ホンダウイング横山輪業の活動日記です。
皆様に新鮮で楽しいホンダの情報をお届けします。

 
Main | 新着・新車情報 »
 
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
営業日カレンダー
2017年7月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
2017年8月
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
休業日
充実のロードサービス提携二輪組合ロードサービスカード




オーダーエントリー 2017年07月21日(金)
いよいよ始まりました。
モンキー・50周年スペシャルのオーダーエントリーです。



500台限定と言うことで、抽選になるのは必至です。
エントリーは既に4,000件を超えたのの情報もあります。
宝くじの様な倍率になりそうです。
でもエントリーしなければ手にすることはできません。
私は本日、済ませました。
皆様も是非エントリーしてください。
 http://www.honda.co.jp/motor-order/monkeysp/?from=RSS

オーダーエントリー受付期間
2017年 7月21 日(金)10:00〜8月21 日(月)23:59
オーダーエントリーは、
・ご本人様からのみとさせていただきます。
・お一人様、1回とさせていただきます。
・お一人様につき、1つのメールアドレスとさせていただきます。
との事です。


ニューGROM 2017年07月11日(火)
新型グロムが入荷しました。
2018年モデルのマットアクシスグレーメタリックです。



前モデルと変わりませんが、LEDヘッドライトとリトラクタブルキーが特徴です。



日常の使いやすさにも配慮したGROMには、フォールディング機能をもったリトラクタブルキーを採用。
バイクで出かけた際にもバッグやポケットの中でかさばらず、スマートに持ち歩けます。

変わった点が1つあります。

オイルフィラーキャップの位置です。
エンジン後方から、前方になりました。
部品の共通化があるようです。

ホンダ唯一の原付二種スポーツバイクとなったGROM!
自分流で楽しんでください。。。


続きを読む…
頭が”2”で始まります。 2017年07月07日(金)
Hondaは、上質感と個性を主張するスタイリングに、力強い出力特性と環境性能に優れた50cc水冷エンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載したスクーター「Dunk(ダンク)」のカラーバリエーションを変更し、7月14日(金)に発売します。
 ホンダ広報より




何が変わったかというと、
型式が
JBH-AF78 から 2BH-AF78
になりました。

9月以降生産される車両の型式は全て頭が”2”で始まります。

8月で生産終了となる機種は”2”が付かない為です。
モンキーもリトルカブもズーマーもAPEもVTRもその為です。
内燃機関のガソリンエンジンは前途は多難です。

車業界は既にEVが主流となりつつあるように思います。
バイクもその流れは確実です。。。


続きを読む…
モンキー・50周年スペシャル 2017年06月22日(木)
「モンキー・50周年スペシャル」 受注方法のご案内

モンキー・50周年スペシャルは50cc「モンキー」の最終モデルとなり、台数限定で販売します。ご購入に際しては、Hondaホームページ内専用サイトでのご商談のお申し込みが必要となります。お申し込みの受付期間は、2017年7月21日(金)から8月21日(月)で、限定台数を上回るお申し込みがあった場合は、公開抽選を予定しています。


■商品概要 :車体各部にクロームメッキを施し、個性をさらに際立たせた 「モンキー・50周年スペシャル」
■メーカー希望小売価格 432,000円 (税抜本体価格 400,000円)
■販売台数: 限定 500台
■発表・発売 発表:2017年 6日22日 (木) 発売: 設定なし
■受注方法 :専用Webサイトによる、オーダーエントリー方式
  URL http://www.honda.co.jp/motor-order/monkeysp/
  ※お一人様1台のお申込みとなります。
■申込受付期間 :2017年 7月21日(金) 〜 8月21日(月)

皆様、応募しましょう。
抽選になるのは必至です。
幸運にも当たった方は、是非横輪でのご注文をお待ちしています。


続きを読む…
発表は約1ヶ月後の7月3日です。 2017年06月05日(月)
CBR1000RR SP2 オーダーエントリーが始まりました。



メーカー希望小売価格(消費税込み)3,024,000円(消費税抜き本体価格 2,800,000円)
※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。
販売計画台数(国内・2017年型モデル)35台 限定
※オーダーエントリー数が生産台数を超える場合は、厳正なる抽選の上、当選者の決定をいたします。
オーダーエントリー受付期間2017年 6月 5日(月)10:00〜6月 26日(月)23:59

詳細は下記ホンダのサイトをご覧ください。
http://www.honda.co.jp/motor-order/2017sp2/?from=RSS

私も早速、エントリーしました。
発表は約1ヶ月後の7月3日です。
さてどうなるか・・・


入荷しました。 2017年05月11日(木)
CBR250RRのソードシルバーメタリックです。











待望のCBR250RR
15日にはヴィクトリーレッドが入荷予定です。
ご検討お願いいたします


Rebel 250展示中!! 2017年04月22日(土)
入荷しました。
Rebel 250〈ABS〉


車名・型式:ホンダ・2BK-MC49
全長(mm):2,190
全幅(mm):820
全高(mm):1,090
軸距(mm):1,490
最低地上高(mm):150
シート高(mm):690
エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3):249





展示中です。
実車に触って、またがってみてください。
ご来店お待ちしています。


続きを読む…
「CBR250RR」を発売 2017年04月20日(木)
 CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR“RR”シリーズの思想「トータルコントロール〜操る楽しみの最大化」を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計しました。

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み)
CBR250RR (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
756,000円(消費税抜き本体価格 700,000円)
CBR250RR (ヴィクトリーレッド)
777,600円(消費税抜き本体価格 720,000円)
CBR250RR<ABS> (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
806,760円(消費税抜き本体価格 747,000円)
CBR250RR<ABS> (ヴィクトリーレッド)
828,360円(消費税抜き本体価格 767,000円)

【特徴】
・250ccクラス初スロットルバイワイヤシステム。
スロットルグリップの開度を機械式ワイヤー構造ではなく電気信号を介して伝達するスロットルバイワイヤシステムを採用。スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブ制御を図ることにより、上質で安定感ある加速フィールを獲得している。



・3つの走りのテイストを、自在に楽しむ。
電子制御のスロットルバイワイヤシステムを活かし、好みに合わせて選べる3つのライディングモードを設定。パワーフィールの明快な差を自在に堪能できる。

〈Sport〉
オールラウンドにリニアな加速を楽しめる標準モード
〈Sport +〉 
より力強い加速が楽しめる、レスポンスを強調したモード
〈Comfort〉 
タンデム時など、よりリラックスした走行が楽しめる快適性を重視したモード

気になる納期について
各販売店がそれぞれ大量のオーダーを入れている模様で、入荷には時間が掛かりそうです。
横輪もABS付きを中心に先行オーダーを入れています。
5月12日発売ですが、ホンダからの納期回答はまだ出ていません。
ABS付きは比較的早く納車できる見込みです。
ご検討お願いいたします。


続きを読む…
アドベンチャーモデル「X-ADV 2017年04月18日(火)
 Hondaは、アドベンチャーモデルの新たな提案として、低回転域から高回転域まで扱いやすい、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、定評のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を、4月14日(金)に発売しました。

●販売計画台数(国内・年間)
400台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
X-ADV
デジタルシルバーメタリック 1,209,600円(消費税抜き本体価格 1,120,000円)
ヴィクトリーレッド 1,242,000円(消費税抜き本体価格 1,150,000円)



多機能なスピードメーターと別体インジケーター。


容量21Lのラゲッジスペースはヘルメットを収納できます。
ETC本体と、アクセサリーソケットも装備されています。


アルミ製のスポークホイール(ステンレススポーク、チューブレス仕様)とブロックパターンタイヤ
迫力あります。


入荷しました。


明日は定休日です。
また明後日・・・


Rebel 250/500 新発売 2017年04月14日(金)
今回発売するレブルは、デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、特徴的な形状のフューエルタンクやくびれのあるナロースタイルのフレームボディー、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラックに仕上げたエンジンや各部パーツの採用により、タフでクールなイメージを表現するとともに、自由な発想でカスタマイズを想起させるスタイリングとしました。
車体は、年齢や体格にとらわれず幅広い層のお客様が楽しめるよう、軽量かつ690mmの低シート高とするとともに、ミドルポジションのステップを採用することで、アップライトなライディングポジションを実現しています。
 エンジンは、低回転域でもトルクフルで扱いやすく、高回転域まで気持ちよく伸び感のある出力特性を実現。また、エンジン内部のギアの仕様やマフラーの内部構造を最適化することで、エンジンのメカニカル音や心地良い排気サウンドとパルス感を実現しています。

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み)
レブル250 537,840円(消費税抜き本体価格 498,000円)
レブル250〈ABS〉 588,600円(消費税抜き本体価格 545,000円)
レブル500 785,160円(消費税抜き本体価格 727,000円)

●スタイリング
・デザインコンセプトを「SIMPLE」「RAW(未加工の素材)」とし、タフでクールなイメージを表現するとともに、自由な発想でのカスタマイズを想起させるスタイリングを表現。
・レブルを特徴付ける印象的な形状のフューエルタンクを採用。
・ライダーの股下でくびれを持たせたナロースタイル形状のフレームボディーを実現。
・迫力あるスタイリングを演出する16インチのワイド&ファットサイズの前後タイヤを採用。

Rebel 250
Rebel 500
ホンダ・広報より

レブル250のシルバーはまもなく入荷いたします。
おたのしみに・・・


続きを読む…

| 次へ
プロフィール


リンク集





ネットワーク

友人新着記事


http://blog.goo-net.com/yokorin/index1_0.rdf
店舗情報
ショールーム
在庫一覧
店舗詳細


Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts