« 2012年05月17日 | Main | 2012年05月20日 »
2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
リンク集
最新コメント
カテゴリアーカイブ
プロフィール


ネットワーク


http://blog.goo-net.com/tys/index1_0.rdf
店舗情報
パーツ在庫一覧


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
JNCC R3 ワイルドボア鈴蘭 COMPクラス 2012年05月18日(金)
 午前中のFUNクラスのレースも無事終わって、昼からは、JNCC R3 ワイルドボア鈴蘭 COMPクラスです。

 TEAM WR with YAMAHAからは、鈴木健二と内山裕太郎のWR450Fデビュー戦 



 鈴木健二は、スタートを出遅れた後ショートカットのヒルクライムで、前の選手に行く手を阻まれ失敗  出遅れましたが、すぐに挽回してトップ争いは、 さすがです・・・  

 私達のチームからは、今回も友人(FUNとダブルエントリー)の二人の参加です。
 


 今回のスタート地点は、幅が狭いので、何列かに並ばないといけませんし、スタート後のコーナ−が狭くなっています。まあ、最前列の私にとっては、ホールショットを狙うには絶好のチャンスです。


 前回の広島大会では、失敗しましたが、第1戦のサザンハリケーン同様ホールショットできました。 

 でも2.3コーナーでは、インからアウトから速いライダーに抜かれまくりますが・・・  その後のショートカットのヒルクライム・・・ 上れない事は無いと思いますが、AAライダーでも失敗していたので、通常のコースへ・・・ 



 で、坂を駆け上がって、ガレの下りを降りると、最初の難所の長いヒルクライムです。勾配はそんなにきつくないのですが、途中に水切りの溝が何箇所かあります。以外と深い場所も有り場所を選ばないと大変な事になります。下見で、左の方が通りやすいのは解っていたのですが、すでに一杯です。少し右側を通ろうとすると、前のライダーが上れない  そのまま私もストップ  溝にリヤタイヤがはまった状態では、この上りは再スタートは難しく、挙句の果てには、2台横のライダーがまくれてバイクが降ってくる始末。3台が絡まって、この場で撃沈。 



 こんな感じの中に埋もれていると思います。なんとか立て直して再スタートするも、後ろはほとんど誰もいないかなあ  その後も、最後の上りでスタックしている方々とお付き合い、最後は押して上がる始末。それで、すでにヘロヘロです。 

 その後は、下りがほとんどなので下っていきますが、体力も消耗しているせいか、何でも無いキャンバーで転倒したりで1周目は68位と散々。 

 友人は、上りの渋滞を左から回避。この時、すでにコーステープは切れコースの外側から通過したらしい。 1周目は、 15位くらいで通過しましたが、2周目のヒルクライムでリクルスの調子が悪く引き戻してピットイン。 ノーマルのクラッチに交換してしていたようです。その後もリヤをトラタイヤに交換したり、頂上で休憩したりと満喫していた様です。





 そこそこスタックしているライダーもいましたが、何とか引っかからず無難に周回を重ね、Rクラス26位でゴール 



 COMPの優勝は、鈴木健二でしたが、渡辺学がパンクしていなければ、広島に引き続き2連勝だったようです。