日々の日報から整備、カスタム、スタッフのプライベートまで、タイトルが整備手帳になってますが何でも書きますよー(^ω^)

2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
整備手帳 目次
一押し 
過去の記事

http://blog.goo-net.com/takaishi/index1_0.rdf
2013 G-NET戦 第3戦 琴引MED  [2013年10月21日(月)]
 



2013年度、第三回目の開催となる、琴引マウンテンエンデューロ



エントリー台数、234台中、何とか 6位をゲットしてきましたよ〜






私め、店長 まさる が、今年、


実力試しの為に必死で追いかけている、



ハード系エンデューロのシリーズ戦、 G-NET JAPAN





また、第二戦の 福島で開催された、マウントモンキースクランブルの時みたいに、


書きたい事が多すぎて、結局書かずじまいで後悔するのが嫌なんで、サクッと書いときます。




今年も、 出た人みんなに 色んなドラマがあって、笑って、もがいて、楽しんで、



年々、参加台数が増え続ける、 年に一度の でっかな祭り





また、来年も、一つでも、ちょっとでも 上の順位 を目指して。










参加された皆さん、お疲れ様でした










そういえば、 ほい、 


(よしと) と (きらた) に お土産 (笑)



http://www.youtube.com/watch?v=K47OKKJKjL8

スタート

5:47


http://www.youtube.com/watch?v=9KqfIq9H-20

丸太

0:45


http://www.youtube.com/watch?v=PqvrJ6VwWuU

たこつぼ


http://www.youtube.com/watch?v=wsmVywHa-3c

S字上り

15:43

49:40


http://www.youtube.com/watch?v=B1gUN-R1SN4

3番沢 

0:00


http://www.youtube.com/watch?v=QpRJrrTaaXs

4番沢 

0:43


http://www.youtube.com/watch?v=DPab90zs3mQ

リザルト動画





動画に写真、いつもホントにありがとう御座いまーす



アドレスV125G エンジンストール [2013年10月19日(土)]
 



数ある原付二種の中でも鉄板人気の、スズキ アドレスV125G。




今回のトラブルの内容は、



走行中にいきなりエンジンストップ してしまい、そのまま止まってしまう と いう珍しい症状。



さっそく 試乗中に色々試してみると、


止まってしまった後も再始動は可能で、すぐに また走り出すことが出来るんですが、



どーも、アクセル開度、走行スピード、進む距離に関係なさそうな、



どうすることも出来ずに いきなり現れる 急なエンジンストール。






かなり ランダムに症状が出る感じだったんですが、


自分の感じた感覚は、取り敢えずの点火カットのエンジンストール。




CDI?  傾斜角センサー?  サイドスタンドセンサー? 



まずは、店にある 在庫分と入れ替え、試すも症状に変わりなし、



と、いうか、色々試してる内に、何だか だんだんと症状が酷くなってきてる様な確かな感覚。



む〜、 


これって、もしかして、


で、色々追いかけてみた結果がこいつでした






ハーネス断線、 と、 いうか、断線しかけてたと言うのが正しい表現なんですけど、


沢山いる うちの店のお客さまの中でも、始めて見た症状ですよー。




新車購入のお客様からの買取り車両で、


今のオーナー様で、2オーナー目の 走行距離が実走行の 10700Km。













う〜ん、  色々ありますね〜。




Posted at 19:47 | 整備手帳 | この記事のURL
KX65 ダイタン ベアリング 焼き付き [2013年10月03日(木)]
 


高石二輪ライダー よしとの今年の本番車、KX65 ‘11モデル。



小さな排気量でビックリするくらいのパワーを出してるもんだから、


何かとトラブルの多い車種としても有名であります。






その中の一つ、巷のお父さん達の間では もう完全に不治の病とされている


クランクベアリングの焼き付き現象。



ライダーにもよると思いますが、


速い選手で、破損の交換サイクルは平均半年に一回位のペースらしいです。









ただでさえ、手間と時間の掛かるこの作業、


クランクベアリングや、ダイタンベアリングの焼き付きだけで済めば まだ良いんですけど、



今回の様に、破損したベアリングのパーツが 掃気ポートを通って、


ピストンとシリンダーの間に挟まったり したひには、もちろん全てが高確率でアウト。



大事な大事なシリンダーも、一撃で死亡しちゃうという悲劇に見舞われます。










物が壊れる時には何かしら 必ず原因があると言うのが自分の持論。




その原因、絶対に突き止めちゃる





Posted at 19:20 | 整備手帳 | この記事のURL

プロフィール



gogo.gs 顔文字教室
動体視力 トレーニングレーシック コンタクト
◇無料占いアイテムはここから!◇


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.