道が続く限りその先に進んでみたい
何かを見つけたい
何かを知りたい
そう思って走り続けたい

 
« 2012年09月 | Main | 2012年11月 »
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アバター
プロフィール


最新記事
月別アーカイブ
リンク集
ネットワーク



Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
鈴鹿へお散歩 2012年10月27日(土)
この時に行き損ねた3本の国道

翌年にR306を走破

昨年にトンネル開通を聞きR421を走破

そしてmareさんから鈴鹿スカイラインの開通報告を聞き最後のR477を走破してきました



日が暮れるのが早くなってきました

本来ならオール下道で行きたいところですが

鯖江ICから八日市ICまで時間短縮のため一部高速利用

R307で日野町まで走り、いよいよ大望の鈴鹿スカイラインに突入です


(画像は三重県側)

地図で見ると楽しそうなクネクネが続きます

走ってみると・・・マジ楽しいやん!

GLでは旋回性能が低いですが、それでもめちゃ面白い

出来ることならバンディットでおもいっきり走ってみたかったなぁ〜



滋賀県側はそれほど紅葉してないのに、落葉が道路の両側に吹き溜まっていました

走っていてもヒラヒラと落ちてきます

三重県側に入ると、風景が一転する感じ

山が色付き始め、登山?なのか駐車場や路肩にはがあふれ返っていました

バイクを停めるスペースもありません・・・

唯一写せたのが1枚



駐停車禁止でパトカーが取り締まりのため走り回っている中、無理矢理停めちゃいました

こちら側はヘアピンが続きますが、減速帯のラインの凸凹で走りにくいですねぇ


麓にまで下りて、道の駅で休憩





ここまで2時間半ノンストップで走り続けてしまうほどの楽しさ

ここからはR306〜R365で帰るのですが、こちらに来るといつも寄る店で昼食



そしていつも気になっていた場所に寄り道

ここを走ると日本昭和音楽村って看板があるんです

どんなんだろう?と思い通り過ぎていましたが、今日は立ち寄りました



水嶺湖の畔の駐車場には年配の方々が乗られた車が何台も止まっていました



建物に入ると、懐かしいレコードジャケットや弾いてもOKなギターが数本

30年以上も触っていませんからコードも忘れてしまいましたねぇ



TVジョッキーって白いギターだったはずだけど・・・



滋賀まで戻り、道の駅伊吹の里



イベントで餅つきをやっていました



ついた餅は振舞われます



後ろには長い行列



きな粉餅とおろし餅ゲット!



つきたてですから、温かくて柔らかい 旨し!



こちらも 旨し!



R365を走っていると巨大な兜が見えたので、立ち寄ってみました



浅井家の小谷城址へ案内するバス乗り場でした

すく近くの小谷城戦国歴史資料館も行ってみます



お市の方の記念撮影



展示物は肖像画が書かれた掛け軸の模写や発掘物

もう行くことはないでしょう・・・

R365で木ノ芽峠を越えて帰宅



距離の割にはゆったりと出来て、楽しいお散歩でした


せせらぎ街道の紅葉 後編 2012年10月22日(月)
落ち込んでいても仕方が無いので気持ちを切り替えて進みましょう

郡上八幡城に別れを告げて国道472号線



郡上市明宝はまだ木々が青々としており、紅葉はもうしばらく先のようです

トンネルを抜けて高山市へ

少しずつ山の木々の色が変わり始めていました



安物のデジカメのためか見た目の美しさが収まってくれません

さらに進み県道73号線



かなり紅葉が進んでいます



そしてせせらぎ街道の一番の紅葉スポット 西ウレ峠



左手にある駐車場は満車



8割程度は進んでいるでしょうか・・・



来週当たりが一番の見頃かもしれませんね〜


この後は158号線で白鳥まで行き、福井に帰ります



ひるがのを少し過ぎたブラインドコーナーで若者が交通整理をしていました

直感で「事故ったな!?」

曲がった先には救急車の担架に乗せられたライダーが1人

スピードを出せる区間ではありませんが、オーバーランでもしたのでしょうか・・・

無事であって欲しいものです



みなさんも気をつけてくださいね〜


日が暮れるのが早くなり、18時には真っ暗



今日も走りましたね〜


せせらき街道の紅葉 前編 2012年10月21日(日)
yahooの紅葉情報によるとせせらぎ街道は色づき始めらしい

行ってみるか

九頭竜を抜けて、油坂峠を越えて、郡上八幡へ

見てみたい物があったので街中に立ち寄る

ひとつ目が「やなか水のこみち」



古い建物と狭い路地、その脇を流れる水路

風情がありなんとも落ち着く空間である

向こう突き当たりに見えるのが「心の森ミュージアム 遊童館」

2階と3階は有料なので1階のみ



いろいろなカワイイ小物



キャラなので欲しかったのだが、今日は止めておく

心の森ミュージアムを左に折れると甘味処



妻は甘酒+わらびもち



私はソフトクリーム+わらびもち



涼しげな路地裏で縁台に腰掛けて食べるのも乙な物である


そして食品サンプルの店





本物と見間違うばかりの食べ物などのキーホルダーやストラップ、置物など・・・



この鮎や炭さえサンプル品である



ここで部活動



これもサンプル品



見たかった物のふたつ目が見つからず・・・探す

そしたらサンプルの店とは違う所にあった

オフ仲間のOK2さんに教えてもらった「ゴジラとモスラのから揚げ」である




街中で昼食を食べることにした

ここで大ハプニング

店名は書けないがこんな店



定食もあるやん。と入ってみる・・・

ガラス戸を開けると狭い通路は庭の飛び石のようだ

これはなんとかとの名前があったはずだが忘れてしまった

奥に座敷がありますから。と通される

その先には・・・



茶色いうえにシミだらけの壁



なんとも小汚い部屋

窓の障子は黄ばむどころか茶ばんでいる

その前に飾られた写真は、この店に来たのであろう無茶苦茶若い永六輔

やっちまったな〜!

客など誰もいない・・・

案内した妖怪のようなババアが説明をし始める

「うちは料亭で予約した客しか取らないのだが、土日は特別対応している。これが土日のメニューです。」

薄っぺらな紙をクリアファイルに挟んだメニューを見て・・・

やっちまったな〜!

コース料金なんて持ち合わせていません

コーラやオレンジジュースですら500円って

どんだけ〜!

店頭に書かれてあった日替わり定食を聞くと

「あれは平日しかしてません。」って・・・

ババア、お前さっき予約しか取らないって言ったやん!
日替わり定食を予約してまで食いに来る奴がいるかよ!


妻と顔を見合わせて、しばし呆然

一番安いけいちゃん定食でも1500円6品

きくらげの何とかから始まり、デザートの富有柿まで、食べきれずに残すちゃうくらいの量はありましたが・・・


しばらくして入ってきた3人組の男性客

囲炉裏のほうの部屋に座り、聞こえてきたのは・・・「俺、けいちゃん定食」

あんたらもやっちまったな〜!


どれだけ敷居が高いのかは知らないが、少なくとも客に食事を出す部屋じゃねぇぞ

って訳で、みなさんも気をつけてくださいね〜



後編へつづく


柿食うぞ〜 2012年10月14日(日)
今日はクラブツーリング

参加はメンバーのkobaさん



ゲストのF,kazuさん



ゲストのJUNさん



ゲストのよすおさん



そしてオイラ



9時に鯖江ICを出発して木之本ICからR303で岐阜に入ります

GLを買ってすぐに走りに来たときはギクシャクでしたが

なんとか人並みに走れるようになったみたいです


道の駅 星のふる里ふじはしで休憩





R157に抜けて、今日の目的地の本巣



昨年買ったらめちゃ美味しかった太秋柿を今年も買いにきました



参加のみんなも購入


R256で洞戸



この頃にはに隠れてちょっと肌寒い



白鳥から福井に戻り



九頭竜で解散



走った〜




帰ってから数えたら35玉も買ってました

お世話になっているご近所にお裾分け



半分以上無くなっちゃいました


Drug Store`s 行ってきたぜぇ! 2012年10月13日(土)
うちの嫁さんはブタキャラが超大好き

伊豆でヤマハ乗りのスズキさんとホニホニさんに教えてもらったブランド

Drug Store`s

調べてみると金沢に1店舗ありました

これは行くしかないでしょ?!


天気はですが今日はでお出かけ



内容は女性や子供用の洋服や小物ですが、一部のサイズは男性でも着れます

キャラはこんなに可愛いブタ



これもイイ

あれもカワイイ

次々にカウンターに積みあがっていく服



値札なんて見ていません

結果ヘルメット程度の支払いで済みました


パーカー



Tシャツ



ベルト



パンツ



パーカー2枚



くつした



シール



宇宙シリーズのポンチョっぽいシャツを1枚、息子の彼女にプレゼント(画像なし




ショップからの抱き枕を2つプレゼントしてもらいました

たぶん大切に保管されることになるでしょう・・・




シールはヘルメットに貼られました




次は福袋だろうなぁ・・・


念願の伊豆 最終 2012年10月12日(金)
6時前に目覚める
静寂ならぬ雨音が聞こえる
カーテンを開けてみると・・・

雨が降ってるやん!



昨夜露天風呂から見上げた空には☆光っていたのに
駐車場のバイクは当然ずぶ濡れ

伊豆は海から天気が変わるとのこと
いくら目を凝らしても雲の切れ目も見えません

ヤマハ乗りのスズキさんにして出発時間を遅らせて様子をみることにしました
最終チェックアウトは9時30分です
ギリギリまで待つとなんとか雨は上がってくれました

このまま西伊豆スカイラインに行ってもウエット路面に真っ白で展望も望めないでしょう
残念ですが、今回は諦めることにしました

R414を北上して沼津を目指します
途中、天城の道の駅に立ち寄りお土産を物色



ここでスズキさんのお勧め
一般的なわさびソフトは練りこまれた物
しかしここでは・・・

おばちゃんが本わさびを下ろし



バニラソフトに乗せるんです



わさびを少しずつソフトの中に混ぜ込みながら食べます
辛みも感じずなかなかの味
失敗するとツーンと来ますが・・・

この後はスズキさんの地元スペシャルな道案内でR1まで送ってもらいました

もしかしたら富士山が見られるかも?と思い富士宮方面に向かいますが
走れど走れど雲ばかり

諦めました
給油して富士ICから東名高速へ
富士川SAで昼食
戻ってくるとGLが2台に分離してました



お話してみると、京都から富士山を見に来られたらしいのだがまったく見れなかったとのこと
諦めて正解だったようです

浜松辺りでまたも雨に降られましたがなんとか凌ぎ
上郷SAで休憩以外はノンストップ

2日間で1075kmの伊豆ツーリングは終わりました



燃費 1075km÷61.57L=17.4Km/L
タンク容量25Lですから航続距離400Km
富士ICまでなら無給油で走れることが分かりました

さぁて来月は・・・ふふふっ


念願の伊豆 2話目 2012年10月11日(木)
道の駅天城越えに入ってきたDSC11
ヤマハ乗りのスズキさん、お久しぶりです
ホニホニさん、初めまして

挨拶もそこそこにGLに興味津々のお二人
ホニホニさんがタンデムシートの座り心地を体験してみます
かなりご満悦の様子です
あとはいつヤマハ乗りのスズキからホンダ乗りのスズキに改名するか?ですね

ホニホニさんからタンデム時の疑問について質問を受けます
みなさんご存知の「走行時に眠くなっちゃうんだけど、後ろでどうやって眠るか?」について
私は以前にDS11に乗っており、そのときに嫁さんはどうしていたのか?の実体験を話します
詳細は書けませんが、眠るための方法ではなくいかに安心して走るかという方法です
これにはホニホニさんも納得していただけたようでした

このあとの行動を話します
まずは昼食にしましょう
スズキさんに案内してもらいました



向かう先はホニホニさんの友達が経営されているお店
地産のプレートをみんなで頂きます



個人的な内容のお話しも出来て、お互いの苦労も分かり合える時間を過ごせました
お二人ともお付き合いいただきありがとうございました

宿のチェックインの時間まではまだ余裕があります
スズキさんから「風車の丘に行きましょう。」とのお誘い
しばらく走ると・・・なんかとんでもない道に案内されます



でもその先にはなんとも素晴らしい風景が待ち受けていました
澄み渡る青空と白く大きな風車
広大なススキの野原とそよぐ風



北陸だとこの時期のスキー場のゲレンデにそっくりでした
南方には伊豆七島が見える・・・はず・・・



私はこんな場所が大好きです
タープを張って椅子に座り大好きな音楽を聴きながら、1日ボ〜〜ッと過ごしていたいですね

チェックインの時間も近づいたので山を下り下田に向かいます
宿に着くと女将さんが「4人も来たものだから予約がブッキングしたのか?」と驚いておられました・・・
ごめんなさいね〜

お風呂は貸切の露天風呂
食事前にと順番を待っているとスズキさんから
玄関まで出ると、ホニホニさんから差し入れ

わざわざ買ってきていただいた、伊豆に来たからには食べるべき銘菓



嫁さんとの2人分
お気遣い本当に心に沁みます

宿泊プランはツーリング向けの価格がお安め
超豪勢ではありませんが私達には十分な量です



夕食後は明日の西伊豆スカイラインからの富士山を夢見ながら早めに就寝

つづく


念願の伊豆 1話目 2012年10月10日(水)
何度も何度も天気を確認したが問題はなさそうだ
時間に余裕を持たせるために出来るだけ早めに出発しようと思う
布団に潜り込むも遠足前の子供の如く眠れない
少しウトウトするもすぐに目覚めてしまうのだ
気付けばすでに3時になっていた・・・
スマホでまた天気の確認をしていると、妻を目覚めさせてしまった

4時に出発することにした
まだ外は真っ暗
気温も低く肌寒い

高速に乗り、北陸〜名神〜東名
豊田ジャンクション手前の上郷SAまで一気に走る
ここは自宅からちょうど200kmなので、東に行くときのキーポイントとなっているのだ
朝食にうどんを食べておく
ガソリンは半タンで御殿場まで無給油で行けそうだが、GLでは初めてなので入れておこう
6時30分にSAを出て、三ケ日から新東名へ
初めての新東名にドキドキ

道幅が広く路面もフラット、アップダウンも少なくコーナーも大きくて走りやすい
早朝ということもあり、全体的に速めに流れている



ただ残念な点は景色に変化が無く飽きる

清水PA付近まで走ると突如富士山が見えた
慌ててPAに入る
しかしPA内からは富士山を眺めることが出来なかった

オーナーが見当たらなかったので勝手に撮影させてもらったのだが・・・
なんとも綺麗なバイクである
HONDA GOLDWING GL1000
ご先祖様であ〜る



本線に戻るとまた富士が見えた



この後は富士山を眺めながら走ることが出来るので
御殿場には9時に到着
いよいよ大望の箱根、芦ノ湖、伊豆の各スカイライン
401を登る



箱根スカの料金所



芦ノ湖スカの料金所



交通量は少なく、景色を愛でながらゆっくり走る
パーキングには「俺は走り屋だぞ」みたいな車やバイクが屯して、ふざけたスピードで走り、料金所手前で平然とUターンしているのだけは目障りだったが・・・

伊豆スカの熱海峠ではバイク専用の臨時料金所が設けられていた
それだけバイクが来ているんだろうなぁ〜
冷川までの通行券を買う



最近は二輪問題が起こっているようだが、スピードを出さなければ問題はないはず
一部の人の行為が二輪界全体の問題となるようなことはやめて欲しいものだ

亀石峠で休憩
伊豆スカイライン開通50周年なるイベントが開催されていた
ご当地グルメのオムナイスボウルを食べてみる
子供に喜ばれそうな見た目と味であった





亀石峠を越えると伊豆スカも展望もなくなりただの山道
冷川で降りて59号線に向かう
OKUさんからの事前情報では「細い!」って聞いていたのだが、ツーリングマップルには「わさび田が見られる」と書いてあったもので・・・
走ってみたら狭くて湿っていて落ち葉が多くて(略

12時頃に道の駅天城越えに到着
トイレから戻ると見知ったDSC11がご入場されるところでした

つづく


ちょっとおさんぽ 2012年10月08日(月)
さすがに1000kmも走ると疲れます

目覚めると背中に少しハリを感じました

でも今日は全国的に快晴らしい

寝ているだけではつまんないですよねぇ

クールダウンに少し走ることにしました



10時30分出発

R417で越前海岸に出て南に走り敦賀へ

敦賀半島を横断

そこは水晶ヶ浜



なんて素晴らしい天気なんだ





昼食はよしだのイカ丼



たいへん美味しゅうございました

駐車場には他県ナンバーのバイクがズラリ

相変わらず人気店なんだなぁ・・・



いつもの安息場所に向かいます

そう、熊川宿の風鈴草

でも・・・

休みでした  



R303で琵琶湖湖畔

ふと見かけた場所

沢山の人がカメラを手に



彼岸花の群生地?





疲れを残さないように帰ります



明日から仕事頑張らねば・・・


無事帰宅 2012年10月07日(日)
天気予報に翻弄された伊豆ツーリング



6日の午前中はなんとか富士山を見ることができました



ホニホニさんともお会いできました



今回のツーリングで唯一望めた景色



ヤマハ乗りのスズキさんの地元スペシャルのお陰で助かりました



2日間の総走行距離 1075km

ヤマハ乗りのスズキさん、ホニホニさんお世話になりました

報告まで



| 次へ