この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2008年03月 | Main | 2008年05月 »
この感覚は・・・?  2008年04月30日(水)
暫定税率復活?
まあな・・・政治家の人が考えることはよう分からんけどな・・・
せめてもう1週間かそこら、早いこと決めてくれんとな。

減税はギリギリでもエエねん。
でも増税はな・・・・
早いこと言うてくれんとな。
4月に3%の取得税で契約したお客様に
「暫定税率復活したから取得税○○円」追徴になります。
これは言い難いなぁ。
「総額で○○円」って予算立ててやっとのことで契約して
「すいません、あと1万5千円必要です」
言ったら怒られるやろな。
でも、言わんとな。
ほんま、申し訳ないけど理解してください。


月曜日、ある事件があったんです。
大阪府下のとある警察署に行ったときの事。
「ああ、この書類はあかんな、車庫の使用期間が30日からやろ?
今日は28日やからまだ受け付けられへんで」
そういわれたうちのお嬢、車庫証明の書類を提出できずに帰ってきました。
そのことを聞いて僕はすぐさまその警察署に電話を入れました。
「車庫証明の発行まで1週間かかるはず。
なのに車庫は車庫証明が発行される前から借りる必要があるのですか?」
まあ、発行の前に実際に警察での決済はもう少し前だから
1週間先の使用期間の車庫証明の受付は出来なくても、
2日先の車庫証明の受付は出来るはずなのだが・・・・

そのことを警察に告げると
「とにかく規則ですから・・・」の一点張り。
「すいません、ではその理由を教えてください」と担当に告げると
上司と思しき担当者が電話に出た。
また一から今回の経緯を説明して理解してもらったが
「規則ですから」の一点張り。
「それはもちろん大阪府警の統一見解ですよね?でしたら理由を教えてください」と言うと
「確認して折り返し連絡させていただきます」との返事。

1時間ほど経って警察署から電話がかかってきた。
担当者「今回の申請は受理させていただきます。もう一度お越しください」
僕「え?もう一度行かなければならないのですか?
行くことはやぶさかではないけど、お断りになった理由はなんですか?」
担当者「それは借りている車庫場合、車庫の使用期間を間違って申請される方がいるので
無用なトラブルを避けるためです」
僕「すいません、土地名義がご主人と言うだけで、今回は自宅のガレージなんですけど」
担当者「え?自宅のガレージですか?・・・・・・とにかくお越しください」
僕「そういう理由でまた1時間かけて行かなければならないのですか?」
担当者「・・・・・・」
意地を張っても仕方がないのでとにかくもう一度出向いた。

無事に受理となったが、今回の車庫証明の件といい、暫定税率の件といい、
どうしてこうなんだろう?
うちの会社が同じようなことをお客様に言ったら・・・・
考えただけでも恐ろしい。


 
失敗は成功の?  2008年04月29日(火)
シイラはね、塩して汗かかして下ごしらえしたらまったく臭みがなくなった。
おかげ様で最後まで美味しく食べられました。
魚嫌いの娘でさえ、「おいしい」といって食べてました。

さて、4月のTAX泉北、史上最高の販売台数でした。
といっても超零細企業なので他社と比較したら知れているけど、
色々とこだわりを捨てなかったことを考えればスタッフを褒めてあげたいです。

ただ、もっとやれました。
「やれた」と言うのは台数の話ではなくて販売の質の話。
仕入れにしろ、広告にしろ、整備にしろもっとクオリティは上げられるはず。
そうすれば必然的に台数は上がってくると思われます。
来月は前半、ゴールデンウイークですけど記録更新狙います。

日曜日は子供のチームの初の硬式試合でした。
1試合目は15-0で勝利。
2試合目は19-1で負け。
やはり、きちんとやっているチームにはまだまだかないません。

やったらあかんプレーがたくさん出て、
やらないといけないプレーはやれなかったです。
「出来なかった」ではなくて「出なかった」です。

実践練習が必要だと感じました。
でも、4月から始まった新チーム。
実戦練習をするためにはまだまだ基本練習が必要です。

チャレンジしないことには100年経っても出来ないプレーでも
チャレンジすれば1ヶ月で出来ることもあります。

最初はしっくり来ないことでもすぐに慣れるはず。
いっぺん、やってみようよ。

練習ではやりやすいわな。
でも、試合で出来ないのはなぜだろう?
それはさあ、失敗を恐れているからとちゃうかな?
誰でも失敗するって。
1回の失敗よりも、成功を知らんことの方が怖いねんって。
だからやってみよう。
やることは最初は怖いかも知れん。
でもさあ、誰かが先頭切ってやることで、みんながやれるようになる。
そしてみんながチャレンジできるようになれば、
すぐには成功しなくても、信頼関係も深まり、
本当に良いチームになれるねんて。

大事なのは「失敗しない」ことではなくて、
失敗を恐れて「成功を知らない」ことやねんで。
みんなには失敗しても励ましてくれる仲間がいるんやから。
だから、失敗は「怖いもの」ではなくて
成功のための一歩めなんやな。

今年のテーマはチャレンジや。


 
背中が痛い  2008年04月28日(月)
うぅ・・・背中痛い

昨日は酔っ払ってそのまま板の間で寝てしまった。
僕は寝相がいいのか、寝ていてもほとんど体制は変わらない。
寝る前に読んでた本がそのまま胸の上に乗っかっているぐらいやから。
でも、これって体のためには良くないらしいね。
寝相を悪くする方法ってないかな?

こんな寝方したら、例のごとく5時前に目が覚めた。
鏡見たら、いつにも増してひどい顔・・・
飲みすぎやねん。
今日も一日、しんどいやろな。

先日、来店されたお客様に
芋洗い坂係長みたいなイメージ持ってました」って言われた。
フーン・・・芋洗い坂係長ねぇ・・・?
どんなタレントかな・・・?
そのまましばらく忘れていたのだが、
昨日、テレビで初めて芋洗い坂係長を見た。
・・・・・・・
ガックシ
ブログに「太った」「髪の毛薄くなってきた」って書いてるから、
そんなイメージ持たれるんやろね。
これならラオウの方が全然いいね。
でもさあ、このまま行くと本当に芋洗い坂係長になってまうな。
トシも取ってきたし「飲みすぎ」「食べすぎ」エエ加減にせんとあかんね。

昨晩は頂いたシイラを調理した。
突然、思い立って調理したので下ごしらえも何もしなかった。
淡白な魚であることは分かっていたので、濃い目の味付けにした。
オリーブオイルとガーリック、スパイスに塩を入れてソースを作った。
魚自体は本当に淡白であっさりとした味だけど、結構美味かった。
初めて食べる魚やったけど、この味はけっこう食ってる気がする。
もしかしたら、定食とかホカ弁の魚フライなんかはシイラを使ってるんとちゃうかな?
下ごしらえをきちんとするか、臭みを抜く調理法をすれば、
もっと美味い料理になってたんやろうね。
まだ、残ってるんで明日は再チャレンジ。


 
シイラとキハダ  2008年04月27日(日)

エビチリ、ミンチカツ、焼きそば。
いつもながらこれで持ってきてもらって650円。
えびすやはいつもありがたいものです。


ありがたいついでにもう一つ。
7時ごろに仲の良いお客様から1本の電話。
「YOSHIさん、8時までに行くから待ってて」
そのお客様、8時前に来てくださって持ってきてくださったのがこれ。


頭は切り落としてあったけど60cmはあろうかと言うシイラと

これも頭を切り落としてあるけど30cm以上あるキハダマグロの子供。

頭があればシイラは80cm近く、キハダは40cm以上の代物でした。

沖縄で釣ってきたものをわざわざお土産に持ってきてくださいました。
頭と内臓は処理済、うろこは落としてありました。
なんとありがたい・・・ 涙
お心遣いが嬉しいです。

1人では食べきれないのでどうしようかと迷った挙句、
3枚におろしてみんなで分けることにしました。

ところがうちは車屋、包丁などあるはずもないです。
が、果物ナイフを発見。

これで捌くことにしました。

昔は魚釣りによく行っていたので魚をさばくことなどお手の物のはずなんですが、
切れ味の鈍い果物ナイフでシイラを捌いたこともあるはずがなく、
これはどうしたものか?と悩んでいたのですが、とりあえずチャレンジ。

何とか綺麗に?捌けました。

明日は料理にチャレンジです。


 
大げさに聞こえるかもしれませんが・・・  2008年04月25日(金)
少ない予算で本当に良い物を長く乗りたい。
それをきっちりと提案できる「売り場」を作ることが必要だと改めて感じました。

だから品揃えを必死で考える。
100点満点ではなく120点を目指したい。
期待にこたえるだけでなく、驚かせたいと思う。
「え?なんでこんな価格で売ってんの?」
「これだけの程度の車、見たことないわ」
「なんで、こんなにいい車手放したん?」
そんな言葉を聞くと心の中で「ニヤッ」としてしまう。
その瞬間、心地よい幸福感が包んでくれる。

中古車としてここにある状況で、
あるいはこの価格で売っているのが信じられないような商品を集めたい。

良い商品を想像も出来ないような価格で提案してこそサプライズが生まれる。
そうすれば、きっと奥の人が声をかけてくれる。

信用、安心、期待、納得
この4つを得られることでそれは実現できる。

信用が出来るからこそ、その人に仕事を依頼できる。
熱意と誠意を持って動いているからから安心できる。
最高の結果を生み出してくれるのではないかと言う期待を持てる。
信用して安心して期待通りの結果になったときに始めて納得する。
そしてその後に僕が思う合格点のサプライズがある。
合格点へのハードルは高いかもしれないが、
実際に目指していかなければ到達し得ることはない。

だから、我々はマイスターの集まり出ないといけない。
いや、中古車のソムリエとも言うべきか・・・?

自分自身が満足できないのに相手が満足するはずはない。
とにかく、今のままでは満足できるはずもない。
納得できるまで必死でこの道を全うしたい。


 
カバン一つ買うのにも・・・・  2008年04月23日(水)
昨日はTAXの近畿ブロックの会議だった。
場所は新大阪のホテルでの開催だったので地下鉄で行くことにした。
ちょっと早めに出て鞄を買うことにした。
あとから考えてみると、梅田か難波で買えば良かったのだが、
途中の北花田のダイヤモンドシティーで鞄を物色することにした。

まず、キーテナントの阪急百貨店に足を向けた。
阪急百貨店といえど、堺市に出店しただけあって
都心に出店したそれとは趣を異にする。
まず、通常の都心型店舗なら地下街にあるはずの食料品売り場は
この堺店では1階のメインの売り場に位置する。
どことなく郊外のショッピングセンターに来たような錯覚を覚える。

売り場のゾーニング図を見て鞄の売り場を確認する。
メンズの売り場は3階、男物の鞄もきっとここにあるに違いない。
エスカレーターで3階に上がると「催事場」の看板が見える。
さすがは我が堺市、都心の百貨店なら7階か8階にある催事場も
この堺店ではいきなり3階に位置することになる。

気になって立ち寄ってみたが春物バーゲンとかで大したものは売っていなかった。
本来の鞄を物色することにする。
上には伸びていないけど、やたら横に広いこの堺店。
やっとのことで鞄の売り場を見つける。

僕のスーツが黒が多いので、黒のスーツにある粋なビジネスバッグが欲しい。
一番先に目に留まった茶色のバッグ、ちょっと格好良いけど茶色はダメ。
今日は黒のバッグを買うつもりで立ち寄ったので最初から鞄を持ってない。
身に着けている黒のスーツと合わせても、ちょっとおかしな気がする。
色違いの赤のバッグも格好いい。
でも、これも却下。
プライベート用に買おうかとも思ったけど、
よく考えたらプライベートの時はこんな形のバッグは持たない。

でも、一応?値段を確認してみると、37,500円・・・
ふーん・・・こんなビニールのバッグが37,500円ねえ・・・
なんか見たこともないようなブランドのロゴが目に付く。
さすがにこの年になるとブランドのビニールのバッグより、
機能的で素材と作りのしっかりしたものが欲しい。

僕は結構たくさんのものをバッグに入れるし、
持ち歩くときはあちこちに行って開け閉めも激しいので
強くてしっかりしてて5,6年使える物が欲しい。
それでいて、リーズナブルな価格なら言うことはない。

5万円をちょっと超える価格でしっかりとした革素材のものがあったけど
デザインが気に入らなかったので買うのをやめた。

阪急の売り場をあとにして、もう1件のキーテナントのジャスコに向かった。
ここでは1万円をちょっと超える程度のリーズナブルな鞄があったけど
長いこと使うので、もうちょっと良いものが欲しくて買うのをやめた。

専門店街を探したけど、鞄の専門店というものが1件しかなかった。
ここでも気に入ったのがなかった。
あとは専門店街の中のメンズの洋服のお店でちょこっとバッグは置いてたけど
「これ売れてますよ」とブランドショップの店員が勧めてくれたバッグは
ロゴだけが入っている安物の布のバッグだった。
もう値段を見る気も起きなかった。

結局、最初の阪急の売り場に戻った。
目に入るのは、ブランドばかりを強調した売値は高いけど安物のバッグばかり。
欲しいものはなかったけど鞄がないのも困るので、そこそこの値段の物を買った。
そのバッグはその売り場の中では比較的マシな気がした。
ブランドのロゴが入っていないのも選んだ理由の一つだった。
ただ、「これは○○○○○○○というブランドのバッグです」
という説明にちょっと苦笑してしまった。
そのブランド名の会社は僕の前職の超お得意さんの会社だった。
見た目は格好良いけど「長く使えない、長く着れない」物を作るイメージがあった。
店員さんはこのブランド名を誇らしげに語った。

まあ、今と昔では物の作り方は違うんだろうけど、長く使えるだろうか?
このつんつるてんのバッグが・・・・
なんか、昔に「ここの商品だけは買うのをやめておこう」と思っていたバッグを
今この年になって購入することになったのはちょっと可笑しかった。

店員さんに聞いてみた。
「ノーブランドでしっかりとした作りと素材のバッグは置いてないのですか?」
すると女性の店員さんは、
「そういうのはなかなか売れなくて、やはりブランドのロゴがあるのが売れる」
という答えが返ってきた。
「梅田店に行けばそういうのも少しはありますよ」とも・・・

前職は出店企画や売り場作りの仕事だったが、
その20年前の時代でも「堺の出店は難しい」と言っていたのを思い出した。
「本物が欲しいユーザーは電車で10分の難波に行けば
価格は別にして「良いもの」がいくらでも売っているから」
と言うのが理由だったように思う。

あの申し訳程度についたブランドのロゴのバッグの
作りが良いとか縫製がいいとかは思わない。
多分?堺の住民もそのあたりには気が付いていることであろう。

ヴィトンやシャネルのバッグがあの価格なのは
それはそれなりに買う人の価値観の問題なのでなんとなく理解は出来る。
でも、中途半端な価格で中途半端なロゴだけが付いたバッグを買うのなら
ノーブランドでも、もっと質のいいものはたくさんある気がする。

お金持ちは金に糸目をつけないでヴィトンを買えばいいんだろう。
長持ちしなくてもまた、新しいのに買い換えたらいいんだろう。
でも、そうでない僕らを相手にあの品揃えはちょっと残念な気がした。
それでもブランドのロゴに弱いねんな。
技術力や製品に対する信頼感はまったくと言っていいほど関係ないのかな?

なんかねえ、車と似ているような気がするねえ。
お金が余っている人はベンツやBMWやレクサスを
新しいものが出るたびに買い換えればいいんだろうけど
そうでない普通の僕たちは少ない予算で本当に良い物を長く乗りたい。
それをきっちりと提案できる「売り場」を作ることが必要だと改めて感じました。


 
インプが衝突安全度第1位  2008年04月21日(月)
阪神めっちゃ強いやん。
下柳が完投したと思ったらら球児が連続10セーブ?
余裕で勝ったら檜山も今岡も出番がないやん。
そんなに大した戦力とは思わないけど、うまい事噛みあってるよな。
でも、広島や楽天に比較するとやっぱりエエ選手は多いな。
今年はリーグチャンピオンになってくれるとエエな。


*国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構は21日、
自動車の衝突安全性能を評価する「2007年度自動車アセスメント」の結果を発表した。
直近1年間で販売台数が多かった15車種を対象に、衝突などの試験を実施し、
富士重工業 <7270> の乗用車「インプレッサ」がグランプリを獲得した。
(ネットの記事より抜粋)

おお!!
インプレッサが最も安全な車、第1位。
正直なところ、インプレッサが衝突安全度が1位とは知らなかった。
スバルのボディが剛性を重視しているのはもちろん知っているし、
だからこそ、スバル中心でお店作りをしているのだけど、
最近の他の車の数字に注目しているわけではなかったので
こうして改めて媒体で目にすると、かなり嬉しい。
でも、この数字って新型のインプやね?
直近1年間で販売台数が多かった15車種にインプが入っているとは意外。
それが本当なら、トヨタに吸収されることもなかったのでは・・・?

あんまり好きやなかってんけどな、新型インプ。
旧型はそのままラリー走っていけそうで、めっちゃ格好よかった。
でも、そういう需要が多いのか、旧型の相場、依然高いね。
それに比較して新型相場は結構安い感じがする。
下手したら旧型と全然変わんないかも・・・?
新型、1台入れてみるかな?


 
黄色いKeiWorks  2008年04月19日(土)
本日の午前中は子供のソフトボールチームの初試合。
1試合目は6-16で負け。
2試合目は22-2で勝ち。
なんと言えばいいのだろう。
ピッチャーは4月に入ってから取り組み始めた子供なので
まだ、「よくやった」と褒めてあげたい。
基本の「投げられる」「捕れる」「走れる」を中心にやってきたが、
随所に効果は出ていたんだと思う。
いくつかのいいプレーが出た。

初監督のこの試合、「負けて当たり前」で挑んだのだが、
途中から自分自身が結構のめりこんでいた感じがする。
課題は山積みである。
あせったらあかんのは分かってるねんけど、
6月には結果出さないとあかんしな・・・・・
まあ、あせらんとやろう。

オークションでの仕入れは不調だった。
今日は3.0Rのいいのが2台あった。
3.0R、最近の相場は買い得感があったんだけど
今日のは結構イケテル車だったせいか、高かったな。
お!?っていう車はやっぱりまだまだ高いです。
その値打ちはあるんやろうけどな〜・・・
あの価格では僕には手が出せないです。

そういや、木曜日に東京のオークションで33GT-RVSpecの赤が出てたな。
色目的にも珍しいし、走行も19000kmだったので
「これは買い」と必死に追っかけたけど・・・・・
ビックリするような値段やった。
さすがは東京。
関西やったらこの色は値段、入らんもんな。
それにしても競り合った結果とは言え、33で300万オーバーとは・・・
うちのダークグレーの4万キロ、258万税込みなんやけど、
かなり安いと思うねんけどな。
1回、オークションに出してみるか?

昼からはブリッツェンの納車に行った。
セラミックコートは大変喜んでいただけた。
お客様に喜んでいただけるとすごく嬉しい。

帰りは当社の代車のデミオ君。
423号線の山道でバックミラーに黄色い韋駄天軽カーが映し出される。
車間距離を詰めてこられたのでハザードをつけて左によってパス。
お礼のハザードを点けてデミオ君を追い越していった軽カーは
スズキのKei Worksだった。

付いてこうと必死で追いかけようとした。
でも、全然追いつかなかった。
やっぱりデミオ君は山道をかっ飛ばす車ではないね。
すぐに追っかけるのをやめた。

Kei Works、結構速いね。
おまけに格好いい。
巷で見かけることが少ないのがいい。
今度R2Sで勝負してみたいものだ。


 
ソフトの話−ちょっと長いです。  2008年04月18日(金)
まあ、4月から子供のソフトボールチームの監督を引き受けてる訳です。
まだ、半月しか経ってなくて、練習も4回ぐらいしかやってないけど、
ひと言で言うと、楽しいんですよ、これが。

10〜14歳の頃は精神面でも肉体面でも大きな成長を遂げると言います。
学年で言うと小学校4年生から中学校3年生ぐらいまでの学年です。
巷ではこの年齢の時期をゴールデンエイジなんて呼び方をする人もいますが、
まさにその通りやと思いますわ。

先月までボールを怖がっていた3年生がボールに向かっていくようになったり、
ボールにバットを当てることすら苦労していた4年生が、
たったひと月で今は「どこまで飛ばすか」をテーマに取り組んでいたりと
ちょっと学年が変わっただけで取り組み方も大きく変わるものです。

やっぱねえ、学年が変わるということは大きな事なんですね。
おうちの中ではまだ甘えん坊な彼等も、
5年生、6年生ともなるとチームの中では上級生。
おにいちゃんの意識でプレーするようになるんですね。

そうやって意識が変わればプレーも大きく変わります。
これまでは「エラーしたらどうしよう」が「何とか取りたい」に
「打てるはずがない」が「このピッチャーから打ちたい」になるんですね。
そこに肉体的な成長も加わるので、この時期はゴールデンエイジなんだと思います。
だから、この時期に適正な指導をしていく事が大切です。

では、何を持って適正な指導と言うんでしょうか?
色んな指導法があるので何が適正って一概には言えないんですけど、
僕は能動的に、積極的にプレーさせてあげる事が大切だと思います。

そのためにはまずはひとつ目をクリアしていくことやと思います。
ひとつ目ってなんですか?
ひとつ目は雰囲気ですわ。
チームのみんなが仲がいい事が大切やと思います。
人間関係がうまく行ってないと、ソフトを楽しむとか以前の問題ですわ。
これは大人でも同じですよね?

ふたつ目は基本です。
体が大きな子や小さな子、おとなしい子、やんちゃな子、色んな子供がいます。
でも、基本はどの子にとっても同じなんです。
投げること、捕球すること、打つ事、
その手段は色々あるんやろうけど、基になる所は同じです。

ここをクリアすれば、子供はプレーする事が楽しくなるんだと思うのです。
例えば、ダッシュをするときは陸上をやっていたコーチに走り方を教えてもらいます。
ベースのまわり方は野球経験者に教えてもらいます。
そうすると驚くことにベースランニングのタイムが先月より1秒以上も縮まったりします。
こうなると、運動場のトラックを走るのは遅い子でも
ベースランニングは得意やと思い込むんですね。

キャッチボールの最初は野球のピッチャーの投げ方でやってもらいます。
いわゆる「セットポジションから片足で立って」というやつです。
実際のソフトの試合中にこんな投げ方でスローすることはないんだけど、
「体のどこを使って投げるか?」「最初に体のどの部分を動かすか?」
を、体で覚えてもらう為には大事なことです。
そうすることで今までより軽い投げ方で強くて正確なボールが投げられるようになり、
肩や肘の怪我も少なくなります。

ゴロ捕球練習の時は手で転がしてます。
正しい捕球姿勢を覚えることと、ボールを怖がらないようにする為です。
これは時間をかけて徹底的にやります。
何度も反復してやっているうちに、結構綺麗なフォームで捕球できるようになります。
それどころか、返球のフォームもちょっと教えるだけで綺麗に投げるようになります。
次にバットを持ってノックしてもボールを怖がることはありません。
「捕る事」だけがテーマではなく、
「アウトにすること」がテーマになっていたりします。

打つときは体のどこを使ってバットを振るかを徹底的に教えます。
「前で打つ」このことを正しく理解していない子供が多いです。
「引き付けて、前で打つ」これをやってこそ、
前後の移動で打つのではなく、
体の回転でバットを振ることで正確にとらえる事が出来、
ボールも遠くへ飛ぶようになります。

体格などに個人差があってもここまではどの子に対しても同じです。
基本は同じですわ。
基本の上に「適性に応じた適正な指導」があるんやと思います。
苦手を克服することも大事やけど、得意なことを伸ばしてあげることで
自信に繋がって行くんやと思います。

例えば、守るのがヘタでも打つ事が得意な子は、
試合の大事な場面で打ってくれるという期待をみんなが持ちます。
足の速い子は出塁すると、みんなが「盗塁してくれる」という期待を持ちます。
守備の上手い子は「あそこに飛んだら安心」という期待を持ちます。
期待を持たれるっていう事は「信頼される」って言うことなんやと思います。
信頼されると自信に繋がるし、ひとつ目の雰囲気も良くなっていくと思うんです。
だから、3つ目は得意な分野を伸ばすことです。

こうしていくことでソフトボール自体が「楽しく」なってくれればいいと思うのです。

最初はメチャクチャ不安でした。
子供たちがこういう練習方法をどう思うか?って事と
父兄の方たちに受け入れられるか?という不安が付きまといました。
でもね、子供たちは意外にもこの練習方法が面白いって言うてくれたんです。
子供らが面白いって言って積極的に練習してくれるので、
何人かはすごく伸びてきたんですよ。
父兄の方たちも喜んでくれて練習にも積極的に参加してくれてると思います。

もっと時間がかかるかと思って心配していたけど、
意外にも早く形になってきたような気がします。
それもこれも子供たちのおかげです。

開花する時期に個人差はあれど、
今がゴールデンエイジである事に変わりはありません。
当たり前のことやけど、プレーするのは子供たちであって、監督コーチではありません。
上手くなるのは子供が自分で上手くなっていくんです。
本人たちが積極的に取り組むのとそうでないのとでは効果に差が出ます。

だから僕らはその手助けをするだけ。
なるべく勉強して正しい方法で手助けをしなければなりません。

明日は初試合です。
新チームになってから実践練習はほとんどしてません。
多分、ボロボロに負けることでしょう。
でも、めっちゃ楽しみです。

負けてもエエやん、みんな一緒に楽しんでやろうよ。
そうすることで、段々と上手くなっていくから。

ほんで秋頃には勝てるチーム、作ろうな


 
車がきっかけで・・・  2008年04月16日(水)
昨日、お預かりさせていただいたBEブリッツェン2001モデル。
まあまあ綺麗な車なんだけど、
この車、10年後も同じ状態で保管されていたら・・・・
めちゃ、格好良いやろな
多分?こういう5ナンバーサイズの2リッタースポーツカーって
これから先しばらくは発売されないんやと思う(多分・・・)
たとえば、水平対向エンジンは残してくれるんやろうけど、
レガシィもだんだんと排気量が大きくなって、
300馬力をゆうに超えるような車になって行くんとちゃうかな?
レガシィがそんな感じになっていったら、10年後に
「昔、ポルシェがデザインしたブリッツェンっていう車があってな・・・
その車がこれやで」
ってピカピカのプレミアムレッドが車庫から出てきたらすごくカッコよかったりして。

乗り換えてもらわれへんようになるから、あんまり言うのんやめとこう。


BMWのZ4を納車させていただいたお客様からメールをいただきました。
内容をかいつまんで言うと・・・

昔から厳格なお父様がZ4を見るなり
「来週のゴルフコンペやからかしてくれ」
「車に乗って久々楽しい!」て思えて良かったやんか。と言ってくれました。
長男はいたく気に入ったらしく、やたら車で送ってほしがるようになり、
楽しく2人で話しする機会が増えました。
今回、購入にあたってほんと色々お世話になりました。



色々と思い悩まれて購入されたZ4ですが、
こういうメールを頂くと本当に嬉しいです。

中古車といえど車を購入するということは、大きな出来事です。
そのことによって家族との時間が充実することって本当に素晴らしいですよね。
末永く大事にしてくださいね。


 

| 次へ
最新在庫情報
スズキ スイフト ハイブリッドRS 新車 セーフティパッケージ付 フルセグナビ 1.2L
178万円

スズキ スイフト ハイブリッドRS 新車 セーフティパッケージ付 フルセグナビ 1.2L

メルセデス・ベンツ M・ベンツ E350 アバンギャルド AMGスポーツパッケージ 黒革 3.5L
198万円

メルセデス・ベンツ M・ベンツ E350 アバンギャルド AMGスポーツパッケージ 黒革 3.5L

トヨタ bB Z Qバージョン 純正HDDナビ スマートキー ETC 1.5L
43万円

トヨタ bB Z Qバージョン 純正HDDナビ スマートキー ETC 1.5L

2008年04月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts