この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2008年05月 | Main | 2008年07月 »
それでも電車は楽しいのです。  2008年06月30日(月)
朝から奈良の生駒までフォルクスワーゲンビートルの買取に行った。
生駒でのアポイントは午前8時。
電車に乗っている時間は地下鉄御堂筋線難波まで約25分。
難波から近鉄生駒まで20分の合計45分だが、
家からなかもず駅までは歩いて30分。
うまくタクシーが捕まれば良いが、この辺はなぜかタクシーが少ない。
バスの本数も少ない。
徒歩でなかもず駅に向かうという前提なら
逆算すると遅くとも6時半には家を出なければならない。

7時過ぎにはなかもず駅について、ホームに向かう階段を降りていくと
1番線にも2番戦にも電車は止まっているのに
ホームにはなぜか次の電車待ちの人、人、人。
ああ、そうだ、地下鉄に乗ってる間の数十分、
せめて座って通勤してつかの間の休息を取るのですね。

僕は難波までの25分の道のりなので、
その人たちを横目に発車寸前の電車に乗った。
女性専用車両に乗らないように気をつけて、
なるべく空いている車両を選んで乗ったものの
そこはやはり朝のラッシュの時間帯。
女性専用車両でなくとも、たくさんの女性が乗っているのです。

肩や腕が少しでも触れると気になるんです。
「キャーッ!!この人、痴漢ですぅ〜」
叫ばれたらどうしよう?
と、いつもの想像をしながら本を読んでたらいつの間にか難波。

途中の駅のベンチでもそうやったけど、
難波の駅のベンチにもたくさんの人が座っている。
この人たちは何をしているんだろう?
待ち合わせ?
休憩?
おそらくそのうちのどちらかであろう。

近鉄のホームに着いた。
乗り合わせが悪く、生駒まで先着の電車が10数分後だった。
この時点で遅刻確定。
もう少し早く出ればよかった。

近鉄電車に乗った。
運良く座れた。
久しぶりに乗る近鉄電車はわくわくした。
正面にたっている女性は背が高くてスポーティでシュッとしていた。
すごく格好よかった。
「この人と再び会う事は一生ないのだろう」
と思うと、思い切って声をかけようかと思ったけど、
気持ち悪がられるに決まっているのでやめた。
どうせ、僕自身も数時間で忘れることだろう。

ちょっと話はそれるけど、昔これに似た経験があった。
20年前、尼崎のスポーツクラブですごく格好の良い女性を見た。
身長は175cmぐらい、肩は張っていてプールサイドを歩く姿がとても格好よかった。
印象に残ったとは言え、その女性のことも数日で忘れていた。
数年後、旅行でマレーシアに行った。
すると、その女性はやはりマレーシアのホテルのプールサイドを歩いていた。
身長と肩の張り具合の印象が強かったので良く覚えていた。
思い切って声を掛けてみた。
「尼崎の○○に行ってたでしょ?」
その女性、まさかマレーシアで自分のことを知っている人間がいるとは思わなかったのだろう。
いたく感動してくれて、旅行の間に友達になった。

高校の時、いつも通うJRの上野芝駅。
すごく綺麗なOLのお姉さんがいた。
この人も背が高くてきりっとした顔立ちの人だった。
毎日会うので話したことはなかったけど印象に残っていた。
10数年後、いつも行く料理屋さんでその女性に遭遇した。
酔っ払っていたので思い切って話しかけた。
その女性は30半ばを過ぎていたが、顔立ちは昔の面影を残していた。
「昔、上野芝駅を利用していませんでしたか?」
女性はビックリしていた。
「高校生の頃、あこがれていたんですよ」
そういうと、女性はゲラゲラ笑っていたが、
そのお店では楽しく一緒に過ごせた。

別にオチはないんだけど、
人間、どこでどういう人にめぐり会うかは分かりません。
出会いは大切にしましょう。
でも、思い切って声を掛けるんなら、
怖がられないようにシチュエーションを考えて声を掛けましょう。


 
いつもありがとう。  2008年06月28日(土)
昨日の夜はソフトボール関係で非常にお世話になっている人の所へ
ソフトボールの資料をいただきに行った。
その人とのお話の中であることを思い立ち、
仕事が終わってから、スタッフと食事に行くことにした。

当たり前の事だけど、仕事は「完全」を求めたい。
「適当」でいいのなら失敗は少ないが、
「完全」を求めれば求めるほど、失敗の可能性は大きくなる。

人間それぞれ、感覚は違う。
「これでいい」と思ってやっていることでも、
他人から見れば足りない部分もあるかもしれない。
その「ズレ」を修正するために僕はスタッフとたくさんの話をする。
スタッフは本当にみんな良くやっていくれていると思うが、
求められれば求められるほど負担も大きくなるに違いない。

うちの会社は一台販売するのにかなりの手間をかける。
一度でも他の中古車販売店で勤めた経験のある人は
想像も出来ないほどの労力と精度を求められるのですぐにやめる。

今のスタッフはみんな良くやってくれるけど、
多分?毎日しんどいと思っていると思う。
実際に
「しんどいっすわぁ」
って言われる。

そのスタッフに感謝する意味で
「よし、今日は金曜日、みんなで美味しい物でも食べに行こう!」
そう思い立った時はまだ会社の外にいたので会社に電話をしてみる。
「え〜?今日はやめときますわぁ」
そう言われたらちょっとショックやったけど、
幸い、みんな「行きます!」って快諾してくれた。

会社の近くの寿司屋に予約をして食事を始めたのは9時前。
もう、時間も遅かったのであまり色んなもの食べられなかったけど、
刺身も肉も鮨も揚げ物もお酒もめっちゃうまかった。
この店、値段もそんなに高くないし、家族ともたまに行くけど、
家族と行くのとまた違う雰囲気で楽しかった。

たくさん飲んだわけじゃないのにめっちゃ酔っ払った。
家に帰って犬のゲージに頭突っ込んで遊んでたらそのまま寝てしまった。
犬は可愛そうに寝床を取られて他の場所で寝たらしい。

朝は6時前に目が覚めた。
頭が痛かった。
吐き気もしていた。

でも、ホンマに美味しかった。
ホンマに楽しかった。
これからも行きたいし、この仲間とずっと一緒に仕事したいと思った。
って僕はいっつも思ってるねんけどな。
でも、正直な話・・・
みんな、ホンマにいつもありがとう。


 
この車をこの価格で・・・  2008年06月26日(木)
この車をこの価格で販売したかったのです。
その車の名前はセルボTX。
その低いフォルムと純正エアロはスポーティで
高速走行でも安定した走りを実現してくれます。

まあ、車の細かい説明はメーカーのHPを参照していただくとして・・
いい車なのに世間的に評価を受けていない車っていうのもあります。
それは一つは流行であったり、カラーリングであったり、
そういう右に倣え的な要因で形成されることもあります。

なら、車のクオリティは不可欠なものとして
流行と人気の色目を外したらどうなるのでしょう?
当社も何台か販売させていただきましたが、
ずっと以前からこのカラーを取り扱いたかったのです。

それがこの車です。
18年セルボTXエアロ走行500km
なんと77万
諸費用合わせても86.8万。


グレード標準装備
 フロントアンダースポイラー サイドアンダースポイラー
 リヤアンダースポイラー ルーフエンドスポイラー
 フロントフォグランプ 14インチアルミホイール
 フルオートエアコン(抗菌処理タイプ/カテキン・エアフィルター付)
 本革巻ステアリングホイール
 ハンズフリーシステム MD/CDプレーヤー(AM/FMラジオ付・MDLP対応)
 6スピーカー(フロントツイーター・フロントスピーカー・リヤスピーカー)
全車標準装備
 最適配光マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ オートライトシステム
 スモークガラス(リヤドア・バックドア) UVカット断熱グリーンガラス〈フロントドア〉
 電動格納式リモコンカラードドアミラー キーレススタートシステム
 瞬間燃費計&平均燃費計(オドメーター切り替え) 吸音・消臭天井
 前席・後席上下調節式ヘッドレスト パワーステアリング
 パワーウィンドウ 集中ドアロック
 セキュリティアラームシステム 運転席・助手席SRSエアバッグシステム
 ABS(アンチロックブレーキシステム) EBD(電子制御動力配分システム)
新車時の上記仕様の本体標準価格
 ¥1,247,400-(消費税込)
なんと47万落ち。
ちなみにこの車はサイドバイザーも付いています。
派手?格好悪い?
個人的にはこの色が安いのならこの色のセルボを買います。

軽自動車の未使用車が氾濫する中古車マーケット。
ちょっと視点を変えてみればこんな価格でこんな車が買えます。
色?確かにちょっと派手ですよね?
でも、地味な色目の人気の中古車よりも安いですよ。

おまけに当社の諸費用は昔ながらの中古車の諸費用。
本体価格安くして諸費用でぶん取って・・・・
そんな真似はしません。
未使用車や新しい中古車は新車の価格と比較すべきです。
値引きしてローン組んだら・・・・
新車より高い中古車もたくさんあります。
新車なら最大5年間の保証も無償で付いてきます。
未使用車のメリットっていうのもボチボチ真剣に考えるべきですよね。

このセルボ?
もちろん総額の中でメーカー保証の継承費用込みです。

ソニカみたいに一時の相場でなければいいんだけど・・・・


 
奥様、車って本当に楽しいですよ。  2008年06月25日(水)
こんばんわ。
今日はかなり疲れているのです。
何でかというと・・・・
今日は恐怖の給料日ぃ〜
僕も給料取りだから個人的には嬉しいんだけど、
支払う立場でもあるので毎月25日は胃がキリキリと痛みます

社長は会社には出てきませんが、ちょっと落ち着いたようです。
もう少し元気になったらまた出てくると思います。
たくさんの方に温かいお声を掛けていただきました。
本当にありがとうございました。

僕自身も最近いろんな事があって、ちょっと元気がなかったんだけど、
ここ2,3日は自分で動き回ったり、電話やメールで
「ブログのファンなんです」というお声を掛けていただいたりして
かなり元気が出てきました。

週末、仕入れた車、何とか天気の合間を縫って撮影しました。
ちょっと面白い車、2台の紹介です。
16年トラヴィックSLパッケージ1,250,000円。

メーカーオプション
 ガラスサンルーフ
 革シート&革内装(シートヒーター付)
SLパッケージ特別装備
 フロントサイサポート 本革巻ステアリングホイール/オーディオリモコン付(ツートンスポーツタイプ)
 マルチインフォメーションディスプレイ アクティブヘッドレスト
 クルーズコントロール サイドエアバッグ
 プライバシーガラス プレミアム8スピーカー
Sパッケージ共通装備
 フルカラードバンパー アンダースポイラーフロント・サイド・リヤ
 ルーフスポイラー カラードサイドモールディング
 16インチアルミホイール フロントアームレスト
 ホワイトメーター(クロームリング付) スポーティサスペンション
全グレ−ド共通装備
 フロントフォグランプ 電動格納式ヒーテッドドアミラー
 アンサーバックキーレスエントリー セカンドシートスライド&4:2:4分割式可到シートバックレスト
 左右独立可到式サードシート 後席ヒーター
 トラクションコントロール イモビライザー
 デュアルSRSエアバッグ EBD(電子制御ブレーキ圧配分)付きABS
新車時の上記仕様の本体価格 \2,940,000-(消費税込み)
オプション装備
 パナソニック/インダッシュDVDナビ
 フロアマット
最終モデルでこのオプションは非常に珍しいです。
ちょうどいい大きさだけど、走りは欧州車そのもの。
高速道路でもミニバン特有の不安定さはまったくありません。
こだわりたいけど、家族のニーズが最優先・・・
というお父さんにピッタシの車です。
走行が少なくて内外装、非常に綺麗です。
トラはやっぱり楽しいです。





もう1台は17年インプレッサスポーツワゴンWRX F型。


メーカーオプション
 HIDロービームランプ
 プライバシーガラス
 クリアビューパック
標準装備
 カラードサイドスカート アルミ製ボンネットフード
 純正17インチアルミホイール 倒立式4輪ストラットスポーツサスペンション
 アルミ製リヤラテラルリンク(前側のみ) フロント16インチ対向4ポットディスク
 リヤ15インチ対向2ポットディスク アンサーバック機能付電波式リモコンドアロック(ハザードランプ連動機能)
 260KM/H表示スポーツメーター レッドルミネセントメーター
 MOMO本革巻ステアリングホイール フロントバケットタイプツートンシート
 4センサー4チャンネルABS、Wエアバッグ
新車時の標準仕様の本体価格 ¥2,535,750−(消費税込)
オプション装備
 アゼストHDDナビ/TV MAX950HD
 スバル純正JVCリヤモニターシステム(114,450)
 スバル純正5.1Chサラウンドシステム(83,580)
  センタースピーカー
  サブウーファー
  AVトレー
  インパネアッパーケース
 パナソニックETCキット(22,964)
 カーペットマット(21,525)
 ナンバーフレーム(3,150)
 Defiブースト計
 Defiコントロールユニット

オブシティアンブラックのカラーがこの車にはめちゃ格好いいです。
走りのインプレッサにはこのツインモニターと
5.1chサラウンドシステムのオプションは本当に珍しいです。
というより、こんな車見るのは初めてです。
これこそ走り好きのお父さんで家族に対するせめてもの良心の呵責が
このスポーツワゴンの形状で緩和されるとしたら
ピッタシの車ではないでしょうか?
マニュアル車なんで奥様と共有というわけには行かないかも知れませんが・・・

世の奥様にお願いがあります。。
御主人が自分の好きなものばっかり買うので機嫌が悪いのは分かります。
うちのお店にご来社された時、不機嫌なのも当たり前のことです。
でも、お店にはお茶もお菓子も用意してございます。
だから、せめて乗ってきた車から降りてお店に入ってください。
査定のためにドアを開けた時、怖い顔の奥様が助手席に乗っていられたら
心臓が止まりそうになります。
うちの車、趣味性の高い車ばかりですけど、それだけでなく安全性も高いです。
なんなら、奥様も運転してみませんか?
車って本当に楽しいですよ


 
こんな日が・・・  2008年06月23日(月)
昨日、ブログ書いてたのがまるで1,2時間前の出来事のよう・・・
ものすごく時間が早くたつのです。

昼から晴れるって言ってた天気予報も
結局、晴れることはなかった。
だから撮影は出来ずじまい。
なんとかGOOに掲載するための左フロントの写真だけは
曇り空の中、無理やり撮影した、
明日晴れてくれるといいんだけど・・・・

今日は朝から大変やった。
展示車の掃除を終えてミーティングをした。
そしてそのミーティングが終わって2階の事務所にいるときに
1回の展示場にいた社長に呼ばれた。
社長の顔面は蒼白。
「家まで送ってくれ」
体調があまりにも悪そうだったので救急車を呼んだ。
その途端、社長は倒れた。
幸い、そばに付いていたので、倒れた時に支えることが出来たため、
コンクリートの地面に頭を打つことは避けられた。

社長は僕の父親。
心臓が悪い。
昨年も年末に1ヶ月ほど入院した。
こんなことは初めてではなかったので、僕自身は落ち着いていたが、
今回は今までと容態が異なっていた。
意識はあるか、呼吸が止まっていないか、
救急車が来るのを待つ時間がもどかしかった。

救急車は意外にも早く来た。
ストレッチャーにのせられる社長をスタッフが不安そうに見つめていた。
僕は後のことをスタッフに頼んで救急車に同乗した。

昨今ニュースになっている救急患者の受け入れ問題もあって
救急車が搬送先を決定するするまでやきもきしたけど
幸運なことに入院した病院で受け入れてくれることが決まった。

サイレンを鳴らしながら走る救急車の中で
社長の生気のない顔色を見ていると、
朝のミーティングで、ストレスを感じさせるような話をしたことが後悔された。

病院に着いた。
救急室の待合で色んなことを頭がよぎった。
そこは同じ会社で働く上司と部下の関係ではなくて
完全に父親の容態を心配する息子の心境だった。

どんな処置が施されているのか分からないので不安だったが、
診断を受けている父親の声がわずかに聞こえた。
少しホッとした。

30分ほど待つと父親を乗せたストレッチャーは救急室から出てきた。
点滴と酸素マスクを付けられた父親はCTスキャンを受けるために
検査室に向かっていった。

無事を祈りながらも、最悪の事態をちょっとだけ覚悟した。
やがて急を聞きつけた嫁さんが母親を連れて病院に来た。

3人でまんじりともしない時間を過ごした。

そこからさらに30分・・・
父親はCT検査から戻ってきた。
脳梗塞の疑いもあるので脳のCT検査を行っていたらしい。
幸い、脳には異常はなかった。

処置に当たった医師から説明を受けた。
救急車が駆けつけた時の脈拍が40以下に落ち込んでいたこと、
病院に来た時は47ぐらいだったこと。
難しい説明で良く分からなかったけど、
不整脈と心房細動、その他に心臓に複数の病気を持っているため、
心拍数を落とす薬を常用しているため、
普段から脈拍は少ないのだが、この日は何らかの原因で
それが極端に落ち込んだらしいのだ。
そして今は処置によって心拍数は落ち着いていると・・・・
とりあえずは容態は安定ということで僕はお店に帰ってきた。

午後から数時間の点滴を受けて父親は自宅に帰った。
主治医と相談した結果、今回は入院せずに自宅療養となったようだ。

社長(父親)68歳。
お店に居たら居たで、心配をかけてしまう。
狭い事務所なのであらゆることが耳に入る。
もう家でゆっくりしてくれててもいいんだけど、
家に居たら暇をもてあますのか、それとも店のことが気になるのか、
ちょっと休んだら出勤してくる。

早いこと、社長が出勤してくれてても心配かける事のない会社にせなあかん。
いや、それよりも僕の一つの夢だった社長室を早いこと作らないとあかん。
「こんな日がこんなに早くくるとは思わなかった」
ということがないように毎日を大切に生きなければならない。


 
分かりやすいのがいいと思うのです。  2008年06月22日(日)
週末はそこそこ面白い買い物が出来ました。
3.0RSpecBの6速はマッキントッシュ、デラOPナビと
サイバースポーツのフルエアロ車です。
僕はあまりエアロ好きではないので仕入れする時、ちょっと躊躇したんだけど
改めてお店に入荷してその姿を見ると、
「ああ、買ってよかった」としみじみと思うのです。
好き好きはあるんでしょうけど、見た目が地味な車なので
結構、格好良く思えたりします。
でも、外は雨・・・・
撮影できないのが悲しかったりするのです。

あとはインプスポーツワゴンのWRXF型。
色は珍しくオブシティアンブラックの5速マニュアル車。
HDDのナビも付いて程度もバッチシです。

それに久々のトラヴィック。
後期モデルSLパッケージの本皮シート。
こいつはなかなかレアな車です。

明日晴れたら全部撮影です。

ブログは家に帰ってきてこの時間になって書くので
帰ってきてからもブログをUPするまではなんとなく落ち着かないです。
嫁は「早くブログ書いたら?」といつも言います。
なんか宿題やってないようで落ち着かない子供時代を思い出します。

書くのがしんどい時もありますが、
このブログを見てメールを頂いたり、ご来店いただいて一言声を掛けられた時は
続けて来てよかったと思います。

正直な話、細かいキズまで表記したり、
納車前に磨きいれてセラミックコートまで施工したり、
バッテリー換えてアライメント調整したり、
中古車の一台一台にこだわりを持って販売しても、
その努力が報われなかったりすると落ち込むこともあります。

ただ、子供が褒められると嬉しいのと一緒で
お客様からメールを頂いたり、声を掛けていただいたりすると僕も嬉しいのです。
今はそれが心の支えだったりします。

将来、この業界がどんな状態になったとしても僕はこのスタイルは変えられない。
諸費用の統一化、整備内容の明記、保証内容の明記など、
ユーザーの皆様が安心して購入できるようなシステムを構築したいです。
いくらお金が儲かったとしても、子供たちに胸を張って説明できないような業界にはしたくない。
業界全体で取り組んで行ければいいんだけど・・・・
それが無理なら1人になっても続けます。


 
これぞ、古き良き、男の車なのです。  2008年06月20日(金)
今日は一日振ったりやんだり・・・
展示車、やっと綺麗に吹き上げたとたん・・・土砂降り
よし、せっかく晴れたのだから、いざ撮影!!
と、思ったらまた雨・・・
多分?梅雨も最後の1週間、水不足は嫌だけど
「振るなら振る、晴れるなら晴れる」
メリハリの利いた天候になって欲しいものです。

さて、昨日買い取りに行った車は、ランドクルーザー80VX-LTD。
なんとディーゼル車です。
実はメチャクチャ楽しみにしておりました。
買取の車が楽しみになのは、「いくら儲かるか?」だけではなくて
その車を乗って帰って来られるからということもあるのです。

一世を風靡したランドクルーザー80。
久しぶりに乗ったらどんな車なんだろう?
バブル絶頂期の設計の贅を尽くしたクロカン4WD。
今の豪華な高級クロカン4WDと違って、
当時の質実剛健、無骨な男の車というイメージ満開の車です。

お客様から鍵の引渡しを受けていざ発進。
車庫から出る時は予想通り、全然ハンドルが切れません。
大げさな話、ハンドル1周ぐらいしか回らないんじゃないか?
と思えるほどハンドルは切れません。
だから、めっちゃ回頭性は悪いです。
もしかしたら車庫から切り返ししないと出られないんじゃないかと・・・・?

国道に出ると、走っている時はそうでもないんだけど、
信号待ちのときのDレンジに入って停車している時の振動はトラック以上?
「あいうえお」が震えます。
携帯電話の音声はもちろん聞こえないし、自分の声も伝わりません。

高速に出ます。
アクセルを目一杯踏み込んでも気持ちばかりあせって車は前に進みません。
でも、ディーゼルターボのエンジンは知らない間に100km/hオーバー。
後ろから煙もんもん吹いて、なんか走ってるなぁーって感じがします。

嫌いじゃありません。
全然嫌いじゃありません。
いや、むしろ、めっちゃ好き。
僕は昔、クロカン4WDがすごく好きだったのです。

ビッグホーンにしろ、パジェロにしろ、当時のディーゼルは
速くはないけど低速からグイグイと引っ張って行ってくれる感覚がありました。
トラックと言うか、ダンプカーと言うか、
どんなタフな道路状況でも何の不安もありませんでした。

この頃のクロカンが好きだった車好きは「乗り換える車がない」と寂しそうに言います。
確かにそうやよな。
ランクル100は輸出相場も手伝って中古では手を出しにくい価格。
ハマーは論外。
パジェロやプラドは乗用車の延長。

ほんま、川の中へガンガンと入っていける車がないよな。
むしろエスクードやジムニーの方が徹底してたりして・・・・
しかし、これもガソリン車。
水につかっても変わらないパフォーマンスを発揮するわけではないのです。

やっぱりディーゼルはディーゼルでエエよな・・・・

でも、今日ガソリンスタンドで見た軽油の価格・・・・
なんと168円。
パジェロが軽油の車、再販らしいけど、どうなるんやろ・・・・


 
電車はしんどい時もあるのです  2008年06月19日(木)
買取の車の引き取りに行くため、地下鉄に乗った。
最寄のなかもず駅は地下鉄御堂筋線の始発駅なので
ほとんど高い確率で座ることが出来る。

実はこの時間はかなりの幸せな時間。
会社でも自宅でもほとんどボーっとする時間がないので
電車に座って本を読んだり、考え事をしたりする時はかなり安らぐ。

途中の駅で人が乗り込んでくる。
だんだんと電車は混雑してくる。
気が弱い僕は昼の日中から大の大人が電車に座っていることが罪に感じてくる。

自分の半径1mにお年よりはいないだろうか?
いたら、真っ先に声を掛けようとするのだが、
いなかったらいなかったで少しホッとする。

でも、よくよく見渡してみると、
周りに座っている人間は自分より年齢の若い人たちが多い。

頭は再び思考に耽る。
ああ、人生を半分以上生きてしまったのだ・・・と。

思えばこの数十年、いったい何をしてきたんだろう?
「ああでもない、こうでもない」と講釈を垂れながら
いったい自分自身に何を残せたんだろう?
これからの一日、あるいは一瞬を大切にしなければならないと思う。

意識は我に返る。
身体が大きいのでいつも座る時は座席の端っこに座る。
端っこに座ると扉の際に立つ人のどこかと接触してしまう。

果たしてどこに接触しているのか、身体なのか、それともカバンなのか?
怖くて横を見れないのだが、すぐ際にいるのは女の人であることが容易に分かる。
また、ここで想像は近い未来にまで及んでしまう。


女性が叫ぶ。
「この人、肘で私のお尻を触ってました」
通報を受けた駅員さんが
「すいません、事務室までご同行願えますか?」
近頃の痴漢冤罪の報道で
「やってない時は同行した時点で負け、主張は聞いてもらえない」
と書いてあったのを思い出し、逃げようとするも
僕はやってないから正々堂々と事務室まで行って潔白を証明してやろうと思う。
で、まもなく警察が来る。
「やったんやろ〜、正直に言うてみい?」
「正直に言うたほうが確実に早く出れるで、示談っちゅうのもあるし?」
その誘導に負けるはずはない、なんせ自分はやってないのだから。
一定期間拘留されても、企業に勤める人と違ってクビになることはない。
裁判になったとしても家族も従業員も僕を信じてくれるだろう。
(唯一、嫁だけが「ああ、やっぱり・・・・」と思うかもしれない)
でも、裁判で潔白を証明するにはかなりの費用と時間と労力がかかるだろう。
で、結局は邪魔臭くなって、潔白にもかかわらず示談の道を選んでしまうのか?
そうなったら子供たちは僕のことをどう思うのだろう?
スタッフに軽蔑されないだろうか?
家でも会社でも独特の空気が流れたまま時間が過ぎる。
女性スタッフは急によそよそしくなる。
「この痴漢おやじぃ!!」
心の中で思われていないだろうか?


そんなことになったらいやなので、そそくさとその席を離れる。

やがて地下鉄は乗換駅の淀屋橋駅に着く。

久しぶりに京阪電車に乗った。
地下鉄の淀屋橋で京阪電車に乗り換える時、
発車のベルが鳴っていた急行に運良く飛び乗れた。
椅子に座って落ち着いた時、ふと不安になった。
果たして目的とする駅に急行が止まるのか?

路線図に目をやった。
どうやらその急行は目的の寝屋川市駅に止まることが分かって一安心。
ところがそこでお客様から電話があって、
一駅手前の萱島駅に迎えに行くとの事。
路線図に再び目をやると・・・
萱島駅で降りるには手前の守口市駅で降りて各駅停車に乗り換えなければならない。
この急行は守口市駅に止まるのだろうか?
路線図の守口市駅の箇所には通常の停車の丸印と異なる丸が付いている。
もう、ごっつい不安・・・・
でも、無事に僕の乗った急行は守口市駅に停車した。

そこから各駅停車に乗り換えて萱島駅に着いて外に出たら
お客様が迎えに来てくださっていた。
何かものすごく苦労してたどり着いた気になったので涙が出そうになった。

電車は大変・・・・

毎日、乗られている方に対しましては本当に頭が下がる思いです。


 
血は争えんのです  2008年06月18日(水)
先日、ソフトボ−ル関係の友人から1通のメール。

こんばんは!今地下鉄なんですが、
斜め前に兄ちゃんのお母さんが座ってて、
友達みたいな人とよくしゃべっておられます。
いっこうに、私に気付くことはなさそうです。
あれあれ今度は席替えですわ(笑)



うちの母親が地下鉄に乗車している場面に遭遇して
わざわざ撮影して送ってくれました。
この短いメールと画像見ただけで、その時の光景が想像できます。

このお母ちゃん、我が新栄自動車の創業者です。
思い起こせば30年前、
旧の国道26号線の焼肉屋さんの駐車場でオープンした時から
雨の日も風の日も原付バイクでお店に通っておりました。
トイレもないこの駐車場で、古い中古車を買って来ては
その頃中学生の僕と父親と家族3人でピカピカにしました。
値札を買うお金がなかったので、画用紙に数字を書いて値札にしてました。

そんな時代から新栄自動車を盛り上げてきたお母ちゃん、
今はリタイヤして自分の人生を謳歌しております。
この画像は、多分、近所の友達とどこかに出かけたときのものでしょう。

お母ちゃんは膝が悪いにもかかわらず、フランダンスのチームを作ってます。
一昨年までは婦人会の会長、
選挙があれば自転車に乗って旗を持って地元の候補者を応援します。
何かイベントがあれば30人前ぐらいのおでんを作って持って行きます。
とにかく、何かしたくてたまらないのです。
年取っても身体のあちこちが悪くなっても、ますます元気になっていきます。

血は争えんのです・・・

先日、娘がカラオケ大会で司会した話を聞きました。
歌は歌わんかったん?
うん、司会。

血は争えんのです・・・

実はこの僕も、高校ぐらいのいときから、
あらゆるパーティや結婚式の2次会などで司会をしておりました。

お母ちゃんもどこに行っても仕切っている・・・・
親子3代、きっちりと遺伝しています。

血は争えんのです・・・


 
男として・・・・  2008年06月17日(火)
足が痛い。
2週間前に負傷した膝も痛いけど、今日はさらに痛い箇所が増えた。
それは、日曜日に食らったピッチャーライナー。
体重110kgはあろうかと言う巨漢バッターの放った打球を
思いっきり太ももに食らったのです。
おかげで右足の太ももは全体が紫色。
試合は負けるわ、足は怪我するわ・・・
やっぱり出なければ良かった

今日は大学のソフトの後輩から嬉しい報告。
今回のインターハイの大阪予選で見事優勝したらしいんです。
大阪の高校ソフトといえば古くは大阪産業大学付属高校、上宮高校、
公立の雄、大黒先生率いる北千里高校、
最近では橋本先生率いる清風南海高校が優勝を独占する中で
我が大学の後輩が率いる高校が予選と言えど優勝したのは快挙
今年の春に練習試合を申し込んで結局実現しなかったけど、実現せんでよかったです。
実現してたら先輩の威厳もクソもなかったです。

昨日、去勢手術に一泊で出かけた愛犬のポン太、本日無事帰宅しました。
去勢?金玉取る?
男の楽しみのほとんどを奪うようで本当はしたくないんだけど
前立腺肥大、精巣腫瘍、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどのオス特有の病気を予防できる
マーキング(スプレー)が軽減する・マウンティングが軽減する
攻撃性が軽減する
性的なストレスが軽減する
などのメリットと、一緒に住んでいるノリがメスということもあって
今回は去勢手術に踏み切ったのです。

昨日、主治医の先生の医院に出かけていったポン太を見て
残されたノリは本当に寂しそうでした。
いつもなら朝の6時前からキュンキュンと散歩をせがむのに今日はそれもなし。
退屈そうな不安そうな寂しそうなそんな一日でした。

夜になって待ちに待ったポンが帰ってきました。
玄関に向かって「お帰り〜」飛び出ていくと・・・

ノリ、一目散に逃げていきます。
対して男のシンボルを失ったポン。
歩くのもあちこちぶつかるし、食べるのも不自由。
寝るにも落ち着いて寝られない様子・・・

まあ、病気や妊娠のことを考えたらこれでよかったんやろうけど、
やっぱり、男同士・・・・
なんと言うか、なんて言うか・・・・
どう言ったら良いんやろう・・・?
半分・・・ゴメンな・・・という気持ちも拭いきれないのです。
せめて男として生まれたからには1回ぐらいは・・・・

そういや、むかしウルトラマンに出てた怪獣ガボラもこんな感じやったな。



 

| 次へ
最新在庫情報
スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc
33万円

スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L
73万円

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc
29万円

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc

2008年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts