大阪府堺市にて、輸入車の販売・整備をしています
ご用命は、 072−236−8484 まで
よろしくお願いいたします

 
« エンジェルリング取付け | Main | ベントレー コンチネンタルGT マンソリー »
プロフィール


オートサービス ピットクルー
ネットワーク
プロフィール
バイオグラフィ
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ

gogo.gs
http://blog.goo-net.com/pitcrew/index1_0.rdf
CL65AMG / 2009年08月09日(日)

CL65AMG(215)
メルセデスの中では、SLR等のスーパーカーを除くと、最高峰、頂点を極めた一台です
僕も、55コンプレッサーシリーズは、よく試乗する事がありますが、65はほとんど無く、かなり希少です。
CL55Kとは違うワンランク上のオ〜ラがあります
当時新車価格もCL55より800万くらい高額でした
スペシャルです


最高級クーペー、セレブな感じです



フロント
65専用ガンメタ19インチホィールに「V12 BITURBO」のエンブレム
ブレーキキャリパーはブレンボ社製8ポットで、他の55コンプレッサーシリーズと共通ですが、ローターは、一回り大径のフローティングディスク、おそらくSL55パフォーマンスパッケージと共通品だと思います。

ベンツは、昔からパワーや用途の合わせて、ブレーキの差別化していますね
例えば、E320(210)なんかは、セダンよりワゴンの方がブレーキが大きかったりします。



リヤのキャリパーは、他の車種では見たことの無い、65専用品じゃないかと思います。


6.0L V12 ツインターボ、 612PS
ノーマルのCL600は、5.5L V12 ツインターボで500PS
CL55コンプレッサーで V8 スーパーチャージャーで500PS

6Lでターボ付き600馬力オーバーメルセデスで…すごすぎます


排気効率が重要なマフラー
さすが、6Lターボ
かなり極太で、歴代のメルセデスの中でも一番太いのではないでしょうか

よく見ると、通常他車種では、デフの前にサブマフラーがありますが、ストレートです。
排気を音も、55コンプレッサーシリーズとは違う、ちょぅと高めの特別な音がします


メーターには、見たことの無い、360km/hの文字が…



試乗しました
ストップゴーの出足はスムーズで、
ひょっとしたら、55コンプレッサーシリーズの方が、「ゴー」と
豪快に加速し、インパクトがあるかもしれませんが、
体感的には、ほぼ互角でしょう

しかし、40〜60km/hからの中間加速や、100km/h以上からの高速の伸びは、さすが600PSオーバー別格です

やはり、パワー感は、CL600ツインターボに近く、それにもりもり100PS以上モンスターにした感じです。
ノーマルの600ツインターボシリーズに多い、アクセル戻した時の違和感は無いです。


後日…

このモンスター級の600馬力オーバーを、
さらに、弊社にてパワーアップしました
ストップからの出足など、55コンプレッサーの方がインパクトがあったような気がしたところも、充分補って、見違えるようなパワーになっています

DASのパワーアップは、高出力車の方がより効果的のような気がします。

この記事のURL
http://blog.goo-net.com/pitcrew/archive/359
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント



Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts