この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2006年06月 | Main | 2006年08月 »
スバルの理由NO.1  2006年07月31日(月)
昨日はかなり酔っ払ってブログを書いていたのか、
今日になって昨日のブログの内容を見ると
まったく何を書いているのか自分でも分からない。
いや、ブログを書いた翌日に添削することはたまにあるけど
さすがに昨日のブログを添削するのは難しかった。
昨日のうちに読んでくれた皆様、ごめんなさい。

阪神、ダメね。
おとといの勝ちも薄氷の勝利。
昨日の試合も楽に勝てる試合。
おまけに今日は球児を3イニング、
ジェフを2イニング使っての引き分け。
昨日、今日は大観衆。
1時間あたりの入場者数ならもしかしたらTDSを上回るかもしれない?
日本一のテーマパークに訪れた多数のお客様のためにも頑張って欲しいね。
竜の尻尾も見えなくなってきたけど、ま、来週から出直しやね。

お客様が車を「購入する理由って何かな?」っていつも考える。
1000円や2000円の買い物ならまだしも
100万、200万の買い物ならどんな人でも真剣に考えると思う。
車なんて買い換えなくて済むのであれば、買い換えない方がよいと思う。

今月の始め、B4を納車させていただいたご夫婦が、
旅行のお土産を持って来社された。
ご主人も奥様も
「往復600km走って来ましたけど、むちゃくちゃ楽しかったですわぁ」
と言ってくださった。
この言葉を聴いて(ああ、レガシィを提案させていただいてよかった)と感じた。
同時にスバル車を提案する理由を今更ながら再認識した。
安全性や走行性能などお勧めする理由は色々あるのですが、
一番は運転することの「楽しさ」なのです。
もっと言い換えればスバル車でドライブすることで
趣味を演出しているのかもしれない。
車を単なる「足」として捕らえるのならスバル車は必要ありません。
でも、通勤や余暇の運転中に楽しさを求めるのならスバル車は本当にいい車です。
この価格で購入できる車なら一番良い車ではないでしょうか?

もう本当に独りよがりの考え方かもしれないが、
B4に乗っていると、高速道路で他のどんな国産車が飛ばしていても
(速さなら負けないよ)とか、
エアロでバッチリ決めているマ〇クXが来ても
(僕の車は格好だけじゃないよ)とか勝手な理由で納得してしまう。

単に目的に行くだけのための車ならどんな車でもいいんです。
いつも大人数で乗る人ならミニバンでいいんです。
でも、安全で楽しく乗りたい人はやっぱりスバルだと思うねんけどな。


 
200万ってそんなに簡単な買い物ですか?  2006年07月29日(土)
今日の一台。

メーカーオプション
 本革シート
 純正ビルトインDVDナビゲーション
 マッキントッシュサウンドシステム
 ビークルダイナミクスコントロール
 クルーズコントロール
 UVカット機能付プライバシーガラス
 クリアビューパック
新車時の上記仕様の本体価格\3,732,750の車です。
装着済オプション装備として
 VICS光・電波ビーコン(\14,910)
 ビルトインETCキット三菱製(\31,290)
 サイドバイザー(¥21,000)
 リヤラゲッジマット(\12,600)
 フロアカーペット(\32,025)
しかもタイヤは新品を入れます。

すごいでしょ?
良くこんなの見つけたでしょ?
僕が理想としている人気車種、人気の色で
新車価格から3年落ちで半額で販売できる車。
褒めてくれ〜
また、「安すぎる?」「怪しい?」と揶揄されるかもしれないけど
7月はちょっと会社自体の売り上げが澱んだので
コレを198万で販売させていただきます。
2台はありません。
お入用の方はお早めにご連絡下さい。

最近、「うちの会社の役目って何?」ってしょっちゅう考える。
中古車屋はメーカーか商社かといえばもちろん商社に入る。
半導体や原料など、メーカーから直接購入するのが
困難な商品であれば、商社を通して購入する方が
安全、安心であるし、メーカーも商社に卸す方が
安定した売り上げを見込める。

ところが我々が扱う、中古車という商品。
商品の性質上、メーカーは存在しない。
新車ディーラー、買取店、中古車専業店などが
下取り、買取した車が中古車としての商品になる。

商社が小売の流通ルートに存在する以上、
商社としての必要とされる「なにか」がないといけない。
逆に必要な存在理由がなければ商社などいらない。

業種は異なるが損害保険などまさにその最たる物で、
過去は代理店が販売するのが当たり前であったが、
最近は代理店が介在する必要のない
外資系の損害保険が台頭してきた。

損害保険は事故が起こったときのためのもの。
その「事故」に際してのユーザーの立場に立った
アドバイスが出来るか否かが代理店の存在価値の所以となる。
事故が起こった際の保険会社への「連絡係」などと
考えている代理店はもはやユーザーにとっては必要ない。
そういう代理店が多いからこそ、
インターネットなどの直販系外資損害保険に
食い込まれていくのであろう。

置き換えて我々の中古車販売はどうであろう?
「中古車」というメーカーが介在しない商品において
クレームが起こった時に、
何でもかんでも「中古だから・・・」という理由で片付ければ
中古車屋という商社は必要とされない。

我々中古車業界が必要とされる存在になるには
やはり、ユーザーが知り得ない商品に対する情報や知識などを
備えた上で販売することが重要となる。

どんなクレーム、相談に対してもメーカーやディラーの
スタンスであってはいけないと思っていた。
会社としてもユーザーに対しては「売る側のスタンス」ではなく、
「購入する側のスタンス」になってお客様と同化して
問題に臨んでいるつもりでいた。

だから、当社とお客様のお付き合いは契約まではなく、
納車させていただいてからが本当のお付き合いになる。
「おかしい」と思ったことはお客様が気付いていないことでも
ディーラーを通じてメーカーと、とことんやり合う。
もしかしたらメーカーからみるとTAX泉北という会社は
うるさくて疎ましい存在かもしれない。

ただ、僕はお客様にTAX泉北を選んでいただいている以上、
自分の持っている情報を隠したりすることは
フェアではないと思っている。

先日もスバル車ではないが、
ホンダのアクティバンの新車から1回目の車検で
ブレーキにジャダーがあることに社員が気付いたので
取扱いのプリモ店ではないがメーカー系のディーラーに
クレームとしてブレーキ修理の依頼をしたところ、
「この程度ではジャダーとしては認められません」という返事。
「そうですか?大丈夫ですか?」と持ち帰るところだったが
詰めて話をさせていただいて
「悪いものは悪い」と納得していただいて
アクティバンのブレーキローターは無償交換をして頂く事になった。

自己満足といわれればそれまでだが、
こういうことを気付くか気付かないかによって
僕たち販売店の存在価値が問われると思う。

僕らはエージェントだ。
ユーザーのために有利な役立つ情報を提供することによって
その存在価値を認められているといっても過言ではない。
相談、質問に対してありきたりの
「こんなもんです」
「症状が出ないから様子見て」
といのはディーラーのスタンス。
これと同じことをやっているようでは当社の存在価値はない。

お得な中古車をお勧めできるノウハウにしても同じこと。
「右から左」で何の知恵もなく、
「昔からの付き合い」だけで販売するのであれば
今すぐに、中古車屋を辞めます。
お客様の相談に対して、メーカーのスタンスに立つなら
今すぐに、中古車屋を辞めます。

僕はそれだけの覚悟でこの商売に取り組んでいます。
他の専業店や他のディーラーはどうかは分からないけど
中古車販売を簡単に考えているような奴とは
一緒にされたくありません。

何でみんなそんなに簡単に考えるんだろう?
ディーラーがどれだけのことをしてますか?
付き合いのある会社がどれだけ真剣にやってくれますか?
200万の買い物ですよ。
買う方はもちろんの事、売る方はさらに真剣に考えてください。
見てたら嫌になります。


 
小説家?  2006年07月28日(金)
昨日は娘の誕生日と言うこともあって外食してから
家で少し飲んでいたらそのまま寝てしまった。
でも、やっぱり首や左半身の痛みで中途半端に目が覚めた。
早起きしたら運動がてらジョギングか散歩に行けばよいのだけど
睡眠不足と二日酔いで体が動かない。
だからこんな中途半端な時間にBLOGをUPします。

九州への出張。
夜のことばかり書いたけど、実際には仕事での収穫もたくさんあった。
講師として呼ばれたインターネット研修。
TAX泉北のホームページを題材にしてしゃべりながら、
自社のホームページでも改良の余地がたくさあることに気付いた。

また、講習が終わってから訪問させていただいた
九州地区のTAXのお店はそれはもう素晴らしいお店ばかりで、
店舗の素晴らしさだけではなく、商売の素晴らしさ、
ユーザーへの多大な貢献度、徹底したお客様主義に感動した。

だから、この研修で一番の収穫を得たのは僕かもしれない。
本当にありがとうございました。

彼らはやるべきことのすべてをやっている。
その上、まだ向上するための試行錯誤を繰り返している。
そういった努力はほとんどが結果に結びつく。
いや、結果が出なかったとしても、進歩の糧になる。

ストーリーを自分で考えて行動し、
成し遂げようとするその姿は小説家にも似ている。

それに対して、頭では理解しているフリをして
行動や体験もせずにそのことに対してあれやこれや
批評する姿は評論家の態度である。

批評、評論などの空論をどれほど繰り返しても
実際の経験で得られる感動にはかなわないと思う。

最近、評論家だったような気がする。
小説を書くには少々堅くなりすぎた脳みそだが、
少しずつやわらかくしていって、
「やろう」と頭で考えたことは実際の行動に移していこう。
そうすることで得られる感動はまだまだたくさんある気がするね。


 
福岡研修(副題:中州の夜?)vol.2  2006年07月26日(水)
前回の続き。
中州の居酒屋で福岡の美味を満喫した僕は
悪酔いに備え、近くの薬局にドリンク剤を買いに行って
「絶倫粉」というなにやら怪しいドリンク剤と
紫色の液体をカプセルに入れて飲まされた僕。

ここ最近の首から左半身の痛みで睡眠がまともにとれず、
クッタクタに疲れていたのが、この催淫剤の心理的効果?のせいか、
元気を取り戻せたような気がした。
ちなみに一緒に行ったメンバーは、やはり薬局の主人に勧められて
4000円のドリンク剤を、満足そうに飲んでいた。

元気を取り戻した僕が連れて行ってもらった店。
それは上品なこぎれいなラウンジ。
コレこそ僕が中州に対して抱いていたイメージぴったりのお店。
明るくて清潔でおまけに安い。
とても楽しい時間を過ごさせていただいた。

さて、そのラウンジを出たのが12時近く。
中州の夜はこれからだ。
飛び込み、呼び込みが大好きな僕は、
路頭に立っている呼び込みの兄ちゃんの話に真剣に耳を傾ける。
すると、九州の案内をしてくれたマネージャー、
「その店はボッタクリですよ」
おおっ!?ボッタクリやったんか!?セーフッ!!
そしてそのままウロウロ歩く。
すると今度は明朗会計そうなお店と爽やかなお兄さん。
「お客さん、1時間6000円、前金制ですので、それ以外は
一切頂きません」
(おおっ、前金制!明朗会計やん、この店に決めるか?)
するとマネージャー、
「帰るときにもまたン万円請求されますよ、ボッタクリです」
(ええ!?ボッタクリ、危ないところやった)

その後も、中州を端から端まで歩いて色んな呼び込みのお兄ちゃんと
話をしたが、九州地区のマネージャーから言わせると
そのすべてがボッタクリの店らしい。
飛び込み、呼び込みが大好きな僕は危うくボッタクラレるところやった。
マネージャーさん、ありがとう。
おかげでボッタクラれずに済みました。

結局、その後、2件目に行った店はマネージャーの知り合いの店で
とても落ち着いたよい雰囲気のお店でした。
勘定も恐ろしく安かったです。
さすがエリアマネージャー。
僕らも地元にこういうお店作っとかなあかんな。

2件目のお店を出たのが2時頃。
ホテルにそろそろ帰りたいのですが、やっぱり博多に来たら
屋台は外したらあきません。
マネージャーから情報を仕入れると
「方言聞いて観光客だと分かったらボッタクられますよ」
な、なにぃ?中州はすべてがボッタクリ?

月曜日のせいもあってか、中州の屋台は出店数が少ない。
でも、どのお店も呼び込みが激しくて元気がいい。
どの屋台にしようか迷ったけど、女性のお客さんが
屋台の人と一緒になって呼び込んでいる屋台があったので
そこに入ることにした。

メニューは手羽先明太、タンステーキ、ラーメン、おでん。
どれも本当に美味そう。
実際に食べてみるとかなり美味かった。
でも、タンステーキ大き目の肉一切れで1800円。
確かに美味いのだが1800円は高すぎ。
ボッタクリかどうかは別にしてこんなに高くて
地元のお客さんは注文する?

少し前、博多の屋台が行政に撤退を要求され、
存続運動があったのをテレビで見たけど、
行政がどうのこうのより、屋台という話題性に胡坐をかかずに、
腰をすえた商売せんと存続は難しいと感じざるを得なかった。

屋台を後にしてホテルに帰ろうと思ったのだが、
ホテルへはタクシーで1メーターちょっと。
タクシー乗るにも歩いて帰るにも中途半端な距離。
客待ちのタクシーに乗り込んでは申し訳ないので
歩いて帰ることになったのだが、あってはならないことが・・・・

襲ってきたのは腹痛。
誰でもあるよね。
あってはならない場面での腹痛。
この年になっての粗相はさすがにどうしようもないので
近くのコンビニへ。
ところが飲み屋街のコンビニの性質なのか、
どのコンビニも「トイレの使用はお断りします」

4件ほどコンビニを回ったが、どこに行っても用を足せず、
仕方がないのでホテルに帰るまで我慢をしようと歩き出したが
先ほど立ち去った第一波より大きな第二波が襲ってきた。

こうなるともうどうしようもない。
若い頃ならともかく、年輪を重ねた括約筋は
万が一かろうじて第二波をしのいだとしても
その後数分で襲ってくる第三波には、
それまで送って来た人生まで破壊されるような強力な攻撃が予想される。

あわててタクシーに乗り込んだ。
近距離であろうがなかろうが、もう人のことはかまってられない。
1メーター?と聞いていた距離はなぜか15分以上。
おまけに金額も確か1000円以上。
「早く、早く」と叫んでいたような気がするが記憶は定かではない。
通常なら、もし、遠回りするような運転手さんがいたとしたら
それこそ、商売のあり方について10分ぐらい演説をするのだが
このときばかりはそんな事言ってられない。

お釣りも確認せずに、タクシーを降り、
ホテルの玄関を入って、走ったらえらいことになるので早歩き。
エレベーターが来るまでの時間と階についてからの部屋までの距離が
どれだけ長かったことか?

原因はイカ?ゴマ鯖?それともタンステーキ?
いや、それなら同行のメンバーにも症状があるはず。
僕だけが口にした飲食物はと言うと・・・・
あっ・・・・・・やっぱり、あの・・・・・
絶倫粉
んな訳ないか?


 
福岡研修(副題:中州の夜?)vol.1  2006年07月25日(火)
こんばんわ、お久しぶりです。
昨日は福岡に行っていたのでブログの更新、出来ませんでした。
いや、ホテルからでもやる気があれば出来たんでしょうけど、
福岡といえば・・・・中州。大好きな中洲。
お察し下さい。

TAX九州ブロックインターネット研修会。
な、なんと僕は講師に呼ばれていったのですよ。
え?この僕がこ、講師?
しかも、講習を受けるのは全国でも有数のTAX九州メンバー。
僕のような若輩者が講師なんて・・・ええんやろか・
しかし、コレも経験、お受けした限りは全力を尽くして
研修会に挑みました。

前半は当社のネットの取組状況について。
僕が普段取り組んでいるHPやこのブログ、
メールの返信について話しました。

後半はインターネットでの中古車販売のポイントを
あるテキストに基づいて説明するつもりだったのですが
なにぶん、講習なんて初めてのこと。
ペース配分がうまく行かず、ロクな説明が出来ませんでした。
九州といえど広いです。
鹿児島や宮崎からも来られてました。
本当に拙い講習会で皆さんの貴重な時間を費やして頂いて
申し訳ありませんでした。
でも、講師を担当した僕が
こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、
九州のTAXメンバーの結束力の強さ、熱心さが感じられて
しゃべった僕の方も本当に楽しかったです。
ありがとうございました。

講習が終わったあとはこのGOO-NETブログにも登場されている
TAX-NOGUCHIさんにお邪魔しました。
TAX-NOGUCHIさんのお店はまるでディーラーのよう。
とても綺麗なお店で、徹底したお客様第一主義が感じられました。
「刺激を受けた」といったらおこがましいのですが
理想の中古車屋さんという感じがしました。

その後、ホテルにチェックインして、食事に出かけました。
食事は中州、大好きな中洲。
なっかす、ナッカスゥ♪♪
雨の月曜日ですが、なんと活気のあることか。
広い居酒屋さんに連れて行ってもらったのですが、
ゴマさば、イカの生き造りは絶品でした。

一杯入って上機嫌。
さて、その後はまっすぐホテルに帰って寝る・・・訳はありません。
なんせ中州、久しぶりの中洲。
なっかす、ナッカスウ♪♪しつこいってか?

悪酔いに備え、近くの薬局に寄って、ゼナゴールドを買いに行きました。
ゼナゴールド、どれだけの効果があるのか知れませんが
以前、TAXの滋賀のメンバーが飲んでいたので
とりあえず、人の真似が大好きな僕は飲むことにしました。
3人で薬局に入ったのですが、一人は素直にゼナゴールドを買いました。
さすがに飲み屋街のど真ん中にある薬局。
ドリンク剤の品揃えが半端ではありません。
僕は、薬局のご主人に
「社長、悪酔いせんと元気になるドリンクある?」
ご主人「両方の効能ですか?」
そんな都合のいいドリンク剤はあるわけがないと思いながらも
「うん、もちろん両方」
ご主人、ここでひるむことなく、ニヤリと笑ってショーケースから
取り出した赤いパッケージが怪しいドリンク剤。
その名も・・・・
絶倫粉
ぜ、ぜつりんぷんーー?

なんじゃ、このドリンク?
いったい中身は何?
「い、いやどっちかというと二日酔い防止のもののほうが・・・」
僕の質問を片手で制し黙って職人のような手つきで
なにやら怪しげな液体を透明なカプセルに入れ、
「コレと一緒に飲めば・・・・フフフ
(フフフ?フフフって何?)
でも、プロや、この人はプロや。
2000円という高額なドリンク剤を大阪商人の僕に
一瞬の間に売りつけやがった。
しかも、商品に対しての期待感、ワクワク感、ドキドキ感、
購買に際しての最も重要な3要素を感じさせながら・・・・・

続く・・・・・・・


 
涙  2006年07月24日(月)
3週間に渡った泉南オープン、負けたよ、負けました。
それもボロ負け。
正直、相手にもなりませんでした。

決勝トーナメントにまで進んだこの大会。
ラッキーに次ぐラッキーが重なり勝ち進んだうちのチーム。
さすがに「本物」が出てきた決勝トーナメントでは
今までのようにラッキーだけでは勝つことが出来ませんでした。

雨による2度の中断で試合の進行はままならず。
ライズグリップで投げる僕はボールが濡れると、
コントロールは全然思うように行きません。
それでも、4回表までは1−1の良い試合をしていたんです。

ところが、4回裏。
先頭バッターの放った打球は詰まったピッチャーゴロ。
マウンドを駆け下りて、捕球したボールを一塁に投げてアウト、
のはずがぬかるんだ地面に足を捕られ、転倒してしまいました。
それが原因で味方の守備のリズムも乱れ、
この回だけで数え切れないぐらいのエラー。
また、そこでふんばるのがエースなのですが、
3ランホームランを打たれ、万事休す。
1イニングでこんなに長いこと投げたのは初めてちゃうかな?

試合は結局9−1で負けました。
悔しい・・・・・
ムッチャ悔しい・・・・・
同じ負けるにしてもこんなに悔しい負け方は嫌やな。

悔しい要因はたくさんある。
大事なこの時期に数年ぶりに首のヘルニアが再発したこと。
そのことによって思い通りの投球が出来なかったこと。
また、毎年、テンションは上がるものの
満足な調整と練習が出来ないこと。
ソフトボールは団体競技なのに、
ピッチャーがこれではみんなに迷惑をかけるばかり。
ほんまにメンバーに悪い事したな。
そればかりか相手にも大変失礼な試合をした。

試合が終わって数時間。
試合中のテンションとの落差で、なんか体が「腑抜け」になっている。
でもな、あんまりテンション上げすぎてもメンバーに悪いよな。
クラブチームやから、それぞれがソフトボールに対する取り組み方が違う。
頭の中では分かっているつもりでも、体が理解でけへん。

今日は午前中、出社して、午後から試合、夕方また出社。
こんな生活ももう疲れたな。
仕事にももっと熱中したい。
家族に対しても全然時間を裂いてないし、
子供のソフトボールも見てやることが出来ない。
おまけに体ももうボロボロ。
年齢考えると、潮時?・・・・・・・・・かな(涙)


 
よい一日でした。  2006年07月22日(土)
眠い、あー、眠い。
でも、寝られない。
今日も首から左半身にかけて、ムチャクチャ痛い。
こんなんで明日の泉南オープン、戦えるんやろか?
おまけに祭りの準備でメンバーは飛車角落ち。
せめて相手に失礼のない様、頑張らねば・・・・

今日は朝からたくさんのお客様が来社された。
その中にB4広島さんがいた。
もう、納車させていただいて1ヶ月以上になるが、
今でもB4に乗るのが嬉しくてたまらないらしい。
こういう車を提案させていただくのは中古車屋として本望。
B4、オイル交換をさせていただいた。
当社は100%化学合成オイルを使っている。
高速走行が多いこのB4、交換した廃油も少し粘り気があって
おまけに透き通っている。
やっぱり、オイルはグレードUPしてよかった。

B4広島さん、広島で餃子の製造を行っている。
頂いた名刺の住所を見ると、
先日、キャンピングカーの納車をさせていただいたお客様の近隣。
こうやって考えると日本はやはり狭いものだ。
ネットの普及でさらに狭くなったのかも知れない。

餃子、製造がおっつかないほど売れているらしい。
おかげで僕の口には一つも入っていない。
この餃子、広島で有名な製麺所の生地を使って皮を練り、
白菜は信州から、醤油は地元のこだわり醤油。
豚肉にもこだわった、もう、こだわりこだわりの餃子。
ただ、店主がすべて手作業で包んでいるので
一日に生産できる量は30パック。
この量が限界だそうだ。
なんて、餃子かって?
フフッ、まだこのブログでは名前は明かさないよ。
注文が増加して僕の口に入るのが遅れると困るから。
早く送ってきてね。

午前中にご来社いただいた橋本のお客様。
お客様のB4、メチャ速いです。
吸排気系のチューンで、正直、あんなに変わるとは・・・・
特筆すべきはタイヤのセッティング。
扁平率上げて、上下のストラットバー。
初めてみましたよ、50のタイヤ履いている人。
でも、お母さんのために乗り心地を重視したチューン。
見た目もフェンダーとの隙間が狭くて格好よかったし、
その上、剛性も上げるって、発想の転換ですね。
目からウロコが落ちました。
褒めすぎたおかげで、「乗り換える」って言って下さってたのに
売り上げ1台損しました(笑)
でも、正直な話、あのB4からどんな車に乗り換えても
違和感、感じると思いますよ。
ベンツのE55ぐらいなら別かもしれないけど。

夕方に車検でご来社のスペックBワゴンのお医者様。
色んなお話してくださって、楽しい時間を過ごせました。
なかなか人間味のあるお話で楽しかったです。
A型スペックBワゴン、男の車ですよね。
依頼された事項もそれ以外の箇所もばっちり見ておきます。
楽しみにしておいてくださいね。

車検引取りのGTワゴン、ガーネットレッドパールのお客様。
水圧テスト、各ホース類、ディーラーでも当社でも点検したのですが
水漏れなどは全くありませんでした。
でも、ラジエーター液の匂いはしますよね。
今日、ディーラーに行った時、そのことについて聞いたのですが、
「そんな話、初めて聞く」みたいな事、言われました。
そんなはずないですよね。
だって、うちでは2.0GT、3.0R含めて何件かありますから。
ブレーキローターの件も含めて、
この話はメーカー相手に徹底的に調査します。

2.0GTワゴンの納車のお客様。
ディーラー整備でブレーキ点検したにもかかわらず、
そのときは正常と判断され、ローターの交換が行われませんでした。
ディーラーでも100km/hぐらいの想定での点検は行うらしいのですが
120km/hの状況下でのテストは行ってなかったらしいです。
当社での最終走行テストの際に発覚しました。
少し、フィーリングに違和感を感じたのと、
ジャダーが出かけているので、ローターは交換します。
部品は来週早々入荷します。
入荷次第、連絡させていただきますので、
ご足労ですが、再度ご来社下さい。
また、スペアキーはイモビライザー付ですので
お客様の名義に変更後、免許証のコピーを頂いてから、
発注後、納品までに約1ヶ月かかります。
入荷後、車をディーラーに持ち込んでの設定が必要になります。
引き取りに伺いますのでよろしくお願い申し上げます。
中古車でスペアキーが付属していないのはタマにあります。
ご自身で作成されると、非常に邪魔臭い手続きだけでなく、
2万円以上の費用がかかります。
当社販売のレガシィはすべてリモコンキーのスペアキー付です。
お手数を取らせますが、なにとぞご理解くださいませ。

九州本部のマネージャー様。
今日は2人休んだので店頭が忙しかったです。
従いまして研修会の資料の完成が夜の11時を過ぎてしまいました。
自社でプリントアウトしようとしたのですが、
途中でトナー切れ、予備のトナーもありませんでしたので
印刷の方、よろしくお願いします。
資料のファイルはメールで送っております。
月曜日午前中までに50ページ、35人分の印刷、間に合うやろか?

東京本部のマネージャー、及びWEB担当者様。
人が夜中までせっせと資料作りしている時に、
ほろ酔い気分で食べているラーメンはさぞ美味かったことでしょう。
僕が呪いをかけておいたので、
今頃は転んでケガをしていないか心配です。

ということで今日も非常によい一日でした。
明日の泉南オープン、ボロ負けしてきます。
万が一、勝てば僕のチーム名を明かします。
それでは皆さん、おやすみなさい。


 
久しぶりの天使  2006年07月21日(金)
今日も午前11時から病院へ。
今日は週に一度のブロック注射の日。
前回と違って、今日の注射は首の後ろから打ったにもかかわらず、
左腕に「キュイーン」と来た。
かなり適切な位置に薬が入ったのだろう。
心なしか楽になったような気がしたが、
10分後のリハビリの時には、すでに左半身が痛かった。
でも、まあこんなものなのだろう。
医師を信じて続けてみようかと思う。
ブロック注射、こんなに再々打っても大丈夫なのだろうか?

帰り道、昼の時間を少し過ぎたところでラーメン青葉へ。
今日で4日連続。さすがに飽きてきたが、
今月中の前メニュー制覇まであと2種類。
昨日は野菜炒め定食だったので今日は焼き豚定食。
一昨日の角煮定食と比較すると、角煮が焼き豚に変わっただけだが、
コレも、ボリュームたっぷりのおかず。
直径10cmはあろうかという分厚い焼き豚4枚。
そしていつもの中華風玉子焼き。
その下には大盛りのもやしのおひたし。
付け合せにキムチ。
コレに、玉子とワカメともやしの入ったどんぶり一杯のスープ。
もう、おなかいっぱい。

帰ってきてから歯が痛み出したので、
予約を入れてなかったが、無理やり電話でお願いして
久しぶりに天使のいる歯医者さんへ。
20分、30分、40分、やはり急な予約がいけなかったのか?
待てど暮らせど僕の名前は呼ばれない。
いよいよ時間がなくなったので、
僕「あのー、今日は時間がないのでまた今度来ます」
天使「せっかくきていただいたのに申し訳ありません」
僕「いや、無理に電話して押しかけたのは僕ですから」
天使「今日診察受けなくて大丈夫ですか?」
なんていい人なんだろう。
こんな人ばかりだと、争いも、テロも、戦争も
ミサイル発射も、大地震も、津波も起きなかったのに・・・
やはりここの天使はピカイチ。
前回は途中でやめたが、最後まで通おう。
たとえ1年かかっても2年かかっても
天使が通えと言うのなら僕は犬にでも牛にでもなろう。

帰ってきてから、九州の研修の資料作り。
160ページある資料を何とか40ページぐらいにまで
圧縮する作業。
何とか圧縮を終えたが、圧縮しすぎて何がなんだか分からない。
でも、自分でネット販売の資料を作っていると
初心に帰れたようで帰ってよかったかもしれない。
おかげでたくさんのヒントを得た。
今月は史上最悪の売り上げだが、
何とか8月からは元のペースに戻したい。

資料作りの参考にネットで中古車の販売手法を探していたが
その中に中古車のブランド戦略という項目があった。
内容を読んでいると、実際に良いお店をいかに美味くアピールするか?
という項目があったのだが、その項目を読んでから
雨上がりの店頭車を掃除していたら、
ものすごく自社の店舗が汚く見えてきた。

人、モノ、器 、の内のモノに関しては絶対に引けを取らない自信があるが
人と器に関して言ったらどうやろう?
器は老朽化、人も老朽化。
せっかくの商品が実際の値打ちよりも低く見えてしまう。
これは大幅にリニューアルする必要がありそうだ。

こうやって考えると今日はまったく仕事をしていない。
明日は頑張って仕事をしよう!!


 
ふとん太鼓  2006年07月20日(木)
今日の一台。
11年後期レガシィツーリングワゴンGT-VDC。
普段は低年式のBHは扱わない。
というのも前オーナーの仕様状態の把握できない
車は怖いから。
でも、このBHは当社のお客様が新車から
大事に乗られていた車。
いい意味で、気になるところはすべて改善しなければ
気がすまないお客様が所有されていた車なので、
内外装はおろか、機関の状態まで素晴らしい。
中古車は走行距離、色などの客観的な情報だけでなく
こういう表に出てこないところも評価して欲しい。
気になる人は当社HPから整備履歴なども見てみて。
低年式のBHは状態のいいのが少ないけどコレは本当にいいです。

来週の24日、九州に行く。
何をしに行くかといえば、な、なんと
中古車インターネット販売についての研修会で
僕が講師として行くのだ。
そうそうたる九州のTAXメンバーの中で
この僕がどんな話をすればよいのだろう?

この話の依頼を受けた時、九州の大先輩方に対して
講義をするなんてことは、恐れ多いので固辞していたが、
思えば、九州のTAX店にも随分とたくさんの納車を
快く受けていただいた。
そのことに対しては非常に感謝しているし、
いつか恩返しさせていただかなければならないと思っていたので
本当によい機会を与えていただいた。

九州のお客様は地元のTAX店で納車をさせていただくと
本当に喜んでいただける。
それもそのはず、九州のTAX店は立派な会社が多い。
対してうちの会社、本当に吹けば飛ぶような会社だ。
ネットで購入したお客様は、うちの会社を見ると
さぞ、驚かれることだろう。
車の品質、価格、整備、保証に関しては負けない自信があるが、
こと会社に関してはまだまだ発展途上の会社です。

まあ、それでも久しぶりの中州はめっちゃ楽しみ。
日本で一番好きな繁華街。
楽しみ、楽しみ。
って、何をしに行くのやら・・・・・

そう考えるとTAXに入っていて本当によかった。
日本中のほとんどの地域にTAX店があるので
遠方のお客様にでも安心して購入していただける。
日本中のTAXメンバーの中で一番の恩恵を受けているのは
僕かもしれない。

でも、話をする時間は約3時間。
資料作りはこれからです。
ちょっと大変・・・・

今日の昼ごはん、病院からのリハビリの帰りに
3日連続でラーメン青葉に寄った。
今日のメニューは野菜炒め定食700円。
強火で炒めた野菜は香ばしくて美味だったけれど
ビジュアルがイマイチだったので撮影はやめました。
7月中の全ランチメニュー制覇を目指しているが、
残すは焼きそば定食と焼き豚定食。
あと2種類は軽々クリア?と行きたいけど。
元々、脂っこい体がさらに脂っこい。
美味いのは間違いない。
が、デブには毒やな。

泉南オープン、決勝トーナメントは23日から。
もう、ソフトボール人生の最後だとおもって
すべてをかけて挑みたい。
と、思っていたのだが、「人数がやばいかも・・・」との電話。
先週からのメンバーの大半が欠席するかもしれない。
その理由は、祭りのための「寄り合い」らしい。

このチーム、大阪でも有名な「百舌鳥ふとん太鼓まつり」のある地域。
毎年、このシーズンは祭りのために男達は命をかける。
大げさかと思うでしょ?
お祭りのない地域の人たちには理解できないかもしれないけど、
祭りの青年団に属している人はすべてのことに対して
「祭り」が優先する。
っていうか、あんたら一年中祭りのことで頭いっぱいやん。
祭り終わったとたんから来年の祭りの話してるやん。
せっかくの泉南オープン決勝トーナメントですよ。
祭り本番ならともかく、1試合だけなんやから
何とか時間調整して参加して欲しいねんけどな。
これでメンバーが揃わなくてボロ負けしたら
悔やんでも悔やみきれへんねんけどな・・・・・
ちょっと、テンション下がるな。
まあ、人それぞれだから仕方がないか・・・・・

昨日のブログのコメントで「掲示板を設置したら・・・」
というご意見を頂いた。ありがとうございます。
掲示板については以前から、その思いはあったのだけれど
設置に対してはなかなか踏み切れずにいた。
でも、そうすることでよりタイムリーな情報交換が出来るなら
前向きに考えてみようと思う。

九州から帰ってきたらホームページの物件情報、
少し動かしてみようと思う。
内容は・・・・・?見てのお楽しみ。


 
角煮定食  2006年07月19日(水)
最近の日課は首のリハビリ。
車で15分ほどの道のりの病院にリハビリをしに行く。
片道15分、待ち時間20分、リハビリ10分。
今日はあることにハタと気付いた。
(そうや、せっかく来ているのだから腰のリハビリもやろう)

最近は左半身の痛みがあまりにもきついので
腰のことをすっかり忘れていた。
というか、痛み止めの座薬や飲み薬は
腰には比較的効いているので、首ばかりに意識が行っていたのだ。

でも、じっとしていると下肢や腰も相当痛い。
担当医に腰のリハビリもお願いしてみたが、
今日はリハビリのみの日だったので、
「腰の話は、また今度診察の日にでも」と言われた。
忙しかったのかもしれないが、ちょっとぐらいは話を聞いてくれ〜。

最近、マイブームになっていることがある。
それは私が愛してやまないランチのことだ。
普段は会社でお弁当か買出しに行ったものを食べるのだが
病院に通っている僕は、昼食の時間に間に合わないので
帰りにその辺で昼食を済ませてくる。
気に入っている中華料理屋があるのだが、
店が狭い上にものすごく混んでいる。
やはり、お客様は正直だ。
場所の悪い店なのに、どこからかうわさを聞きつけるのか
こんな店にもたくさんのお客様が押し寄せる。

元々、早食いで昼メシに時間をかけることはないのだが
混んでいる店で慌ててランチを取るのも味気ないので、
昨日、ちょっと以前から気になっている店で昼食を取った。
その店の名は「ラーメン青葉」
いわゆるチェーン店の青葉ラーメンとは違います。
堺市の三国ヶ丘駅の駅裏、国道沿いの店。

昨日はラーメン、焼き飯定食を食ったのだがこれが秀逸。
最近、なんとなく香ばしく匂う焼き飯を出す店が少ない中、
ここの焼き飯は中華料理が炎の料理だということを思い出させる香ばしさ。
もう満足、満腹で店を後にしたのだが、
実は食べている最中に隣の人のメニューが気になって仕方がなかったのだよ。

それは、何の変哲もない「焼きそば定食」と思いきや、
スープがなんと、どんぶり鉢に入っている。
あまり、隣の人の食べているものを凝視してもまずいので
「ラーメン青葉」のランチメニュー5種類は今月中に制覇することに決めた。

そして話は戻って今日の昼食。
まずは角煮定食750円。
携帯で撮影したのであまりうまく撮れていないですが、
これですよ、コレ。

もう、箸で触るだけで崩れるようなデッカイ豚の角煮が5つ。
その下に色んな野菜の具が入った大きな玉子焼き?(オムレツ?)
その下にもやしのおひたし。
付けあわせがキムチと青梗菜。
角煮は一口、口に運ぶともうとろけるような味わいで、
「豚肉はこんなにもうまかったのか?」と再認識させてくれる
秀逸さでした。
そして本題のスープ。
ラーメンの鉢はあろうかという大きな丼鉢に
もやし、ワカメ、玉子とボリュームたっぷりのスープでした。
大食漢の僕でも食いきれないぐらいのおかず。
(すいません、ご飯はお代わりしました)
なんと、ご飯はお代わりがタダ。
まさに、パワーフードやね。
よーし、明日は野菜炒め定食。

ホームページのアクセス数を久しぶりに見た。
一日あたりのユニークアクセスが平均で200とちょっと。
非常にありがたい話です。
うちのような本当に何の内容のないホームページに
こんなに多数のアクセスをいただけるなんて感謝感激です。
でも、今年に入ってからはアクセス数は横ばいです。
アクセス数が増えたからっていいものではないと思うけど
ホームページ、何とか動かす方法はないものか?
どんなことやったらいいですか?
皆様のアイデアをお待ちしております。

それにしても・・・・首と左半身が痛い。
今日も寝られへんねやろな・・・
おやすみなさい


 

| 次へ
最新在庫情報
スバル レガシィツーリングワゴン 3.0R ユーザー買取車 マッキントッシュ クルコン VDC 3.0L
19万円

スバル レガシィツーリングワゴン 3.0R ユーザー買取車 マッキントッシュ クルコン VDC 3.0L

アウディ アウディ A8 L 4.2クワトロ アクティブクルコン 革シート 4.2L
139万円

アウディ アウディ A8 L 4.2クワトロ アクティブクルコン 革シート 4.2L

スバル レガシィツーリングワゴン 3.0R マッキントッシュ 純正DVDナビ クルコン 3.0L
29万円

スバル レガシィツーリングワゴン 3.0R マッキントッシュ 純正DVDナビ クルコン 3.0L

2006年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts