価格的に妥協せざるを得ないけれど・・・やがて替えたい点。

 * ゴムのブレーキホースなので、フロントブレーキを使うたびに「ぷっくん!」とホースが
  動きます。(決して膨らむわけじゃないですよ せっかくの圧が勿体なくて。
  でも、特に「ブレーキが効きにくい・・」といった感じはしません。

 * 国産の大型に乗っていたためか、フロントブレーキングでもストップランプが点いて
  欲しい
なぁ。(機械式SWだと水が怖いので、光電式の物を工作しちゃおうかなぁ
♪)

↑ ↑ ↑

追記: 私の勘違いで、ちゃーーーんと働いていました。(後ろの車に映して分かった!)


 などと、好き勝手にインプレッション書いてみました。

YBR(アジサイ号:勝手に命名!)は、自宅だと屋根付きなのに・・・勤務先は大木の下の
自転車置き場です。屋根はもちろんありません。
明日の朝まで私をじっと待っています。(鎖に繋がれて:ワイヤーロックで鉄骨に!)

なんだか健気で愛らしいバイクです。


ばう@当直勤務中(^^ゞ
 




やっと出来た♪ 2010年07月03日(土)
明るい「ポジションランプ」機能が出来ました(^^ゞ  「ふぅ( ^^) _旦~~」

改造前・・・


そして改造後・・・


ソケットの改造・・・・シングル球からダブル球への変更・・・・そして回路の製作・・・

配線の引き回し改造・・・ネイキッドなので、引き回しは比較的楽でした。

前の方からバイクの中心部までの電線は、やはり一まとめになっている多芯ケーブルが
すっきりします。

そこで・・・不要ケーブルの袋を探したら・・・・(^^)v ありました! LANケーブルです

0.2SQ程度のツイステッドペア線が8本入っています。

これを使えば、前の方にある電源スイッチの為に電線を二本持って行く必要が無し(^^)v

おかげですっきりと出来上がりました。


写真右側に、ポジション回路が収まっています。

秘密では無いのですが、お見せするほど美しくないので・・・(^_^;)


機能としては・・・・ウインカースイッチが入らない限り、左右の5Wの電球フィラメントが

点き続けます。 でも、ひとたびウインカースイッチが入ると、両方点いていた電球は消え、

ウインカーのフィラメント(10W側)だけが点滅します。

ウインカー動作からポジション動作までに掛かる時間は、手持ち部品の関係上2秒くらいに

しました。

やはり電球の方が光の拡散範囲が広くて自然です。


ん?もしかしてTDMも同じ構造かな?(悪巧み


雨の中を峠へ(U) 2010年06月27日(日)
忘れない内にまとめちゃいます。(連投

「石間峠」を下りていくと登り道よりも舗装もガードもきれいな事が分かります。


でも、雨の梅雨時の季節の山道は観光的には花も景色も楽しめないためか・・・
全く車ともバイクとも、自転車とも会いません。
「この道はどこへ出るのかなぁ・・・・」と、うろ覚えの地図の記憶を辿ろうとしていたら・・・・

 「な!何か大きな物が動いています!!」 「熊??!!」


いや違うようです!

私と数メートルだけしか離れていないガードレールの内側を、一緒に並走しています!!
ガードレールが切れた場所でようやく林の中へ飛び込んで行った生き物は・・・・
「カモシカ」 君でした!

正面衝突しないように?ホーンを鳴らしながらカーブを曲がり続けました。
蛇が道の真ん中でトグロを巻いていたり・・・なんとまぁ自然豊かなのでしょう

はて?こんな道だったっけ? どっち行こうかなぁ?


「峠」の一文字で左折に決定!(^o^)/

延々と林道が続きます。 遠景は全く見えません。
車が通っていない証拠として・・・・道の全域に草が生えていたり・・・路肩から「イタドリ」が
1m以上も張り出して生えているのに、葉が全然「打ちしだかれ」ていません。
まずはこの分岐点に出ました。


「峠」の一文字で・・ここは右折です(^^ゞ

やはり延々と同じ感じの道が続きます。 しかしまぁ誰も来ないなぁ・・・。
お!隧道が!

たまにこういう場所があると気持ちの上でのアクセントになります♪

YBRにすっかり慣れちゃいました(^o^)/
時々先の段差をわざと吹かして軽くジャンプするのも楽しい♪
コーナー手前や抜けた直前の鉄の板はスリップがきつく怖いですが
それ以外の道は実に早く切り替えせました。
空冷なのに熱い熱気が上に来る事も無く、放熱性はいいようです。
熱ダレの感覚も全く無く、安定したエンジンフィーリング♪

大分走ったなぁ・・・と思い始めた頃にやっと「土坂峠」のトンネル手前に出ました!!


すっかり林道が気に入っちゃった私。
普通の?道路では何だか「つまらない」と感じています

そんな訳で・・・小鹿野から両神へ、そしてR140に出てから芦ヶ久保へ行き、
正丸トンネルを抜けて直ぐに左折して「奥武蔵GL]へ出、苅場坂峠に出てからは
飯盛峠まで雲の中を走り、そこからは越生に向けて林道を下りました。
途中の数百メートルのダートも楽しくて、ついつい速度が(^^ゞ

昼からの下道で、180kmはしっちゃいました(^^ゞ
トリップメーターも今回は真面目にカウントしてくれました。
総合で300km越えましたので、大分馴らしも進みました。
(今回の林道で7000rpmまで上げちゃったけど(^_^;)

軽快で、足回りがソフトでダートが楽しいYBR!
通勤用にだけ使うには勿体無い?

ホムセン合羽+新しい長靴= 雨が楽しくて仕方ありません!(^^)v「特に林道が!」

おしまい


雨の中を峠へ! 2010年06月27日(日)
昼近くからの出発です。
YBR125を峠に連れて行ってに峠に連れて行ってもらいました(^^ゞ

コースは、とにかく皆野町へ抜けて一部群馬県に入ってまた埼玉へ・・の林道コース(^^)v


「天空のポピー畑」の脇を通って皆野へ下ります。
メインの花畑はすっかり結実し、枯れ掛かっていましたが道脇の遅咲きのポピーは満開♪


種を少しだけポケットに頂きました(^_^;) すっごく小さい種なんですねぇ!!

YBRのエンジンブレーキを掛け、アクセルは閉じていても6000rpmにもなってしまう程の急坂!
馴らしはまだまだ続くんだけどなぁ(^_^;)・・ま、いっかぁ!

一気に皆野町へ入り 『秩父華厳の滝』に向かいます。
規模は小さいのですが、姿はとてもいいらしいです(ネット調査によると) さてどうかな??
着きました(^o^)/ 「ふむふむ」


駐車場(ダート)からは道を渡って70mほどですが・・・道から見える様な場所ではありませんでした。
距離は短いのですが・・・こんな急坂を登ります。


そして左に入る小道を少し歩くと滝があります。(その小道が問題 保護柵も綱も無い!)
幅が30cm(最も狭い場所で)しかない道の真下は・・・岩場です


でも滝を見るとその怖さなんて吹っ飛びます!(^o^)/




この季節に限らず、水量にあまり変化が無いのだそうです。
音が聞こえそうですね。 そしてこの滝には特色があります。
岩地が「赤い」のです。 決して鉄分が多くて錆びている訳ではなく、そういう岩の様です。


かつては訪ねる人も多く、休憩ができる施設も賑わっていたのでしょう・・・・でも、今は
ひっそりと店は閉じられ、朽ち果てている個所もありました。


さて、雨はひっきりなしに降っていますが日野沢(天空の村?)へと登っていきまして
TDMと同じ場所で撮ってあげました。
遠い山並みは見えますが・・・風防の水滴で分かるようにかなり降っています。(^_^;)


「天空の楽校」←こういう看板が出ていました。(立沢分校:現在は山の家になっている。)
このバス停を下ると・・・・今日のメインテーマロードが始まります!



そうです!今日は「城峯山」に気持ちが惹かれ、林道の下調べも無くYBRにとっては
「初林道体験」です。
道はさほど悪くなさそうですねぇ。(R299の方が凄い


主に杉が中心の、比較的陽が良く入るように手入れされた山の中でした。
だーーーーーれも下りて来ず・・・だーーーーれも登ってこない道です。
「ん?人の気配!」
数人の自転車組が下ってきました♪・・・・それっきりこの先の林道で誰にも会いませんでした。

道が明るいのと、YBRの足の良さのおかげか・・・気持ちよく登れてキャンプ場に着きました。
この場所はメインの林道から反れるので、ダートになりますが、YBRのサスの柔らかさと
タイヤのパターンの為か全然ハンドルを取られる事も、スリップする事も無く快適でした♪

やはり・・・だーーーーーーれも居ません。


ココからすぐ先の峠を目指します。
でも、その前に・・・絶景ポイントがありました。
「キャンプ場」との分岐点と、「石間峠」との中間点辺りですねぇ。
雨の天気でしたが、秩父の山々が良く見えました。


休み場もありましたので、出てくる前に自分で作ってきた弁当を頂きます
絶景と鳥の声と・・・・それだけでも十分に美味しい♪
薬味に「シシウド」の葉をかじって更に「外食い」の美味さが増しました(^^)v




「石間峠」には大きなトイレ施設も有り、広い峠になっていました。
この先の道については頭の中に何も入っておらず・・・・成り行きに任せましょう(^^)v

後編へ続く


雨の中の家路(夜勤明け) 2010年06月23日(水)
今日が二回目の当直(夜勤)でした。

先回は一睡も出来なかったので「また・・今夜も眠れないのか?」と

不安な想いを抱きながら・・・・結果:うとうとと3時間+夢見ての 2時間熟睡(^^)v

職場を離れるのが午前8時30分以降・・・・・シッカリ!降ってます雨が本降りの中の夜勤明けです。

思えばYBRにとっては今回が初めての出勤+雨の駐車場での待機、そして走行です。


電装系への不安がありますが・・・・チョーク開けて・・・セルいっぱーーーーつ!! 

タイヤのグリップも良く、エンジンも電装系もなんとも無いので一安心です♪


帰宅後少し寝ようと思ったのですが、何だか頭だけが冴えて眠れない(>_<)


しゃぁないなぁ・・・  バイクでも弄るかなぁ(^^♪

(=^・^=)「おー!そうしよう!」


ということで、洗車後、YBRをマナ板に乗せて料理です(^o^)/

「お、意外にスッキリ


今日は後ろと前を弄りましょう!・・・・工事中・・・・・


そしてこうなりました。(手持ちの材料だけでゼロ円(^^)v)


雨の走行でまともに雨粒を顔で受ける不快感(>_<)・・アドレスから風防も流用します。

YBRの顔を見ながら、どこか良い取り付け方法が無いかを思案し、手持ちの金具を

どう使えば「ゼロ円」出来るかを考えます・・・・・・・

というわけで・・・・とりあえずこんなもので我慢。
(その内カッコ良いの作ってあげるからね(^_-)-☆)


何となく出来ました(^o^)/


ついでにタンクのグリップゴムも貼っちゃいましょう!(廃物利用)
そして、初めての赤と青のツーショット!


さぁ、次はお楽しみの(結構メンドイ(^_^;) ウインカーのシングル球→ダブル球への改造と

ポジションランプ、そしてこのバイクには無い機能(ハザード)も付けるぞー!


(=^・^=)「手貸そうか?」





●国品質?(YBR125) 2010年06月22日(火)
始動性はバッチリです(^^)v

1秒以下のスタータースイッチ「オン!」でも一発始動です 

乗り心地も良く、快適そのものです。


が・・・・70kmほど走って幾つか気になる点が出てきました。
(といっても、保証も修理も別にしたくなく、むしろ楽しんでます♪

それは・・・・「トリップメーター」です。(写真無し(^^ゞ・・)

◆4Kmを指示した辺りから・・・10の位、100の位の数字も一緒に動いちゃう
 
  *RESETする時にぐるぐる回す時って、一旦数字が全部揃って「00000」にしますね?
   丁度そんな感じで一緒に回っちゃうんです。

 「さすが!●国品質!! 」・・・・・そこで、「ばう式修理方法」開始です(^o^)/

 ・・・・何度も何度もRESET方向へ回します。(多分樹脂の繊維や欠片が・・・)
        20回ほどやった後で試走行です。

      ・・・・4km・・・・・・15km・・・・・「お!♪」



◆メーター周りには方向指示モニターランプ、ニュートラルランプがりますが・・・・・

  日中は全く認識できません

  これは近いうちに明るいLEDに換えちゃいましょう!


◆サイドスタンドの角度が凄すぎます!!(倒れるんじゃないかと(^_^;)

  下り坂側には下ろせません。倒れます・・多分。

  でも、考えました 元々は大陸仕様なので、きっと凸凹道に停める事を
  前提にしているのでしょう! その証拠に、バイクの車格以上の頑丈で
  幅の広い接地面積があるんです。

  板を噛めばバッチリ対策出来ます(^^)v


 さぁ!今日がYBRでの初出勤ですヽ(^o^)丿

 


さっそく「朝練!」 2010年06月20日(日)
早く目が覚めちゃいまして(^^ゞ

馴らしと「涼しさ味わいたい!」を動機として、エンジンスタートです(^^)v

極力希薄ガソリンにして走らせている様で(ハイオクの方がいいかな?)、夏でも

最初はチョークレバーを引いてください! とのお店の人の指示に従いましたら・・・

一発始動!

交通量の多い道だとどうしてもエンジンを回さないといけない場面が出てくるので、

なるべく車の来ない田んぼ道を走ります。(それにしても田舎だよなぁ・・好きだけど♪)


(反射鏡が光っているのは、余りにも薄暗い天気なのでフラッシュ焚いてました。)

ところで・・・・・このバイクのシフトレバー見ていただけます?


前のゴム巻きレバーはともかく、昔の「ロータリー式ギヤ」みたいに見えますよね?
何のために後ろにもあると思います?

答は・・・通勤時に革靴の上部分がシフトの度に凹んだり傷ついたりしない様、踵で

踏んでシフトアップするためだそうです。(なるほど


で・・・停まる度に何だかゴムやらプラスチックが溶ける臭いがします。

最初はこんなもん?と思いはするものの・・・・やはり変! そこで気になったのが・・・


フィンの要所要所に黒いゴムが挟んであるんです。(見ているこちの側だけに・・)

何か意味でもあるのかなぁ・・・と少しめくってみても、中には綺麗なフィンがあるだけで

何かの穴を隠しているようなものでもないようです。

そこで、思いっきり取っちゃいました。(多分店が外し忘れたのでしょう!)傷防止だったのか?


そうそう!このバイクの特徴として・・・ウインカースイッチが便利になってます!


見たところ、何の変哲も無い安っぽい?スイッチ・・・・・実は!「ワンプッシュ・CLEAR!」

なのです。(押せば一気に左右どちらに点けていたものでも、ウインカーを消せます!)

左から勢い余って右を点灯させちゃうミスが無くなりますね♪


朝練のコースはついつい山方面へ行っちゃいますね(^^ゞ

こんな場所に来てみたり・・・・ (鎌北湖)


猫一さん御用達の梅干を売っている直売所を通ったりしました。


健康主義?の元気な人たちが、山道を大汗掻きながら走って登っていました。

朝早い運動ってのも気持ちがいいですからねぇ(^^)v


シングル音もなかなか味わいがあっていいです♪

見た目だけなのか判断つきませんが、ハンドルのバランサーが効いているのか

全くミラーのブレがありません。


昨日取り付けたボックスもバッチリの様子です。

何か青いテープでケースのカスタムしないと浮いちゃいますね(シルバーが)


恐るべし原U!! しばらくはこのバイクだけになりそうな予感?






| 次へ