この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2006年04月 | Main | 2006年06月 »
野村楽天、頑張れ!  2006年05月31日(水)
腹減った。
さっき帰ってきた。ただいまの時刻は1時30分。
(ブログの日にちが空いたら嫌なので
更新時間はいつも12時前にしてます)

この時間から食ったらさすがにデブい体がさらにひどくなるので
食べたい気持ちを抑え、我慢している。
ホンマ、体は正直。
食ったら食った分だけ太る。
もう、かなりエエ年やのにこの食欲はいつまで衰えることなく、
僕のダイエットを邪魔するのだろう?

今日はキャンピングカーの引き取りに行った。
ベースはトヨタのコースター(マイクロバス)
長さ6.25m、幅2.07mの巨体。
やっぱりでかい。でも、運転は快適。
写真撮影しだい、UPします。
こんな車でどっかに行きたいな。

久々の今日の一台。
ブログが宣伝じみていくのはあまり好まないので
近頃、車の写真を掲載しなかったけど、
HPの更新もあまり頻繁に出来ていないのと
車に関係のない話題ばかり書いているのとで
お客様から「遊んでばっかやな」と指摘を受けました。
だから今日は」乗せちゃいます。
その名もレガシィツーリングワゴン。
あれ?いつもと代わりのない車?

いえいえ、今日は違います。
数あるレガシィの中でも一番少ないグレード、3.0RSpecB。

3000cc250psの6速マニュアル車。
この車、平成16年発売当時はV6にMT?って感じだったけど、
乗ってみてビックリ。
BOXER6と6速MTの組み合わせ、GDAのATと並んで
ひょっとしたらベストマッチングかも?
とにかく、男の車です。
一度見に来てください。

プロ野球は我が阪神、今年初めてのJFK揃い踏み。
よっしゃ、勝利の方程式?と思いきや、案の上、逆転負け。
いや、案の定は言いすぎか?
でもね、久保田というピッチャー、
僕は昔から抑えには適していないと思っている。
その理由はコントロールの悪さとムラの大きさ。

久保田のいい時はもしかしたら日本一のクローザーかもしれないが、
悪いときの球離れの速さはバッターからしたら
いくら球が速くても、割とタイミングが取りやすい。
ロッテのサブマリン、渡辺俊介がなんで打たれないか、考えて欲しい。
って、こんなこと素人の僕がいうことじゃないかも知れないけど、
久保田は先発、杉山中継ぎ、抑えは藤川ってのはダメ?

でも、野村楽天、エエ感じやね。
負け数は相変わらずやけど、内容が去年と異なる感じがする。
考えてみたら、我が阪神の主力も野村さんの時に
入団したり、育てられたりした選手が多い。
井川、藤川、藤本、赤星etc・・・・

野村さん、どのチームも一番どん底の時期を担当しているね。
僕は個人的には野村ファン。
南海ホークス子ども会に入っていた時は毎週、大阪球場に行っていたもの。
野村監督はプレイングマネージャーで、
いつもどの選手よりも最後に球場から出てきたけれども、
ちびっ子ファンに一人一人声をかけてサインしたくれたもの。
子供心に「ああ、こういう人がプロなんやな・・」と感じてました。
野村楽天、頑張れ


 
55タクシー  2006年05月30日(火)
こんばんわ。
昨日はTAX近畿ブロック総会のため、ブログ休みました。ごめんなさい。

さて、この近畿ブロック総会、今回の場所は京都駅前の新都ホテル。
総会終了後の懇親会でどうせお酒を飲むことだし、電車で行くことにした。

飲んでからタクシーで帰ってくるのは、
たとえ割り勘にしても、タクシー代を考えると不経済。
でも、ホテルに泊まって翌朝6時ごろに起きて、
通勤ラッシュの中を電車で大阪に帰ってくる辛さを考えると
やはりなんとしてでも宿泊せずに帰って来なければばならない。

懇親会を終わって飲み屋街に繰り出す。
実は学生時代京都に住んでいたので京都の町は庭みたいなもの・・
の、はずだったが、今回飲みに来た場所は線路の南側。
いわゆる祇園の町。

実は祇園で飲んだことなど、記憶を辿っても3回ぐらいしかない。
地元のメンバーが予約している店を目指すべく、祇園の町を徘徊する。
オオッ、さすが祇園。
どのお店もすごく雰囲気がある。
木戸のバーがあると思いきや、料亭風のクラブもある。
どのお店も雰囲気のよさそうな店ばかり。
ミナミに慣れている僕にとっては非常に新鮮。
町全体がなんとなく上品。
「おおきに、おおきに」と何気なく言葉に出てくる。
(まあ、普段でも「おおきに」は使ってるけど・・・)

結局、地元メンバーの接待で2件の店で飲んだ。
もう、大満足。
お店の雰囲気は高級クラブそのもの。
おねえちゃんの年齢層はキャバクラ並み。
しかも、全員祇園らしく、上品と来たもんだ。
やはり男はこういう場所で飲まなければならない。
いや、我が堺の町もミナミの町も大好きなのだが
こういう独特な上品な雰囲気は持ち合わせていない。
(まあ、僕は下品そのものやから堺が大好きなんだけど・・)

2件はしごしてお店を出たのは1時。
いつものごとく「腹へった」のひとことで
目に付いた寿司屋に飛び込む。
お店の前に出ていた看板、「1カン150円から」
ところがお店に入ると普通のネタで1カン400円。
150円のものはきゅうり巻き、しそ巻きぐらい。
つまみは、ちょっとしたものでも2000円からという祇園価格。
まあ、でも3人で入ったので懐の心配をすることなく、とにかく食う。
率直な感想、「くら」と同じぐらい。

そんなこと考えると先斗町の「吉野鮨」ムチャクチャ美味い。
価格はそこそこの店なのだろうが、予算を告げれば
それに応じてくれる。

寿司屋を出たのが2時。
そこから55タクシーを探す。
いわゆる「5000円以上は5割引」のタクシー。
これは嬉しい。遠距離の僕らの強い味方。
大阪では5000円以上5割引は当たり前だが
京都ではまだこの1社しかないらしい。
3人で大阪まで2万円以内なら一人頭6000円ちょっとでOK。

翌日の仕事を考えるととにかく早く帰りたい。
やはり、泊まるよりはタクシーで帰ることを選んだ。

ところが悪いことにちょうどこの日は名神高速のリフレッシュ工事中。
最寄の京都南インターは閉鎖中。
運転手さん「この時間帯なら下道通っても10分しか変わりません」

ということで大阪の中古車屋3人を乗せたタクシーは
国道1号線をひたすら南下。
名神高速が工事中のせいか、「すいすい」とは行かず、
結構、ゆっくり目のスピードでタクシーはひた走る。

タクシーに乗って数10分間はメンバーは元気に話していたが
30分もすると、乗る前のあの高い寿司が悪かったのか、
なんとなく車酔いの雰囲気。

結局、金剛、狭山を経由して僕に家にたどり着いたのは4時30分。
メチャしんどかった。
やっぱり、京都で飲んで帰ってくるのは無理があるな。

でも、55タクシー、2時間半近く走って14000円は驚異的。
ちょっと感動しました。


 
グローブ失くした。  2006年05月28日(日)
グローブを無くした。
いつもなら、ソフトボールに行くときの緑のリュックに
入っているはずのグローブが今日は入っていなかった。
あちこち探した。
先週の練習試合の時に持って帰ってくるのを忘れたに違いない。
他のメンバーにも聞いてみたが、知っている人はいなかった。

僕はよくモノを無くす。
その前のグローブも無くした。
今回のグローブは購入して約3年。
ソフトボールモデルではなくて硬式野球用のグローブ。
価格も4万円近いものだった。

すごく気に入っていた。
使えば使うほど手になじんで、すごくいい感じだった。
失ったことによってその金額もさることながら
自分のパートナーを失くしたようでつらい。
お金には変えがたい物がある。

でも、なくなったことは実は今日になって気付いた。
あんなに大事にしていたつもりでも、
普段からマメに手入れしていたわけでもなかった。
もっと大事にしていればよかった。

今日の試合は他の人に借りて出場した。
僕のグローブは大きくて重いので、
他の人のソフトボール用の軽くて小さいグローブは
なんとなく、しっくり来なかった。

ソフトボールのピッチングフォームは引き手の左手が重要。
グローブ一つでもこんなにバランスが変わるものかと
20年以上ピッチャーをやっていて初めて気付いた。

ただ、軽いグローブは慣れてくると投げやすかった。
もう1週間ほど探して出てこなければ、
今度は比較的軽めのグローブを選ぶかもしれない。

でも、新しいグローブを購入したからといって
気持ち的には割り切れるものでもない。
近くにあることが当たり前で、なくなってから始めて気付く
その存在の大きさ。
これってグローブだけではないかもしれない。
もう一度、近くにあるものを見つめなおして
当たり前のことほど大事にしなければならないのかもね。


 
ドバドバドバ〜ッ!!  2006年05月27日(土)
レガシィ、モデルチェンジしましたね。
今回のモデルチェンジ、大騒ぎしているけど、なんでだろう?
スバルが毎年行う恒例の小変更なのに・・・・
B型、C型への変更のときはそんなに騒いだっけ?
やっぱり、EJ20ターボは最終モデルなのか?
それでみんな大騒ぎしてるの?

それにしても清原すごいね。
あの場面で打ってしまうのは千両役者の証拠。
外角の球、軽くバットを振っただけで
あそこまで飛ばせるバッターは日本人では清原だけ。
まるで左バッターの打つホームランのよう。
絵になるよな。
さっきからスポーツニュースで2回も見てしまった。

でも、清原さん、あなたの体、まるでお相撲さんのよう。
あれで怪我なく動ければ何の問題もないのだけど、
あなた怪我ばかりしてるじゃん。
せめて100KGを切ろうよ。
そうしたら後2〜3年はやれるって。
僕はあなたが高校生のときからずっとファンなので
なるべく長く続けて欲しいのよ。
僕と一緒にダイエットしない?

ダイエットといえば、家のPCにこんな表題のメールが・・・

夏目前!夢の40kg台を現実に!
ダイエットの4大効果を1袋で!

「おいおい、こんなメール来てるで」とあわてて奥様に報告。
メールをあけてみると

貼って寝るだけ、むくみスッキリ!
目覚め爽快!

一晩で足が細くなっちゃう?
なんで最後だけなん?・・・

足裏“毒吸いシート!
ど、毒吸い?

おおっ!!一晩で足が細くなる?
しかも毒吸いシート?変な名前・・・・
こんなコピーにだまされる奴がいるわけないやん

と奥様の顔を見る。
すると
「え?もう買ったよ」
ノ、NOォォォォォォ〜〜〜ッ

あなた、マジ?

年間にダイエットにいくら使うねん
しかも何?この広告
ドバドバ、グチョグチョって?

いやいや、バカに出来まへん。
信じるものは救われる。
もしかしたら効果があるのかも

奥様の使用前、使用後の写真UPしたいけど・・・・・・
やっぱりそんな勇気はないな。
ちなみに足裏デトラシート、こんな商品です。
http://www.rakuten.co.jp/beauty-p/548894/693811/


 
車って・・・あなたにとって何?  2006年05月26日(金)
嬉しいコメントを頂いた。
レガシィのスバルの素晴らしさを理解して頂く事は嬉しい。
もしかしたら2Lターボは最終モデルかもしれない。

何でもかんでも「平均点」の風潮は良くない。
ちょっとぐらい「おバカさん」の部分はあっても
その分を凌駕する快適さを持って車に乗って欲しい。

「平均点」を高い価格で提案するのは別の会社に任せたい。
うちの会社は、僕自身が「いい」と思わない物を
中古車ではあり得ないほど、高い価格で売りたくはない。
当社のお客様には「買って良かった」と思う買い物をして欲しい。

そういう意味では国産ではスバルしかない。
そりゃあ、人それぞれ好みもあるので
車に対して色んな意見をお持ちの方もいるだろう。

奥様がお買い物に行くような車が流行っているのは理解しがたい。
それは僕自身が家庭で乗っている車がエ〇〇マだから・・・・

エ〇〇マにはほとんど乗ることはない。
たまに休みがあってもこの車でホームセンターに行くことはあっても、
「海までドライブ」と思うことはない。

それでも否定しながら、エ〇〇マを選んだ理由?
それは3列シートの車では一番「マシ」だから。
それも2.4Lなら初めから乗ることはない。

他の室内高が高い3列シートの車はどの車もターゲットには入らない。
悪いけど僕の下手な運転では事故を未然に防ぐ自信はないし、
それよりも1時間以上、苦痛と恐怖を我慢しながら
あの小さな背の高い箱を運転する自信がない。

そう考えると今のレガシィの2Lターボはもう一生モノ。
こんな趣味性の高い車、バブルの時代が来ない限り、
あの利益第一主義のT社で生産されることはない。
本当に寂しい車社会になって行く。

昨日、携帯電話を機種変更した。
その名もFOMA。
もう、今では全然目新しいネームでもないこの携帯端末。
使用方法が非常にややこしい。

今日も送信元の人が複数に送ったメールに対して
その人にだけ返信するつもりだったのが、
複数の人全員に返信してしまった。
非常に恥ずかしい。

説明書、厚さ約1cm。
見る気も起こらない。

でも、これだけ携帯端末の時代になると
PCのホームページだけでは多くの人に
素晴らしい車があることを伝えられない。
だから、来週から携帯用のHPをUPしよう。

そういう意味では僕は恵まれている。
この携帯用HPを作成してくれるのも当社のお客様。
やはり、出会いは大切にしなければならない。

と、こんなことを思うままに書いていると内容が堅いのを感じざるを得ない。
ということで明日からはひさびさにバカ話。


 
楽しんでますか?  2006年05月25日(木)
もう、日付も変わろうという頃、先ほど家に帰ってきた。
奥様は起きて待っていてくれた。
いや、正確には僕を待っていたのではなくて単に起きていた。
それでも、家に帰って誰かが起きていてくれるのはなんとも嬉しい。

そんなに毎日遅くなるほど忙しいとも思えない。
実際に売れている台数はそれほど飛躍的に伸びているわけでもない。
なんでこう毎日、遅くなるのだろう?
一つ一つの仕事をよりこだわりを持ってやっているからか?
いや、そんなこともない。
ただ、加齢とともに仕事が遅くなっているだけ?
もう少し、早く帰れる努力をしないと・・・・

今日、来社されたお客様。
「色んなとこ、行ってられますねぇ。仕事も毎日楽しそうですね。」
(ん?なんの話?そんなに毎日いろんなところ、行ってないよ)
どうやら、このブログを読まれて、
僕が日々、いろんなところでエンジョイしていると勘違いされたらしい。

はっきり行っておきますけど、そんなに色んな所、行ってません。
そりゃあ、自由になる時間も少ないし、
お金をかけて遊んでも面白くないから、
安い予算でも、楽しむ努力は毎日してます。
ただ、そんなに色んな所へは行ってないですよ。
普通の人となんら変わりはありません。
って僕も極々、普通の人です。

ただ、仕事は面白いね。
人の意表を付くのは大好き。
トヨタ派の人にレガシィに乗ってもらうのは大好き。
新車派の人に程度のいいスバル車を安く提案するのも大好き。
「こんな、予算でこんな車のれるんやったら新車買うことないな」
っていわれたら、本望です。

特に最近は子どもさんが大きくなって一緒に車に乗ってくれなくなった
親父さんがレガシィやインプを買われて
「ホンマ、車乗るのが楽しみや。ハンドル持ったらニヤるもん」
っていわれたときは嬉しかったな。

僕はお客様に何を提案しているかって考えたら
単に中古車を提案しているだけでなくて、
車に乗っている時間と楽しさを提案しているんだものね。

そういう意味では毎日、楽しい仕事をさしていただいているのかもしれないね。
これからも不良親父のカーライフ、演出していきます。

ただ、スバル売ってると、
かなりマニアックなスバル好きの男の人は寄ってもらえるのだけれども、
可愛いお客様が来ないのはちと寂しい。
赤のブリッツェンでも仕入れるか?
(それでも、男の車やな


 
僕にはゴルフは向いてへん  2006年05月24日(水)
自宅のパソコンのデスクトップ画像、めっちゃ気に入っている。
以前は大嫌いなコーヒーカップに乗る奥様の画像を気に入っていたが、
今は、真っ裸でこっちに向かってくる息子の画像。
ぽっちゃりとした小学生がこっちに向かって走って来ているのだが、
適度のピンボケですごい秀逸な画像に仕上がっている。
デスクトップを見るだけでもメチャ楽しい。

でも、息子からの抗議が上がっているので、
そろそろ他の画像に変えなあかんな

先日、ゴルフに行った。
僕にとっては12月以来、5ヶ月ぶりのゴルフ。
ゴルフ自体は15年近くやっているのだが、
こんなペースでやっているので一向にうまくならない。

で、練習もろくにせずにいきなりコースへ。
コースは大阪でも指折りの名門、泉ヶ丘カントリークラブ。
家から近いので最近はもっぱらこのコースだ。

出だしの1番ロングホール。
ティーショットはラフへ。
2打目は5番アイアン、3打目はピッチングでピンまで10メートル。
これを沈めて幸先良くバーディ、と行きたい所だったが、
ここから4パットのダブルボギー。
落ち込むところだが、いやいやゴルフはこれから。

2番ミドルホール。
ティーショットは300ヤードドライブ。
セカンドをミスするもアプローチはピン側へ。
でも、結果はボギー。

それでもこのまま行くとボギーペース。
(なんや、ゴルフって簡単やん)

たまに打ちっぱなし場に行く以外は何の練習もしていない。
他の人に教えられることもない。
やったら面白いけど、そんなに熱中するスポーツでもない。

それでも、こんな僕に簡単と思われるゴルフなのに
なんでみんな熱中するのだろう?
(今日は余裕かな?ひょっとして初の40台・・・・?)

次の3番ショートホール。
ニアピン賞がかかっているので慎重にショット。
8番アイアンから放たれた打球はちょっとスライス。
(あちゃぁー、ニアピンは無理か・・・・?)
と、思ったその球はキックが悪く、なんと池の中に
結局、このホール上がって7点。

そうなると冷静さを失っていないつもりでも、もうメチャクチャ。
右へ、左へ、上へ、下への大騒ぎ。
一緒についてくれた白長靴の研修の男のキャディさん。
「ああ、ボール見当たらないですね」
「ボール、残ってませんね」
ちょっとぐらい探すフリだけでもしてくれよ

結局、終わって見るといつものスコアより悪かったです。

だーかーら、ゴルフっていややねん

唯一、午後からのキャディさんが可愛かったのが救いでした。
でも、メルアド聞いたら、ものごっつぅ嫌がってました。
そんなに真剣に嫌がられたら落ち込むやろ

あ、こっちからアド聞いたからあかんかったんか
今度はこっちのアドをメモで渡したらええんや

そう考えると・・・やっぱりゴルフは楽しいね


 
大金が欲しいわけではないけど  2006年05月22日(月)
当社の決算は4月。
1年を終えて数字を見てみると「大した事なかった」
抽象的な言い方だが、少しは伸びたが、例年とそんなに変わりない。
今のご時世、「現状維持」でもありがたく思わないといけないのだが
それでも、やはり、こんな僕でも上昇志向はある。

業界でビックリするような大金持ちは少ない。
それでも、他の業種を見てみると
絵に描いたようなサクセスストーリーを実現している若者がいる。
そう考えると、今の僕はつくづく儲からない業界に
身を置いているのだと実感させられる。

恥ずかしい話だが、この業界でちょっと「儲けた人」になると
絶えず、何かしら中傷される。
その人が本当に中傷されるようなことをしたのかどうか知らないが、
大きくなるということは、悪いうわさも同時に背負い込んでしまう。

まあ、実際のところ、原始的な利益の出し方をしている人もいる。
オークションで仕入れした車の履歴を照会すると、
走行メーターを改ざんしてあるものも少なくなかった。

恐ろしい話だが業者が業者をだますのだ。
さらに悪いことに、だまされていることに気付かない業者も多い。
「メーター落ちてる車多いですから調べたほうがいいですよ」
と、同業者に忠告したことがある。
するとその業者曰く
「そんな面倒くさいことはようせん。調べたりするから、発覚するんや。
走行管理システムで十分や」と言った。
僕はその感覚にビックリした。
その業者は、苦労して仕入れた車をメーターが落ちていたからと言って
手放すのはバカらしい。
自分がだますことに加担していなければそのまま売ればよいとの事だった。

そんな車がかつてはたくさん流通していた。
だから、ユーザーの皆様には申し訳ないのだが、
下取りの車を査定をする時、中古車で購入してある車は信用できなかった。
特に黒いうわさのある業者で購入されている車は
適正価格で査定できなかった。
お客様もそれを分かっているのか、そうでないのか
「いくらでもいいから引き取って」というお客様も多かった。

それから数年たった現在。
走行管理システムの導入で明らかに走行改ざんは少なくなった。
並行して、地に足をつけずに営んでいた業者も姿を消していった。

それでも、まだまだアウトサイダーは存在する。
「まともにやっていては儲からない」と考える業者は存在する。
そういう人は手を変え、品を変え色んな方法を考える。

また、購入の仕方一つ取っても、新しい方法が出現している。
でもね、よーく考えてください。
販売する側が考え出した方法は販売する側の利益のためのもの。
決してお客様が得をすることはないのです。

だから、僕は逆の方法で生きて行こうと決めた。
まず、社会的な評価を得ようと考えた。
この業界でもユーザーから評価を得れば
今までのシンプルな方法でも存在価値を認めてもらえると考えた。

だから、どこよりも安くていい車を提供しようと考えた。
だから、世間で人気があっても自分が認められない車種を売るのはやめた。
だから、事前整備を徹底し、保証も充実させた。

で、結果はどうなったかというと、
やっぱりそんなに儲からなかった。
突き詰めていくと、売るよりも仕入れに苦労するようになった。

でも、やっぱり生き方は変えられない。
蔑まれてまで、怒られてまで、恨まれてまで儲けたくはない。
「悪いことせな、儲かれへん」という人がいるが
それは絶対に違うと信じている。
喜んでもらってこそ、利益を得ることが出来ると信じている。

だから、今は決算を終えて改めて数字を見て少しがっかりしている。
目先を変えた広告を出す業者にだまされるユーザーが多いのにも失望している。

でも、今年もチャレンジする。
ディーラー系の中古車販売店が信用されているのだとしたら
それよりも質のいい中古車を安く販売して、
徹底した整備と徹底した保証をつけて販売することを続ける。
だから、今年こそはもう少し儲かる・・・かな?と思っています。


 
「隣の人と同じ」が安心?  2006年05月21日(日)
しかし、毎日この時間になると腹いっぱい・・・・
毎日m、たらふく飲んでたらふく食ってる
泉南オープンもあと1ヶ月を切った。
10kg減量の決意はどうなったのか?
よし、明日から・・・という毎日の決意を今日も一応してみる。

今日はお客様と2台試乗させていただいた。
両方ともよーーーーーっく知ってる車。
1台はツーリングワゴンの2.0GT、もう1台はB4の3.0R。
お客様に「どっちがいい?」と聞かれ、
「それは人それぞれの・・・・・・」なんて
無難な答えをしたものの、やはりB4の3.0Rはいい車やね。
乗り比べてみると本当によーく分かる。
改めてB4の3.0R、いい車やね。
北ヨーロッパではBMWの5シリーズと同クラスの位置づけとか・・・・
販売価格もすごく高いらしい。
デンマークからの駐在員のお客様が来社されてビックリしていましたもの。
エエ加減、「車は〇〇タ」やめにしませんか?

スバルの車、毎年一部改良をする。
ベンツやBMWは毎年の改良なんて当たり前のことだが、
100%ではなくて満遍な60%が求められる日本。
今では毎年の改良をするメーカーはスバルだけになりました。
100%を求めようとするその姿は車をこよなく愛する
人間にとっては本当に頼もしい限り。
新モデルが発表されるとA型から順番にB型、C型と毎年改良を重ねていきます。

では、末期モデルが完成型?
確かに「完成」と言う意味が、突き詰める事が完成なら
末期モデルが完成系なのだがA型にはA型のよさがあるらしい。

スバルというメーカー、発表されない部分も含めると
一部改良では300項目近くの改良がなされるらしいが
そのうちの何割かは簡略化もしているらしい。
なんでもA型はオーバーコストで
もう、むっちゃくちゃお金がかかっている車らしいですよ。

だからうちに来ている某自動車メーカーの設計さんは口をそろえていう。
「スバル車のA型がベスト。A型の悪い部分はお金をかけたり
リコールやサービスキャンペーンで改善される。
でも、B型にどれほどのお金をかけようともA型の豪勢なつくりには及ばない」

いや、僕自身がこの考え方を持っているわけではありません。
でも、やっぱり「ハリボテ」の車はい嫌やな・・・・
特に最近の国産某ブランドの利益率の高い車は本当に嫌やな。
なんであのメーカーの車を有難がって買うんだろう?


 
ツルツル、ピカピカ  2006年05月20日(土)
今日、トラヴィックがポリマー施工を終えて帰ってきた。
もう、ピカピカ、ツルツル。すばらしい。
黒い車は綺麗な状態にしていると見違えるよう。
見ているだけで惚れ惚れする
真剣に全車ポリマーを導入しようかと思う。

レガシィGTツーリングワゴン50thanniversaryが入荷。

アイボリーアルカンターラシートがすごく綺麗。
この色の内装を選択したときはやはりいい状態のものを選ばねばならない。
色目が明るいので汚いものは悲惨。
だから、アイボリーレザーセレクションと同様、内装は重点チェックです。

昨日言いたかったこと。
それは最近の中古車の諸費用のこと。
諸費用、会社によっていろいろな考え方があると思う。

たとえば、整備費。
整備の内容も違えば、施工するのもディーラーだったり、
自社工場だったりするので、車輌本体に含んでいてもいなくても
安くてもそうでなくとも、それはそれなりでいいと思う。

保証費用なども保証の内容などによって無料でも有料でもいいと思う。
最近は新車ディーラーでも延長保証などと銘打って
保証費用が別に発生する制度などもあるぐらいだから、
中古車で保証の内容によって有料化するのも致し方ないことだと思う。

ただ、最近はもう何がなんだか訳の分からない諸費用まであると聞く。
僕自身がお客様のフリをして見積もりをもらったわけでもないので
細かい項目までは知らないけど、
車検付の軽自動車で諸費用20万以上とか、
車検付の普通車で諸費用40万以上とかになると
「これはやりすぎ?」と思ってしまう。

どうしてこういうことになるのか?
それはやはりインターネットの影響が大きい。
ネットは価格別、年式別、グレード別など
各カテゴリーで容易に並び替えが出来る
インターネットの世界では、車輌本体価格を安く抑えないと
ユーザーの検索対象にならないことさえもある。

だから、近頃は本体の販売価格はオークションの落札費用そのまま、
その代わり諸費用が40万という極端なやり方もあると聞く。
まあ、確かにオークションで仕入れた価格のそのままを
店頭の販売価格として提示すれば、
ネットの検索では一番上位の方に来る。

但し、見積もりを取ると・・・・・・
「何じゃこれは?」という合計額になることがある。
何件かの見積もりを取って比較するとすぐに分かることなのだが、
そういう比較をしないユーザーもたくさんいる。

これは、分かりにくい。
Gooやカーセンサーも諸費用の項目を昔から説明している。
ただ、その説明の内容は昔から変わりなく、
Gooなどはいまだに「本体費用に整備費用が含まれる」
とかいう古典的な項目さえある。

本当はもっと根本の部分を説明して欲しい。
車の程度はどうか?
整備はどれだけの内容をしているのか?
保証の内容と期間はどうか?
ローンの金利はいくらか?
最終的な合計額はいくらか?
後は色々あるのだろうけど、
諸費用の部分は出来るだけシンプルなのが好ましい。

どうもネットの普及によってアクセスを増やすためにだけ、
販売店があれやこれやと本来の車以外のテクニックを使う。

車は新車にしろ、中古車にしろ安い買い物ではありません。
一度購入すればある程度の長期間はともに過ごす必需品。

じっくり考えて、色々と比較して購入してください。


 

| 次へ
最新在庫情報
スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc
33万円

スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L
73万円

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc
29万円

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc

2006年05月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts