福岡市 東区 香椎 八田のヘアサロンFREAK(フリーク)のプレス、広津カズヒロのblog

2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
人間テトリス [2009年06月09日(火)]
 
どもフリーク プレスのヒロツです。

今日は初動画です

誰もがご存知の「テトリス」を人間が・・・

BGMにも注目して↓の動画をご覧ください



どんどん焦ってきてます(笑)

話は変わって新しいiPhoneが発表されましたね

なんでもアプリの起動スピードが2倍にアップされたり、web表示が3倍になったり

そして私的に注目なのが本体裏のカメラが現行の200万画素から300万画素にアップされてること
最近発売されたシャープのAQUOSケータイは1000万画素ととても敵わないですが・・・
しかしオートフォーカスやタップによるピントや露出の調整にも対応したということで詳しくは不明ですが、ある程度マニュアル撮影ができると思われます
ケータイでのカメラ撮影が楽しくなりそうですね

今日はこれくらいまた面白いネタを見つけたらupします
ではまた
いよいよ明日公開! 007 ジェームズ・ボンドの愛したモノ 〜時計編〜 [2009年01月23日(金)]
 
こんにちわ

いよいよ明日に迫りました「007 慰めの報酬」

4日連続の最終日はボンドの愛したモノ「時計編」です

007はボンドが不屈の闘志と最新のテクノロジーを駆使した武器を使って繰り広げられる華麗なアクションが魅力の作品ですがその秘密兵器のひとつが時計なんです

ショーン・コネリーがボンドを演じてた時はロレックスのサブマリーナなどが主に使用されていましたが、「ゴールデン・アイ」からはオメガのシーマスターが使用されるようになりました。

もちろん今作「慰めの報酬」にも最新鋭のシーマスターが使用されています。

映画の公開と同時期に「007モデル」が発売するのも定番になっていて世界中には「007モデル」のコレクターも幾人もいらっしゃるのです
今回も例外ではありません

「007 慰めの報酬」限定モデル





限定モデルは、スクリーンでジェームズ・ボンドが腕につけていたモデルよりひと回り大きな径45.5mmケース。
600m防水の本格ダイバーズ仕様に加え、ムーブメントにはオメガ独創のコーアクシャル脱進機を採用。サファイアクリスタルには「Quantum of Solace」の文字がしっかり刻まれて、文字盤の表面にはボンドのトレードマークであるガンホルダー部分の装飾を施し、上質はオリジナリティを演出しています
世界限定5007本。特性BOX入り。\462,000-

スクリーン着用モデル



実際にスクリーンでボンドが着用してたのがこちらのモデル「シーマスター プラネットオーシャン」
こちらは2005年に登場して以来オメガの定番人気になっています
こちらのモデルももちろん600m防水仕様です。
\441,000-

すいませんフリークに買いに来ても売ってません
気になった方は天神などの時計売り場に足を運んでみては、、、

ではまた気になるネタが見つかったら更新します
ジェームズ・ボンドが愛したモノ 〜お酒編〜 [2009年01月22日(木)]
 
どーも、こんにちわFREAKプレスのヒロツです

今日は3日目『007特集』ですが、昨日に引き続き「ジェームズ・ボンドが愛したモノ」またやっちゃいます

今日はお酒のお話。
007のカクテルと言えばウオッカマティーニ。
"Shaken not stirred" 「ステアでなくシェイクで」とオーダーするのがボンド流

イアンフレミングの原作「カジノロワイヤル」の中でボンドはオリジナルのマティーニのレシピをこう語っている。

‘A dry Martini,’ he said. ‘One. In a deep champagne goblet.’
‘Oui, Monsieur.’
‘Just a moment. Three measures of Gordon’s, one of vodka, half a measure of Kina Lillet. Shake it very well until it’s ice-cold, then add a large slice of lemon-peel. Got it?’

「ドライマティーニ、」ボンドは言った。「大きなシャンパングラスで。」
「かしこまりました」
「ちょっと待ってくれ。ゴードンを3、ウォッカを1、キナ・リレを1/2。氷のように冷えるまでよくシェイクして、大きなレモンピールを入れてくれ。」

ゴードンはロンドンで1769年に生まれたジン。



ウォッカは銘柄指定なし



キナリレはキニーネを入れたリレ。



しかし、この新しいマティーニを、日本で実現するのは、大変難しいのです・・・

なぜかというと、このカクテルで使われている、キナリレ というお酒は、現在、日本では輸入停止状態だからなんです

このカクテルは、このときのボンドガールの名前をとって、ベスパー(Vesper) マティーニと名付けられたそうなんですが、巷では、こちらを、ジェームスボンドマティーニ と呼ぶようになってきているそうです

ではまた明日
ジェームズ・ボンドの愛したモノ 〜クルマ編〜 [2009年01月21日(水)]
 
こんにちわ。フリーク プレス広津です。
昨日に引き続き『007 特集』やっちゃいます。
この映画は、常に斬新なアクションシーンを提供し続けて、多くの映画に影響を与えてきた

007シリーズではボンドガールとともに、ボンドカーの活躍は、この映画にはなくてはならない存在となっています
さて、今日は、アストンマーチンをはじめ、ボンドカーとして登場した車たちを、紹介してみようと思います

アストン・マーチンDB5


初代ボンドカーとして、スクリーンに登場したこの車が本格的に活躍するのは、ゴールドフィンガーで秘密兵器は、追跡レーダー、マシンガン、タイヤ破壊カッター、脱出シート、煙幕・オイル噴出装備、ナンバープレート変更装置、防弾ガラスなどがある。

ロータス・エスプリ


「私を愛したスパイ」に登場するこの車のすごいところは水に潜ることができることである。
そして、水面下から対空ミサイルを発射しヘリコプターを撃沈するのである。この車はもしかしたらハイブリッとカーだったのだろうか? 内燃機関エンジンは空気がないところでは使えないはず? そうなると地上を走っている時は、内燃機関エンジンで充電し、水中では電気モーターを使って走っていたのだろうか?

アストンマーチン・ボランテ


ティモシー・ダルトンが四代目ボンドを演じる「リビング・ディライツ」に登場する。
警察無線を盗聴でき、レーザー光線で金属を溶かすことも出来る。さらに、雪の上ではスキーの板が飛び足しスノーモービルにもなる
しかし、最後は自爆装置で爆破されるという、実にもったいない使い方をされている

BMW・Z3 ロードスター


最も値段の安いボンドカーである。普通アストンマーチンが日本では2000万以上はするが、この車は360万円くらいだった
Z3は、「ゴールデンアイ」でデビューしている。映画の中では、フロントに2つのロケット弾を搭載していると説明されるが、その活躍の場は見せてくれなかった

BMW・750i


「トゥモロー・ネバー・ダイ」に登場する最もボンドカーらしくないボンドカーだと思う
しかし、映画の中で活躍する場面は楽しませてくれる
携帯電話型のコントローラーで遠隔操作することができ、駐車場の中を無人で走り回る。
さらに、拳銃の弾がタイヤに当たってバーストしても、なかにあるもう一つのタイヤで走ることができる

BMW・Z8


「ワールド・ノット・イズ・イナフ」に登場する。映画の中では最も哀れな使われ方をしている。活躍する暇もなく、敵のアジトでズタズタに切り裂かれてしまうのである。
実は、この車もニューモデルの宣伝用に映画に採用されたもので、一説によると市販車がまだ完成していなかったため、映画の中に登場するのは、フォードをベースに精巧にに作られたレプリカだったそうだ

アストンマーチン・ヴァンキッシュ


「ダイ・アナザ・デイ」に登場する。この車はなんと姿を消すことが出来るのである。それをやってしまったら反則のような気がするが・・・まさに最強のクルマ
この映画ではボンドカーと敵のジャガーXK8とがアイスランドのツンドラ地帯でバトルを繰り広げるシーンが印象的でした

アストンマーチン・DBS



前作「カジノ・ロワイヤル」に引き続き最新作「慰めの報酬」にもアストン・マーチンのDBSが使われた。前作の時はプロトタイプで実際のクルマは制作されてなかったのだが今回はなんと7台も用意されたとのこと
3300万以上もするクルマが撮影後には1台も残ってなかったんだそう
「慰めの報酬」ではオープニングから激しいカーチェイスが見られます

ぜひ劇場の大スクリーンで見たいものです

今日は長くなりました。
明日もお楽しみに〜
あと4日寝ると〜zzz... [2009年01月20日(火)]
 
いよいよあと4日に迫りました

あと4日
なんだろう?オバマ新大統領の就任演説はあと4時間後だし・・・
フリークのホームページがまたリニューアル?
何かキャンペーンでも始めるの?
って思ってる方が何人いらっしゃるかわかりませんが、、、



正解は・・・・・・・『007 quantum of solace 慰めの報酬』ついに日本解禁です
「そんなことかぁ〜」って思ってるかもしれませんが今日から4日連続で『007特集』勝手にやってみます
4日連続でブログなんて書いたことないから自信は無いのですが・・・
勝手に思いついたので皆様あたたかくご覧いただければと思います

前作『007 カジノ・ロワイヤル』は若きジェームズ・ボンドが "007" になるまでの物語でした。
『007/慰めの報酬』は大ヒットを記録した前作『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディング1時間後から始まる――。

初めて心から愛した女性ヴェスパーが自分を裏切り自らの命を絶ったのは、彼女が闇の組織に利用されていたからだった。
その事実を知ったジェームズ・ボンドは怒りと悲しみに震える。
ボンドと上司Mは真相を暴くため、ヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問。背後にある巨大組織の陰謀を知る。
ハイチに飛んだボンドは、捜査の過程で出会ったカミーユを通じ、組織の幹部ドミニク・グリーンに接近。慈善団体代表という表の顔を持つ彼が実は、ボリビア政府の転覆、その天然資源の完全支配を目論んでいる事実を突き止める。そして、自分と同じように愛する家族を奪われた過去を持つカミーユと行動を共にし、次第に惹かれ合っていく……。
任務と復讐との葛藤で理性を失いかけたボンドは、果たしてCIAや英国政府までも取り込んだ巨大組織を追い詰めることができるのか? ボンドとカミーユ、2人の復讐の先にある真実とは何か――?

ってことで1日目は『007 慰めの報酬』のイントロダクションを簡単に紹介させて頂きました明日はボンドの愛用したモノを勝手に紹介します


『007 quantum of solace 慰めの報酬』日本公式サイト

アバター
タグ・ホイヤー MONACO V4 ブログパーツ
プロフィール


ネットワーク

リンク集
友人新着記事


http://blog.goo-net.com/yvresse-freak/index1_0.rdf

Goo-net Blog
GooWORLD Blog
GooBike Blog
GooBike Parts
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.