この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2010年03月 | Main | 2010年05月 »
堺東銀座商店街  2010年04月30日(金)
夕方、堺東の年金事務所に社会保険の更新に行った。
社会保険と労働関係の手続きは苦手なんやけど、
「苦手」って言ってたら働いてくれているスタッフも困るので
職員の人に説明を受けながらなんとか手続きを済まそうと思ったのだけど、
やっぱり今日も一つの書類が不足していた。
連休明けにまた行こう・・・

堺東といったら銀座商店街。
堺はね、昔はこの銀座商店街が一番の繁華街だったのですよ。
映画館あり、飲食店あり、その他いろんなお店があるこの商店街、
昔の堺っ子はみんなこの場所に来るのが楽しみでした。

今でもね、堺東に来ると銀座商店街に立ち寄ってしまうのです。
昔からやっている何屋さんか分からないようなお店はなぜか今でもやっている。
でも、新しく出来たお店はすぐになくなってしまう店もある。
小売店は移り変わりが激しいね。

プラプラと歩いていると、パンクロッカー風のビラ配りのお兄ちゃんが寄ってきて
メチャクチャ手作り風のあるものを僕に手渡した。

UFOキャッチャー無料券

UFOキャッチャー無料券?
オレが??
40も半ばを過ぎたこのオレが???
夕方から一人でゲームセンターでUFOキャッチャーに興じると思うかい?
想像してみ、想像を・・・




ボクシングの長谷川、とうとう負けたね。
残念・・・(泣)

階級上げて再チャレンジに期待、ですわ。





TAX泉北のGW中のお休みは5月3,4,5日です。


 
こだわりの産物  2010年04月29日(木)
今日は朝6時起床。
外は雨・・・
天気予報は昼から晴れ。
案の定、雨が上がると同時に集合がかかり、グラウンドの水抜き。
この1年、グラウンドの水抜きを何回していることだろう?
おかげで雨上がりのグラウンドを使えるようにするテクニックも上がってきたけどね。

今日はやっと買えた。
本当に苦労してオーダーの車がやっと買えた。

1ヵ月半前、そのお客様は事故に遭われた。
外側の損傷は大した事なかったんだけど、足回りに大きな損傷を受けた。
保険会社と交渉の結果、120点満点の賠償金額で協定できた。
事故の箇所が良くなかったので乗り換えることになった。
特殊な車だったので事故現状の車もかなりの金額で処分できた。

でも、問題はここから・・・
お客様が希望される次の車にかなり予算が足りない。

もう、かなり探した。
1台、希望にピッタリの車が遠方の販売店にあったけど、予算は全然届かなかった。

その車は偶然にも3週間前にオークションに出品された。
よっしゃ!!と思ったけど、やっぱり予算が合わなかった。

その後もオークション、他の業者の在庫などチャレンジを続けた。
オーダーから時間もかなりたっているので、そろそろ予算に見合う車を提案しないといけないのだが、
一旦「ピッタシ」の車を見てしまうと他の車が全然魅力に感じない。
もう、妥協どころか、ハードルはますます高くなってしまった。

あと1週間、あと1週間と時間を戴いて、いよいよ今週ダメだったら
「ちょっと条件を緩和しよう」とお話させていただいたのが一昨日。
今日またしてもこのピッタシの車が出品された。



結果・・・・


3週間前より安く買えた。
時期的なものも関係あるのか、競り合いもなかった。

これで、この車を販売しているお店で直接購入していただくよりも、かなり安く提案できる。

待っていただいてよかった。

仕入れの予算は大きくオーバーしてしまったけど、希望通りの車が提案できた。

ほんまにうれしい・・・
(計算するのは怖いけど・・・・)


 
世間は狭い?  2010年04月28日(水)
昨日はTAX近畿ブロックの総会だった。
久しぶり?にシャンシャン総会で議事は滞りなく進んでいった。
総会が終わり、恒例の研修会。
今回は講師研修だった。

昨日の講師は倒産した会社を引き継いで見事に立て直した若手経営者。

講師の紹介を聞いていると
「あれ、どこかで聞いたことのある名前やな?」

話が終わってたずねてみると、やっぱりご近所さんだった。

おまけにご自身でもソフトボールをされていて、
息子さんも町内の子供会のソフトボールチームに入っているとのこと。
ムムッ?もしかしてこのチームは・・・
オレが一昨年まで監督をしていたチームやん
なんと言う偶然、世間は狭い。

講義の内容は本当に素晴らしかった。
「失敗と成功の20か条」を聞いたときは恥ずかしくなった。
まさに僕がやっていることはそのまま失敗を招き、成功の反対側にあった。

レジュメが用意されていなかったせいもあってか、余計に集中して聞けた。
「一言一句聞き漏らすまいと」真剣に聞き、そしてメモをした。

「人間は聞いた話は翌日になると90%忘れる」というけど、
昨日の話は面白くてほとんど覚えている。
それでも内容を書き留めたノートも何度も読み直した。

最近、ちょっと澱んでいたけど、昨日の話を聞いて元気が出た。
これからのTAX泉北の経営にたくさんのヒントをもらった。

本当に素晴らしい内容だった。

時間があっという間に過ぎた。

こんなに面白い講義は今まで経験したことがない。
本当にありがとうございました。

ようし、早速実践、早速やってみよう。

ということで、少しだけ、今朝のミーティングで話した。

みんな、伝わったかな???

講義の内容はちょっとずつやけど、この場でも書いていきますね。

しかし・・・・
今でも二日酔い


 
続き・・・A  2010年04月25日(日)
散髪に行った。
その散髪屋である寿司屋の話をした。
「あの寿司やなぁ、近頃高いねん、相手見て値段決めてんとちゃう?」
「散髪屋はそんなこと出来へんわな?」
「俺の頭は他の人の1.5倍あるし、髪の毛は硬いしボッタクリたい気分やろ?」
なんて他愛のない会話をしてレジで支払いをした金額が3,675円。
僕の前に帰った2人のお客さん、3,150円。
そういえば、2人とも頭の小さい人やった。

さて、面白い?と言ったら不謹慎やけど話の続きです。

今回の御客様の交通事故、賠償金額の協定が出来た。
目標とした金額のほぼ満額で協定出来た。
さて、この金額で修理?が当然なんだけど、今回の車は走行距離10万超。
どっちにしろ近々には乗り換えの予定なので悩むところ。

事故で壊れたレガシィを改めて見たご主人、気のせいか目に涙をためておられた。
でも、今回は本人様と相談させていただいた上で、今回は乗り換えることに。。

事故で愛車がつぶれたのは悲しいことだけど、
乗り換えるとなったらそれはそれで悲しさも少しは忘れるってモンです。

次の車について打ち合わせ。。。。
レガシィにするか、なんにするか・・・

僕はBMWを提案させていただいた。

理由は色々あるけど、そのうちの一つにターゲットのレガシィと
ねらい目のBMWの相場が変わらないから。

もうそうなると話は次の車です。
ルンルンとまでは行かないけれどお客様と一緒に車を選ぶのは楽しい。

でも・・2人で浮かれ過ぎたんやな。。。

ある日、ご一緒に来店された奥様、僕とご主人との打ち合わせにちょっと冷ややかな反応。

「こんなに大好きだったレガシィが、思わぬ事故で壊れたと言うのに何で浮かれているのか分からない」

その言葉に僕もご主人も、シュン。。。。

僕はしどろもどろになりながらも、今回の協定の経緯と乗り換えの結論に至った経緯を説明させていただいた。

すると奥様、僕の目をじっと見ながら
「YOSHIさんが頑張っていただいたのは分かってます。私たちにとってベストの選択を提案してくれていることも」
「でも、昨日まで大事にしていた愛車ですよ。それを簡単に割り切って次の車の話に進めないです。」

その言葉を聞いて、僕は思わず奥様から目をそらしてしまった。
ご主人もオロオロしていた。

僕は僕でお客様にとってベストな解決方法を選択したつもりだったけど、
考えてみると、車を単なる車ではなく「愛車」として位置づけている奥様の感情を汲んでいなかったのだ。

レガシィって大人の男の趣味の車だと思っていたけど、
女性である奥様も自分の子供のような愛着を感じてくださっていたのだ。

嬉しかった気持ちがあった反面、かなり恥ずかしくて、オロオロしてしまった。
それと同時に、僕の目をじっと見ながら自分の気持ちをまっすぐに伝えようとする奥様の迫力に呑まれてしまった。

奥様、申し訳ありません。
レガシィはご家族だったのですね。
奥様のそんな気持ちを理解せず、今回は早まった選択をしました。

でも、そこまでご夫婦に愛されていたレガシィは幸せもの。
違う形になっても最高の形でご夫婦の下に戻ってもらいたいと思います。

ご夫婦の笑顔が早く戻るように頑張ります。


 
続きです・・・@  2010年04月23日(金)
今日も寒かったですね。
もうすぐ5月だと言うのに・・・
この季節は三寒四温と言うけど、いつまでこの寒さが続くのやら・・・

さて、面白い話の続きです。
面白いって言ったらちょっと不謹慎なのですが、
最近のTAX泉北は事故がらみの話が集中してます。

事故が起きると賠償の話が当然出てきます。
すったもんだの挙句、まとまった賠償金額でどうするか?
ここが重要なのです。
単純に修理して「ハイ終わり」
ご自身に過失があるのならともかく、
自信に過失がないのなら修理すれば済む問題ではないですよね?
何でかって?
それは査定損=格落ちがあるからです。
そのうち乗り換えようと思ってた車が突然修復歴車になるわけです。
古い車ならともかく、そこそこの査定金額のある車なら、
修復歴車になることで査定金額が下がったらたまったもんではありません。

だから、色んな方向で当事者様が納得の行く形でまとめていくのですが、
中には修理しないでもう乗り換えるお客様もいらっしゃるわけです。
1年後に乗り換えようとしてた査定がほとんど付かない車なら、
賠償金額を頭金にして乗換えを考えた方がトクですよね。

その方が喜んでいただけると思うので、
古い車、走行距離の多い車の場合はそういう方向を勧めることもおおいです。

今回、あるお客様に対してもそういう方向性のお話をさせていただきました。

事故の当初は壊れた車を見て涙をためておられたお客様も、
方向性が決まったら次に乗る車を考えられます。

男の人にとっては車は大好きなおもちゃ。
愛車を手放さなければならないショックも大きいのだけど、
でも、次の愛車を手に入れられるという気持ちは事故のショックを和らげてくれます。

僕自身は事故のショックを少しでも早くやわらげたいので、
御客様の表情が少しずつ晴れやかになっていくのは嬉しいのです。
だから、お客様と一緒になって
「ああでもない、こうでもない」
と、次の車について考えます。

ところが・・・
この心理は男の人特有のものなんですね。

つづく・・・


 
面白い話に行きたいんやけど・・・  2010年04月21日(水)
日に日に眠りが浅くなる。
お酒を飲みすぎた日はてきめんだけど、
肩も背中も痛いので夜中にすぐ目が覚める。
朝はなかなか布団から出られないのに、
夜中に目が覚めたときはすぐに布団から出たくなる。
こうなると1時間以上は寝付けない。
それでも昼間は全然眠くない。
何でやろう・・・?

最近、事故の話が多い。
仕事柄、当然って言えば当然のことだけど、
ここ最近は年式の古いものや距離数が多い車もあって全損の話が良くある。
少しの損傷なら修理すればいいのだけど、
修理の金額が車両の現在の価値を上回ると、
どちらか低い方の金額を採用して賠償が行われる。
日本の賠償制度では通常に用いられている方法なのだが、
当てられた方にとっては非常に困る賠償方法なのである。

さっきまで普通に調子よく乗っていたのに、突然、車が壊されるわけである。
壊されたら修理してくれればいいのに
「はい、あなたの車はこの価値しかありませんよ」と、
現在の価値をここ数年用いられていない化石のような査定本で価値が決められる。
これは非常に困る。
10年もたっているような車であれば、
新車価格の1割なんて事を保険会社は平気で言ってくる。
新車価格の1割・・・
例えば新車が300万の車なら30万・・・
これでは次の車を用意するのは全然無理である。
なぜならたとえ10年落ちの車でも同様の状態の車を用意するのは難しいからだ。

ただ、事故の相手が対物超過修理費用特約に入っていれば、
全損の価格プラス50万円程度が保証される。
これなら実際に修理する時は何となることもあるのだけど、
先日のある事故の場合は車の価値が30万、修理見積もりは約120万・・・
同じような車を用意しようと思えば40万ぐらい、
でもそんな車を安心して乗ってもらおうと思えば整備費用は20万以上。
実際に同様のコンディションの車を用意しようと思えば60万以上プラス諸費用が必要。
で、実際には修理はされないから対物超過の修理費用は出ません。
修理しようと思えば40万円以上の自己負担。
それで修理したとしても車は立派な事故車・・・

これは誰がどう見ても修理しない方が懸命。
しかも自己負担無しに・・・

だから、そこで頑張るのです。
ちょっとでもたくさんの金額を捻出してもらって、
ちょっとでも安い金額で良いコンディションの車を用意する。
これしかないのです。

保険会社に泣いてもらうわけではありません。
トータルの賠償金額を抑えて、余計な金額を発生させずにお客様に還元するだけなのです。

結局、僕らは両者の間に立って調整をして納得してもらえる方法を考えるのです。
必死になって何回も何回も話をしなければ納得してもらえないんだけど、
それでも交通事故ってそうやって調整しなければ解決しないと思うのです。

何を勘違いしているのか、頑張り方を間違っている保険担当者もいます。
僕らのことを敵対視している担当者もいます。
でも、あまり担当者が頑張りすぎると感情の問題に発展してもめますよね。
こんなことになったら何のための保険やら・・・
被害者も加害者も泣かないですむ方法ってあると思うよ。

事故を起こすのも人間なら解決するのも人間やから。

でも、加入する保険会社はくれぐれも間違えないように・・・ね。



面白い話はここから始まるのです。


 
日曜日の出来事  2010年04月19日(月)
昨日は朝から京都の宇治に商談に行って来た。
学生時代は京都市内に住んでて京都はよく知っているつもりやったけど、
宇治も古都らしくてすごく良いね。
宇治川があんなに綺麗やとは知らんかった。
朝から心が洗われました。

でも、本当にド素人なんやけど、
ETC割引がカードだけではダメなんやとは知らなかった。
車載器のない軽自動車で行ったんやけど、
カードさえ出せば休日割引が適用されると思ってた。
割引は適用されなかった。
車載器のある普通車で行けばよかった。

昼からはグローバルの試合に行った。
試合は大差で勝ったんやけど、この日は大きな出来事があった。
何と、最終回、代打で出場させてもらえたのだった。
監督から「今日は出てもらいますから」と言われた途端ドキドキしていた。
素振りをして準備していたかったけど、
結局出番がなくて一人でやる気満々でも恥ずかしいので
「お腹が痛いんですぅ」なんてギャグを飛ばしながらも心の準備はしていた。

出番は突然やってきた。
最終回2アウトランナーなし、誰も僕に期待していないであろう。
温情で出してもらっているのは分かっている。
でも、自分にはホームランのイメージしかなかった。
しかもレフト側でなくライト側にホームランを打ってやろう。
幸い、場面的になんらのサインも出ていない。
自分の好きに打っていい。

1球目、外角のストライクを見逃した。
気後れするようなタマではない。
これなら打てる、それだけの練習はしてきたつもりだ。
次にストライクが来たらフルスイングや。
もう、自分がホームランを打って代打の切り札になるイメージしかしていなかった。

2球目、ストレートにヤマを張った。
すると読みどおり、ど真ん中にストレート。
よし、フルスイング!!!
の、つもりが・・・
力が入りすぎて本当に不細工なスイングをしてしまった。
結果はボテボテのサードゴロ。

試合が終了してからも悔しさは消えなかった。
それとともに、足のガクガク、心臓のドキドキもおさまらなかった。
こういう感覚って何年ぶりやろう??
綺麗に左バッターが打つような打球をイメージしていたのに・・・
ホンマに悔しい、情けない・・・

夕方・・
お店に帰って再び仕事をした。
そこでまた、面白いことがあった。
そのお話は明日・・・


 
人生最後の車  2010年04月17日(土)
しかし・・・このトシになってもいつも腹が減っている。
食ってもすぐ腹が減る。
このまま死ぬまで太り続けて行くんやろうか・・・?

ガソリンの高騰のせいか、排気量の大きい車が買いやすい。
オーダーで受けていたエルグランド。
20台以上、落札にチャレンジを繰り返してやっとのことで買えた車は
先週、先々週の相場を考えるとすごくいい買い物だった。
「人生最後の車」
こう言われていたので結構なプレッシャーだったが、
今日、お客様に見ていただいたら大喜びだった。
頑張った甲斐があった。
本当に良かった。

これだけエルグランドを狙っていると、相場にもかなり精通した。
この御客様の予算には少し合わなかったけど、
最上級グレードのXLのすごく程度の良いのが出品されていた。
ダメもとの価格まで応札したら何と落札できた。

今日、XLがお店にやってきた。
堀川も会計士のN君も一目惚れ。
僕も一目惚れ。

欲しい、すごく欲しい。


だってこのエルグラXLの価格・・・119万なんですから。
15年式で走行は34000KM、内外装はピカピカ

(まだ掃除できてないから写真は少し汚いですが・・・)

2年前のガソリン高騰の時にもこんな現象が起きた。
大きい車はこれからがチャンスかも・・・?

そういやぁ、ゼットもかなり安かったな・・・


 
腰も肩もひざもかなり・・・  2010年04月16日(金)
グローバルはクラブ選手権予選の準決勝で負けました。
これで今年はクラブ選手権、国体、総合選手権と、
すべての全国大会への出場権がなくなりました。
まだ春先なのに・・・

ということで再出発です。
昨日、平日の夜間練習がありました。
季節外れの寒さだったのですが、体を動かしていると段々と暖かくなってきます。

時間もあまりないのでアップもそこそこにキャッチボール。
四十肩を患っている僕に監督が、
「YOSHIさん、キャッチボールはいいんですかぁ?」
いやいや、エエねん、四十肩やから・・・と、一人で黙々とグラブ入れ。

そうこうしているうちに次はフリーバッティング。
フリーバッティングではタマ拾いをするため外野の守備位置へ。
そこでまた、「YOSHIさん、キャッチボールはいいんすか?」と、別の選手からのお声掛け。

まあ、せっかくなのでちょっと下から投げてみた。(上からは痛くて投げられないので)
グキッ、グキッ、グキッ・・・
投げるたびに肩が音を立てているよう・・・・

やっぱり痛いからやめとくわぁ

投げることはなかったけどあちこち走り回っていると、ほんまエエ運動になるわぁ。

フリーの打席にも立たせてもらった。

ピッチャーは大阪屈指の元日本リーガー。

本気では投げてもらえんで立ち投げやったけど、ライズとドロップと交互に投げてもらった。
分かっていても打たれへんもんやな・・・
寒かったし、芯食わんかったし、手もメッチャ痺れた。

最後はノックをさせてもらった。

メッチャ楽しかったわ。

ここ数日の中ではすごくリフレッシュになった。
ソフトはやっぱりメッチャ楽しい。
一生、関わっていたいな。


でも、腰も肩もひざもかなり痛い・・・

体重、減らさんと・・・・・な。


 
かなり怒られた  2010年04月14日(水)
昨日はある社長さんに食事に誘っていただいた。
この社長、45歳の時に本業とは別に異業種にチャレンジして
今では本業とともに大成功されている。

どんな話をしていただけるのだろう?
この日を非常に楽しみにしていた。

最初はすごく緊張した。
仕事で少し遅くなったのだが、
遅れて到着した僕を優しく迎えてくれた。

ビールをいただいた。
豪勢な食事も用意されていた。

お酒が進むにつれ、会話もどんどんと弾んでいった。

創業者としての社長の2代目への思いを聞いているうちに、
2代目の僕は創業者の思いが、やっと分かったような気がした。

静かな口調だが、オーラと言うか、話している時の迫力がすごい。
行動力もすごい。

期待以上のお話をたくさん聞くことが出来た。

ひと言も聞き漏らすまいと必死で話を聞いた。

「真似できるところは真似してみよう」

そんな思いで、集中して話を聞いた。

成功している人に共通していることだが、絶対にえらそうにしない。
いや、むしろ謙虚というべきか・・・

人の話って集中して聞くと、すごく面白い。

でも、あまりに楽しかったのでつい、調子に乗ってしまった。

お酒が入ったのでつい、いつものお調子者的な発言をしてしまったのだ。

最初は笑っておられたのだが、バカな僕は再度、その発言をしてしまった。

かなり怒られた。
考えたら仕事抜きで怒られることなんか、ここ数年なかった。
発言の真意は本当は別のところにあった。
「そんな意味で言ってるんとちがうんです」なんて言い訳をせずに、素直に謝った。
言い訳せずに謝ってみると苦痛など微塵も感じなかった。
かえって頭の中がスッキリしたというか、いつもと違う感覚が湧いてきた。
違う行動をすることで新しい発見が出来た。

思いっきり怒られて、思いっきり謝っていると、なんかね・・親父に怒られているようだった。

社長、うちの親父と同い年ですね。
いつまでも元気で長生きしてください。

本当に本当に楽しかったです。
ありがとうございました。


 

| 次へ
最新在庫情報
スズキ スイフト ハイブリッドRS 新車 セーフティパッケージ付 フルセグナビ 1.2L
178万円

スズキ スイフト ハイブリッドRS 新車 セーフティパッケージ付 フルセグナビ 1.2L

メルセデス・ベンツ M・ベンツ E350 アバンギャルド AMGスポーツパッケージ 黒革 3.5L
198万円

メルセデス・ベンツ M・ベンツ E350 アバンギャルド AMGスポーツパッケージ 黒革 3.5L

トヨタ bB Z Qバージョン 純正HDDナビ スマートキー ETC 1.5L
43万円

トヨタ bB Z Qバージョン 純正HDDナビ スマートキー ETC 1.5L

2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts