この商売、真剣にやればやるほど奥が深い。
どんな中古車屋でも安くてよい車を提案したい。
でも、それは本当に難しいことなのです。
中古車販売に携わって24年、
私の仕事、考え方、色々なことを
すべてさらけ出します。

« 2011年05月 | Main | 2011年07月 »
3#系セルシオ  2011年06月30日(木)
TAX泉北のS鍋です。

今日は少し悲しいできごとが起きました。
空気がひんやりするようなね
でもその後に2人組のお客さんに、ちょっと嬉しいこと言われて
さっきの悲しい気持ちが少しなくなりました
ありがとうございます、このタイミングに。

話変わりますが、セルシオ入庫です。



このての車が大好きな僕。
テンションあがります。はい。




お客様より直接買い取りさせていただきました3#系セルシオ。
年数がたっているものの、この車は屋根付ガレージ保管車。
今までこのセルシオ1#系、2#系、3#系散々追いかけてきたけど
ここまで程度がいいセルシオは初めてです。
いくら程度が良いといっても10年落ちでしょ・・。
とか言わせないこのセルシオ。

確か3年ほど前にこの型と一緒のセルシオを購入した僕。
今でも大事に乗ってますが、まーこれには負けます。
てか足元にも及ばない
っていうか乗り換えたいみたいな

しかも3年前はこの倍以上の金額で購入した僕・・・。

この程度でこの値段ってありえない。
程度だけでなく革、サンルーフ、マルチ、パール、エアサス、インセレ車。
セルシオ選びで大事な要素をひとつも欠かすことない、完璧なこの1台。



この値段ホンマにありえへん・・・

お値段以上のこのセルシオ

気になった方ください。


 
茶太  2011年06月29日(水)
テレビはほとんど見ないんだけど今日の「リバウンド」はよかったね。
ストーリーは単純明快なものなんだけど、
とにかく自分の作ったもので「人を幸せにする」というところが良かった。
うちもこうありたいね。

果たしてそんな車はあるだろうか?
まあ、中古車の場合はネットだけでは中身が分かりにくいんでとにかく買ってもらうしかない。
食べ物のように「美味しかったからもう一度」と言うような性質の商品でもないので、
なかなか「良さ」をアピールするのは難しいんだけどこの場でボチボチとアピールしていきたいと思います。

・・・が、得意のUPし忘れ・・・・

なので今日は幸せにしてもらったお店の紹介です。
実は僕が良く行くお店。
堺市西区北条町の「茶太」というダイニングバー。
料理のオーダーなんかせんでも寿司屋出身のマスターがとにかく考えて出してくれる。
「今日はこんな気分」とかは全然無視(笑)
とにかくその日の自信のあるものを出してくる。
本当は自分の隠れ家は公開するのは????やけど今日はとにかく紹介します。


これはこの日の付き出し。
食べかけやけど・・・
コロッケとマリネとパスタとあと何やったけ?


お造り。
5種盛り?
これも食べかけ・・・


鶏の辛い鍋。
嫁の「辛いものが食べたい」と言うリクエストに応じて。。


肉のたたき。
これも食べかけ。
料理の写真撮る習慣がないので。。。

メニューに価格は書いてません。
とにかく適当に出してくれる。
予算を言ったら応じてくれる。
それでもこのお店のその日の一番美味しいものが食える(と思う)
本当に良いお店。
その名も「茶太」
月曜日定休です。
うちのお店から西に700mほど行ったところ。
同じ「ときはま」沿い。
見逃しそうな小さいお店ですが本当にいいお店です。


 
保険の話C  2011年06月25日(土)
前の担当者と話をするのが苦痛だったのでどうしたらいいものか考えました。
そして考えた挙句に保険会社のHPを見てお客様相談室に電話をしました。
お客様相談室の担当者はそれは親切に対応してくれました。
これはもしかして・・・・
ちょっと期待を持ちました。
しかし、その期待は堺の担当者の上司からの電話で木っ端微塵に打ち砕かれました。
基本的には対応は同じ。
それどころか前の担当者からの事情を優先しているせいか余計に聞く耳持ちません。
電話口で大きな声も出されました。
ただ、今までとは違う方法も提案していただきました。
整骨院に行ったとしても、後遺症が出た場合の請求の可能性も含めて
「やはり整形外科に行った方がいい」と言うアドバイスも受けました。
「新しい担当者に代わって欲しい」と言う希望も受け入れていただきました。
そういう意味ではお客様相談室に電話したことは良かったのかもしれません。

ところが、新しい担当者に代わってこれが大きな間違いだという事に気付かされました。
新しい担当者は、以前の担当者にもまして厳しい人でした。
すごく物事をはっきりと言う人でした。
僕が「僕に対して悪い感情を持っているからそういう対応になるの?」と聞いたら
「それはご想像にお任せします」
と、はっきり言ってくれる人でした。
保険会社としてのスタンスをはっきりと言ってくれる人でした。
こっちもだんだんとその範囲の中で話をしないと仕方がないのかな・・・?と。

4月に入って病院を代えました。
非常にいい病院でした。
「こういう怪我はね、週に3回は来て貰わないと。。。」
「間が空いたらすぐに元に戻りますから・・」
理学療法士の腕も良いし、痛みだけでなく気分的にもすごくラクになりました。

保険会社の担当から電話がありました。
「病院代わってどうですか?」
ああ、非常に良い病院ですね。
「治療はいかがですか?」
すごくリラックスできますし、気持ち良いです。
「気持ち良い?気持ちの部分は保険の対象外ですから」
かなりの大声で言われました。

・・・・
すごいな・・・・
本当にすごい・・・・
すごくビックリした。
まさか、ここまで言われるとは思わんかった。
僕は担当者のこの言葉を聞いて猛省した。
「気持ち良い」という自分の失言に対してでなく、
とにかく相手を攻撃的にさせるほどの事態にしてしまったことを。。。

担当者の人にはなんらの個人的な恨みもない。
彼らは会社の方針に基づいて任務を忠実に実行しているに過ぎません。
この会社に入るのに一流の大学を出て、会社でも一生懸命勉強して、
会社の為に必死に努力していることでしょう。
多分、相手も僕には何の恨みつらみもないのに、
会社の正義を守るために必死に努力していることでしょう。
これまで「会社が行ってきた示談がスタンダード」と思ってやってきただけのこと。
まあ、もう何を言っても無理なのかも知れません。

通院の日数が少ないのも事実だし・・・

毎日が苦痛でした。
僕だけでなくおそらく他の交通事故被害者ももっと嫌な思いをしていることでしょう。

それでも週に1回は新しい病院で治療を続けました。
すごくラクになったし、気持ちも落ち着きました。

そんな時、保険会社の担当から1本の電話がかかってきました。
「4月いっぱいで治療の対応は打ち切らせていただきます」
治療の対応を打ち切る?まだ、全然痛いんですけど???
「あ、病院には行っていただくのは自由ですから。」
「ただし、保険会社としての対応はこれで終わりです。」
いや、でも、まだ痛いんですけど・
「それは会社として対応できるかどうかは別の問題です。会社としての対応は終わりにします」
こう、一方的に宣言されました。


 
人と会うと楽しいことが。。。  2011年06月24日(金)
朝から草むしりを1時間半。。。
昼過ぎまで頭が痛かったです。
これは熱中症???
たった1時間半で。。。。????
ものすごくやわな自分に腹が立つとともにトシを感じました。
でも、急に暑くなるって怖いね。
何でも今日の熊谷は39℃とか・・・
皆様、くれぐれもお体はご自愛くださいますよう。。。

汗と泥と葉ダニでクチャクチャになった顔を石鹸で洗って
ギャツビーのなんか分からんシートで体を拭いて
スースーするスプレーを体にかけるとめっちゃ気持ちがエエ。
汗かいたときはこれが楽しみ。
リラクゼーションの瞬間
あ、草むしり自体はすごく楽しかったです。

頂き物を賞味しました。
杉の箱を開けるとそこには高級佃煮がずらり
塩昆布、蕗、ちりめん、あなご・・・
熱いご飯に佃煮を載せて熱いお茶をかけて待つこと1分。
もうほんまに上品な出汁のお茶漬けの出来上がり
センス良すぎです。
呑んで疲れた胃袋に非常に優しい。
これを上回るサプライズなお返しは・・・
こんなこと考えるのは非常に楽しいのです。

昨日、今日とまたお客様に会ってました。
1人は昔から知っているお客様でとある業種の社長さん。
手厳しいお客様だけど言う事は理にかなっているのでこちらも神妙に聞きます。
仕事はもっと緊張して取り組むことが必要だと気付かせてくれます。

車検納車のお客様。
1年前に購入のインプレッサなんですけど、
「もし、今売ったらいくら?」
と聞かれたので今の相場を元に目一杯の価格で答えます。
すると今の相場に目を丸くされます。
こんなことなら車検前にお伝えすればよかったかな?
でも、冷静に考えるとこの価格で下取りすると、
1年前の売価と現在の売価は同じ。
これは非常に由々しき事態。

夕方、訪問した医療関係のお客様。
輸入車の新車の商談だったのですが、話だけ聞いていると
この不景気のご時世に非常に景気のいいお話。
話の内容もさることながら、
同席していて「もっと頑張らんとイカン」と思いました。
でも、それも経営努力があってこそ。
病院が単純に儲かったなんて一昔前の話。
流行っているところはそれなりの苦労や努力があるのです。

今日は支払いの多い1日やったけどすごく楽しかったです。

明日は保険の話C
(すいません、夜は小難しい話はかけないんです)



 
これがなかなか・・・  2011年06月23日(木)
夕方までに記事をUPすると言いながら今日もこんな時間に書いてます。
なかなか自分の習慣を変えられえずにいます。

今日もスタッフとたくさんの話をしました。
問題点ばかりが見えてその改善をしようとするのですが、
原因ばかりを追求しすぎているのかもしれません。

スタッフは僕の欠点をたくさん気付かせてくれます。
たくさんのサインを出してくれます。
本当に素晴らしい人たちです。
でも、僕はなかなか気付きません。
自分の思いばかりを伝えようとします。

僕に人を傷つける権利はありません。
もちろん人を傷つけたくはありません。
そのつもりで行動しているのですが、これがなかなか・・・

ミーティングの多い会社は「ダメ」と良く言われます。
その通りです。
でも、うちの会社はミーティングが多いです。
たくさん話し合うよりも一つの事実によってひっくり返されてしまうこともあります。
行動しないとその事実さえ体験出来ないです。
だから、行動が大切。
分かっているつもりですが、これがなかなか・・・

今日、夕方に来社されたお客様がインプのことをすごく褒めてくれました。
こうして褒めていただくとすごく励みになります。
どんな中古車でも当社では自信を持って仕入れしているつもりですが、
「この車、絶対にいいよね」
「ポイント抑えてるよね」
車のことを良く知っているお客様から
そう言っていただくとさらに自信が持てます。
車を褒められたことでさらに自信が深まります。

だから、明日からちょっと違うことをやってみようと思います。
それで僕がどんだけの体験が出来るか??
明日も頑張ります。
皆さん、見ててください。


 
本気のほんまもんを見た。  2011年06月22日(水)
本気のほんまを見た。

先日、ひょんなことから、
あるプロスポーツの選手と席を共にする機会があった。

1人はその団体のトップで経営者。
プレーヤーでありながら、競技を存続するべく、
自分の事だけでなく、他の選手への気配り、育成、
そして最高のパフォーマンスをするべく日夜努力している姿、
心底、お客様に楽しんで帰ってもらおうとする努力、
また、営業努力など話を聞いていて本当に頭が下がる思いだった。
彼女らは本気のほんまで自分の仕事である競技に取り組んでいる気がした。

対して僕らはどうやろう??
車が高くて仕入れが難しい?
そんなもん、色んなお客様が毎日声を掛けてくれて
店があってオークションがあるだけでも幸せや。

ソフトボール?
一流のチームに所属させてもらって、
ある人の努力によって環境を整えてもらってるだけでもめっちゃ幸せや。

だから、もっとなんでも本気でやらなアカン。
ぐだぐだと小さな事で悲しんで行動せえへん自分が恥ずかしくなった。

すごく刺激になった。
すごく元気になった。

こんなに元気になってしまうと、ものすごく明日が楽しみや〜。

感謝してもし切れません。
紹介してくださったNさん、本当にありがとうございました。


 
保険の話B  2011年06月20日(月)
最近は夜遅くになると目が持たない。
夜は早く寝てしまうので、これからはこれぐらいの時間にブログを書きます。

病院への足が遠のいて通院の回数が少なくなる。
これは絶対にあきません。

ちょっと余談になりますが・・・
事故の怪我の賠償は客観的な数字、つまり通院回数で決められます。
例え怪我の症状がひどくとも通院回数が少なければ賠償額は少ないです。
逆にほとんど痛みはなくても通院回数が多ければ賠償額は多い。

今回の事故のようなケースの場合ほとんどが自賠責の賠償の範囲(120万円まで)内です。
自賠責の慰謝料の計算基準は4200円×通院期間、もしくは通院日数×2倍の少ない方です。
例えば3ヶ月の治療期間でトータルの通院回数が24回だと、
4,200円×90日=378,000円ではなくて、4,200円×24回×2=201,600円なのです。
あとは休業損害がプラスされるだけ。


だから、納得の行く賠償額を得ようと思えば、病院にたくさん通えばいいんだけど
仕事を持っている人はそうも行かないですよね?
ましてや病院も治療に積極的でなく、転院もままならないとなれば・・・

その間も仕事の忙しい時間帯に何回か保険会社から電話がかかってきました。
そのたびに転院をお願いしたけど、
「整骨院は医師の指示がないと認められません」
「転院は医師の許可がないと認められません」
もうね、にっちもさっちも行かなくなってきました。
毎日痛いけどそのうち慣れてきたし、
どっちが被害者かわからないぐらい高圧的な態度で、
忙しい時間帯に電話をかけられるのも非常に苦痛でした。
休業損害についての話もしたけど、
「役員は役員報酬だから休業損害はありません」
これをしつこく繰り返されました。
僕の報酬が役員報酬ではなく給与所得が大半だということを何度も言うと、
やっと・・「それなら会社の議事録を出してください」
「そこに明記してない限りは認められません」


そんなこんなで3月の半ば・・・
保険会社が3月末で治療の打ち切りを申し出てきました。
僕も嫁もほとんど病院に行けてないし、痛みは全然治まらないし、
賠償額が少ないのはわかっていたけど、
だんだん交渉するのが苦痛になってきたので、
「もう、ええかな・・・と」
いったんは申し出を受け入れることにしました。
すると保険会社の担当も軟化したのか、
医師の指示がなくても整骨院OKになりました。
ようは保険会社が認めるか認めないかだけで、
医師の指示がなくても大丈夫なんやな・・・


ところが、その日の晩、事件は起こりました。
嫁の腰の痛みが悪化して立てなくなってしまったのです。
風呂にも入れず、食事の用意もできず、本当に困ってました。
それよりも苦痛にゆがんだ表情を見ると可哀想で仕方がありませんでした。
素人の僕はマッサージすることも出来ず、
ただ、医者にもらったシップを貼ってやることしか出来ませんでした。

その日の晩は良く眠れなかったようですが、
取りあえずは痛み止めを飲んで翌朝は立てるようになりました。

この状態でも交渉を打ち切ろうとしている保険会社と治療をしない医者に不信感が大きくなりました。

怒り心頭で保険会社の担当に前の晩のことを伝えました。
3月で保険の適用を打ち切られることも断りました。
引き続き治療を続けたいことも伝えました。

すると
「治療は続けていただいてもかまいません、
ただし、保険は適用されません

ああ、そう、そういうこと言うわけですね。
もう、あなたとお話しするのは苦痛だから他の人に代わってちょうだい。
「いえ、それは出来ません、私が担当者です」
いや、あなたとは話をしたくないのよ。
「そしたら、もう、終わりということですね」
誰もそんなこと言ってないでしょ?

もう、この人と話をするのは非常に辛かったのでその日は電話を切りました。


 
いつもと違う方法でトレーニング  2011年06月17日(金)
毎日のパターンとして・・・
仕事から帰ってくる。
ビールを飲む。
酔っ払う。
「まあ、酔ってていい記事が書けるわけないし・・・」
なんてもっともらしい言い訳をしながら、更新を先延ばしにしていた。
今日も缶チューハイ飲んで上機嫌やったけど、
途中で手がすべって床にひっくり返してしまったので、
これからブログを書きます

最近は毎日筋肉痛。
と言うのはいつもと違ったトレーニングをやっているから。
僕は普段運動不足やけど少々のことでは筋肉痛にはなりません。
でもここ数日でやっているトレーニングはかなりしんどいのです。

それは何のトレーニングかというと・・・

バッティングセンター

ん?
バッティングセンター??
それやったらいつもと変わらんやん??
と思うかも知れんけどそれがちょっと違うんです。

きっかけはボーイズリーグ日本一のチームの練習を見たことからでした。
そのチームの練習法はとにかくボールを遠くに飛ばそうとする練習。

なるほど〜
遠くに飛ばすにはキッチリと芯で捉えて、
体の力をボールに伝える正しいスイングが必要です。
言わば基本中の基本やね。

ところが都会のバッティングセンターは距離が短い。
不細工なスイングでもエエかげんなスイングでも、
とにかく芯を食えばあの一定のテンポでやってくるボールが
奥のネットに突き刺さるんですよ。

そうなったらもしかしたら完全な勘違いをしてしまう。
あ、俺は調子エエんやないかと・・・

という事で大阪にある奥行きの長いバッティングセンターを探しました。
そしたらな、ラッキーなことにあるねんな、これが。

そこはな、奥行きが110m。
40m、90mってまるでゴルフの打ちっ放し場のごとく距離表示がしてある。

息子を連れて行ったけどそんなの関係なく自分でも打ってみる。
するとね・・・
バッティングセンターの硬式ボールではなかなか遠くに飛ばん
軟球は飛ぶけどな。

だから意地になって打つ。
必死になって打つ。
そしたらほんのたまに90Mの表示のポイントを超す。

次はどうしたら遠くに飛ぶか考える。
だから下半身中心でスイングする。
体全体を使う。
下半身はガクガクになる。
下半身を正しく使うと芯を捕らえることが多くなることに気付く。

速いボールと遅いボールの打ち方の違いはなく、
ただのタイミングの取り方の違いだけだと体が気付く。



そんな感じで息子そっちのけで200球近く打つ。
体は当然クタクタになる。

今までどれだけラクに打とうとしていたかが思い知らされる。
いや、試合ではそれでエエねん。

でもな、普段の練習でラクに打ってどうする?
毎日通ったら正しいフォームも身に付くんやろうけどな。
平金の谷○も真っ青のフォームが・・・・

こればっかりはやってみないとわからんで。

英樹、見てるか?
来週ぐらい一緒に行くか?




 
保険の話A  2011年06月15日(水)
整骨院を嫌がる保険会社があるのは知っていましたが、
100:00の事故でしかも自賠責の範囲内の賠償金で
整骨院は「絶対にダメ」という保険会社に初めて遭遇しました。

よーっし、それなら行ってやろう。
保険会社がダメと言おうが何と言おうが僕は整骨院に行きたい!!

・・・

なんて事は全然思わないのです。
僕も保険の代理店、色んな賠償のケースを知っているつもりですが、
この保険会社も国の名前を堂々と名乗るような超大手の会社。
例え過失割合がなんであろうとこの保険会社の百戦錬磨の担当が
NOと言えばNOなんでしょう。

でも、せめて電気治療でも理学療法でも何でもいいからやって欲しい。
ところがね、僕が通っている病院、全然やらない。
・・・どころか、患部を触ることすらしない。

せめて病院を変わりたい。
「んなもん、来たってしょうないがな」
そんな病院には残念ながら通いたくない。

だから、そのことを保険会社の担当に相談しました。
「医師の許可が必要です」
ん?今度は指示じゃなくて許可かいな?

でもな、「許可」って申し出てこそ得られるもんやろ?
「ここの病院の治療方針に不満があるから他の病院に行ってもいいですか?」
と言う宣言を堂々とせなアカンのやろ?
そんなこと普通に出来る?

まあ、そんな感じでだんだんと病院への足は遠のいて行ったわけです。


 
保険の話@  2011年06月12日(日)
んで、「こいつはいっつも嘘ついてる」って思われてもまずいのでそろそろ保険の話。
多分、3,4回に分けて書きます。
2回で終わったら拍手してください。
1回で終わったらお祝いのメールください(笑)

嫁と僕が乗っていた車が追突されたのは昨年の11月28日。
嫁と僕は腰と首を怪我しました。

嫁も僕も近所の総合病院に診断に行きました。
担当の医師は
「こんなもん時間薬やな。来たって仕方ないで。薬なくなったらおいで」
と、2週間分の薬をもらいました。

まあ、通院が邪魔くさいこともあったし、怪我も大したことないと思っていたので
「そんなもんかな?」と思ってしばらくは医師の指示に従いました。

その頃、保険会社の担当から連絡を受けました。
僕の話の仕方もまずかったのでしょうが、担当ははじめから敵愾心まるみえでした。
僕が会社役員であることを正直に伝えると
「休業損害は一切出ない」と言う旨を断言されました。
僕の所得は給与所得がほとんどで報酬が一部であることを伝えても取り合ってもらえませんでした。

2回目の通院に行きました。
相変わらず、「何回来たってしゃーないな、薬だしとくわ」
と、触りもせず、電気治療もなく薬だけもらって帰りました。
嫁はたまたま違う医師の担当日に言ったら看護士に
「なぜ、担当の先生じゃない時に来るんですか?なにか思惑があってのことですか?」
そんなことを言われました。

僕はせめて電気治療ぐらいはして欲しかったので整骨院への転院を保険会社の担当にお願いしました。
保険会社の若い担当は
「整骨院に行っていただいてもかまいませんよ。ただ、保険は一切適用できません」
ん?整骨院、あかんの?
「それには医師の指示が必要です。医師が必要と認めるなら対応します」

その言葉を受けて医師に相談しました。
「そんなもん、保険会社と相談したらエエがな」
と、やはり薬だけをいただきました。

痛みはだんだんとひどくなってきました。
パソコンをしていても携帯で電話をしているのも辛くなってきました。

保険会社の担当に「整骨院への転院は保険会社と決めろと言ってるよ」と伝えても、
「それはかまいませんよ、ただし、医師の指示がない場合は当社としては一切の対応はしませんよ」
えーっと、許可は出てると思うねんけど許可と指示は違うの?
「ええ、許可と指示は違います。指示がない限りは保険では対応しません」
でも、なんで整骨院への転院はダメなんだろう?
仕事柄、御客様の人身事故の相談は良く受ける。
事故の賠償の相談も良く受ける。
保険会社が整骨院を嫌がるのは知っていたけど、完全にNGを出すのはあまり聞いたことがない。
そこで自社が代理店を営む三井住友海上火災保険と国内最大手の人身担当にもヒアリング。
すると「それはもう、被害者の方が整骨院への通院を希望されるなら拒むことは出来ないですね」との回答。

それでも、今回の保険会社の担当は整骨院への転院はNG。
一体どうして整骨院への転院はNGなん?
「整骨院は正式な病院でないこと、治療以外の施術(マッサージ)に対して費用が発生すること」
でもな、今回のような怪我は自賠責からほぼ支払われるでしょ?
あなたが頑なに拒む必要はないんじゃないの?
「価格が合わない場合が多いんです。」
ん?価格が合わない?
そう、自賠責では賠償の総額だけではなく、1回あたりの治療費の限度というのも決められているらしいのです。
えーーと、という事は自賠責で認められない費用は支払われない。
しかも、任意保険の会社からも支払われない。
だから、「整骨院へいく場合はご自身で勝手にどうぞ」っことね。


 

| 次へ
最新在庫情報
スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc
33万円

スバル R1 S ユーザー買取車 タイミングベルト交換済 キセノン 660cc

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L
73万円

フォルクスワーゲン VW ゴルフ TSIハイライン ユーザー買取車 フルセグHDDナビ 1.4L

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc
29万円

スバル R2 S キセノン キーレス 純正15インチAW 電動格納ミラー 660cc

2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール


ネットワーク

友人新着記事

リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://blog.goo-net.com/taxsenboku/index1_0.rdf
アバター
店舗情報


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts