このブログは、管理人もじゃが、
バイクについて好き勝手に語る場所です。
不快な事を書くかもしれませんが、
そんな時は大目に見てね。

 
« 車でお出かけ | Main | ツーレポ »
 
アバター
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
もじゃ
お久しぶりです (12/31)
kei3
お久しぶりです (12/30)
ばう
お久しぶりです (12/30)
もじゃ
お久しぶりです (12/30)
のぶ
お久しぶりです (12/29)
ヤマハ乗りのスズキ
お久しぶりです (12/29)
tkj
お久しぶりです (12/29)
suya
お久しぶりです (12/29)
今ここ 2009年05月11日(月)
まだガラガラです。


今ここ 2009年05月03日(日)
これから歌舞伎を見ます。


もじゃスカイウォーカー 2009年01月25日(日)
天気の良い日曜日。
今日は珍しく電車で出掛けました。
行き先は、首都高スカイウォークin晴海
開通前の出来立ての高速道路を歩いてみようって奴です。
開通しちゃうと歩行者は入れないので、貴重な体験です。

しかし、朝ノンビリしすぎて出発が遅くなりました。
急いで駅までの道を歩いていると…
ミューンと聞きなれた本田のエンジン音。
横を赤黒ツートンのホーネットが通り過ぎて行きました。
赤いジャケットに赤いメット。
あれってgingetuさんかな?
黄色いフェラーリに追われてたけど…

地下鉄を乗り継ぎ、ゆりかもめに乗って
新豊洲駅に着いたのが2時過ぎ…。
入場受付が2時半までなのでギリギリでした

しかし、意外と人が多かったですね。
天気が良かったからかな?

開発が進む豊洲周辺ですが、まだまだ様変わりしそうです。

受付を通り、さっそく高速の出口から歩いて登ります。

出来ればお世話になりたくない物、その1、非常口。
410メートルも走れと?出口の方が近い気が…

出来ればお世話になりたくない物、その2、非常電話。
出口までの1車線部分なので路側帯が無く怖いですね。

出来ればお世話になりたくない物、その3、警察さん。
RX−8のパトカーは後ろ狭そう…。

こんな所に合法的に立てるのも今日だけです

なんと午前中にココで挙式を上げた人がいたとか。
この絵は黒板にチョークで描いた物らしいです。
晴れて良かったですね〜。

下へ降りる非常口へ通じる通路から、隣の路線へ移動。

2月15日に開通です。
新しくどこかに通じているのでは無く、
高速の出口が新しくできた感じです。
正直、必要性は微妙かと。

ただ、東京オリンピックを視野に入れて
豊洲を活性化させる必要があるんでしょうね〜。

遠くに水門が見えます。非常口は入り口へ?

両方ともETCゲートです。
いずれ無人化するのを見越してかな?

なぜかGTRもありました。

もちろん乗るでしょ

後半はエコやら東京オリンピックの宣伝が多かったですが
景色も良くて楽しめました。

ららぽーとで食事をして、買い物をして帰りました。
夕日に富士山のシルエットが見えました。


トンネル散歩 2007年12月10日(月)
猫一さんやまださんのブログでもすでに報告があるように
日曜日は、噂のトンネルウォークに行ってきました。
今回は縁蔵を置いて、カミさんと二人です。

場所が中野坂上なので、大江戸線で行きます。
せっかくなので、都営地下鉄の乗り放題券を買い築地で昼飯

日曜日で、休みの店が多いですが、料理屋はやっていました。

海鮮ひつまぶしと、贅沢海鮮丼を食べました。
久しぶりに本物のトロを食べた気が…

美味しかったけど、贅沢してしまった…


さて、その後、中野坂上で降り、トンネルへ。
猫一さんから既に到着し、入っているとメールが。
時間前なのに流石です
場所は、係りの人がソコらに居て教えてくれました。
というか、誰でも入れる感じでしたね。

↓入り口です。さっそく開通したら立てない場所で記念撮影。

電光掲示板は、今回のイベント用かな?
写真だと暗いですが、実際は結構明るいです。

高速道路を歩くなんて、初めてなので堪能します。
時速60キロ制限なので、思ったよりも道幅は狭いですね。
8車線くらいの道路をガーっと歩けるかと思ってた…

ウロウロしていると、猫一さん夫婦と遭遇!
やまださんも一緒でした。
奥まで行きUターンしてきた様です。

とりあえず、ウチらも奥まで行きたいので、しばしお別れ。
↓で、一番奥の写真ポイント。

↓実際に使用できる状態の消化装置。泡が出るそうです。

避難経路や緊急電話など、設備は最新です。
もちろんオービスも…。

緊急車両の展示もありました。
係の人が随所に居て説明してくれますが、話し始めると長いです

そこにバイクがあれば跨ります

パトカーも展示です。覆面も置いて欲しかった…

そこにバイクがあれば跨ります

そこに人形があれば並びます

ETCについて係の人に聞いたのですが
バイクは、ETCが無いと来年10月から
首都高の料金が1200円になりそうです。
全部ETCになる訳ではないので、
ETC装置が無くても、高速には乗れます。
俺にとっては、実質500円の値上がり?


猫一さん夫婦を狙う、やまださん。
やまださんは、随所で色々な物を狙っていましたね。

出口へ向かい、トンネルウォーク終了。

かなりの勾配を上り、地上に出てきました。
楽しい経験ができました。


猫一さんの案内で、オペラシティのバーで休憩。
↓中庭には、こんなオブジェが。

前日の忘年会に続き、ギネスビールを飲みました。
猫一さんの奥さんは、猫一さん同様に
細かい気遣いをしてくれる優しい女性でした。

バーを後にし、猫一さん夫婦とココでお別れします。

やまださんが新宿まで歩くと言うので、一緒についてきました。
目の前に見える都庁に無料の展望台があると言うので、
折角なので登ってみる事に

ちょうど日が暮れてきて綺麗な夜景が見えました

無料でこんな展望台があるとは、知りませんでした。
北と南の展望台があるのですが、とりあえず北に。
次は南と思ったのですが、南の方が先に終わってしまい、
両方は登れませんでした。

やまださんとは家も近いので、帰りの電車も一緒です
まぁ、距離は近くても、千葉と東京という
越えられない壁はありますが…

それはさて置き、やまださんのおかげで、最後まで楽しめました。
ありがとうございました。





家に帰ると、縁蔵が少しスネていました…。


土曜日の事 2007年12月09日(日)
真冬に備えるべく、新装備を買いました。
インナーの上下です。
風邪じゃないのに発熱ですよ!?

まだ使っていないので、発熱性能は不明。
今後報告します。多分。


夕方から忘年会なので、昼に長めの縁蔵の散歩。
行徳橋を渡って、途中トライアンフのディーラーを覗いて
思わず契約してしまいそうになったり…

↓途中で咥えたクリニカ。歯は大事です。

橋の途中で、カモメの大群が…

結局、ダラダラと3時間以上歩いてしまいました。


歩き疲れた所で、忘年会に参加。
なんと集合場所は若者の町、原宿。

時間よりも早く着いてしまったのですが、
全員が時間よりも早く到着したので、
そんなに待ちませんでした。

で、生ギネスで乾杯。
初めて飲んだのですが、飲みやすく美味しいですね。

料理も美味しい。

個室で楽しく、バイクや車の話しで盛り上がりました。

なんか、忘年会って感じじゃなかったですね。
楽しかったので、ただのオフ会っぽかったです。

俺が最年少だったのですが、皆さん少年の様に楽しそうに
話しているので、年齢を感じさせないですね。
また楽しく飲みたいもんです。

早くも新年会に期待!


モーターショーの車 2007年11月20日(火)
かなり今さらですが、出し切っておきます。
モーターショーでの4輪画像を適当に。

アルファロメオのクーペ。
ロングノーズでカッコ良い。
ライトの中にライトありすぎ(?)なのが残念。


スズキの乗り物。人間こうやって歩かなくなるのでしょうか?
でも、車椅子生活をしている人には良いかも。
トヨタにも似たのがありましたが、
スズキのはフタがあるのが良いですね。


スズキのコンセプトカーKIZASHI
こんなホイール、怖くて横スリ抜けできません。
この車、かなりデカイのですが、目指している所が解らない…


ミツオカのオロチ。
かなり完成度が上がりましたね。
最初は、グロイと思いましたが、カッコ良くなりました。
見た目だけ凄そうで中身が実用的な車なので
日本人にはピッタリかも!


ポルシェは人気がありました。
そんなに速そうに見えない所が凄いですよね。
相変らずカッコ良いです。


マツダはガルウイングの車を何台か出していました。


ガルウイングというと、スーパーカーのイメージですが
横にスペースを必要としないので、
日本では実用的かもしれません。
重い扉の開け閉めがネックでしたが、
今は自動にもできるでしょうし、今後注目かも。


ボルボの昔の車。
こういうレトロなデザインが新鮮に感じたり…。
外見をこのまま今の中身で出せない物でしょうか?


ベンツもガルウイング。
相変らずのベンツらしいデザインです。


ホンダのぷよぷよした素材の車。
人を跳ねた時に怪我をさせにくいのかな?
それ以外にあんまりメリットを感じないです。
カビ生えそうだし…
実はコイツもガルウイングw


ホンダのハイブリットカーCR−Z。
CR−Xの流れでなかなかカッコ良いです。
デルソルは微妙でしたが、コイツは良いかも。


ミツビシの電気自動車
大胆なデザインで面白いです。
家庭用電源で充電できるとか…。
実用されれば面白いですね。
あと、女の子が可愛かったです


ランエボX。ついにXか〜。
なんか、もうカッコ良いのかどうか解らなくなってきました。
ナンバー位置は変だと思いますが…。


ロールスロイス。
相変わらずの気品と迫力。
高級車って感じがにじみ出ていますね。
政治家とかが乗っちゃうんでしょうか?


マセラティ。あんまり日本じゃ馴染みの無い車ですよね。
走っているのを見たことないです。


フェラーリのニューモデル?
この後ろからのデザインがカッコ良い。流石です。
赤以外もイイですね。


ランボルギーニ。
まさにスーパーカーです。
カウンタックは、消しゴムなら持っていましたw


トヨタのコンセプトカー。
なんだかんだ言って、スポーツカーを出さないんだよな〜トヨタは…。


レクサスのスポーツモデル。
正直レクサスの車なんて買えませんから!


スバルのインプレッサ。
前のグリルの方が個性的で好きでした。
メーカーのアイデンティティかと思いきや、変えちゃいましたね…。


以上、長々とバイクブログでスイマセンでした〜。


モーターショー:その他二輪 2007年11月15日(木)
今回は海外の二輪ブースをメインに紹介します。
これで東京モーターショー2007で
俺が見て来たバイクは全部ですね〜。


さて、ハーレーです。意外と地味な展示。

新モデルはどうなのでしょうか?
既にカスタムされてる様な感じのモデルですが…。



ドカティは、ブースもバイクも赤いですね〜。
1098は、攻撃的。

ムルティは、パニアケースが似合う。

コイツがV4のドカか?

最近、やっとムルティのライトがカッコ良く思えてきました。

唯一黒いのは、コイツだけ。渋いです。



大事に展示されていたのはテージ。

ガラスケースの中とはね〜。



これは、車の展示ですけどね。あえてこのバイクを置くとは…。


屋根付きは、便利だとは思うけど…。
スクーター以外で出ないかな〜。ツアラーモデルとかで。



トライアンフも、ちょっとだけ展示。
見たかったスプリントSTが無い…


スズキのブースでは、こんな感じの盛り上がりも…。
集まっていたのは、レースに興味の無い人ばかりですが…。



今回いろいろ見て周って、実際に跨ったりもして
一番、シックリ来たバイクがコイツ。

STX1300パンヨーロピアン。
GTRやFJRよりも地味ですが、
V4縦置きの個性に惹かれます。


モーターショー:カワサキ 2007年11月14日(水)
やってきました、漢カワサキ!
しかし意外にも、コンパニオンのお姉さんが
多いブースでした。
跨れるバイクごとに一人付いています。

最初に跨ったのは、バイクのGTR

高品質でいかにもツアラーって感じが良いです。
やっぱデカイですね〜。

次はZ1000。コレはリアルに気になるモデル。
なかなか良い感じでした。


ZZRも、コンパクトで乗りやすそう。
400も同じカウルで出せば良いのに。



最新のZX−10R

俺は、今回は駄目ですね〜。ドコも気に入らない。

ライトもウインカー位置もミラーもマフラーも…

性能は、素晴らしいんでしょうね。おそらく。
しかし、SSモデルは、どのメーカーも性能は一級品。
見た目こそが大事です。
今回はどうかな〜?


で、カワサキで一番注目は、コイツでしょう。

ニンジャ250R。これにこそ跨りたかった…。

このカウルの造形は素晴らしい。
無駄の無い洗練されたスタイル。
ER−6fも、良かったけど、250Rの方がシャープで好み。

このグラフィックモデルが標準なら
かなり売れると思うのですが…。
ライムグリーン単色は、残念ながら一般受けしないと思います。
黒の方が無難に売れそう。

何はともあれ、250の新作は大歓迎。
FIじゃないのが残念だけど
ZZR250もフルモデルチェンジしないかな〜?

写真は撮らなかったけどDトラッカーも良さそうでした。
コンセプトモデルは無く、我が道を行く感じで
カワサキらしいブースでしたね。


モーターショー:スズキ 2007年11月12日(月)
今回のお宅訪問は、ヤマハブースの隣。
スズキさんです。

奥の黄色いのがバイプレーン。
形だけのコンセプトモデルっぽい。
市販化は0%って感じです。

手前のがクロスケージ。
前後片持ちは、コンセプトモデルならではのお約束。
名前の通りクロスしたフレームに燃料電池を搭載。

しかし、ヤマハのモデルと違い、実用化は先な雰囲気。
とりあえず、環境に良さそうな物も出しておいたって感じだ。
なんかリアリティが無いモデルだし…。



さて、跨りました、B−KING!

なんか、ありえないくらいのボリューム。
特にタンクが…。
フルカウルのバイクに跨った様な感覚。
実際に、前から見たらライダーの膝は見えないかも。
しかし、ニーグリップは違和感あるし、
前がかなり重そう…。

車高下げて、V−MAXみたいなバイクにした方が
良かったのでは?と、思いました。


新型のハヤブサも跨りました。

前のモデルに乗った事が無いので、比較は出来ないですが
意外と楽なポジションですね。
速そうだし。
売れるんだろうな〜。


スズキで一番興味を持って見たのは、ジェンマ。

芋虫の様なデザインが、ツボです
写真だと3人位乗れそうな、長い様に見えますが、
実際には、イメージよりも一回り小さい感じ。
125ccのスクーターの後ろを伸ばした感じ。

海外のモデルにも無い、独創的なデザインなので
ぜひ市販して欲しいな〜と思うバイクでした。


GSRとかGSX−Rは、置いてあっただけなのでスルー。
結構地味な展示でしたね。
一番の売りが、市場に出ているハヤブサとB−KINGだったので
しかたの無い所か…。


モーターショー:ヤマハ 2007年11月11日(日)
今日で最終日の東京モーターショー。
ホンダに続き、ヤマハブースの紹介です。

最初に目に付くのは、4輪のTesseract(テッセラクト)
意外な所にライトがありますね〜。
はたして、コレはバイクか?

コーナーリングなどの乗り味はバイクに近いものらしいですが…。
低速時に転倒しづらい利点はあるものの、
雨風は凌げず、衝撃安全性はバイクと変わらず、
整備箇所や消耗品の数は増え、正直、良さがわからない…。

確かに変形しそうでカッコ良いですよ。
ハイブリッドだし、未来的な感じ。
でも、存在意義に疑問を感じる乗り物です。
普通免許でノーヘルで乗れるなんてのを
ウリにして欲しくないし…。
今後の発展に期待。

お尻にあるのは、給油口でしょうか?
でも、ナンバーつける場所が無いな〜。
マフラーは、真下に収納されていますが、
排気口は見当たらず…。
あくまでコンセプトモデルって事でしょうか?



お次はFC-Dii
最近話題の燃料電池スクーターです。
デザイン的に、スクーターの代わりを狙っているのでしょうが…
メットインも忘れないで頂きたい。


次も可愛いバイク。BOBBY。
ヤマハ制、近未来モトコンポ?
ホンダも、こういうの出品すれば良かったのに…。
電動なので、横にしておいても平気そう。
バイクと言うよりは、自転車に近い感じですね。


インパクトのあるバイク。XS−V1 SAKURA
1000cc空冷Vツインには、俺は疑問ですが、
こういう雰囲気のバイクは、大歓迎です。
もっと小排気量で、ステイタス性をウリにした方が
面白かった気はします。



新型テネレ。
随分とカッコ良くなりました。
それでいてヤマハらしいデザイン。売れそうですね〜。
ナックルガードがあれば完璧。
国内販売はしないかな?


アルミ削りだしのV−MAX。
前回モックアップがあったので、
なんか今回は物足りないですね…。
スタイルに進展は無く、排気量も発売時期も未定。
早く出て欲しいモデルNO.1ではないでしょうか?



今回、ヤマハのブースで一番見たかったのが、コレ。
MT−0S。
MT−01にロケットカウルなどをつけて、カスタムしたモデル。
最高にカッコイイ!

正直、LEDヘッドライトやキーレススタートなんか無くていい。
ただMT−01にロケットカウルをつけてくれ!

実際にヨーロッパヤマハのアクセサリーには
オプションであるのです。
コレを標準モデルで出してくれないかな〜。
絶対に売れると思うんですが…。


ヤマハでの最後は、LUXAIR(ルクシア)

コンセプトモデルのおなじみ、前後片持ちのスクーター。
ハイブリッドで、押し歩く時などに
電動でアシストしてくれるのは便利そうです。
しかし、形が…。

いかにも、ビッグスクーター乗っている人に
好かれそうな形ですが、
エコとか、ハイブリッドとか、一番似合わない連中では?
もっと、コンパクトな街乗りツアラーみたいな
バイクにして欲しかった気がします。

しかし、今回のヤマハは、あまり跨げるバイクが無かった…。
エコとスクーターに力を入れている感じですね。
この方向性が良いか悪いか?
今後のヤマハに注目です。




| 次へ
プロフィール


リンク集


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts